プリウスPHV サウンドセッティング(備忘録)

純正ナビ、BIT ONE HD,BIT PLAY HD,IPHONE

MERCURY CAR AUDIO M420,M800,K62,M40

 

 

MASTER

CDがないので、純正ナビからiPhoneをUSB接続で出力/ゲイン設定しました。

MAX VOL+50 → BIT ONE HD -2.0db → 1,8V

M420:MASTER(純正ナビ)の最大出力でゲイン調整して、18V

※後に上記設定では、BIT PLAYと整合性がとれないため苦労。

 

 

BIT PLAY HD 出力測定結果:

MAX VOL31でも歪まない、1.55V出力、歪まない。 VOL30で、1.3V

もったいないので、MAXの1.55Vで調整します。(^^)

 

MERCURY M420 のゲイン調整:

BIT PLAY HD -1.0db → 

右側のM420:RT/CH.1 & RW/CH.2 → 22.99V → 後に、LEFT CH.と揃えるために21.7Vに設定

RW → 44.57V

左側のM420:LT/CH.1 & LW/CH.2 → 21.99V 

LW→ 44.65V

 

RT/CH.1 & RW/CH.2 → 22.99V → 後に、LEFT CH.と揃えるために21.7Vに設定

 

 

 スピーカーケーブルの色:

TW:赤(+)白(-) MR:黄(+)青(-) MW:黄(+)青(-)

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

EMMA RUSSIA 2016 カーオーディオのコンテストのジャッジとしてご招待頂きました!

ので、、、 ロシアへ行ってきました。(^^)

 

バンコクから帰ってきたばかりで、正直しんどい感じだったのですが、せっかくご招待頂いたので、がんばっていってきました。

 

また、今回も「カーオーディオマガジン」や「マイカーライフ」に、海外のカーオーディオ関連取材として記事を書かせていただきますので、そちらも是非ご覧ください。

http://www.mycar-life.com/article/2016/11/05/12815.html

 

 

 

EMMA RUSSIA  FAINAL 2016

 

EMMA というのは、EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOCIATION の略で、ヨーロッパの、ハイエンドカーオーディオコンテストの世界統一規格です。

 

今回は、EMMA のインターナショナルジャッジとしてご招待頂きました。

 

この地へたどり着くまでの長くて大変なプロセスはすっ飛ばして、

いきなりイベント会場です。(^^)

 th_IMG_0650

めずらしい外国人のEMMAジャッジが来たという事で、ご挨拶もさせて頂きました。(^^)

 

 

今回は、EMMA のコンテストの中のカテゴリーで、アジアを中心に盛り上がってきている、ESQL と言うカテゴリーのジャッジとして参加させていただきました。

 

ESQL は、今やロシアでも一番人気のジャンルになっていて、とても面白いカーオーディオのコンテストのジャンルです。

ドアやトランクを開けた状態て、後方約5Mの位置でジャッジが音を聴いての音質を競います。

 

カーオーディオなのに、クルマの外から聞いたときの音質を向上させる為の努力が必要なのです。

 

 評価の項目は細かく規定があるのですが、簡単に言うと、「良い音を大きな音で聴く」というクルマの音質を評価します。

 

このジャンルは、エントラントは細かい事にあまりシリアスにならずに、愛車自慢、みんなでイベントを楽しむカジュアルな感じが好きです。

 

 

 

 

ロシアでのカーオーディオのトレンドは、とりあえず、これ。

 

 th_CIMG1253 th_IMG_0803

ちゃんとドア閉まるし、人も乗れる。

th_CIMG1254

 

「どうやってこんなドア作ったんだ!?」 という勢いで、ドアいっぱいに凶悪にたくさんのスピーカーをインストールするのです・・・。

 はみだしとるがや・・・

th_CIMG1287  

これはもはや自重を支えきれずに、地面から金属の棒で支えています。ドア閉まるのか?

th_IMG_0642

 

 th_IMG_0697 

いわゆる、「ストックインストールな音質系」の人でも、16センチのスピーカー1セットだけ、なんてエコな事は言いません。

th_IMG_0692 

最低でもドアにダブルミッドでお願いします。(笑)

th_IMG_0693

 

 

エントラントの参加車両で目立ったのは、やっぱり日本車の4駆。

ロシアって感じですねー(^^)

th_IMG_9914

パジェロのエボとか、V-CROSSとか、日本では絶滅したハイパフォーマンス四駆。

th_IMG_9912th_IMG_9368th_IMG_9369th_IMG_9876

GANGSTA

th_IMG_9651

ってゆーか、6駆?

th_IMG_9371 th_IMG_9373th_CIMG1132th_IMG_9372

 

 

