2015 EMMA JAPAN FAINAL & 2015 EMMA ASIA – JAPAN ROUND

FUJI SPEED WAY で開催された、2015 EMMA JAPAN FINAL & EMMA ASIA JAPAN ROUND.

th_IMG_8103

こちらもややこしいのですが、カーオーディオの音質コンテストの、EMMA の、日本国内だけのコンテストの EMMA JAPAN と、

アジア各国合同で順位を競う、アジア選手権の、EMMA ASIA の JAPAN ROUND が、同時開催されたわけです。
(解りにくいなー・・・)

 

まず、エマってなに? ってのは、こちら とか見てみてください。

EMMA というのは、EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOSIATION の略で、ドイツに本部がある、ヨーロッパ統一規格の、ハイエンドカーオーディオのコンテストです。

簡単に言うと、カーオーディオの高音質と取付技術を競うコンテストです。

もっと解りやすく言うと、カーオーディオのグルメコンテストみたいなものです。(笑)

例えば、日本だけで勝手にやってるフランス料理コンテストと、ミシュランの5つ星レストランみたいな感じです。

EMMA ASIA にエントリーすると、世界各国から選ばれた10人ほどの外国人ジャッジが、日本のエントリー車両の音質と、インストレーション(取付)を審査します。

音質に関しては、2名のジャッジが、2回審査します。

使用する機材や、メーカー、ブランドの制限もありません!
(パイオニアも三菱もFOCAL も、まず自社の商品を買わないと、参加すらさせません)

EMMA ASIA は、全く利害関係のない、ベテラン外国人ジャッジが、世界統一規格のルールに則って公正に審査するわけです。

 

つまり、

カーオーディオの音の好みだとか、評論家の主観だとか、日本人ジャッジのレベルだとか、メーカーと参加ショップの大人の事情だとか、いろんな意見がある、日本のカーオーディオと、カーオーディオのコンテストにおける問題点と、

「本当の Hi-Fi サウンドってなに? ハイエンドカーオーディオってどんな音? 高音質ってどんな音になれば正解なの? つまり、良い音ってなに?」

と、言う永遠の議論に、

白黒はっきりさせてもらえる、唯一のサウンドコンテスト

なわけです。

なので、HOT WIREDのデモカーは、国際統一規格のEMMA と IASCA だけにエントリーしています。

th_GOPR6940

昼間なのに、懐中電灯で照らして、細かく審査する、取付審査のジャッジ・・・。

取付の安全性や確実性も重要な審査の対象です。
(カッコ良くついてりゃいいって訳じゃないんです。)th_GOPR6936

 

今回、HOT WIREDから、EMMA ASIA にエントリーしたのは、

BMW 318i が、マスタークラス(金額無制限クラス)

と、その下のクラスにあたる、アドバンスクラスに、できたてほやほやの、シトロエン C4。

HOT WIREDのデモカーのBMWについては、こちら に詳しく書いてますので、是非見てください。

th_GOPR6941 th_GOPR6932

アドバンスクラスにエントリーした、シトロエンC4は、惜しくも入賞できませんでしたが、取り付け審査では、クラフトマンシップも含めて、MAX OUT (満点)をとりました。(^^)

th_GOPR6943 th_IMG_6442 th_IMG_6440  th_IMG_8136  th_IMG_8135

 

マスタークラス(金額無制限クラス)にエントリーの、BMWは、

2013年、2014年と、2年連続優勝していますので、

今年も優勝できれば、3年連続優勝です。(^^)

去年の様子は、こちらこちら、をご覧下さい。

th_GOPR6930

ノルウェーのジャッジにお願いしておいた、COLGATE のハミガキとガム。 
(なぜハミガキを欲しがるのかみんなに不思議がられますが、単純に、「日本では絶対に買えないから」です。)
th_IMG_8104

重要なデモカーのコンテストなのですが、

実は私は、EMMA JAPAN のコンテストのジャッジに任命されていて、自分のクルマはほったらかしになってしまいました・・・。(泣)

EMMA JAPAN のエントラントみなさまのクルマを審査させていただいている間に、自分のクルマは、外国人ジャッジが勝手に審査して、終わっていました・・・。(T_T)
(音は出るようにセットしておいたので、iPod刺してボリュームさわるだけですから大丈夫でしょう。)

th_IMG_8169

 

