BMWの試乗に行ってきました!


今日もいい天気でしたね!

BMWの試乗に行ってきましたので、僕なりのインプレを。

こいつは乗った事があるので、今回はパス。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

個性的なルックスと、ネイキッド最強のパワー。
前かずっと気になっていた、K1300Rに試乗してみる事にしました。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

車体が長くて、モーターサイクルとしては最大級の排気量とボディーサイズですが、またがってみると、ポジションは非常に良い。どんな体格の人でも対応できる様なデザインです。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

乗ってみた感想としては、ホイールベースが明らかに長い感じ。
しかし、一旦バンクすると意外とニュートラルなハンドリング。
なんとかレバーとか言う名称の、BMW独特のサスペンションですが、違和感はまったく感じない。
ポジションも非常にしっくり来るし、乗りやすい。
排気音もノーマルの割にはその気にさせる、とても良い音質に仕上げられている。
エンジンもとても乗りやすい。
1000回転台の低回転でもギクシャクしない。スムースに走れる。
DUCATIのように、「速く走れ!もっと開けろ!」とバイクにせかされる感じもまったく無い。
普段使いにも非常に乗りやすいエンジン特性だと思う。
エンジンのレスポンスはすこぶる良く、フォンフォンと良く回る。
そして一旦アクセルを開ければ、凶暴なパワーで猛烈に加速する。
そのモンスターパワーは、暴れ馬を乗りこなす様なBUELLの感じでもないし、パワーバンドに入るとジェットコースターを乗りこなす様な怖さを感じるDUCATIのそれとも違う。
例えるなら、凶暴なパワーはしっかりと調教されていて、そのフレームやサスペンション、各種電子デバイスによってコントロールされ、パワーバンドに入って狂ったように加速しても、しっかり自分で制御している感じが失われる事はない。
クラッチもきらず、アクセルも戻さず、加速したままで、ペダルを蹴り上げるだけでシフトアップできるオートシフターも非常にできが良い感じ。まるでF1マシンの様に、クォーンクォーンクォーンと連続してシフトアップしていく。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

エンジン、サスペンション、ルックス、ハンドリング、所有感、ボディーカラー、独創性、唯一無二な存在感、すべておいて、ものすごく気に入りましいた!(220万円という価格以外は)
このバイクはほんとに良いです!
僕的には今一番欲しいバイクです。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

このセクシーな腰つきも、たまりません!
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

デザインだけでなく、ニーグリップも非常にしやすいタンクの形状。
プラスチックの表面がつるっとすべって飛んで行っちゃいそうで怖いビューエルとは大違い。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

メーターも独創的なデザイン。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

シャフトドライブで、片持ちスイングアームと、独走的だらけのマシン。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

BMW K1300の排気音。ノーマルマフラーの音。
ノーマルマフラーでもその気にさせる良い音質の排気音です。
とても良い音質に仕上げられています。きっと開発者はそこにもこだわって作られていると思います。
見た目はイマイチですが、この音質ならマフラー変える必要ないかも。
http://www.youtube.com/watch?v=-IAgRSx7aaI&feature=youtu.be

そして最後に乗ったのは、6気筒、1600ccのBMW最大級のマシン。
オーディオやグリップヒーター、シートヒーターやクルーズコントロールなど、使いこなせそうにないほどの便利機能や電子デバイス満載。
$ホットワイ<br /><br /><noscript><img class=

見た目は悪くないね。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

でも実際乗ってみたら、非常に残念でした。(T_T)
何の為の6気筒、1600ccなのか? 大排気量のクルーザー系のハーレーに乗った時の様な違和感。
アクセルのつきも悪く、ワンテンポ遅れて、回転の上昇も鈍い。レスポンス悪い、パワーない。
低速、低回転では、ガチャガチャとなっちゃって、低速トルクもなし。町乗りとても乗りにくそう。
回してももっさりしてるし、回そうという気にもならないエンジンフィーリング。
非常に重くて車体のバランスも悪くてちょっと怖い。これで、高い位置にタンデムしたらさらにバランス悪くなりそう。
ライディングポジションも、どうにもしっくり来ない。

身長2メートルのヨールッパ人には良いのでしょう。

唯一良かったのは、存在感のあるマフラーの音質。「どうだ6気筒だぞ!」って感じ。
これで価格は、350万円なり。
RTの方が良いと思いました。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">