iPhone/AIDROIDスマホをより良い音で再生する方法・カーオーディオでiPhone・スマホを高音質で視聴する方法

iPhoneのミュージックをより良い音で再生する方法・カーオーディオでスマホを高音質で再生する方法をご紹介します。

ハイレゾカーオーディオを搭載していて、デジタル入力可能なプロセッサーがあるシステムを所有している方には特に有効な手法です。

iPhoneやスマートフォンの音源が、まるでハイレゾ音源のような高音質で再生できるようになり、びっくりすると思います。(私はびっくりしました(^^))

 

カーオーディオで高音質を実現するためのプレーヤーとしては、iPhoneは音質的には不利ですが、日常的に便利に音楽を聴くための手段としては、iPhone・スマホを使う人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

私も普段はほとんどiPhoneでストリーミングで音楽を聴いています。

 

 

今回ご紹介するシステムは、

現在実現できる最もシンプルなハイレゾカーオーディオシステムです。

AUDISON の AP4.9 に、BIT PLAY HDで構築した、ハイレゾカーオーディオシステムです。

2DINナビも生かして、AP4.9にアナログ入力して、全てのメディアを使用することができます。

iPhone・スマホは、ナビのUSB入力に接続して視聴可能です。

BIT PLAY HDは、ハイレゾプレーヤーなので、車載専用のDAP(デジタルオーディオプレーヤー)です。

BIT PLAY HD からPRIMA AP4.9は光ケーブルで直結。

RCAケーブルは全く必要ありません。

インストールは全てシートの下だけで完結。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb2b

 

異次元のハイレゾオーディオの高音質に感動していただいているオーナー様ですが、しばらく慣れてくると欲も出てきて、気になってくる事が、ありました。

純正ナビ+外部入力のiPhoneの音質と、ハイレゾプレーヤーの音質との差が大きくて、iPhoneの音質向上のご相談をいただきました。

 

FLAC などの、DAPを使ったハイレゾカーオーディオの高音質に加えて、iPhoneやスマホの中の音源もできるだけ高音質で視聴できるようにしたいとのご相談で、ホットワイヤードがオススメしたのは以下の方法です。

 

iPhone・スマホの音声出力をデジタルのまま、光ケーブルでデジタルプロセッサーに入力する方法です。

th_IMG_2435

th_IMG_2434

 

オーディオテクニカのデジタルトランスポートと呼ばれる機械です。

AT-HDR1はお手軽ですが、

ホットワイヤードが絶対にオススメしているのは、こちらは高い方の、AT-HDR500です。

もちろんAT-HDR500の性能を最大限発揮させるためのインストールの注意点やノウハウがありますので、ただつけて音が出りゃいいってほど簡単じゃないですが、正しく使うと、この機械は驚くべき高音質を実現できます。

iPhoneレベルの音源を高価なデジタルトランスポートでデジタル変換して、これまた高価なハイレゾ用光ケーブルで転送しても、数値的・理論的には効果がないはずなのですが、、、

実際には、

iPhoneがハイレゾ並みの高音質になります。(^^)

控えめに言っても、CDを超えるレベルです。

誰でもはっきり体感できるレベルで音質向上が実現できます。

つまりMP3やWAV、Apple Musicやアマゾンプライム、ストリーミングのインターネットラジオなどが、ハイレゾ並みの高音質で聴けるようのなるのです。

th_CIMG7188

th_kQhLYTvnRCenIexm00RxQg_thumb_6fb2d

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fcd4

 

 iPhone・スマホの音源がハイレゾ並みの高音質になって、オーナー様もびっくりです。(^^)

 

ハイレゾカーオーディオの構築には決まった法則があり、正しくシステムを構築しない限り、フルスペックのハイレゾを楽しむことはできません。

例えば、DAPをアナログ変換して・・・とか、ハイレゾ対応〜とかでは、ハイレゾの高音質は体感できません。

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオプロショップ,ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

「買ってはいけない」ハイレゾカーオーディオ/ハイレゾ機器の選び方 その2

「ハイレゾ」という言葉はもう浸透していますが、どうやったら本当のハイレゾカーオーディオを実現できるのか? は、まだ正しく認知されていないようです。

「ハイレゾ対応」などの紛らわしい日本語でのマーケティングで、本来のハイレゾのクオリティーが再生出来ないハイレゾカーオーディオが先行して増えているため、「ハイレゾってたいした事ないよねー」って、ガッカリする事になってしまっている訳です。

 

