Buell XB12ss リミッター解除/全開抑制装置/排気バルブ 解除 オイル交換&スパークプラグ交換

スピードリミッター解除でご相談頂きました、Buell XB12ss です。

ミッションオイル交換&スパークプラグ交換

 th_IMG_2356th_IMG_2319

 

通常の運転では特に違和感は感じていないのですが、「160kmくらいから伸びが悪く、180kmで頭打ちしてしまう。」との事です。

来週の富士スピードウェイのサーキット走行会までリミッター解除をしたい。

 th_IMG_2361

ビューエルのリミッター解除や、全開抑制装置の解除については、こちらもご参照ください。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7540

 

ハーレーだし、国産SS並に走るわけないので、ツインのバイクだし、「こんなもんかなー」と思って気づかずに乗っている人が意外と多いようですが、

そんなもんじゃないですよ!

ノーマルのビューエルの最高速は240キロです。

それも、ジワーと240キロになるわけではなく、加速して行くと、メーター読みで250キロくらいまでストレス無く加速して行き、240キロくらいで落ち着きます。

タコメーターのレブに当たって、240kmまでしか出ませんが、ずっと240キロで走っても大丈夫です。壊れません。

富士や鈴鹿サーキットなら、ストレートではサクッと最高速240キロ出ます。

ちなみに、ビューエルのストレートの高速走行でさえ、「なんか怖い」と感じるようでしたら、サスやベアリングなどの足回りに問題ありかもです。(私はコレでものスゴく悩まされました。)

詳しくは、こちら。

 

 

と、言うわけで、なんかおかしいんじゃないかという事で、お預かりしました。

ビューエルのリミッター解除をしました。

 

th_P1180558

このゴッツイ機械がアクチュエーターでワイヤーを引っ張っています。

これが排気側の全開抑制装置です。

 

マフラーの内部にフタがついていて、フタを開け閉めしているのですが、ジワーとしか開かない様にして、わざと排気効効率を悪くする事で、当時の日本の排ガス規制や騒音規制に無理やり対応したらしいですが、結果的にはひどいエンジン性能低下の原因になっています。

全開抑制装置は、重量がかなりあり、車体の一番高いところにこんな重量物を積んでいたのでは、BUELLの最大の特徴である、マスの集中化や低重心もまったく意味がありませんね・・・。

 th_P1180558

こちらはインテーク(吸気)用の全開抑制装置です。

コレもバルブを閉じる事で、吸気効率を下げて、性能低下の原因になっています。

 th_P1180553

ブローバイのオイルでコテコテのエアフィルターまわりとセンサーも掃除しておきました。(^^)

 th_P1180562

 

吸気/排気の両方の全開抑制装置を処理する必要があります。

 

マフラー内部の排気バルブは、ワイヤリングをして、全開位置で固定しました。(^^)

 th_P1180584

 

 

 

BUELLは、スパークプラグの交換が非常に困難です。(どうしてもできない場合もあり得る)

手が入らない隙間から絶妙に工具を入れる以外に脱着のしようが無い構造。

いろいろ工具がないと無理です。

 th_P1180566 th_P1180565

プラグは真っ白でした。

th_P1180568

 

 

BUELLは、エンジンオイルとミッションオイルの両方を別々に用意する必要があります。

エンジンオイルだけ替えて、ギアオイルは忘れないでね!

th_P1180540

ギアオイルの交換。

 

ドレンボルトは、5/8インチ。

th_P1180537

 ビューエルのドレンボルトにはマグネットがついているので、鉄粉がいっぱいくっついていてちょっとビビりますが、鉄粉だらけくらいは普通です。

コレはちょっとつきすぎ。鉄粉というより鉄片?、ずいぶん換えてなかったみたいですが、近いうちにもう一度交換した方が良いかも。

th_P1180536

ミリとインチのネジが混在しているビューエルは、工具を探すのに非常にイライラする・・・。

ボルトの頭だけでなく、ネジのピッチもですから!

