2012年で最も稼いだミュージシャンは誰?


2012 Highest-Paid Musicians 

フォーブスによると,今年最も稼いだミュージシャンは,

Dr.ドレー。

実は,稼ぎのほとんどは,台湾のメーカーが彼のブランドのヘッドホンを買収した事による収入なのだが,それでも,自分自身もミュージシャンとして成功しただけでなく,多くの他のラッパーをプロデュースしてきた才能は称賛に値すると思う。

彼が,カリフォルニアでその後に続く多くのギャンクスターラッパー達を有名にしたのである。

でも彼らの多くは,実はギャングスターでもピンプでもなんでもなく,だだの「つくられた商品」である。 

同時これらの商品ラッパーの事を,「スタジオギャングスター」と言ってバカにしていた。(録音スタジオの中だけでギャングの偽物野郎という意味)

まあ,今じゃみんな立派にセレブだけどね。

 

「Forbes’ Highest-Paid Musicians 2012」

1. Dr. Dre ($110 million)
2. Roger Waters ($88 million)
3. Elton John ($80 million)
4. U2 ($78 million)
5. Take That ($69 million)
6. Bon Jovi ($60 million)
7. Britney Spears ($58 million)
8. Paul McCartney ($57 million)
8. Taylor Swift ($57 million)
10. Justin Bieber ($55 million)
10. Toby Keith ($55 million)
12. Rihanna ($53 million)
13. Lady Gaga ($52 million)
14. Foo Fighters ($47 million)
15. Diddy ($45 million)
15. Katy Perry ($45 million)
17. Kenny Chesney ($44 million)
18. Beyonce ($40 million)
19. Red Hot Chili Peppers ($39 million)
20. Jay-Z ($38 million)
21. Coldplay ($37 million)
22. Adele ($35 million)
22. Kanye West ($35 million)
24. Michael Buble ($34 million)
25. Sade ($33 million)

 

YouTube Preview Image 

 

Dr.ドレは,僕がちょうどカリフォルニアに住んでいる頃に,LAのサウスセントラル地区,コンプトンと言う,当時すげーヤバい場所(今じゃ日本人観光客も普通に行くただの観光名所だが(笑))から出てきた、いわゆるギャングスターラップの代表的存在だった。

だから個人的に大好きだし,思い入れもある。 彼の詩の中に出てくる街の名前やストリートも全部わかるし。

彼がソロになる前の,NWAというグループのCDを初めて聞いた時は,本当にビビった。 2 LIVE CRUEの次にビビった。

何せ,ギャング同士の抗争,武器の使用,人殺しや,暴力,犯罪,強盗,警察への攻撃、貧困,セックス、麻薬の使用などを,ストレートな言葉で堂々とぶちまけていたからだ。

しかし,それは当時、実際に身の回りで起きていた事であり,誰もが感じていた事実であり,みんなが言いたかった事を代弁してくれている感じで,大ヒットしたわけである。

同時に,DREの歌詞の中に頻繁に出てくる,AK-47やMAC10や,UZI、グロッグ,テック9などのピストルやマシンガンにみんなが憧れた。 ちょうど今みんながiPhoneを欲しがっているのと同じように・・・。

おそらくカリフォルニア以外(アメリカ以外)に住んでいる人には,ただの口汚い駄作にしか思えなかったであろう。

何せ,言っている事が,あまりにも非現実的だったからである。

しかし,カリフォルニアではそれが普通に現実で,特に同世代から強い共感を受けて広く受け入れられる事となる。

当時はギャングバイオレンス(10代の不良少年を中心としたギャング同士の抗争)や,クラックの流行,警察の市民に対する目に余る横暴な行動,貧困,凶悪犯罪などが社会問題になっており,特に人種間の対立や緊張は頂点に達していた。

おまけにカリフォルニアでは,ピストルどころか、マシンガンでも簡単に手に入る(22口径のライフルや357や9MMやショットガンの弾丸なんかホームセンターで買えますからね)ので,対立するギャングメンバーに向かって,走りながらクルマの窓からマシンガンを乱射する「ドライブバイシューティング」というのが流行して,社会問題になっていた。

問題だったのは,何の訓練も受けていないギャングの子供が走っているクルマの窓から、ただでさえ当てにくい,UZIやMAC10を乱射するので,まったくへたくそで,回りにいる関係のない人々を大量に巻き込むと言うことだった。