まず、間違っているハイレゾカーオーディオの例からご紹介します。

ダメなハイレゾカーオーディオの代表選手として、「ハイレゾ対応」のカーナビがあります。

これらは、FLACなどのハイレゾデータをダウンコンバート/アナログ変換して、とりあえず再生できるようにしただけで、ハイレゾのクオリティーで再生できる訳ではないのです。

4Kの映像データを再生は出来るけど、4Kじゃないテレビみたいな感じです。

これら、「ハイレゾ対応」カーナビでは、WAVとFLACの違いがまったくわかりません。(>_<)

 

次に多いダメなハイレゾカーオーディオの例として、

「DAPをDACでアナログ変換して、既存のオーディオにRCA入力する」方法。

これも、WAVとFLACの違いがほぼまったくわかりません。(>_<)

DACは、ハイレゾ創世記に、アナログ変換する以外に聞くすべがないのでしかたなくやり始めた過去の遺物です。

DACを通した時点でハイレゾでは無くなってしまいます。

今となっては、せっかくの高音質のFLACデジタル音源をわざわざアナログに落とすために高額のDACを買う意味がありません。(;^_^

 

じゃあどうしたら、正しいハイレゾカーオーディオが構築できるのか?

本当のハイレゾの音質を楽しめる「ハイレゾカーオーディオ」を構築する方法は2種類しかありません。

AUDISON か HELIXです。

既にハイレゾウォークマンなどのDAPをお持ちの方は、DAPをソースユニットにして、AUDISON BIT ONE HD か、HELIX DSP PRO + DAP というシステムも多いです。

DAPにもいろいろあるので、安価なDAPだとまた「ハイレゾ対応」と同じ事なので注意してください。光ケーブルで出力できる事が最低条件です。

 

今からハイレゾカーオーディオを構築しようとしている方には、ベストな方法があります。

カーナビを買わなくても良いです。

DAP や DACも買わないでください。

カーオーディオで、ハイレゾを実現する方法として、最もお勧めなシステムが、

AUDISON BIT ON HD + BIT PLAY HD です。

BIT ONE HDは、ハイレゾネイティブで処理できるDSPプロセッサーで、タイムアライメント/クロスオーバー/イコライザーなどで詳細なサウンドチューニングが可能です。

今お使いのカーナビ/純正ナビの音声もBIT ONE HDを通して聴く事が出来ます。

BIT PLAY HDは、車載専用のハイレゾプレーヤーです。。ポータブルじゃないDAP見たいな感じです。(^^) 内蔵のSSDにFLACなどのハイレゾ音源や映像ファイル入れて、転送/再生できるのです。

BIT ONE HDに、DAPを光ケーブルで入力する事も出来ますし、USBメモリーにFLACを入れてハイレゾネイティブで再生する事も出来ます。

大容量のハイレゾファイルは、転送速度や処理速度も音質に影響を与えますので、ストレスのないストレートなシステム構築が理想です。

十分な電源で動作する車載のメディアプレーヤーの高速SSDから光ケーブルでDSPにダイレクトで入力するのが一番良いです。

ケーブルをいろいろ変換してなんとかつながっていちおう音が出てればいいってもんじゃないんです。データの劣化や転送速度が追いつかずに、音質低下/コマ飛びする可能性があります。

 

つまり、

FLACなどのハイレゾ音源を光ケーブルで出力できるメディアプレーヤーと、ハイレゾネイティブでプロセス出来るデジタルプロセッサー/DSPが必要だよ。

という事です。

そしてもう一つ重要な注意点は、DSPプロセッサーは、取り付ければ自動的にすばらしい音を出してくれる魔法の機械ではなく、かなり本格的な業務用測定機器を使用して、音調整/サウンドセッティングをしないと、良い音にはならない、ちょっと上級者向けのオーディオ機器なので、必ず正しいサウンドチューニングを実施してください。

聴感だけではDSPのサウンドセッティングは出来ません。

 

失敗しないハイレゾカーオーディオを構築したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

AUDISON BIT ONE HD/BIT AP4.9 のDRC コマンダー、DSPのコントローラーの埋込加工取付のご紹介

AUDISON BIT ONE HD/BIT AP のDRC コマンダー、DSPのコントローラーの埋込加工取付のご紹介です。

AUDISONのBIT ONE HDやBIT AP4.9を操作するための、コントローラーはデジタルリモートコントローラーの略で、DRCという名称です。

 