インストレーション(取付)の審査だけは、英語で説明する必要がある為、その時だけ、呼んでもらえました・・・。(^^)

MASTERクラス(金額無制限)のインストレーション審査は、ドイツのEMMA国際ジャッジでした。

EMMAはドイツが本部です。

th_IMG_8178

シトロエンC4の取付審査は、フィリピンのEMMA国際ジャッジ。(懐中電灯で奥まで照らして厳しく見る人)

th_IMG_8179

そんなわけで、ジャッジのお仕事をしている間に、自分のクルマの音質審査は勝手に終わってしまっていたわけで、

自分が音質ジャッジとしてお仕事をして、同時に自分で2台のクルマを国際コンテストにエントリーして、他のエントラントの英語の通訳もやるってのは無理だという事が良くわかったわけすが、

 

日が暮れてあたりは真っ暗になってしまった表彰式で、マイクで呼ばれたので、チャリで急いでステージまで。(^_^;)

th_IMG_8176

 

優勝しました。(^^)

結果オーライ、という事で。(^^)

th_IMG_8130

th_IMG_8134 

ヨーロッパのEMMA本部から任免されて来日した、ベテラン外国人ジャッジ達による、世界統一基準の厳正な審査の上、

正式に、

3年連続、日本で一番高音質なカーオーディオの認定をいただきました。(^^)

グローバルスタンダードで生きたいのです。
ガラパゴスコンテストで優勝しても意味がないんです!

th_IMG_8168

お客様の車両も入賞!

IMG_8142 IMG_8150

良かったら、こっち も見てください。

th_IMG_8154 

あとは、アジア全体での順位が問題なわけですが、(去年は日本で優勝と言っても、アジア全体では10位でギリギリのベスト10入りだったわけで・・・)

アジア選手権は、すべての国でのコンテストが終わってから、たぶん最後のバンコクで、11月末頃?、現地では超盛大に発表されると思います。

IMG_8170

追伸:

カーオーディオコンテストにエントリーしている車両は、何十万もするヘッドユニットを使用している人が普通です。

BMWはCDプレーヤーがないシステムで、外国人ジャッジが持参したiPodのデータで審査されました。(^_^;)
さすがに、3年連続でヨーロッパのベテランジャッジ達の厳正な審査で優勝しましたので、他の有名カーオーディオショップの社長や業界関係者も試聴にきてくれました。

みなさんのお話を伺っての、

結論。

パイオニアコンテストを筆頭に、今まで日本人だけで頑張ってやってきたコンテストで良しとされていた音質は、日本独特の物だったようである。。

日本の評論家などが良いとしている音は、ずいぶんと違う物だった。。

教わってきた音がそもそも、間違だったかも知れない。
少なくとも、グローバルスタンダードとはまったく違うものだった。
と、言う事でした。

日本で音質系カーオーディオというと、小さめな音量で、コンパクトなステージをダッシュボード上に作るようにと教わってきたので、特に低域が少なすぎで、音数が少なく、ステージが狭く、音量が小さくて音に迫力が無い。

国際規格のカーオーディオコンテストでは、サウンドステージは、車体を超えて出来るだけ広く、奥行きはボンネットの先まで深く、高さはダッシュボード上に水平に、ボーカルはダッシュボード中央に定位して、各楽器がダッシュボード上に正しい位置関係でフォーカスして、低音はドッカーンと迫力たっぷりのディープな鳴りっぷりかつまるでインパネの奥にウーハーが設置されているかのようなフロントベースで、大音量かつ静寂なカーオーディオを目指してしています。

音源のスペックや機械の性能やブランドイメージ、商品の価格、理論にこだわっているが、結果的に正しく再生できていないシステムが多いわけです。。。

 

私が思ったこと。
「良い音」という表現がすでに間違っていて、
最終的に求めるべきものは「正しい音」だった。

 

 

ご協力頂きました、みなさま。

ありがとうございました。(^^)

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

カーオーディオマガジン最新号発売! VOL.106 2015 11月号 EMMA国際ジャッジ資格取得リポート

カーオーディオマガジン最新号発売! 