実際に撃ってみるとわかるが,マシンガンを標的に当てる為には,相当な訓練を必要とします。 特にバレルの短いサブマシンガンは本当に難しい。 映画みたいに片手で持って引き金を引いたら,めちゃくちゃな事になります。

それともう一つ大きな問題だったのは,貧困とそれに連動した犯罪や麻薬の流行。

日本では想像しにくい事だが,多くのラッパーがそうであるように,生まれたときから超貧乏、または親が既にホームレス,親がいない,親が違法移民などの究極の状況に置かれた子供たちが大量にいた事だ。

もちろんそれらの人々のほとんどは有色人種で,事実当時のカリフォルニアでは,徐々に英語よりスペイン語を話す人の方が数を上回るようになってきていた。

その子供達は,生きて行く為には,犯罪か,スポーツか,ラップしか無いと思っていた。

そして家族のいない子供達は,ギャングが唯一の家族になっていったのだ。

LAだけでなく,全米に無数のギャングが存在したが,当時LAで最大級のギャング,BLOODSは約5万人,CRIPSは3万人のメンバーがいると言われていた。

ちなみに,念のため説明しておくと,ギャングというのは,いわゆるマフィアとは違います。 日本で言うところの不良少年、暴走族みたいな感じです。

20年以上あとに日本でもほんの一瞬流行った,カラーギャングというのは,当時のブラッズやクリップスのさる真似である。(ブラッズは赤,クリップスは青)

そんななから,たくさんのギャングスターラッパーやGファンクと呼ばれるミュージックが生まれてきた。

そして,ウエストコースト独特の音楽カルチャーとして巨大なエンターテイメントビジネスに成長して行くのだ。

そしてそれらの音楽は特に低音が強調された録音がされていて,サブウーハーをたくさん積んだカーオーディオでブンブン鳴らす事を前提に作られており,カーオーディオカスタム、カスタムカーのカルチャーとも連動していたのである。 

64年式のインパラが一番人気なのは,DREやSNOOPが歌ったり,PVや映画に出たからである。

 

いまではもう1992年にLAで暴動が起きた事を覚えている人は少ないかもしれない。

僕はちょうどその時、そこにいた。 テレビで友達とみんなでライブでその瞬間を見ていた。

あの暴動は,起こるべくして起こったもので,みんないつか起きる事はわかっていた事なので何の不思議も無かった。
だから実はそんなにみんな驚いていたわけではないのだ。

現にDREを含む,カリフォルニアの多くのラッパーが,そんな内容の歌をたくさん出していたから。

そしてドレーはネイションワイドになって,ソロとなって,他のラッパーのプロデュースもするようになって行った。

 

ちなみに,その当時名古屋に帰ってくると,東京の5年遅れくらいで,チーマーが流行っていました。(笑)

そして,ボロボロのリーバイスを20万で買って,ウエスタンブーツを履いて,アメリカ人よりアメリカンなアメカジ最先端だった僕の友達は,NWAどころか,マイケルジョーダンすら知らなくてほんとにビビった。

ぼくの自慢のBULLSのジャケットと,最新モデルのエアージョーダンは,彼らにには何の価値もなかった。(そして日本ではその約15年後にはそのエアージョーダンはプレミア価格で取引されるのだ・・・)

 

「日本でも近い将来ラップが流行るよ」,と教えても誰も信じてくれなかった。

「テレビのコマーシャルも,ジャニーズのアイドルもラップするようになるよ」,と言ったらみんなバカにして笑っていた。

当時の日本は世界とそれくらいかけ離れていたのだ。(今もか?)

 

 

 

そして,もう一人,僕の最近の一番のお気に入り。 PRINCESS TAYLOR

30才以下で最も稼いだミュージシャンとされているわけだが,まだ22才なんですけど・・・。(笑)

 

 

そして最も凄いのはここ。

今まさに大活躍中の,TAYLOR SWIFT や JUSTIN BIEBER が稼いでいるのは当たり前なんだけど,Paul McCartney や Elton John や Roger Waters がもっと稼いでいるってのはどういうこと?(笑)

あんまり新曲出してないんじゃない?(笑) テレビでもあんまり見ませんよね?

Paul McCartney や Elton John なんて,ここ50年くらい長者場付け入ってるんじゃない?(笑)

 

僕の大好きな,U2 や BON JOVI が入ってるのは個人的には嬉しいな。(でもこの人たちも最近新曲出してないよね・・・)

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

カテゴリー: 店長の独り言   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">