トルクスもたくさん使用されています。

スパナやボックスレンチはもちろん、6角レンチもミリとインチの両方が必要です。

ヘキサゴンの6ミリと1/4インチとか、見分けがつくわけがない・・・。

 

 th_P1180576th_IMG_2361th_P1180519

 

後日オーナー様からメールでご連絡をいただきました。(^^)

「ストレートでバンバン200キロオーバー連発できて、気分爽快です!」

「やっと本物のビューエルに乗れました!」

 

と、メールを頂きました。

ありがとうございました。(^^)

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

ハンドルライザー/ハンドルアップスペーサー BUELLのライディングボジションを楽にする

ハンドルライザー

ハンドルアップスペーサー

ビューエルのハンドルの位置を高くする為の物です。

 

ハンドルが低すぎで、手首が痛い、腰が痛い、首が痛い、などのライディングポジションの悩みを解決する為の、ハンドルライザーです。

汎用スペーサーですので、BUELL以外の車種でも取付可能です。

 

レプリカバイクのセパレートハンドルを取り外して、バーハンドルを取付けて、アップハンドルにする事を、

「セパハンをバーハンにしてアップハンにする」と略して言ったりします。

元々バーハンドルのネイキッドバイクでも、ハンドルのポジションを上げて、楽なライディングポジションにしている人はたくさんいます。

ちょうど良い形のハンドルバーが見つかれば良いのですが、コレが至難の業で、

ハンドルバーは星の数ほどたくさんの種類があるので、ちょうど良い感じで高さだけ上がるバーを探すのがとにかく大変で、何度ハンドルバーを買ってもイマイチになってしまう。

高さが良くても、垂れ角、絞り角、幅など、すべての要素をあわせるのは不可能に近く、自分も色々なハンドルバーを試してみましたが、結局メーカーがさんざんテストして結論に至った純正ハンドルが一番良いポジションだったりします。

おまけにブレーキホースやクラッチケーブルの長さが足りなくなったりして、ハンドルまわりのパーツをごっそり取り替えるはめになったりする。

特にBUELLは、ハンドル周りが異常にコンパクトで、特に難しいバイクです。

垂れ角や絞り、長さ幅などの全て要素を含めると、結局純正のハンドルバーの形状がベストだと思われます。

「付くことだけ」を優先してハンドルバーを選択しても、最適なポジションにならないし、車体に干渉してしまったり、ピッタリのハンドルバーを見つけられずに純正で妥協している、あるいはポジションはツライが見た目重視で社外のハンドルバーで妥協している、そんなオーナーが多いと思います。

 

そんなライディングポジションの悩みを解決するのが、ハンドルライザー。

 

BUELL純正のノーマルハンドルを使ったままで、ポジションを約50ミリアップできるのが、こちらのハンドルライザーです。

社外のハンドルバーでも使えます。

純正ハンドルバーを使えば、高さだけ上がるので、幅や垂れ角、絞りなどの心配は無用で、スタイリングにも違和感が出ません!

th_IMG_2389th_IMG_2387

もうピッタリサイズのハンドルバーを探す必要はありません。

純正でも社外でのハンドルバーでも取付け可能。

逆にライザーで上げといて、ローポジションのバーを付けて下げるカスタムもありです。

 

ビューエルのハンドルクランプは、斜めにバーを掴む特殊な形状で、汎用のスペーサーが使えません。

このハンドルライザーは、取付位置をずらす事で、前後の位置や高さの微調整が可能。

 UTB8SZ4fkJoSdeJk43Owq6ya4XXalUTB8TxirfyDEXKJk43Oqq6Az3XXav

 

ビューエルのハンドルクランプにハンドルライザーを取付た状態。

th_CIMG7106 th_CIMG7105

 

th_CIMG7108

 付属のスペーサーでミリバーにもインチバーにも対応。

もちろんビューエル以外の日本車/ハーレーにも使用できます。

 

BUELL XB12Sの場合、多少の取り回しの変更/工夫でブレーキホースもクラッチケーブルはそのまま使えます。

th_CIMG7112

アルミのCNCで美しい仕上がりのパーツはドレスアップにも有効。

一般的な汎用のクランプに比べるとかなりゴツいですが、重いビューエルで強度を考えるとこのくらいないと逆に心配です。

th_CIMG7114

ハンドルアップスペーサーで、ライディングポジションはかなり楽になります。

長距離ツーリングも、腰が痛くないでしょう。

約5センチアップなので、上がりすぎるかとも思いましたが、コレがホントにちょうど良いのです!

良く「グリップ一本分アップ」くらいの社外品ハンドルバーを見かけますが、ポジションが辛くてハンドルアップをしたい人にとっては、グリップ一本分では焼け石に水なのですよ・・・。

 

実際に走ってみた感想:

想像以上に、ものすごくイイ!

今までの乗りにくい疲れるビューエルは一体なんだったんだ!

