BMW純正ナビの日本語化/日本語地図データのインストール、CIC/NBT/NBT evo iDrive ID4,ID5,ID6 レトロフィット

BMW純正カーナビゲーション、 iDriveの種類について少し詳しく説明します。

BMWの多くに搭載されているメーカー純正カーナビゲーション、iDriveの種類は大別してCCC、CIC、NBT、NBT EVOの3タイプになります。最新型はNBT EVOですがEVOの中にも種類があってEVO ID4、ID5、ID6と言うようにバージョンアップしています。

th_IMG_9016

ホットワイヤードはナビの日本語化を多く施工している、BMW F10,F15,F20など、メインメニューの最上段に“CD/マルチメディア”と表示されているのがCICモデルになります。単に“マルチメディア”と表示されているのがNBTモデルになります。しかし下図上から3段目のNBT-2012のメインメニュー最上段にはCIC同様“CD/マルチメディア”と表示されています。(参考までに3段目のiDriveはNBT NEXTになります)

HOT WIREDでは、現行のF80 M3,M4など、NBT evo の日本語化/日本語地図データのインストールも多く手がけています。

th_IMG_1765th_IMG_3239

th_IMG_2101

F30,F80 BMW NBTモデルはスタートからNEXT →EVO ID4 →ID5 →ID6 とバージョンアップしてきました。画像から分かる様に大きく分けるとNEXTとEVO ID4のタイプそしてEVO ID5とID6のタイプの2種類になります。

例えば、2016年式(3月生産)F31_320dツーリングはメインメニューが3段目でメニュー最上段が“マルチメディア”と表示されていますからNBT EVO ID4になります。2016/03生産までがID4で2016/04生産からはID5です。ID4とID5はその内容がかなり違います。

ID5以降はCarPlay、モニターミラーリングに対応、ID6以降はジェスチャーコマンドに対応など次世代モデルと言うことになります。

ID4からID5へのバージョンアップが可能なモデルが存在します。

BMW EVO ID4 からID5、ID5からID6へのアップデートが可能です。

ただし、安く簡単にできるという訳ではなく、ID4(メモリ2GB)からID5(メモリ4GB)へのアップデートはいろいろと問題が発生する可能性もあります。各種ソフトウェアの他にGPSモジュール、ヘッドユニットの交換などのハードウェアの追加/取付作業が必要になる場合もあり、それなりの費用と時間のかかる大改造です。

因みにID4以降のナビマップは共通となります、Nextは異なります。

BMW-nav-systems

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************