今回は、AUDISON AP4.9のプロセッサー内蔵アンプに、別売りのDRC MP コントローラーを後付けしました。

th_CIMG4544

HELIX DSP PRO、BIT ONE HD, FOCAL など、デジタルプロセッサーを操作するためには、このような外付けの、リモコン/コントローラー/コマンダー/正式名称なに?を使用する事が多いですが、このコマンダーは、ソース切り替えやマスターボリュームになっていて、一番頻繁に操作する事になるので、コマンダーの取り付けがダサいと、見た目がかっこわるいだけでなく、非常に使い勝手の悪いカーオーディオになってしまいます。

埋込取り付けが前提の設計になっているので、加工技術のあるプロショップが取り付けると、かっこ良く、安全な埋込取り付けが実現できます。

 

今回のおクルマは、ちょうど良さげな小物トレーみたいなデッドスペースがあったので、BIT AP4.9のDRCコマンダーを置いてみたら、ぴったりではないか!(^^)

th_CIMG4551 th_CIMG4581

 

でも、ここにハダカで貼付けているだけでは能がないので、ちょっと角度をつけて、手が届きやすく、操作性の良い角度で立ち上げて、埋込取り付けしました。

サラッと純正風のカスタムです。

ベースの塗装は、ラバー塗装という、触ると少し柔らかい質感の塗装にしてみました。(^^)

th_CIMG4616

th_CIMG4619th_CIMG4618

 

 

こちらは純正オーディオと同じ位置のセンターに埋め込んだコマンダーの例です。

元々のダッシュの形状を知らない人はどこが改造してあるのかわからないほど自然に埋め込まれています。

当然車内で最も操作しやすい位置になります。

th_IMG_6388

 

難易度が高い埋込カスタムでは、オーバーヘッドにコマンダーを取付ける事も可能です。

ルームミラーの手前あたりです。

操作性、視認性ともに車内でベストな位置になります。

th_CIMG0518

th_IMG_8484

 

こちらは、さらに難易度が高い埋込カスタムですが、オーバーヘッドコンソールのサングラスホルダーの中にDRCコマンダーを埋め込んだ例です。

閉じる事も出来ます。

th_IMG_5619

 

 

サラッと、まるで純正のように埋め込まれていますが、以外と難易度高めのカスタムだったりします。(;^_^

コントローラーをかっこ良く埋め込むのは、カーオーディオカスタムの醍醐味でもあります。(^^)

 

他店にて取付けのBIT ONE HD,HELIX DSP PRO,H800,などのコマンダーの埋込加工も大歓迎です。

また、サウンドセッティングのみ、音調整のみのご依頼も大歓迎です。(^^)

ご予約はメールにて。information@hotwired.co.jp

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

「失敗しない」ハイレゾカーオーディオの構築方法/ハイレゾ機器の選び方 AUDISON bitplay HD/bit One HD

「失敗しない」ハイレゾカーオーディオの構築方法のご紹介。

AUDISON bitplay HD SSD 240GB ファームウェアのアップデートとSSD換装

 

誤解を恐れずにごーまんかますとすると、

現時点では、本物のハイレゾカーオーディオを構築する方法は2種類しかありません。

「本物」のと書いたのは、「ハイレゾ対応」とか、「フルデジタル」とか、紛らわしい日本語でマーケティングされいる商品が多く、それらではハイレゾ音源をダウンコバートして、一応再生できる様にしただけで、ハイレゾの良さを体感する事が全然出来ないからです。

間違ったハイレゾカーオーディオの例として、

ハイレゾ音源を入れたUSBをカーナビに刺して再生しても、ダメです。

DAPやハイレゾプレーヤーを使用しても、デジタル出力をDACなどでアナログ変換してカーオーディオに入力しいてはダメです。

ダメな理由はまた別の機会に(^^)

AUDISON BIT PLAY HD DRC

現状をざっくり言うと、カーオーディオで本物のハイレゾシステムを構築できるカーオーディオメーカーは1社しかありません。

イタリアの AUDION の、BIT ONE HD + bit play HD

が、唯一のハイレゾカーオーディオです。

 

この他に、ハイレゾウォークマンなどの家庭用ハイレゾプレーヤー/DAPを使用して、BIT ONE HD や ドイツの HELIX の、DSP PRO にデジタル入力する方法などもあります。

現状では、オーディソンとヘリックスの2社のDSPデジタルプロセッサーだけが、本物のハイレゾカーオーディオを構築可能なのです。

(フルスペックのネイティブハイレゾDSPという意味で、その他廉価版などは割愛)

 

  