この5センチアップはちょうど良いです。

純正ハンドルをそのまま使用していますので、高さだけ上がって、見た目の違和感もなく、ポジションがものすごく楽になって、ツーリングが楽しくなりました。(^^)

キャスターが極端で、フロント加重が多すぎて、前につんのめっているような独特のビューエルのハンドリングは、街乗りやツーリングではどうにも曲がりにくくて、感触が悪いのですが、ハンドルが上がった事で、交差点を曲がるだけでもかなりスムースに走る様になった事が実感できます。

もともとコーナーの立ち上がりが楽しいビューエルですが、前後の加重バランスが良くなったのか、コーナリングの前半がスムースにバンクして行く様になり、コーナーがさらに楽しくなりました。(^^)

ハンドルは人間とバイクをつなぐ最も重要な部品である。

ハンドルバーのポジションが如何に重要なものなのかを思い知りました。

想像以上の改善と効果に大変満足しています。

th_CIMG7117

ポジションが楽になり、またビューエルに乗るのが楽しくなりました。

 

BUELL用ハンドルアップスペーサー:12,000円(税別)

送料:1100円

※外国製品につき、仕様や価格は予告なく変更になります。欠品の際は納期に時間がかかる場合があります。

ご注文は、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

SEADOO GTX/GTR ジェットスキーにスピーカー取付 iPhoneでBluetoothオーディオ

HOT WIREDでは、ジェットスキーやプレジャーボートへのスピーカー取付け、防水スピーカー、防水オーディオの取付が得意です。

※ジェットスキー/マリンジェットでも、本格的なオーディオカスタムが得意ですが、安くて早くて簡単な、お手軽系はあまり得意ではありませんので、お急ぎの方等はご遠慮させていただいております。

 

最近のバイクオーディオやジェットのオーディオは、iPhoneをBluetoothでワイヤレス接続して鳴らすタイプのオーディオが増えています。

SEADOO GTX/GTR スピーカー取付

th_IMG_1252

ジェットやバイクにスピーカーを取付ける場合、防水スピーカーをじゃないとダメだと思っている人が多いですが、防水スピーカーはどうしても音がイマイチなので、防水ではないスピーカーを取付ける事も可能なのです。

th_IMG_1251th_IMG_1237

th_CIMG5046

 ブルーツゥースで鳴らすオーディオのキモとなるのが、こちらのリモコンとキッカーのパワーアンプ。

ジェットやバイクで使いやすい様に大きなボタンは、防水仕様なのだ。

グローブつけたままでもボタンが押せるデカいボタンをパネルに埋込取付可能。

いったんiPhoneとペアリング接続しておけば、あとはほぼ自動でbluetoothが接続して、音楽再生や、ボリュームや選曲の操作が可能でとても便利である。

th_CIMG5026th_CIMG5034

スピーカーもキッカーの防水スピーカーとするのが普通かも知れないが、、音にこだわるオーナー様のご要望にお応えする為に、スピーカーは鳴りっぷりを重視して、ロックフォードの3wayタイプを選択しました。

th_CIMG5045

あえて防水ではないスピーカーをチョイスしたのは、音質を優先したからです。

オーナー様との打ち合わせやご相談にも地味に時間をかけていますので、お急ぎの方をお断りしている理由でもあります。

th_CIMG5043

SEADOO GTX専用のスピーカーボックスは汎用品を使用しています。

そのままではロックフォードのスピーカーはつかないので、FRPを加工して大型のロックフォードの3WAYスピーカーを取付けました。

th_CIMG5040

防水ではないスピーカーなのですが、ホットワイヤードではもう15年以上ロックフォードのスピーカーをバイクやジェットに取付けてきて、雨で壊れたお客様はいません。(当然ですが保証対象外)
※もちろんすぐダメなスピーカーもあるのでその辺は経験値です。

 

過去の経験から、壊れにくいスピーカーを選んでお薦めしている事に加えて、

th_CIMG5039

 

もちろん、壊れない様に最大限の配慮をしてインストールしています。

バイクやジェットにオーディオを取りける為には、特に耐久性に気をつけてインストールする必要があります。

th_CIMG5033th_CIMG5032th_CIMG5027

 

ジェットでもUSB電源を取付けておくと便利かも。

 

ハーレーやBMWだけではなく、原付でもスーパーバイクでもオフ車でも、ジェットスキーでも、船でも飛行機でも、12V電源で動く車両にはオーディオ&ビジュアル、アクセサリーを取付けています。(^^)

th_CIMG5037th_CIMG5036 th_CIMG5035

th_JMLU9009

 

 

