カーオーディオとiPhone/スマホ できるだけ良い音で聴きたい! ライトニングをデジタル出力に変換する

カーオーディオに繋いだスマホやiPhone をできるだけ良い音で聴くために一番効果的な方法は、ライトニングからの音声出力をデジタル出力に変換して、光ケーブルでプロセッサーにデジタル入力する方法です。

iPhoneやスマホにもがんばってハイレゾなどの高音質の音源を入れていても、アナログ入力では音質向上は望めません。

その結果、「ハイレゾなんてたいしたこないじゃん」みたいになっちゃう訳ですが、

ハイレゾ音源だけぶち込んでも音質向上はないのです。

 

スマホやiPhoneの音源をデジタル変換できる唯一の商品がこちら、

デジタルトランスポートD/Aコンバーター:希望小売価格 ¥15,000.(税抜)
ハイレゾプレーヤーやスマートフォンからのハイレゾ音源を
高音質でカーオーディオに出力。
 
th_CIMG5783

th_CIMG5785

th_CIMG5784

デジタル変換して、光ファイバーでプロセッサーへ直接入力します。
アナログ出力も持っています。
 
 
ホットワイヤードでは、iPhone/スマホをヘッドユニットに下カーオーディオが得意です。
iPhoneだけで、ハイエンドカーオーディオのコンテストに出場して、優勝もしています。(^^)
実はこれらの車両でも、デジタルトランスポートでデジタル変換して、DSPに入力する手法を採用しています。
 
シトロエンC4
 
BMW 318i
 
 
 
 
 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

2019年 最初のカーオーディオマガジンの表紙は、HOT WIRED製作のシトロエン C4 です!

2019年 最初のカーオーディオマガジンの表紙は、HOT WIRED製作のシトロエン C4 です!

全国の書店で発売中!

 IMG_0808CAR AUDIO MAGAZINE, HOT WIRED

 

こちらのシトロエンC4は、ヨーロッパ発祥のハイエンドカーオーディオコンテスト、EMMA JAPAN FINAL 2018の優勝車両なのです。

世界統一規格の音質系コンテストの優勝車両です。

 

このシトロエンC4は、HOT WIRED得意の、純正デッキ/純正ナビのままのハイエンドカーオーディオを実現した車両になります。

純正CDプレーヤーのまま、iPhoneをソースユニットにして、ALPINE H800 のDSPで制御するオーディオシステムです。

カーオーディオインストーラーとしては、純正デッキのままでも、iPhoneでも、コンテストで優勝できるレベルの音質を実現できる事を証明するチャレンジでもあります。

th_IMG_5727 - バージョン 2

 

とは言え、何でも純正品で事足りる訳はなく、Hi-Fiカーオーディオの高音質を実現するためのスピーカー&アンプ、そして取付の確実性と完成度にはコンテストレベルのハイエンドなクオリティーを必要とする訳です。

そして、サウンドチューニングですべてが決まります。

EMMA JAPAN 2018 CHAMPION MERCURYEMMA JAPAN 2018 SKILL 1ST PLACE MERCURY HOT WIREDth_IMG_6381HOT WIRED製作シトロエンC4

 

 

 

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の詳細については、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=5860

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の画像は、こちら!

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1108524772523929

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1108529229190150

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の動画は、こちら!

https://youtu.be/PQERIIuvXb4

https://youtu.be/NrpzgOL6LsQ

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

2015 EMMA JAPAN FAINAL & 2015 EMMA ASIA – JAPAN ROUND

FUJI SPEED WAY で開催された、2015 EMMA JAPAN FINAL & EMMA ASIA JAPAN ROUND.

th_IMG_8103

こちらもややこしいのですが、カーオーディオの音質コンテストの、EMMA の、日本国内だけのコンテストの EMMA JAPAN と、

アジア各国合同で順位を競う、アジア選手権の、EMMA ASIA の JAPAN ROUND が、同時開催されたわけです。
(解りにくいなー・・・)