そして、これはロシア独特のカテゴリー、「レトロ」

つまり古いクルマなのだが、主役は昭和の日本のクルマである。

当たり前だが、単に古いだけではダメで、価値の高い旧車で、キレイな個体。

日本でも、40代50代には密かに人気が高まっている世界観で、あの時の憧れのあのクルマ、マジで買おうかと思っている人も少なくないのではないでしょうか?

th_IMG_0837

新車当時のカタログまである。 どうやって手に入れたのだろうか?
th_IMG_9786 th_IMG_9793

 

  

今回は、イベントのリポートや車両の観察はちょっとおいといて、ジャッジとして、コンテストの運営者側から目線でリポートしたいと思います。

イベント会場はウラジオストクの街のど真ん中のスクエアなんですが、一観光客としては、この様なアイコニックなロケーションはとてもステキである。

th_IMG_9911  

イベント当日は、今にも雨が降り出しそうな、霧のような曇りの天気。

th_IMG_9922 th_IMG_9935th_IMG_9380

極東の港町らしく、戦争関連が多い。ちょっと複雑な気分だ。

th_IMG_9926 th_IMG_9927 th_IMG_9762th_IMG_9803th_IMG_9929 th_IMG_9933 th_IMG_9934

 

 

 

で、

私がジャッジさせていただいた、ESQL ですが、

こんな感じで、

th_IMG_9635 th_IMG_9689 th_IMG_9676 th_IMG_9678 

観客にもアピールする事で、ポイントが加算されますし、

th_IMG_0815 th_IMG_9642th_IMG_0818

こちらは、メーカーのダンサーさん。

th_IMG_9664th_IMG_0786th_IMG_0762 th_IMG_9663

画像は、HOT WIRED の FACEBOOK ページにたくさんアップしてありますので、そちらもご覧ください。

http://www.facebook.com/hotwiredjp

動画はこちら!

http://www.youtube.com/hotwiredweb

th_IMG_0804th_IMG_0807

オーナー自らルーフに上がって踊ってくれれば、とりあえずアピールポイント付きますよ!

th_IMG_0811

 

 

アピールがエスカレートするとこうなる。

th_IMG_9682 th_IMG_9683 

火をつけた棒をグルグル回したり、投げたりするアレです。

このパフォーマンスの正名称がわかる人教えてください。(^_^;)

th_IMG_9686

ジャッジのお仕事をしながら、写真をとるというのはとても難しいので、自分の写真ないのが残念です。(泣)

 th_IMG_0793 

 

 

で、

参加車両の装着率も圧倒的で、

ロシア最強のカーオーディオブランドがこちら。

ALPHARD CAR AUDIO

th_IMG_0799th_CIMG1257

ロシアのメーカーは昔から音圧系で有名だが、

th_IMG_9730 

パワーアンプの合計出力は10000ワット以上・・・th_IMG_9729 

とにかくパワーと鳴りっぷりがけた外れにスゴい!

音圧だけでなく、音が遠くまで飛んで行く感じなのだが、外向きPAの様に耳が痛いという事は無く、音質が良い。

ALPHARD は、SPLでも有名なブランドだが、

ESQL 専用と言っても良いくらいすばらしい鳴りっぷりである。

もはや音圧がスゴすぎてクルマがぶっ壊れそうである・・・。

th_IMG_9726

フロントガラスが割れて吹き飛ぶまでウーハーを鳴らすのが、ロシアでモテる秘訣らしい。

th_IMG_0798

 

ALPHARD CAR AUDIO は、ヘッドユニット以外は全部作っているカーオーディオメーカーだが、これまた日本では入手できないブランドなのが残念である。

th_IMG_9728

th_IMG_0780 th_IMG_9648 th_IMG_9654

プリンセス発見。

th_IMG_9655    

ステージ前では、エントラント以外の来場者も楽しませるイベントがいろいろ工夫されています。

th_IMG_9596 

 

ロシアと言えば、デッドニングの材料や道具が有名なのだが、

こちらは、デッドニング競争?

th_IMG_9594

希望者がチームに分かれて、ブリキのバケツにデッドニング材をローラーで貼付けて、仕上がりとスピードを競う。

th_IMG_9604 th_IMG_9608 

こちらが、スポンサーである、デッドニング材料のブランドが用意した、ブリキのバケツと、デッドニング材とローラー。

なるほどねー

th_IMG_9602th_IMG_0756

元々は潜水艦や軍艦の制振や防音に使われていた軍事産業の秘密の技術や材料が、冷戦後に民間へフィードバックされる形で進歩してきたと言われるロシアのデッドニング材料。

こちらが、WyMoff という、ロシアではナンバーワンのデッドニング材料のブランドだが、今のところ日本では入手不可能なのが残念。

th_IMG_9517

 

