OAKLEY STRAIGHT LINKを度付きメガネにする方法/オークリーの度付きサングラス


OAKLEY STRAIGHT LINK を度付きメガネとして制作しました。

OAKLEY の STRAIGHT LINK を度付きメガネとして選択した理由は、バイクに乗るときに大変具合が良いからです。

顔を覆う形のカーブの強いレンズとフレームが、顔のラインににフィットして、視野全体をカバーするので、前傾で上目遣いでもレンズから視界が外れない、大きく目を保護することと、風の巻き込みが少なく、太いフレームも意外と視界を遮ること無く、薄いストレートテンプルがヘルメットにもスパッと刺さって装着がやり良い。

オークリーのプラスチック製のフレームは、一見弱そうですが、意外と強くて、バイクから落としたりしても折れたこと無いし、金属製のフレームより強い気がします。

th_IMG_4841

th_IMG_4854th_IMG_4856th_IMG_4864

 

ただし、OAKLEYのサングラスを度付きメガネ化する手順は大変面倒で、オークリーの度付きレンズ制作が得意な専門店でお願いして、制作には1が月以上かかりました。

今回は、オークリーのカスタムオーダーで、クリアーのフレームを取り寄せましたので、さらにややこしいことになってしまいました。

まず、クリアーのフレームを買うためには、OAKLEYにカスタムでオーダーする必要があります。

カスタムでフレームカラーやOマークの色、イヤーピースのゴムの色などを選択してカスタムオーダーするのですが、度なしのサングラスとして購入する必要があるので、必要の無いカラーレンズの色までをわざわざ指定してサングラスの状態で購入する必要があります。

そして、さらに融通が利かない事に、

カスタムでオーダーするフレームの場合は、オークリー純正の度付きレンズがで制作ができないとの事で、割高な社外製レンズを制作する必要があります。

フレームが届くのを待って、そのサングラスからカラーレンズを外して、フレームに合わせてクリアの度付きレンズをオーダーメイドします。

今回はKODAKのレンズで制作しました。

これでやっとOAKLEYの度付きのメガネが完成しました。

th_IMG_4865th_IMG_4867

th_IMG_4868

余ってしまって使い道の無いオークリー純正のサングラスのレンズ。

 

2018年に、OAKLEY名古屋ができましたが、アパレルとサングラスの販売のみで、度付きサングラス、オークリーメガネの制作は全くできないそうで、私には無意味でした。(T-T)

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: 店長の独り言   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">