VOL.106 2015 11月号 

EMMA国際ジャッジ資格取得リポート

 

 

カーオーディオマガジンが発売されました。(^^)

発売日前に届いたカーオーディオショップさんが、ネット上でネタばらししちゃってるのをたくさん見かけましたが、私は発売日前には書かない様にしています。

th_IMG_3316

私がカーオーオーディオマガジンに連載させていただいております、

「海外のハイエンドカーオーディオカスタム情報!のページ。

今回は、

EMMA の国際ジャッジ資格を取得する為に、外国へ出かけて講習、トレーニング、試験を受けました、

の、レポートを書かせていただきました。(^^)

th_IMG_3315

勉強したかいあってか、

2013年、2014年と2年連続で、EMMA JAPAN で優勝している、HOT WIREDのデモカーのBMW 318i の画像も少し載せていただきました。(^^)

th_IMG_3317

2015.10.25 に開催の、EMMA ASIA/EMMA JAPAN FINAL にも、HOT WIREDのBMW 318i はエントリーしています。

マスタークラス(金額無制限クラス)に、EMMA JAPAN と、EMMA ASIA に、ダブルエントリーしています。

目指せ。3年連続日本一です。

ただいま、HOT WIREDのデモカーのBMW は、FOR SALE です。
大切に乗っていただける方にお譲りしたいと思っています。

興味のある方は、お気軽に、information@hotwired.co.jp まで!

th_IMG_3319th_IMG_3318

トレーニングが、如何に大変だったかは、本を買って記事を呼んでみてくださいね。

th_IMG_3320

なんとか落第する事なく、EMMAの公認国際ジャッジになりました。(^^)

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=4223

th_IMG_3321

日本人では、今のところ私一人です。

th_IMG_3322

EMMA JAPANが正式にスタートした年に、日本にシンガポールからのジャッジを招いて、講習を受けて、EMMA JAPANのヘッドジャッジになりましたが、正直言って、良くわかりませんでした。

(私は通訳とセミナーの講師もやらせて頂いた関係上、他のジャッジの方より2日間前からシンガポールのヘッドジャッジ達から教わり、セミナー当日には、教わった内容を他のジャッジに伝える形で、ジャッジ講習を10のグループに10回も説明させていただきました。)

 

EMMAの国際ジャッジの資格自体は、日本では残念ながら、なんの役にも立ちませんが、自分のスキルアップには絶大な効果がありました。

本物のハイエンドカーオーディオがなんなのか、やっと解った気がします。

海外の進んだ技術や知識を共有して、お客様のクルマにフィードバックできれば良いと思っています。

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

TESLA  テスラ 100%電気自動 試乗インプレ

TESLA

ハイブリットではなく、充電した電気だけて走る、100%電気自動です。

IMG_7777

電気自動車って言うと、とってもカッコわるいクルマしか思いつきませんが、

TESLA は、違います。

見た目は、スーパーカーです。

th_IMG_7714

そしてこのジャガーみたいな見た目のくせに、実はアメ車です。(^^)th_IMG_7766

4ドアで、サードシートまでついた、7人乗り。

ボンネットの中もトランク。

実用性も確保されています。

th_IMG_7715th_IMG_7771

このボディーラインがすばらしい。

th_IMG_7717

ドアノブが、電動で、ドアから出てきます。

閉じるとまた格納されて、表面は真っ平らになる仕組みです。

th_IMG_7719

ガソリンを入れる代わりに、充電用のプラグを刺し込む。

200Vの電源があり、充電設置できる環境が前提なので、自宅か勤務先で充電環境がないと,このクルマは買えても、乗れません。

th_IMG_7716 

インパネの巨大なモニターにまずやられます。

これだけでもこのクルマが欲しくなっちゃいます。

th_IMG_7723

普通のボタンやノブみたいなものはほとんどなくて、すべてこの巨大モニターのタッチパネルで操作する感じです。

常時データ通信していて、代金も車両価格に含まれるとの事。

th_IMG_7724th_IMG_2323

HOT WIREDのデモカーのBMWのインパネに埋め込まれた iPad も、TESLA の巨大モニターにはかなわない。(笑)

 

メーターはこんな感じ。

エンジンの回転数とかの表示は必要ないので。

th_IMG_7725

 

乗ってみました。

インプレです。

th_IMG_7750th_IMG_7751

iPadみたいな巨大モニターは、2画面表示なども可能。

見やすさは、ハンパない!