参加希望者が多い上に、みんなガチでやってるから、不思議である。

th_IMG_9595 th_IMG_9605 

ロシアの人はそんなにデッドニングが好きなのか?th_IMG_9609 th_IMG_9613 th_IMG_9614 

大変良く出来ました!

th_IMG_9616 

勝ったチームには、こちらも各スポンサーメーカーからいろいろな賞品がもらえるんですよ。

th_IMG_9626

 

重いサブウーハーを一番長くがんばって持っていた人が、賞品をもらえるらしい、罰ゲームのような謎のコンテストにも参加希望者が多数行列。(^^)

th_IMG_9712th_IMG_0754

ジャッジを取り囲むオーナーや観客のみなさん・・・。

ジャッジとしては、非常にやりにくいと思うのだが、

th_IMG_0739 th_IMG_0737

熊みたいにデカいジャッジのみなさんも迫力満点である。

th_CIMG1278th_IMG_9908

こちらは、EMMA ASIA 2015 の国際ジャッジメンバーとして選出されて、去年日本にも来日していた、GENNADY さん。

誇らしげに、EMMA ASIA のポロシャツを着ています。

th_14101872_10205455609068527_1368280349_n

GENNADYは、ロシア全体でも6人しかいない、EMMAインターナショナルジャッジのひとりであり、今回のコンテストのヘッドジャッジです。

 

EMMA RUSSIA では、ジャッジを4種類に区別して、資格を発行しています。

ビギナー:EMMA RUSSIA のセミナーを開催して、資格を取得したばかりの初心者ジャッジ。

インターミディエイト:少し経験のあるジャッジ

ヘッドジャッジ:経験豊富なジャッジ

インターナショナルジャッジ:ロシア以外の国外で EMMA本部主催のジャッジトレーニングを受けて国際ジャッジ資格を取得した国際ジャッジ

 

これはとてもうまく機能している良いシステムでした。

カーオーディオのコンテストの、たいへん不透明なジャッジの存在を透明化し、何よりジャッジ自身のモチベーションを高め、プレッシャーも少なくなるではないでしょうか?

 

 

撮影クルーは、DJIで空撮もやっています。

th_IMG_0732 th_IMG_0733 

 

ロシアで一番有名な、女性のドリフト選手、エカテリーナのS15 シルビア。

写真集出すほどの超美人のスーパースターなのに、

お話に夢中で、写真撮り忘れました。(泣)

th_IMG_9441

スマホをソースユニットとして、ダッシュに埋込じゃうのが、男らしい!

th_CIMG1245

30プリウスはこんな感じ。

th_CIMG1236 th_CIMG1237 th_CIMG1238

トランクのウーハーボックスは、箱載せというか、脱着式みたいなヤツが多いのですよ。

(理由は下の方で書きます。)

th_CIMG1241

 

 

JDM はやっぱり人気です。

th_CIMG1221 th_CIMG1196 

th_IMG_0817

そして、なぜか「どーもくん」ってヤツが、スゴい人気みたいで、みんな持ってる。

僕にも凄くアピって来るのだが、良く知らないんですよ、ごめんなさい・・・。

後で調べたら、NHKのゆるキャラ?

th_CIMG1195th_IMG_9678

おっ! やっぱ86か? おれは86の事はけっこうくわしいんだぞー
と思いきや、ん?なんか違うな、ドアが4枚あるぞ?

と、ひときわ目立っていたのが、セルゲイくんのTOYOTA。

これ、VISTA ってクルマですよね?(^_^;)

th_CIMG1194th_IMG_9676

なんか、レトロでカワイイじゃん!

th_IMG_9677

 

スゴい 立体ペイント

th_CIMG1209 th_CIMG1212

マットでざらざらしている JESSICA ALBA の胸が立体なんです。

th_CIMG1213th_CIMG1214 th_CIMG1218 th_CIMG1219 th_CIMG1220    

 

EMMA RUSSIA の音質系のコンテスト車両はこんな感じ。

th_IMG_9836

ドアとピラーの作りがやはりハイエンドカーオーディオな感じ。しっかりと作られいる。

th_IMG_9839

ハイエンドカーオーディオの世界標準規格な感じのピラーの作り方。

th_IMG_9840

EMMA の音質系カスタムのピラーはどこの国でもだいたいこのようなレイアウトが多いですね。

見事に垂直に真っすぐな並んだ 3WAYセパレートスピーカーのミッドレンジとツイーターは、ダッシュボード上に正確なサウンドステージを再現する為の最も理想的なインストレーション。