 

まず、エマってなに? ってのは、こちら とか見てみてください。

EMMA というのは、EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOSIATION の略で、ドイツに本部がある、ヨーロッパ統一規格の、ハイエンドカーオーディオのコンテストです。

簡単に言うと、カーオーディオの高音質と取付技術を競うコンテストです。

もっと解りやすく言うと、カーオーディオのグルメコンテストみたいなものです。(笑)

例えば、日本だけで勝手にやってるフランス料理コンテストと、ミシュランの5つ星レストランみたいな感じです。

EMMA ASIA にエントリーすると、世界各国から選ばれた10人ほどの外国人ジャッジが、日本のエントリー車両の音質と、インストレーション(取付)を審査します。

音質に関しては、2名のジャッジが、2回審査します。

使用する機材や、メーカー、ブランドの制限もありません!
(パイオニアも三菱もFOCAL も、まず自社の商品を買わないと、参加すらさせません)

EMMA ASIA は、全く利害関係のない、ベテラン外国人ジャッジが、世界統一規格のルールに則って公正に審査するわけです。

 

つまり、

カーオーディオの音の好みだとか、評論家の主観だとか、日本人ジャッジのレベルだとか、メーカーと参加ショップの大人の事情だとか、いろんな意見がある、日本のカーオーディオと、カーオーディオのコンテストにおける問題点と、

「本当の Hi-Fi サウンドってなに? ハイエンドカーオーディオってどんな音? 高音質ってどんな音になれば正解なの? つまり、良い音ってなに?」

と、言う永遠の議論に、

白黒はっきりさせてもらえる、唯一のサウンドコンテスト

なわけです。

なので、HOT WIREDのデモカーは、国際統一規格のEMMA と IASCA だけにエントリーしています。

th_GOPR6940

昼間なのに、懐中電灯で照らして、細かく審査する、取付審査のジャッジ・・・。

取付の安全性や確実性も重要な審査の対象です。
(カッコ良くついてりゃいいって訳じゃないんです。)th_GOPR6936

 

今回、HOT WIREDから、EMMA ASIA にエントリーしたのは、

BMW 318i が、マスタークラス(金額無制限クラス)

と、その下のクラスにあたる、アドバンスクラスに、できたてほやほやの、シトロエン C4。

HOT WIREDのデモカーのBMWについては、こちら に詳しく書いてますので、是非見てください。

th_GOPR6941 th_GOPR6932

アドバンスクラスにエントリーした、シトロエンC4は、惜しくも入賞できませんでしたが、取り付け審査では、クラフトマンシップも含めて、MAX OUT (満点)をとりました。(^^)

th_GOPR6943 th_IMG_6442 th_IMG_6440  th_IMG_8136  th_IMG_8135

 

マスタークラス(金額無制限クラス)にエントリーの、BMWは、

2013年、2014年と、2年連続優勝していますので、

今年も優勝できれば、3年連続優勝です。(^^)

去年の様子は、こちらこちら、をご覧下さい。

th_GOPR6930

ノルウェーのジャッジにお願いしておいた、COLGATE のハミガキとガム。 
(なぜハミガキを欲しがるのかみんなに不思議がられますが、単純に、「日本では絶対に買えないから」です。)
th_IMG_8104

重要なデモカーのコンテストなのですが、

実は私は、EMMA JAPAN のコンテストのジャッジに任命されていて、自分のクルマはほったらかしになってしまいました・・・。(泣)

EMMA JAPAN のエントラントみなさまのクルマを審査させていただいている間に、自分のクルマは、外国人ジャッジが勝手に審査して、終わっていました・・・。(T_T)
(音は出るようにセットしておいたので、iPod刺してボリュームさわるだけですから大丈夫でしょう。)

th_IMG_8169

 