やっぱりモニターは大きい方が良い。

th_IMG_7721   th_IMG_7737

小さい7インチの2DINナビとか、もう絶対イヤだ・・・。

5

でもって、

このTESLA-S は、380馬力だったかな?

めちゃ速い。

そして、エンジンがないので、完全な無音で動く。

個人的にもうるさいマフラーには、うんざりしているので、静かな事は良い事である。

残念ながら、風きり音やタイヤからのノードノイズなどのl「走行音」は以外と普通なので、高速道路では、普通の音である。

デッドニングなどして、もっと静かなクルマにするべきと思いました。

 

th_IMG_7731

 スタートボタンさえないインパネ。

4輪駆動なのに、プロペラシャフトもミッションもないので、床が完全に平らである。

 航続距離も500キロ以上で、普通に使える電気自動車である。

クルマの性能としては申し分ないでしょう。

出先での充電環境等の社会インフラを待つ必要はある。

 

ネガティブな部分はやはり、充電。

そして、カッコいい巨大モニターは良いのだが、すべてを操作系スイッチをタッチパネルにするのは、実際の走行中の操作はやりにくい。

例えば、オーディオのボリュームやエアコンの温度調整などがタッチパネルのものは、実はすごく使いにくい。(ハンドルのスイッチでもできますが)

iPhoneでさえ、触っちゃって違うボタン押しちゃうわけだから、アナログな操作感が必要な部分を切り分けてデザインする必要があると思う。

その点では、BMW の iDrive や、マツダコネクトは、良い。(モニターが今の倍ぐらい大きくなればさらに良い)

WEB環境の激しい変化に、端末を取り替えられない巨大タブレットが何年快適に使用できるかも疑問。 

バッテリーの寿命が決まっているので、長く乗れないのは確実。

修理や車検も未定。

面白そうなクルマを、深く考えずに、スマホやタブレットの様に使い捨てで使う人向けかな?

 

結論として、電気自動車がガソリンにとってかわるのは、まだ当分先でしょう。 

 

 

 

次のHOT WIREDのデモカーは、先日発売された、iPad Pro ? でも付けようかな。th_IMG_2323th_IMG_9008 th_IMG_9000 th_IMG_8999 th_IMG_8998 th_IMG_8396 th_IMG_8385  th_IMG_2326 th_IMG_2325 th_IMG_2324 th_IMG_2328 th_IMG_8937 th_IMG_8074 th_IMG_8088 th_IMG_9083 th_IMG_8855 th_IMG_9018 th_IMG_0482

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

EMMA JAPAN 2015/EMMA ASIA 2015 へのエントリーについて

2014年に、日本が初めて公式に、カーオーディオの国際コンテストにエントリーしました。

ホットワイヤードのデモカーもエントリーしました。

日本全国からショップデモカーやデモカーレベルのハイエンドカーオーディオカーがエントリーしました。

 

2014年、以下が去年初めて日本が公式に参戦した,EMMA ASIA FINAL のサウンドコンテストのリザルト(結果発表)です。

EMMA ASIA とは、カーオーディオのサウンドコンテスト のアジア選手権みたいな感じなのですが、

「日本国内で、日本のカーショップが作ったクルマだけで、日本人だけが参加して、適当な課題曲を決めて、日本の有名カーオーディオショプの社長さんや日本の評論家さんが審査して順位を決める、日本人だけの為の日本独自のサウンドコンテスト」

ではなく、

日本が初めて、「世界統一基準での国際コンテスト」に、「外国人の作ったクルマも含めて総合的に競技する」と、いうサウンドコンテストに初めて参加したわけです。

しかも、

ジャッジはヨーロッパから派遣された経験豊富な国際ジャッジが,すべての国を同じジャッジが回って公平に審査したので,

結果には文句の付けようがありません。

「ハイエンドカーオーディオで、一番よい音とは何?」と言う,永遠の議論に白黒はっきりつけてくれるわけです。

HOT WIREDのデモカーのBMW  は,2年連続で、EMMA JAPAN の金額無制限クラスで優勝して、日本では1位ですが,アジア選手権では,10位でした・・・。

下の方の1/3は全部日本からのエントリー車輛でした。

これが現実の日本のハイエンド カーオーディオショップの実力でした。

クルマの価格だけでなく,搭載しているオーディオ機器の価格もはるかに高いのではないでしょうか・・・?