作業にはそれなりの手間がかかりますので、トレーラーごとお預かりして室内でじっくり作業させていただいております。

納期がタイトな、お急ぎのお客様はご遠慮させていただいております。m(__)m

HOT WIREDでのジェットスキーやマリンジェットへのオーディオカスタムは、できるだけ音質が良くて、良く鳴る、少し踏み込んだ本格的なシステムをメインに紹介しています。

費用は、30万くらい〜のご予算のお客様が多いです。 

ジェットスキーのオーディオ、スピーカー取付は、ホットワイヤードにご相談ください。(^^)

information@hotwired.co.jp

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

電話はでられません。

メールの返信は遅くなります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

その①:カーオーディオ関係

世界最大のカーオーディオショップなどタイの実力派カーオーディオショップを視察に行ってきます。

図々しく何日も居座って、かなり内部まで入り込んで取材もしてきます。(笑)

国際カーオーディオコンテストで優勝したオーディオカーを分解して調べてみます。

日本に住んでいると、ときどき大陸に渡ってこういう事を地味に努力しないと、ガラパゴス化してしまいますので

カーオーディオメーカーの品質管理にお邪魔して、エラそうにアドバイスもしてきます。

カメラ4台と三脚3台もって、写真はもちろん動画もバカみたいにたくさん撮影しきます。

GOPROを2台もつけて歩き回ってきます。

もしかしたら、雑誌などで内容をご紹介できるかも知れません。
せっかくですからシェアしたいんですけどね。

 

 

その②:モーターサイクル関係

HARLEY DAVIDSON METROPOLITAN BANGKOK 主催のイベントに参加&取材をしてきます。(^^)

DRAG DAY PARTY #3 というイベントで、タイランド サーキットで、実際に自分のカスタムバイグでドラッグレースやダートトラックを走ろうぜ! ってイカしたイベントです。

ハーレーメインのドラッグレースとしてスタートしたのですが、今ではトライアンフとBMW MOTORRAD,DUCATI のディーラー、SRのオーナーズクラブも参加して開催されます。

BUELL THAILAND のオーナーズクラブやタイのBUELL専門ショップも参加されるようなので楽しみです。(^^)

ビキニバイクウォッシュもあります。

見るだけのショーやイベントはもう飽きたので、

ハーレーダビッドソン バンコクのご好意で、図々しくバイクを貸してもらって、私もバイクに乗って参加させてもうことにしました。v(^o^)v

「ヘルメットなどのライディングギアは一式持って来いよ」と言われていますが、気温38度、しかも雨期という環境で一体なにを着るのが正解なのかわからないのがとても不安です・・・。

革ジャンとか、着れるわけ無いと思うんですけど・・・。(^_^;)

https://youtu.be/wQHQm6gIq9Q

https://youtu.be/zOPh76PmrHo

GROM などの125c系のカスタムや BMW S1000RR などのスーパーバイク系のカスタムもたぶん世界で一番アツい地域なので、バイクのカスタムショップもアポなし取材してきます。

 

 

th_IMG_0198th_IMG_0184th_IMG_0181

 

 ③友人の結婚式に出席

実はバンコクで友人の結婚式に出席するのですが、そこに EMMA や IASCA などの国際カーオーディオコンテストの国際ジャッジやインストーラーやカーオーディオ関係者が世界各国から集まりますので、ついでにみんなで HUA HIN とかいうリゾート行って、技術と知識を共有しようぜ、って話になっているので、そうします。

 

④釣りに行きます。

友人の同級生に釣りキチがいるらしいので、釣りに連れて行ってもらいます。

どうやら雷魚ハンターのようです。(^_^;)

 

⑤ルーフトップのレストランやプールでタイムラプスを撮影

バンコクにはたくさんのカッコいいルーフトップバーやレストランがあります。

ホテルやコンドの屋上はルーフトップのプールになっています。

夜景や雲のタイムラプス動画を撮影したいです。

 

⑥もうこれ以上詰め込むとケガするのでやめときます。

BUELL XB12Scg メンテナンス ビューエル 修理 リミッターカット/全開抑制装置

BUELL XB12Scg major maintenance
2006年式 ビューエル XB12Scg のメンテナンスをしました。

Scgとは、CENTER OF GRAVITY の略で、XB12Sのローダウンバージョンです。
フロントとリアのサスペンションのストロークが短くて、ローシートがついています。
フロントフォークのストロークが、1インチ短いです。

