マツダの新型ロードスター NDロードスター専用! 純正BOSEサウンド対応のフロントスピーカーのアップグレードセット新発売! R62-BOSE-ND

スピーカー交換ができなくて,困る,マツダ純正BOSEサウンドシステム付き,NDロードスター。

BOSEシステムのスピーカーだけを外して,一般の社外のスピーカーをポン付けすると,BOSEのアンプが壊れてしまいます。

 

※しかし! 

新型ロードスターに限らず,これからのマツダのクルマは,
絶対にオプションの,マツダ純正BOSEサウンドシステム付きで購入してください!

詳しい理由は,こちら!

CX-5もCX-3もアクセラも,ヘビーなカスタムカーオーディオをやるつもりがないなら、絶対、純正オプションの,ボーズサウンドシステム付きで買った方が良いです。

そして,スピーカーのアップグレードをしてください。
BOSEサウンドシステム付のクルマのスピーカーをアップグレードした方が,BOSEサウンドなしのクルマのスピーカーをアップグレードするよりもはるかに良い音になるからです。

 

 

マツダの新型ロードスター NDロードスター専用!

純正BOSEサウンド対応のフロントスピーカーのアップグレードキット新発売!

¥95000ー(税別) 初回限定50セット売り切り

ご注文は,こちら!
information@hotwired.co.jp

お名前、住所、電話番号をメール願います。

 

送料全国一律1000円

税込合計:¥103680−
(代引の場合は、648円追加)

お振込口座:
ホットワイヤード 愛知銀行 東郊通支店 普通  737283
※手数料等はご負担願います。

 MERCURY R62-BOSE-ND

本格的な 2 way セパレートスピーカー は、MERCURY CAR AUDIO 

MODEL: R62-BOSE-ND。

マツダ純正のBOSEサウンドの特殊な抵抗値や入力感度にも対応したスピーカーです。

6.5インチのミッドベースと1インチのツイーター、大型のネットワークを標準装備したスピーカーで,しょぼい純正ボーズサウンドの音がビックリするほど元気良くキラキラと鳴る様になります!

NDロードスター専用のインナーバッフルとのセットです。
R62-BOSEを取り付ける際にぴったりのサイズで製作されています。

th_IMG_6050

ツイーターもネットワークもしっかりした作りです。

th_IMG_6066

ずっしりと重い、大型のマグネット。

 th_IMG_2239th_IMG_2238

付属品のグリルや配線,ツイーターをダッシュにポン付けする為の土台も付属していますので,ピラーの中に収めるか,ダッシュの両サイドに貼付けるかはお好みでどうぞ。

th_IMG_2240

NDロードスター専用に設計されたインナーバッフルなので,ぴったりとジャストフィット。

th_IMG_2228

HOT WIREDオリジナルの,NDロードスター専用のインナーバッフルです。th_IMG_1948

ここが汎用のインナーバッフルとの最大の違いです。

ピッタリとフィットすることで,音が密封されるです。th_IMG_2229

インナーバッフルの材質にもこだわり,音質向上に効果のある,フィンランド産のバーチ材を使用。

th_IMG_2322 

MDFの10倍も高価で,固くて加工がしにくい木材なのですが,音質向上には重要な材料なのです。

th_IMG_2323 

(材料が無くなり次第普通のMDF製インナーバッフルになりますので,お早めにご注文ください。MDFでも価格は変えませんので,あらかじめご了承願います。)th_IMG_2324th_IMG_2319

th_IMG_2320

BOSEサウンドシステム付き,NDロードスター専用,セパレートスピーカー&インナーバッフルセット。

th_IMG_2231 th_IMG_2232

こちらが,ツイーターを取り付ける為の土台。

ピラー内部に収めたり,埋め込み加工をしないで,簡単に取り付けしたい時に便利です。 

th_IMG_1981 th_IMG_1980

 

マツダ純正BOSEのツイーターとの比較画像。th_IMG_1979 th_IMG_1978

純正BOSEのスピーカーの残念具合が良くわかる画像です。

th_IMG_1975

 

以下に,スピーカー取付の方法を説明しますので良く読んで取り付けしてください。

(読んでもわからない方はDIYは無理ですので、プロショップ等にご相談ください。)

th_IMG_2235

純正のドアスピーカーの配線を切断して,延長して,端子を付けて,R62-BOSE のミッドウーハーの端子に確実に接続します。

th_IMG_2237 

付属のネットワークや配線など。

th_IMG_1982

 

R62-BOSE-ND のツイーターを、ピラーの純正位置に収めたい場合は,ピラー内部のプラスチックの枠を撤去してください。

th_IMG_1959 th_IMG_1960

その後,裏側からホットボンドやアルミテープなどで固定してください。

th_IMG_1962

ツイーターの配線は,注意が必要です。

ノーマルのツイーターのコネクターの配線を切って,付属のスピーカーケーブルを使用して,延長して,ネットワークのINPUTへつないでください。

その後,ネットワークのツイーター出力端子から,R62-BOSE-NDのツイーターへ配線してください

付属のケーブルで十分足りると思います。 
もちろん,お好みで,より高品質なケーブルを使用するのも音質向上には効果的です。

th_IMG_1963 th_IMG_1964

純正ボーズのスピーカーを外したら,同じ位置にピッタリ付く様に製作されている、NDロードスター専用のインナーバッフルをビスやボルトナットで固定してください。

その後,インナーバッフルにスピーカーを固定します。th_IMG_1965  

ノーマルのスピーカーケーブルは切って、付属のケーブルで延長して、スピーカーの端子に確実/正しく接続してください。

 

取付の参考動画は、HOT WIRED CHANNEL でご覧頂けます。

常識のある人なら、上記の説明で十分と思いますが、一応、

「自分で取り付けできる人」向けの「改造部品」であることをご理解の上ご購入願います。

多少切ったり削ったリが自分でできない方、上記の説明でわからない方は、DIYは無理ですので、プロショップ等にご依頼ください。

 

注意:

取り付けには,ある程度の知識と工具と技術を必要とします。
道路交通法、メーカー保証,その他色々責任持てません。

ビスやボルトナット、端子、配線、工具、作業場所など、必要なものはご自身で用意してください。
自信のない方は,カーオーディオのプロショップにご依頼ください。
DIYで取り付けの方への保証は,初期不良のみ,商品到着後1週間以内に限り、代替え品に交換致します。
お客様の都合での返品/返金は受け付けできません。
「ぼくでも取り付けできますか?」等のお問い合わせはご遠慮ください。

 

 

と,まあ,最近世の中に増えすぎてみんなが困っている,
クレーマー対策のディスクレーマーを記載しておりますが,
今のところみなさま普通に取り付けできています。(^^)
常識ある普通のお客様はご遠慮なく取り付け方法やコツをお問い合わせください。(^^)

 

 

 

 

 HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************