MARSHAL キャビネットのオーバーホールと補強と2発化(その2)

MARSHAL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールと補強と2発化の続きです。
その1はこちら。

経年劣化でボロボロのMARSHALLの1960 Aキャビネットをオーバーホールして、ついでにクラプトン仕様的な2発仕様にするのに加えて、キャビネット内部に補強を入れて、制振処理などの音響的なチューニングを施して音質向上を狙うのが、今回のキャビネットの改造の目的です。

その1で、2発化までのプロセスと、バーチで作成したバッフルボードが完成しました。

MARSHALL キャビネット 改造 2発化 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 音響チューニング

 

次は、キャビネット自体の強度を上げるために、内部に補強を入れます。

分解してみるとよく分かりますが、MARSHALLのキャビネットはあまりしっかりした作りとは言えず、大きな薄い板で組み立てられているだけで、スピーカーボックスとしては強度が足りないと思われます。

箱鳴りもMARSHALLの味とも言われるかもですが、今回のキャビネット改造のコンセプトは2発化とともにスピード感と音の正確性を向上させる目的としては、スピーカーボックスとしてのキャビネットの補強は非常に効果的なのです。

そこで、
今回のご依頼主のSTUDIO601様と共同開発しました、MARSHALL Aキャビネット用スタビライザー

名付けて、「つっぱり君1号」です。(^^)

何回も試作品を作って、試行錯誤の検証の結果、サイズや形状を決定しました。

前面のバッフルボードを縦方向のハリで補強して、背面のパネルとビスで固定してつっぱります。

背面パネルの真ん中をスルーにした改造キャビネットには、2本足で対応します。

ただ強く補強すりゃいいってわけじゃなく、MARSHALLらしさを損なわない様に程よく補強しないといけないのが、楽器の難しいところです。

角材ではなく、板材を貼り合わせて出来るだけ楕円に近い形状にしたり、角を丸く加工したり、音響的なパフォーマンスを向上させるための地味な工夫が盛り込まれております。

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋th_9JKfNLnwQnSN+gBs0cOZ%A_thumb_6fb36th_CIMG7221MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋

 

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fae4 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4a th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4f th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb58

 

 

「MARSHAL A/Bキャビネット用スタビライザー」は、市販化の予定ですので、通販でも購入していただけるようになります。(^^)

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋チラ見せ。

 

MARSHALL MODEL1960 キャビネットのバッフル面の制振処理:

2発化して面積が増えた、MODLE1969 Aキャビネットのバッフル面には、ダイポルギーという制振/防振材を施工しました。

カーオーディオで言うところの、デッドニングですね。

ダイポルギーはカーオーディオのデッドニングでも使う材料です。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋

 

MARSHALL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールには、MARSHALL純正部品の新品を取りよせて、純正部品の新品に交換します。

スピーカーケーブルはウミヘビです。

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーに被らない様にマウントは作り直しています。

th_P1190025 th_P1190035 th_P1190036 th_P1190040

 

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーカーに被らない様に土台は作り直しています。

 

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋th_IMG_6527th_P1180992 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋

 

改造/オーバーホールが完成して、誇らしげに佇む、MARSHALL MODEL1960 Aキャビネットです。(^^)

これで気持ち良く大音量を鳴らしくれます。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋th_IMG_6537th_IMG_6534 th_IMG_6539

 

MARSHALL キャビネットのオーバーホール、改造、2発化、クラプト仕様は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け

CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け、フロアのデッドニングの施工例をご紹介します。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 純正BOSE 音質向上 HOT WIRED 名古屋 カーオーディオ 専門店

マツダ純正BOSEサウンドのサブウーハーは、スピード感のないもっさりした鬱陶しい低音が鳴ります。 

CX-5,CX-8,CX-9 などの純正BOSEのサブウーハーは、カーゴスペースにスペアタイヤ型サブウーハーが搭載されています。

もっさりしたサブウーハーの音の一番の原因はももちろんウーハーユニット自体ですが、
1Ω接続して、特定の周波数をブーストするポート付きのボックスという、音質的には大変不利な設計をしていることから推測できるのは、
小さなウーハーボックスに小型のウーハーユニットと弱いアンプのパワーでも最大限の低域を再現するために、質より量を優先した設計になっていることと思われます。

CX-8の純正BOSEのサブウーハーを取り外して、パワードウーハーを取り付けることで、量と質の両方のアップグレードが実現できます。

CX-8にはスペアタイヤがありませんが、スペアタイヤ用のスペースにBOSEのサブウーハーが取り付けられいます。

これを、スペアタイヤのデッドスペースにちょうどはまるように設計されたパワードウーハーに交換するのです。
つまり、トランクスペースの犠牲は一切ありません。

同時施工にオススメしているが、カーゴスペースのフロアーのデッドニングです。

今回は、追加で、カーゴスペースの吸音/断熱処理と、サイドと奥の部分のデッドニング、クオーターパネル裏側のデッドニング+吸音材施工を実施しました。

 