4 5

 

と,

言うことで,

実は今まさに、

もう今年はアジア選手権に参加するのはやめようと言い出しています。

EMMA/IASCA のサウンドコンテストを主催している,日本カーオーディオ競技協会は,私もヘッドジャッジおよび役員を務めさせていただいていますが,
私以外の役員/ヘッドジャッジは、「アジア選手権は辞退する方が良い」と言っています。(T_T)

「去年初めて参加して,惨敗して,もう辞退ですか? それではとても残念です。できれば継続したいものです。」

と,委員会/ヘッドジャッジの一員として,意見はさせていただきましたが,

2014年にあれだけ惨敗して,2015年に劇的に良い結果が出る見込みもないし,お客さんもへこむだけで,自分たちのビジネスにとって何のメリットもないことにお金を賭けて外国人のジャッジまで呼んでコンテストを開催する必要なんか無い,

と,言うのがみなさんの意見です。

ごもっともですね・・・。

日本全国各地で行なわれている、色々な日本独自のサウンドコンテストやミーティング、
「ガラパゴス サウンド コンテスト」
で、主催者のメーカーや、自分たちが雇った評論家からトロフィーもらって,お客さんが喜んでくれて、雑誌に大きく載って,ビジネスとして成立している、全国の有名カーオーディオショップにとっては,国際規格のややこしいコンテストで,コネも義理もない外国人の本物のジャッジに審査されて、本当の実力をさらされるなんて,
何の意味もないわけです・・・。

だから、はっきり言ってやりたく無いわけです。

 

ホットワイヤードとしては,2013年,2014年のEMMA JAPAN では,2年連続優勝で、日本では1位ですが,ASIA全体では10位だったわけで,まだまだ全然スキルアップする必要があるわけです。

勝ち負けやビジネスのことじゃなくて,膨大な時間と途方もない労力を費やして製作したコンペカーがあるのですから、世界レベルのインストーラーやジャッジと対等に参加し,意見交換/情報交換がしたいのです。

ガラパゴスコンテストは興味ないんです・・・。

 

なので、
もし、EMMA JAPAN が、2015年は,日本は EMMA ASIA への参加を辞退して,
日本のジャッジだけで行なうEMMA JAPAN だけを開催する事になるなら、
外国人ジャッジによる,EMMA ASIA 2015  への参戦ができないなら,
HOT WIREDとしては,もうデモカーをEMMAのコンテストにエントリーする必要はないかな?と思っています。

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

EMMA JAPAN ルールブック改定 カーオーディオの国際サウンドコンテストのルールの改定

EMMA JAPAN 2015年度ルールブック改定 
 
カーオーディオの国際サウンドコンテストのルールが,一部改定になりましたのでお知らせします。
 
ホットワイヤードでは,EMMA や IASCA などのサウンドコンテストに参加される方のサポートやコンテスト車両の製作を行なっております。
 

EMMA のサウンドコンテストに参加の方は参考にしてください。

なお,ルールの詳細は,事務局へ問い合わせ願います。
 
 
主に,エントリーできるクラスの規定の変更のようですが,
相変わらずわかりにくいですね・・・。(T_T)
基本的に,エントリーできるカテゴリーは,使用しているオーディオ機器の合計金額と,改造の度合いで,分けています。
 
できるだけ,同じくらいの金額同士がフェアに競争できる様にしているわけです。
 
が,これを世界統一基準にするのが意外と難しいんです。
(経済格差やそれぞれのお国事情がありまして)
 
 
ホットワイヤードのデモカーのE46 BMW は,CDなしでiPhoneでサウンドコンテストに参加した日本で初めての車両であり,現在でもiPhoneまたはiPadだけで,でコンテストに参加している車両は無いと思います。(海外でもほとんどいないです)
CDプレーヤーだけで何十万の高級オーディオユニットを満載したオーディオカーが普通の、
「金額無制限クラス」に、実質0円(笑)のiPhoneで,エントリーして,
優勝ました。(^^)
しかも,2013年,2014年と,今のところ2連覇。(^^)
 
もちろんCDの方が高音質ですし,金額のハンディも大きいですが,それで良かったと思っています。
th_IMG_8853th_IMG_8848 
 
実は,2015年はの、EMMA JAPAN FINAL は,アジア選手権に参加するか? 辞退するか?、
ようするに,「ヨーロッパの経験豊富なベテランのジャッジを呼んで審査してもらうかどうか?」
で,いままさに検討中なのですが,
 