今回のメンテナンスは、以下の通り。

エンジンオイル交換、ミッションオイル交換、オイルエレメント交換、

と、このあたりは普通ですが、使用するオイルは普通じゃないので、注意が必要です。(ビューエル専用オイルというものも存在します。)

普通のバイク屋さんではなかなかやってもらえない、、、

対策後の切れないドライブベルトに交換、スパークプラグとプラグケーブル交換、ブレーキキャリパーとブレーキマスターのオーバーホール、サビサビのマフラーのサビ落しと耐熱塗装、マフラー内の全開抑制装置を解除、燃調のマップ書き換え、AF値リセット、スロー調整、無理やり入れてあったミリネジをインチネジに交換、純正のネジやワッシャーに交換、オイルでコテコテの車体スチーム洗浄、などなど。

タイヤは、前後とも新品に交換。
今回は、ビューエル乗りの間で評判が良い、メッツラーの新型、SPORTEX M7 RR をチョイス。

BUELL は非常に特殊なバイクで、限界までチューニングされたハーレーの V-TWIN エンジンを搭載して、サーキットを速く走る為のスピーツバイクを作るというコンセプトで、元々レーサーでハーレーの社員だった、エリック・ビューエルさんが開発し、その後独立して、BUELL という名前の会社を立ち上げました。

その後、また HARLEY DAVIDSON に買収され、ハーレーの中の別ブランドという位置づけで、ハーレーのディーラーがBUELLディーラーを併設して、新車販売をしていました。

そして、2010年にハーレーがもうBUELLはやめるってことで、

あっさり倒産しました。(泣)

半泣きのビューエルさんが、YOUTUBEで倒産を発表しました。

 

BUELL XB は、大変めずらしい独創的な構造を満載したバイクで、たくさんの特許を取っています。(特許の権利は全部ハーレーにとられたまま)

エンジンは、ハーレーのスポーツスターがベースのV-TWIN エンジンで、1200ccもある、空冷エンジン。
駆動はチェーンではなく、ベルトドライブ、ブレーキはフロントホイール外周についた巨大なシングルディスクをキャリパーが内側から掴む構造になっています。
重心を下げる為に、車体底部に取り付けられたマフラー、スイングアームの中が空洞になっていて、そこがオイルタンクになっています。
一見ガソリンタンクに見える部分は、実はダミーで、エアクリーナーのカバーです。、ガソリンはフレームの中に入れるのです。ぶっといアルミフレームの中が空洞になっていて、ガソリンタンクになっています。

アメリカ製と日本製のパーツが使用されていて、トルクスのネジはもちろん、インチとミリの両方の規格のネジやボルトが混在して使用されております。

日本では、2004年から、ハーレーのディーラーで販売をスタートして、2010年にビューエルが倒産してしまったので、今時のハーレーのディーラーに持って行っても、メカニックさんもはっきり言ってビューエルの事は良く知りません。
純正部品の供給も少しずつ終了されています・・・。

街のバイク屋さんに持っていっても、見た事もないバイクだし、インチ工具すらない店も多いようで・・・。

なので、修理やメンテナンスに困っている人が多くなってきました。

HOT WIREDは、バイク修理屋ではありませんが、BUELLの純正パーツはストックしていたりします。(^^)
BUELL乗りならではの、絶対壊れる部分や、対処しておかないと壊れる部分、ちょっとした対策で大きく改善できる事、部品やタイヤの相性など色々あります。

また、多くのビューエル仲間の助けを得ながら、他のビューエル乗りのお手伝いかができれば幸いです。(^^)

 

BUELL のカスタム、メンテナンスは、HOT WIREDまでご相談ください。

 

 

 