 

CX-8の純正BOSEサブウーハーとスペアタイヤ型パワードウーハーの比較:

画像では分かりにくいですが、BOSEのサブウーハーボックスは樹脂です。

スペアタイヤ型パワードウーハーは金属の筐体で、ずっしり重く、内部には2台のウーハーユニットが内蔵されています。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 

 

CX-8のカーゴスペース のフロアのデッドニング:

STPのAEROを圧着して貼り込んだ上に、吸音断熱材を貼り込みます。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

スペアタイヤを取り付けるための土台にサブウーハーが取り付けられているため、土台部分やフロアーのデッドニングは大変重要なのです。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 カーゴスペース フロア デッドニング クオーター 吸音材 断熱材CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング クオーター 吸音材 断熱材CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

デッドニングが完了して、スペアタイヤ型パワードウーハーを固定します。CX-8 BOSE サブウーハー 交換 スペアタイヤ型パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 内装を元に戻すと全く分からなくなります。
トランクスペースの犠牲はゼロです。

 CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

CX-8のサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付けは、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

MARSHALL 1960 Aキャビネット 12インチ2発のクラプトン仕様に改造する

ホットワイヤードは、名古屋のカーオーディオの専門店ですが、木工加工技術を活かして、楽器/アンプ/キャビネットのオーバーホールや改造も承っております。

MARSHALL 1960 キャビネットを2発に改造して、クラプトン仕様みたいに に改造する方法をご紹介します。

※エリッククラプトンがミュージックマンの4発キャビを2発に仕様変更している。

 

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

新しければ良いわけでもないし、作りの良さと音の好みが必ずしも一致しないのが楽器の奥が深いところであるが、こだわりを持って楽器を使用しているミュージシャンが、10年も20年も全くメンテナンスもしないで使いっぱなしのキャビネットで良いわけがないよね。

 

 

 

 

今回のご依頼主様は、名古屋のレコーディングスタジオ、JOYSOUND 601 Studio様。

全国屈指の設備を誇る、本格的な商業録音レコーディングスタジオで使用される機材なのです。 

  

今回のご依頼の内容は、
経年劣化で性能に影響のある部分のオーバーホール、
音質とレスポンスの向上のために、MARSHALL 1960 Aキャビネットを12インチ2発に改造すること、
同時に補強を入れる等のキャビネット自体の音響的なチューニングをしたい、
との事でした。

 

マーシャル1960キャビネットを分解してみると、
カスタムカーオーディオの常識からすると、ありえない雑な作りに驚かされる・・・。

スピーカーユニットも一個だけ違うものがついている。

抵抗値さえ合っていれば壊れることはないでしょうが、異なるユニットからは若干違う音がずれて出てきて、演奏していてなんか気持ち悪い感じになるのではないでしょうか?

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

この極細スピーカーケーブルと端子で良くあんなデカい音が出るよね・・・。
各部ネジが緩んでグラグラで、背面板には固定さえされていない補強?の棒はは少し短くてつっぱりにもなっていない・・・。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

何十年分かのヤニや汚れを吸った恐ろしく汚いネットを剥がすと、MARSHALLのロゴを止めるための土台の板が出てくる。
これまた適当な板切れを打ち付けただけで、スピーカーの上に被ってしまっている。
音響的に良いことがあるわけはないし、あまりにも心ない雑な作りに依頼主様もビックリである。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ th_CIMG7043MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

ボロボロのキャスターや割れたプラスチックパーツ、MARSHALLロゴ、ネット、ネジ類などは全て新品のパーツを取り寄せてオーバーホールします。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップMARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

では、
MARSHALL 1960 Aキャビネットのオーバーホールと、2発仕様への改造、エリッククラプトン仕様? の制作を詳しくご紹介します

キャビネットのバッフルは、音響的に最も重要な部分です。

今回は材料にもこだわり、フィンランドバーチを使用します。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

フィンランドバーチは硬いので加工が大変なのです。(;^_^

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

マーシャル 1960 Bキャビネットと違って、Aキャビネットは上2発がスラントしていますので、角度や接合部の強度や精度にもこだわって正確に加工したパーツは補強を入れてボンドで強固に固定します。
将来のスピーカーの交換が簡単にできるように、取付部には鬼目ナットを打ち込んでおきます。
MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