HELIXは、DSPプロセッサーだけがハイレゾ商品なのですが、

AUDISONは、車載専用のハイレゾメディアプレーヤーから、ハイレゾDSPプロセッサー、そしてパワーアンプまでを完全なハイレゾ/FULL HDでデジタル転送が可能なのです。

最近ハイレゾ専用スペックのスピーカーもリリースもしました。

ハイレゾカーオーディオが注目され始めてから既に何年もたちますが、いまでも、ハイレゾカーオーディオの構築には、AUDISONがベストチョイスだと断言できます。

AUDISON BIT PLAY HDAUDISON BIT PLAY

現在たぶん唯一の車載専用ハイレゾプレーヤーが、AUDIONの bitplay HD です。

SSDを内蔵できるハイレゾプレーヤーで、24bit/96khzのFULL HD ネイティブ。

FLACやWAVだけでなく、動画ファイルの再生も可能。

光ケーブルやHDMIで出力でき、付属のリモコンとナビの画面やiPhoneのアプリで操作できます。

車載カーオーディオ機器で、ネイティブの本物のハイレゾカーオーディオを実現するためには、現時点ではBIT PLAY HD を使用する方法がベストだと思います。

これ以外でハイレゾカーオーディオを構築しようとすると、DAP/ハイレゾウォークマンなどの家庭用のデジタルオーディオプレーヤーを使用するしかありません。

 

正しくハイレゾカーオーディオを構築すると、

『今までやってきたHi-Fiカーオーディオは何だったんだよ!? 』

てゆーくらい、次元の違う音を体感して、カルチャーショックを受けてしまうと思いますので、ある意味、覚悟しておいてください。(^^)

 

HOT WIREDでは、BIT ONE HD SSD をお買い上げのお客様には、いくつかのサービスを提供しています。

ファームウェアを最新バージョンにアップデートして、内蔵のSSDをフォーマットし直して、サンプルのハイレゾ音源を100曲ほどインストールしてすぐにお楽しみいただけるようにセットアップいたします。(^^)

 

AUDISON BIT PLAY HD SSD

ご予約いただいているお客様用の、BIT ONE HD のハードドライブを換装しました。

th_CIMG4544 AUDISON BIT PLAY HD SSD 240GB AUDISON BIT PLAY HD SSD DRC

よりハイスペックなSSDや、大容量のSSDに換装する作業も承っております。

audison bit play hd ssd交換 メモリー交換audison bit play hd ssd交換 500gb メモリー交換

 

注意していただきたいのは、ハイレゾカーオーディオは、ハイレゾ音源をどうにかしてぶち込めば勝手に良い音が出てくるというほど簡単ではなく、HELIXにしても、AUDISONにしても、ダウンコンバートする事なく光ファイバーで転送する事や専用のソフトウエアを使用して、DSPのサウンドセッティングを正しくチューニングする必要があります。

機器の相性や、パソコンチックな操作性など、まだまだ成熟しておらず、少し敷居の高いハイレゾカーオーディオですが、正しくシステムを構築すれば、新たな感動の世界が待っています。

はっきり言って、現時点では、あまりお手軽/低価格でハイレゾカーオーディオを構築する事は出来ませんが、

本気でハイレゾカーオーディオを実現したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^)

information@hotwired.co.jp

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

韓国初の国際カーオーディオコンテスト、EMMA KOREA 2018 の音質審査のジャッジのお仕事 その1

EUROPEAN MOBILE MEDIA COMPETITION(EMMA)

ヨーロッパに本部がある、国際規格カーオーディオコンテストです。

韓国は、2018年から正式にEMMAに参加する事になり、今回はじめて開催される、EMMA KOREA 2018 の音質審査の国際ジャッジとしてご招待いただき、韓国へ行ってきました。

th_CIMG2894EMMA KOREA HIROKI MIWA

土曜日の夕方に到着して、ジャッジミーティングや打ち合わせをして、9/30日曜日に、INCHEON ASIAN MAIN GAME STADUIM という、多分サッカー場?デカいスタジアムの駐車場でEMMA KOREA 2018が開催されました。

韓国には11人のEMMAジャッジがいます。

NATIONALジャッジとINTERNATIONALジャッジがペアで行動して、音質審査はインターナショナルジャッジが実施して、質問事項や書類の記入は韓国のジャッジが対応してくれましたので、言葉の問題は比較的少なく、審査は大変スムーズに進みました。

私は、ENTRYクラスの7台と、MASTERクラスの5台、合計12台の音質審査を担当させていただきました。

EMMA KOREA 2018の画像は、ホットワイヤードのFACEBOOKページのフォトギャラリーでご覧いただけます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006