ヨーロッパのジャッジが来ないで,日本のジャッジだけのコンテストになるなら,
ホットワイヤードのデモカーは,2015年のEMMA JAPAN FINAL は,エントリーしないかも知れません。
 
 
th_IMG_8914 th_IMG_8805th_IMG_8993
 
 
 
本国のルール改定に伴いルール改定のご案内です。
改訂内容としては、エントリー条件が判りやすくなります。
また、特に問い合わせの多かったシステムの合計金額にカウントするユニットを表記しました。
改訂版のルールブックはHPに順次アップ予定です。
 
改訂した点を以下にまとめましたのでご確認ください。
 
①価格制限クラスについて(追記)
シ ステムの総額は、(たとえ中古品を使用している場合でも)メーカーの希望小売価格の総合計(税抜)であり、すべての電子材料(ソースユニット、プロセッ サー、アクティブクロスオーバー、アンプ、レギュレータ(純正除く)、すべてのスピーカーなど)を含みます。(※但し審査プロセスに使用する電子材料の み)取付材料(ケーブル、取付ボード、パッシブクロスオーバー、ヒューズブロック、バッテリー、コンデンサーなど)はいずれも総額に含まれません。コンペ 参加者が製品を通常より安価に購入したかどうかや、中古品で購入したかどうかは問題ではありません。※平等な基準を設けるため、社外ナビヘッドは10万円 換算、純正ナビヘッド及び純正ヘッドユニットは5万円換算とし、それ以外はメーカー希望小売価格とします。また、社外ヘッドユニットのオープンプライスは 5万円換算とします。ソースユニット等の金額に含まれていない、オプションのリモートコントローラー(ディスプレイ付含む)で標準小売価格が不明なものは 7000 円としてシステム合計金額にカウントします。
 
②3.1.4エクスピアレンスクラスのエントリー条件(改訂)
車両またはコンペ参加者が、国際選手権におけるEMMAエクスピアレンスのカテゴリーで、優勝したことが一度もない。
 
③3.1.4エクスピアレンスクラスのエントリー条件(削除)
ス ピーカーをインストールするためのダッシュボードの改良、たとえば追加のスピーカー個所の創設は、(改良を加えていない)オリジナルの場所への(スピー カーアダプターリングを利用した)インストールを除き、認められません。(グリルの変更は認められますが、純正表皮から突き出ることは認められません)
 
④3.1.4エクスピアレンスクラスのエントリー条件(削除)
Aピラーかミラートライアングルもしくはダッシュボードのオリジナルスピーカー個所に合計1ペアのスピーカー(コアキシャルは2つのスピーカーと見なされます、メーカー説明書で大きさが10cmを超えないもの)を取り付けることは認められます。
 
⑤3.1.5アドバンスクラスのエントリー条件(削除)
ス ピーカーをインストールするためのダッシュボードの改良、たとえば追加のスピーカー個所の創設は、(改良を加えていない)オリジナルの場所への(スピー カーアダプターリングを利用した)設置を除き、認められません。(グリルの変更は認められますが、純正表皮から突き出ることは認められません)
 
⑥3.1.5アドバンスクラスのエントリー条件(削除)
Aピラーかミラートライアングルもしくはダッシュボードのオリジナルスピーカー個所に合計2ペアのスピーカー(コアキシャルは2つのスピーカーと見なされます、メーカー説明書で大きさが10cmを超えないもの)を取り付けることは認められます
 
⑦タイブレークについて(追記)
同点の場合は、以下の得点の高い車両が上位となります。
1. 音色の正確性(3.6)の得点が高いほうの車両
2. それでも同点の場合、さらにサウンドステージ(3.4)の得点が高いほうの車両
3. それでも同点の場合、さらにイメージング特性(3.5)の得点が高いほうの車両
4. それでも同点の場合、さらにスペクトルバランス(3.7)の得点が高いほうの車両
5. それでも同点の場合、さらに調整(3.9)の得点が高いほうの車両
5. それでも同点の場合、コンペティターは同率順位となります
 
=====================================
一般社団法人 日本カーオーディオ競技協会
mail: info@jcaca.or.jp
Web: http://jcaca.or.jp/
=====================================
 
 
 
 
 
 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

**********************************************************