音抜けを良くするためにスラント加工を施します。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

  

MARSHALL 1960 Aキャビネット、12Vインチ2発仕様。

ここからさらにバッフルをダイポルギーで塗装して、キャビネット内部に補強のためのブレースを制作します。

その2へ続く。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

MARSHALL 1960 キャビネットの2発化、オーバーホール、キャビネットの補強チューニングは、名古屋のホットワイヤードまでご相談ください。

マーシャルのキャビネットの2発化、オーバーホールの画像は、HOT WIREDのFACEBOOKページにたくさんアップされています。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2356851781024549

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

車載無接点充電iPhoneホルダーを製作しました。プジョー5008の場合

車載無接点充電マグネット式のiPhoneホルダーでかつ無接点充電のiPhoneおるダーをワンオフで製作しました。

取付車両はプジョー5008は、左右非対称かつ大変個性的でかっこいいインテリアです。

iPhoneホルダーをつける場所がないほどカッコよくデザインされたインパネですが、スマホなしというわけには行かず、フランス車やイタリア車オーナー、プジョー5008や3008のオーナーは地味に苦労されているのではないでしょうか?

 

ヨーロッパ車にはスマホホルダーをつける場所がない!

・エアコンのルーバーに取り付けるタイプは、座りが悪い上に、外車のルーバーは日本車とは違うことが多く、につけると傷をつけてしまたり、最悪ルーバーが折れる。

・スマホホルダーを両面テープで貼り付けられるほどの平面が存在しない。

・スマホホルダーをインパネにねじ止めするのは気がひけるし、ダサいスマホホルダーをつけるとせっかくのかっこいいヨーロッパ車のインテリアが台無しになってしまう。

・お気に入りのスマホカバーをつけたままでホルダーにつけたいし、ケースをつけたままで無接点充電したい!

気持ちはわかるのですが、全てを実現するスマホホルダー/スマホケースは存在しません。

 

というわけで、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードにて、プジョー5008に無接点充電マグネットスマホホルダーをワンオフで製作しました。

 

プジョー5008のセンターコンソールの型取り。

スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhoneスマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone

いきなり完成画像。(^^)

スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhoneスマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone

ここが一番使いやすく、スマートな位置なのです。

スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhoned

 

 

マグネット式の無接点充電器を改造します。

スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone

 

iPhoneにカバーをつけると充電できなくなってしまうので、スマホカバーも改造しました。

充電器に付属の手裏剣型のプレートに合わせてケースをくり抜きます。

表皮を皮一枚残してプラスチックだけをくり抜きました。
見事ケースをつけたままでも充電できるようになりました。(^^)

スマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhoneスマホホルダー 無接点充電 マグネット プジョー シトロエン 5008 3008 ds5 ds3 ds4 ヨーロッパ車 iPhone

 

プジョー5008に作りつけた、無接点充電マグネット式スマホホルダーのご紹介はこちら!
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=14271

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

CX-8 マツダ純正BOSEサウンドの音質向上の方法 純正BOSEのスピーカー交換/センタースピーカー交換のご紹介

CX-8のマツダ純正BOSEサウンドの音質にご不満のオーナー様からのお問い合わが非常に増えていますので、少し詳しくご説明します。

CX-8の純正BOSEサウンドの不満点をざっくり説明すると、曇った高音ともっさりした鬱陶しい低音、ということでしょう。

CX-8のマツダ純正BOSEサウンドは、設計段階から、マツダとBOSEが共同開発した、車種別専用設計になっており、マツダコネクトとあわせて、BOSEのパワーアンプやプロセッサーの制御系統は大変優秀なシステムになっているのですが、

量産用にコストダウンされたスピーカーユニットは、正直残念なクオリティーであると言わざるを得ません。

CX-8のマツダ純正のBOSEサウンドは、スピーカー交換で劇的な音質向上が実現できるのです。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

CX-8の純正BOSEサウンドのオプションをつけるかつけないかを迷っている方へのアドバイスです。

「CX-8のBOSEサウンドのオプションは、絶対につけて購入してください!」

そして、BOSEのアンプとプロセッサーを生かしたまま、スピーカー交換をしてください。

これが最も簡単に、車への加工もなく、車内のスペースを犠牲にすることなく、ハイクオリティーなカーオーディオを実現する方法なのです。

誤解しないでいただきたいのは、HOT WIREDはカーオーディオ専門店であり、普段は数百万円をかけた大掛かりなハイエンドカーオーディオシステムを多く手がけております。