 

海外のカーショーやコンテストに参加すると、新しい発見が多くて、楽しいです。(^^)

その国ならではのカスタムや商品、テクニックなど、海外のカーオーディオのカスタムは、いろいろ違う事が多くてとても興味深く、いろいろ勉強になります。

カスタムパーツもですが、カーオーディオ関係の商品では、日本では手に入らないブランドや商品がとても多いのです。

韓国では、日本の様な2DINカーナビ(私はガラナビと呼ぶ)や社外のカーオーディオのヘッドユニットやCDプレーヤーがほとんどないようです。

最初から純正ナビ+CD/DVDが付いているクルマが多いみたいですが、純正ヘッドは使わずに、USBや携帯電話などの何らかのメディアプレーヤーをソースユニットとして使っています。

私が担当したクラスの音質審査の音源で、CDを使うクルマが1台もありませんでした。(;^_^

OEMスタイルが主流のようで、純正ナビ+メディアプレーヤー+DSP(デジタルプロセッサー)+ パワーアンプ+サブウーハーというシステムがトレンドのようです。

ピラーにツイーターを埋込のインストールが多く、ドアはインナーバッフルのみで、あまり加工しない人が多いようです。

DSPは、韓国の国産ブランドがたくさんあるようです。

カーナビに関しては、完全にスマホのアプリに移行しているようです。

新車で純正ナビが付いているクルマでも、携帯のナビアプリの方が高性能で使いやすいと事で、皆さんスマホのナビアプリを使っています。

アプリは無料で、地図データ自動でアップデートされ、道路に設置されたカメラやセンサーと通信してリアルタイムの渋滞情報なども表示されてたいへん便利なようです。

こちらは、日本ブランドなのに、日本市場から撤退した、SONYの車載ハイレゾプレーヤーも人気でした。

th_CIMG2815

 

EMMA韓国のカテゴリー分けは、4種類。

th_CIMG2871th_CIMG2740

th_CIMG2697th_CIMG2694

th_CIMG2869

 

 

韓国のクルマはすべて左ハンドルです。

まだ世界には見た事ないクルマがたくさんあるんですねー。(;^_^

てゆーか、見た事ないクルマばっかりです・・・。

カーオーディオも、見た事ないブランドも多いです・・・。

このクルマのハンドルと内装を見て車種をあてられる人は相当な韓流マニアですね。(^^)

th_CIMG2765 th_CIMG2789 th_CIMG2760 th_CIMG2793 th_CIMG2822 th_CIMG2814 th_CIMG2838

 

100万円オーバーのパワーアンプが3台?

すごいハイエンドカーオーディオ搭載車両もあり、

th_CIMG2783

 

 

うらやましいのは、このかわいいデザインのトロフィーがステキ。(^^)

th_CIMG2893

 

審査員への感謝状として、私もこんなカッコよくてずっしり重いプラークをいただきました。(^^)

th_CIMG2892

th_CIMG2890 

 

こちらは台湾から来た国際ジャッジの皆さん。

th_CIMG2947 th_CIMG2939

 

ハイエンドカーオーディオのコンテストの音質審査を厳密に公平に実行するには、外国人ジャッジを起用する事が最も有効な手法だと実感しました。

国内ジャッジのスキルアップにも有効です。

国産カーオーディオやクルマの車種すらわからない、知り合いもいない、何の利害関係もない外国人ジャッジによる音質審査のコンテストは、先入観もなく、最もフェアで公平に採点できる唯一のカーオーディオコンテストだと思います。 

その意味からも、私は、EMMA と IASCA のフォーマットを強く支持しています。

 

 

 

 

こちらは、韓国のカーオーディオ専門誌、その名もズバリ、「CAR AUDIO」。

分厚くて、全ページフルカラーのカーオーディオの専門誌が毎月発行なんです。(^^)

 th_IMG_9494

 

EMMA KOREAのスタッフや韓国ジャッジの皆さんには、大変良くしていただいて、とても楽しい、貴重な経験になりました。

韓国の有名カーオーディオショップの視察にも連れて行っていただきました。

こちらは、「CAR AUDIO」の編集長。

本当にありがとうございました。 감사합니다

th_IMG_9491

 

日本もEMMAに参加しています。

2013年から正式にスタートした、EMMA JAPAN の様子はこちら!

 

EMMA JAPAN FINAL 2018 は、11/25 お台場にて開催です!

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

 

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************