ベンツ純正オーディオでAPPLE CarPlay と ANDROID AUTO を利用可能にする。NTG5 S1 BENZ コーディング


BENZ NTG5 SC

ベンツ コーディング

今型のベンツの純正ナビでは、アップルの CarPlay が使えます。

2015-16年式くらいの少し前のベンツ純正ナビ/オーディオだと、CarPlay も ANDROID AUTOも使えないのがちょっと残念ですね。

コーディングで、CarPlay と ANDROID AUTO をアクティベートする事ができる車種があります。

 

こちらは、2015年式 BENZ CLA180、CLA250 の純正ナビです。

BENZ純正ナビ/オーディオでAPPLE CarPlay と ANDROID AUTO を使えるようにしました。(^^)

APPLE CarPlayの画面。

th_IMG_1039 th_IMG_1041

iPhoneをUSBポートにつないで、APPLE CarPlay が使用可能に。

 

th_IMG_1031

ANDROID AUTOも使用可能に。

th_IMG_1032

ステアリングからiPhoneの操作ができる様になります。

ミュージックの再生等はもちろん、マップアプリでナビをする事などもできます。

ステアリングのスイッチからSIRIを呼び出す事もできます。

iPhoneを使いこなしている方には大変便利なアップルCarPlayです。

th_IMG_1014

th_IMG_1038

ベンツ純正のナビの種類が、NTG5 S1 の車種が対応です。

2015-2017 A, B, CLA, G, GLE, GLS などは、コーディングで、ベンツ純正のCarPlayを追加する事が可能です。(社外のインターフェースなどのハードウエア追加なしでアクティベイト可能です。)

 

ベンツ純正オーディオでAPPLE CarPlay/ANDROID AUTO を可能にするコーディング

作業時間:2〜3時間くらい

テスター代:15000円(税別)

費用:25000円(税別)

完全予約制:ご予約はメールにてお願いいたします。

VINナンバー、インパネの画像、ナビのバージョンを表示した画面の画像を添付の上、メールにてお問い合わせ願います。

information@hotwired.co.jp

 

 

加えて、ご希望の方には、以下のような機能の追加も可能です。

th_IMG_1030

オープリングディスプレイをAMGにする事も可能です。
th_IMG_1033

スポーツディスプレイ

 

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: BENZ CODING(ベンツのコーディング)   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">