iPhone/AIDROIDスマホをより良い音で再生する方法・カーオーディオでiPhone・スマホを高音質で視聴する方法


iPhoneのミュージックをより良い音で再生する方法・カーオーディオでスマホを高音質で再生する方法をご紹介します。

ハイレゾカーオーディオを搭載していて、デジタル入力可能なプロセッサーがあるシステムを所有している方には特に有効な手法です。

iPhoneやスマートフォンの音源が、まるでハイレゾ音源のような高音質で再生できるようになり、びっくりすると思います。(私はびっくりしました(^^))

 

カーオーディオで高音質を実現するためのプレーヤーとしては、iPhoneは音質的には不利ですが、日常的に便利に音楽を聴くための手段としては、iPhone・スマホを使う人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

私も普段はほとんどiPhoneでストリーミングで音楽を聴いています。

 

 

今回ご紹介するシステムは、

現在実現できる最もシンプルなハイレゾカーオーディオシステムです。

AUDISON の AP4.9 に、BIT PLAY HDで構築した、ハイレゾカーオーディオシステムです。

2DINナビも生かして、AP4.9にアナログ入力して、全てのメディアを使用することができます。

iPhone・スマホは、ナビのUSB入力に接続して視聴可能です。

BIT PLAY HDは、ハイレゾプレーヤーなので、車載専用のDAP(デジタルオーディオプレーヤー)です。

BIT PLAY HD からPRIMA AP4.9は光ケーブルで直結。

RCAケーブルは全く必要ありません。

インストールは全てシートの下だけで完結。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb2b

 

異次元のハイレゾオーディオの高音質に感動していただいているオーナー様ですが、しばらく慣れてくると欲も出てきて、気になってくる事が、ありました。

純正ナビ+外部入力のiPhoneの音質と、ハイレゾプレーヤーの音質との差が大きくて、iPhoneの音質向上のご相談をいただきました。

 

FLAC などの、DAPを使ったハイレゾカーオーディオの高音質に加えて、iPhoneやスマホの中の音源もできるだけ高音質で視聴できるようにしたいとのご相談で、ホットワイヤードがオススメしたのは以下の方法です。

 

iPhone・スマホの音声出力をデジタルのまま、光ケーブルでデジタルプロセッサーに入力する方法です。

th_IMG_2435

th_IMG_2434

 

オーディオテクニカのデジタルトランスポートと呼ばれる機械です。

AT-HDR1はお手軽ですが、

ホットワイヤードが絶対にオススメしているのは、こちらは高い方の、AT-HDR500です。

もちろんAT-HDR500の性能を最大限発揮させるためのインストールの注意点やノウハウがありますので、ただつけて音が出りゃいいってほど簡単じゃないですが、正しく使うと、この機械は驚くべき高音質を実現できます。

iPhoneレベルの音源を高価なデジタルトランスポートでデジタル変換して、これまた高価なハイレゾ用光ケーブルで転送しても、数値的・理論的には効果がないはずなのですが、、、

実際には、

iPhoneがハイレゾ並みの高音質になります。(^^)

控えめに言っても、CDを超えるレベルです。

誰でもはっきり体感できるレベルで音質向上が実現できます。

つまりMP3やWAV、Apple Musicやアマゾンプライム、ストリーミングのインターネットラジオなどが、ハイレゾ並みの高音質で聴けるようのなるのです。

th_CIMG7188

th_kQhLYTvnRCenIexm00RxQg_thumb_6fb2d

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fcd4

 

 iPhone・スマホの音源がハイレゾ並みの高音質になって、オーナー様もびっくりです。(^^)

 

ハイレゾカーオーディオの構築には決まった法則があり、正しくシステムを構築しない限り、フルスペックのハイレゾを楽しむことはできません。

例えば、DAPをアナログ変換して・・・とか、ハイレゾ対応〜とかでは、ハイレゾの高音質は体感できません。

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオプロショップ,ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: ハイレゾカーオーディオ   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

iPhone/AIDROIDスマホをより良い音で再生する方法・カーオーディオでiPhone・スマホを高音質で視聴する方法” への2件のコメント

  1. いつもお世話になっております。

    セカンドカー CR-Vの audison AP4.9bitのプロセッサー調整と、デジタルトランスポート AT-HRD500の取り付け ありがとうございます。

    想像していたレベルをはるかに超えた ”驚愕の音” に大化けして、
    これが手の平サイズのアンプ内蔵プロセッサーの音かとビックリしました。
    audison恐るべしです。

    MercuryC62も元気に鳴るし、Mercury MCR-805もパワードウーハーとは
    思えない低音の厚みです。

    今回のaudison AP4.9bitとC62、MCR-805の音は、
    アリーナ会場でのライブの中にいる様な、豪快で大迫力の音と
    広い空間を感じます。

    とても助手席の下のプロセッサー内蔵アンプ+ハイレゾプレーヤーと、
    セパレートスピーカー+運転席の下にパワードサブウーハーという、
    最小システムの音とは思えません。

    取り付けて頂いた、audio-technicaのデジタルトランスポート AT-HRD500ですが、スマホをつないで鳴らした Amazon musicのmp3の音は、
    完全にCDの音質レベルを超えています。 ハイレゾの音に近いです。

    技術的な解説はネットにいろいろ書いてありますが、
    AT-HRD500が “魔法の箱” である事は間違いないと思います。

    これを機会に、Amazon music unlimitedを家族プランにして、家内も使い始めましたが、「聴いてみたい曲、懐かしい曲をホイホイ検索して、スマホにダウンロード」→車でいい音で聴ける、
    「聴きたいと思った時に その場ですぐに いい音で聴ける」
    この便利さを知り、毎日 いい音を楽しむ様になりました。

    家内も「この音源は音がいいね」と音質の良さが判るようになってきて、
    一緒にドライブに出かけるのが楽しくなりました。

    今までは、私だけが満悦のカーオーディオでしたが、
    今回は家族も楽しめるものになり大満足のグレードアップでした。

    ありがとうございます。
    また よろしくお願い致します。

    • 本物のハイレゾカーオーディオの音質を実感してしていただけているようで良かったです。
      奥様にもハイエンドカーオーディオの楽しさが伝わってきたようで良かったですね!
      自分以外の人もiPhoneやスマホでお気に入りの音楽をお手軽に聴けて、それがハイレゾ並みの高音質になるのだから、ますます充実のカーライフですね!

長尾優一 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">