普通に乗っていると、このようにいたるところからオイルが漏れてきます。

このクラッチケーブルの根元は必ずオイルがにじんでくる箇所で、いずれケーブルが切れますので、切れる前に新品に交換して、古いのをスペア持っておいた方が良いです。

IMG_3487

漏れてくる箇所はわかっているので、あらかじめ対策しておいた方が良いです。。

IMG_3488

放っておくとマフラーはこのようにサビサビになってしまいます。

IMG_3502

ビューエルは、マフラーが腹下についているので、普通に乗っていると、このようにサビサビになってしまうのです。

IMG_4137IMG_4139

サンダーで磨き倒して、さびを落とします。

IMG_4146 IMG_4147

下処理をして、耐熱塗装をします。

IMG_4154IMG_7098

これが悪名高い、「全開抑制装置」

日本向けビューエルには、スピードリミッターを含め、合計で3種類のリミッターがついています。

いわゆるフルパワーにするには、それらをすべて解除する必要があります。

吸気と排気の全開抑制装置は、主に日本の騒音規制や加速時騒音規制?みたいなヤツに無理やり対応する為に、メーカーがやっつけでつけたものらしい。

つまり、本来のビューエルには必要ない装置である。

アクセルをガバッと空けても、バルブがゆっくりしか開かないので、鈍い加速しかできない様にしてあるのだ。

モータがついていて、モーターをコンピューターが制御して、バルブをワイヤーで引っ張る、というとてもめんどくさい機構が組み込まれているのだ。

ダミータンクの中に、結構重いモーターとアクチュエーターを積んでいます。

IMG_4144 IMG_4143

早く走りたい人には必要ないので、バルブは全開の位置で固定してしまいます。

※単純に全部取ってしまうと、コンピューターにエラーが出るので、注意!

P1180420 P1180421

 

こちらは、ビューエルではお約束の、エンジンの激しい振動による摩擦で削れたスパークプラグワイヤー。(恐)

25124666_2184556961_103large

エンジンは、基本的にハーレーの V-TWIN なので、エンジンオイルと、ミッションオイルが別々に入っています。

 25124666_2184556990_62large

こちらミッションですが、ミッションオイルは、ドレンボルトはありますが、オイルを入れる口も、量を計るディップスティックもないので、ミッションケースの横のフタを外してそこからオイルを入れます。

ミッションオイルの量は、「穴から覗いて見えるギヤの歯がギリギリオイルに触れるくらい」というアバウトな回答が正式なメーカーの指定である。

だいたい1Lくらい。

25124666_2184556988_50large 

ミッションのチェーンの張りも、定期的に調整が必要です。

25124666_2184556992_151large 

一通りのエンジン系のメンテナンスが終わったら、ECUをリセットしたり、燃調をセッティングしたりする必要があります。

ECUのコネクターの形状は、HARLEY と同じ、DELPHI なのですが、ハーレーのDELPHI とは、中の配線の位置が違うみたいで、互換性がないです。(^_^;)

IMG_4198 IMG_4201

コンピューターのセッティングをきちんとやらないと、燃費も悪いし、もちろん色々調子悪いです。

本人が気づいていなくても、エンジンの調子は燃費でだいたいわかります。

ビューエルは、リッター20km〜25kmくらい走りますので、燃費が悪い個体はどこかエンジンに不具合がある証拠です。

私のXB12Sは、高速ならリッター30キロ近く走ります。

25124666_2186657262_120large 25124666_2186657265_85large25124666_2186657257_244large 25124666_2186657256_245large

ホイールも特殊なホイールです。

タイヤを組み込む位置の指定もあります。

25124666_2186128403_18large

ブレーキキャリパーとブレーキマスターのオーバーホール。

25124666_2185306714_146large

6ポッドのキャリパーなのにシングルディスクと言う変態仕様のビューエル。

後期型はさらに8ポッドになりました。(^_^;)

25124666_2185306709_79large 25124666_2185306706_83large 25124666_2185306699_11large 25124666_2185306696_198large 25124666_2185306677_157large

オーバーホールしないと、6個のピストンが均等にパッドを掴まなくなります。

25124666_2185306656_211large

完成!

IMG_7136

マフラーもキレイに耐熱塗装し直して、新品同様になりました。(^^)

IMG_7138 IMG_7139

対策品のドライブベルトは、10万キロ切れないヤツです。

IMG_7140

METZLER SPORTEC M7 RR

IMG_7141 IMG_7142 IMG_7144 IMG_7145 IMG_7146 IMG_7147

ミリネジが無理やりねじ込まれていた、シフトペダルのボルトは、純正のインチネジに直しました。

IMG_7149

ここから、スイングアームの中にエンジンオイルを入れるのです。キャップがディップスティックになっています。

IMG_7150 IMG_4191 IMG_7158

スケルトンのエアクリーナーカバー。

IMG_7159

ガソリンは、左右のぶっといアルミフレームの中に入ります。

IMG_7161 IMG_7162 IMG_7137 IMG_7156 IMG_4195 IMG_4197

 

ビューエル乗りならみんなが知っている,太ももの内側を焼く,サイドからの熱風を遮断するカーボン製のサイドカバーです。

これがないと熱くて乗れません。内腿をやけどします。

65_1_48

 HOT WIREDオリジナル、熱風を抑える、ビューエル用サイドカバー(カーボン)

12000円(左右セット)

ご注文はメールにて。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************