インストレーション(取付)の審査だけは、英語で説明する必要がある為、その時だけ、呼んでもらえました・・・。(^^)

MASTERクラス(金額無制限)のインストレーション審査は、ドイツのEMMA国際ジャッジでした。

EMMAはドイツが本部です。

th_IMG_8178

シトロエンC4の取付審査は、フィリピンのEMMA国際ジャッジ。(懐中電灯で奥まで照らして厳しく見る人)

th_IMG_8179

そんなわけで、ジャッジのお仕事をしている間に、自分のクルマの音質審査は勝手に終わってしまっていたわけで、

自分が音質ジャッジとしてお仕事をして、同時に自分で2台のクルマを国際コンテストにエントリーして、他のエントラントの英語の通訳もやるってのは無理だという事が良くわかったわけすが、

 

日が暮れてあたりは真っ暗になってしまった表彰式で、マイクで呼ばれたので、チャリで急いでステージまで。(^_^;)

th_IMG_8176

 

優勝しました。(^^)

結果オーライ、という事で。(^^)

th_IMG_8130

th_IMG_8134 

ヨーロッパのEMMA本部から任免されて来日した、ベテラン外国人ジャッジ達による、世界統一基準の厳正な審査の上、

正式に、

3年連続、日本で一番高音質なカーオーディオの認定をいただきました。(^^)

グローバルスタンダードで生きたいのです。
ガラパゴスコンテストで優勝しても意味がないんです!

th_IMG_8168

お客様の車両も入賞!

IMG_8142 IMG_8150

良かったら、こっち も見てください。

th_IMG_8154 

あとは、アジア全体での順位が問題なわけですが、(去年は日本で優勝と言っても、アジア全体では10位でギリギリのベスト10入りだったわけで・・・)

アジア選手権は、すべての国でのコンテストが終わってから、たぶん最後のバンコクで、11月末頃?、現地では超盛大に発表されると思います。

IMG_8170

追伸:

カーオーディオコンテストにエントリーしている車両は、何十万もするヘッドユニットを使用している人が普通です。

BMWはCDプレーヤーがないシステムで、外国人ジャッジが持参したiPodのデータで審査されました。(^_^;)
さすがに、3年連続でヨーロッパのベテランジャッジ達の厳正な審査で優勝しましたので、他の有名カーオーディオショップの社長や業界関係者も試聴にきてくれました。

みなさんのお話を伺っての、

結論。

パイオニアコンテストを筆頭に、今まで日本人だけで頑張ってやってきたコンテストで良しとされていた音質は、日本独特の物だったようである。。

日本の評論家などが良いとしている音は、ずいぶんと違う物だった。。

教わってきた音がそもそも、間違だったかも知れない。
少なくとも、グローバルスタンダードとはまったく違うものだった。
と、言う事でした。

日本で音質系カーオーディオというと、小さめな音量で、コンパクトなステージをダッシュボード上に作るようにと教わってきたので、特に低域が少なすぎで、音数が少なく、ステージが狭く、音量が小さくて音に迫力が無い。

国際規格のカーオーディオコンテストでは、サウンドステージは、車体を超えて出来るだけ広く、奥行きはボンネットの先まで深く、高さはダッシュボード上に水平に、ボーカルはダッシュボード中央に定位して、各楽器がダッシュボード上に正しい位置関係でフォーカスして、低音はドッカーンと迫力たっぷりのディープな鳴りっぷりかつまるでインパネの奥にウーハーが設置されているかのようなフロントベースで、大音量かつ静寂なカーオーディオを目指してしています。

音源のスペックや機械の性能やブランドイメージ、商品の価格、理論にこだわっているが、結果的に正しく再生できていないシステムが多いわけです。。。

 

私が思ったこと。
「良い音」という表現がすでに間違っていて、
最終的に求めるべきものは「正しい音」だった。

 

 

ご協力頂きました、みなさま。

ありがとうございました。(^^)

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************