そのようなハイエンドカーオーディオの搭載を前提とされているユーザー様は、BOSEサウンドのオプションはつけないでください。
無駄になるだけです。

しかし、そこまで大掛かりなオーディオシステムを搭載するつもりはなくて、車内のスペースも犠牲にしたくないが、そこそこ良い音のカーオーディオは欲しい!というちょっと欲張りなアッパーミドルクラスのユーザーにはBOSEサウンドをつけておいて、スピーカー交換をしてアップグレードするという方法がベストなのです。(^^)

 

ところが、一般的にはBOSEサウンドのスピーカー交換は不可能であると言われています。 (>_<)

理由は、

純正BOSEは特殊なサイズやインピーダンスのスピーカーであること、純正BOSEのプロセッサーが特殊な位相制御をしていること、などの理由で、適当な汎用スピーカーを無理くりつけたとしても、音が悪くなってしまうどころか、システムを壊してしまうことが理由で、専門店でもお断り案件ナンバーワンなのです。

 

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では、マツダを含む多くの自動車メーカーの純正BOSEサウンドを解析した上で、純正BOSE対応のMERCURY CAR AUDIOのスピーカーを使用して、オリジナルの車種別インナーバッフルやフィルターを製作して、数多くの車種の純正BOSEサウンドのスピーカー交換による劇的な音質向上を実現しており、純正BOSEユーザー様から大好評をいただいております。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換

 

では、具体的にCX-8の純正BOSEサウンドのフロントスピーカーの交換方法をご紹介しましょう。

CX-8の純正BOSEサウンドは、全部で10個のスピーカーを搭載したマルチシステムで、それぞれのスピーカーが違う周波数帯域を再生しており、全体でひとつのサウンドシステムとして動作するように設計されています。

適当な汎用スピーカーを取り付けて、ステレオはL/R2チャンネルなんだから、センターやサラウンドなんか殺してしまえ、なんて、昭和な改造すると、ひどいグレードダウンになって後悔することになりますよ。(笑) 

CX-8のフロントとは、ドアのミッドベースとピラーのツイーターとセンタースピーカーがセットでフロントステージを構成しています。

「フロントスピーカーのアップグレード」を考える場合、センタースピーカーの交換も強くオススメしております。

 

と、いうわけで、こちらが、CX-8のセンタースピーカーです。

センタースピーカーにもツイーターががつけられそうな場所が用意されていて、メクラ蓋がはまっています。
海外ではさらにハイグレードなオプションとしてセパレートスピーカーの用意があるのかもしれません。
(HOT WIREDにてセンタースピーカーへのツイーターの追加も可能ですので、ご相談ください。)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 

こちらが、純正BOSEセンタースピーカーのアップグレード用のスピーカー、MERCURY CAR AUDIO M40s ワイドレンジスピーカーとHOT WIREDオリジナルのインナーバッフルです。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 デッドニングや吸音処理をなど、ちょっとしたチューニングも施します。(^^)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 

MERCURY CAR AUDIO C62-BOSE
CX-8用フロントスピーカー+ツイーターとインナーバッフルのセット:115,000円(税別)
取付工賃:40,000円(税別)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

ドアのグリルの真裏のパーフェクトな位置に取り付けられたドアスピーカーが純正グリルから透けて見えています。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

  

ツイーターはAピラーに埋め込み取り付け:30,000円(税別)(表皮は純正のままです。)
(通販希望の方は、ピラーを外して送っていただければ、加工取付致します。)

Aピラーに収まったC62のツイーターは、高級感がありながらも、まるで純正品のような自然な仕上がりになっています。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換

HOT WIREDオリジナル、CX-8用ツイーターフィルター。

アウディ A6 A7 ツイーター交換 音質向上 純正BOSEサウンド ハイパスフィルタ CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換

 

今回のCX-8のフロントスピーカー交換+センタースピーカー交換の費用の内訳です。

C62-BOSE

MERUCURY CAR AUDIO 2WAYセパレートスピーカー&インナーバッフルのセット

1

¥115,000,−

 

フロントスピーカー取付

1

¥40,000,−

 

Aピラーへのツイーター埋込加工取付一式(純正位置、生地張替なし)

1

¥30,000,−

 

 

 

 

M40

MERCURY CAR AUDIO 40mmフルレンジスピーカー

 

¥32,500,−

 

センタースピーカー 取付およびインナーバッフル製作一式

 

¥25,000,−

 

合計:¥242,500,−(税別)

作業時間:即日仕上げ可能。
完全予約制。

施工のご予約はメールにて承っております。
information@hotwired.co.jp

上記に加えて、リアスピーカー、サラウンドスピーカー、サブウーハーのアップグレードもご好評をいただいております。

CX-8のスピーカー交換、センタースピーカー交換、デッドニングは、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

 

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************