th_IMG_9841

th_IMG_9870 

カーオーディオの音質で、フォーカスや定位、サウンドステージの幅や奥行を求めるためには、3WAYセパレートスピーカーのミッドレンジとツイーターは、

絶対的な取付け方法があります。

th_IMG_9867

th_IMG_9846

ハイエンドカーオーディオコンテストらしい、高級なアンプやパイオニアODR。

トランクには電動のギミックもアリ。

th_IMG_9847 th_IMG_9848  th_IMG_9821

アクチュエーターで持ち上げると、スペアタイヤが取り出せる様になっている。

日本ではスペアイヤを使う機会はまずないし、僕はスペアタイヤなんか捨てちゃいますが、

ロシアでは、必ずスペアタイヤを使える様にしておく必要があります。

車検とかそんなセコい話じゃないんですよ、スペアタイヤが無いと死ぬかもしれないんです。

広大な国土のロシアでは、イベント会場まで3000キロ走るとかは、普通にあるし、道路がガタガタで良くパンクする上に、自力で脱出できない場合、レスキューが来るまでに相当の時間がかかり、水や食料、天候や大型の野生動物の危険にさらされる事になる。

th_IMG_9815th_IMG_9814 
バッテリーのヒューズまわりは、整然として、確実ですばらしいワイヤリング。

th_IMG_9831 th_IMG_9826

こちらのコンテスト車両も、スペアタイヤがすぐに取り出せる工夫があります。

th_IMG_9874

th_IMG_9872 th_IMG_9873th_IMG_9871 

アンプの取り付けの美しさなんかは、音質にはほとんど関係ないので省略しているのではなく、

スペアタイヤなんです。

th_IMG_9859 

 

 

さあ、そろそろ表彰式です。

th_IMG_9904 th_IMG_9902 th_IMG_9898

このトロフィーが超かわいいのだ。(^^)

th_IMG_9895  th_IMG_0834 th_IMG_9798

 

やっぱりセルゲイくん、いっぱいトロフィーもらったね! 

th_IMG_0876 th_IMG_0877 

th_IMG_0859 

女性のエントラントもとても多いのだ。

th_IMG_0853 th_IMG_0848 th_IMG_0854 th_IMG_0870 th_IMG_0871 th_IMG_0858 th_IMG_0857 th_IMG_0856 th_IMG_0855 th_IMG_0852 th_IMG_0851 th_IMG_0850 th_IMG_0849 th_IMG_0880 th_IMG_0869 th_IMG_0868 th_IMG_0867 th_IMG_0866 th_IMG_0865 th_IMG_0864 th_IMG_0863 th_IMG_0860 th_IMG_0878 th_IMG_0876th_IMG_0873

最後の記念撮影の時には既にあたりは真っ暗ですが、これもまた雰囲気あって良かったですよ。

これから何千キロも走って帰るみなさん、気をつけてくださいね。 

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp/blog/

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

 

 

2015 名古屋モーターショー Nagoya motor show 2015 JAPAN

 名古屋でも、たまにモーターショーやるんですよねー、

と、思っていたら、どうやら日本のモーターショー自体が、2年に一回しかやらなくなってしまっているようである・・・。

 

一応、行ってきました、2015 名古屋モーターショー。

最終日の閉館1時間前の5時に着いたのに、駐車場が満車でまだクルマが並んでいて入れない、ポートメッセの駐車場、考えた方が良いのではないでしょうか?

 

時間がないので、1号館は行けませんでした。(T_T)

まずは外車の2号館から。

 

ホイールがランボルギーニなみにカッコいい、コルベット。

th_th_CIMG1750

 

ちょっとこれ真剣に欲しくなったヤツ。

ポルシェのGT4。

でも,2シーター・・・(>_<)

th_th_CIMG1767th_th_CIMG1768

ヨーロッパ車の、オシャレなテールライトとヘッドライト。

th_th_CIMG1771 th_th_CIMG1773th_th_CIMG1777 th_th_CIMG1778

 

で、

一応、見てきました、トヨタの新型プリウス

ま、外見は見た事あるし、デザインとしては最近の日本車みんなこんな感じだから、今となってはそんなに違和感はない。

むしろ今となっては普通に見えるから不思議だ。

th_th_CIMG1791

ちょっとビビったのは、インテリア。

写真では、伝わらないですが、内装のチープさがハンパない・・・。

メーターとナビ画面の悲しくなるほどのチープさが全体のダサさをさらに引き立ている・・・。

th_th_CIMG1785

たぶんちょっと上のグレードで白い部分がレザー仕様だが、それでもこのプラスチックの質感のチープさとデザインは、ホームセンターの家電レベルのセンスである・・・。

th_th_CIMG1790

スマホ用の、無接点充電器らしきものがある。(USB端子の方がいいでしょ)

th_th_CIMG1786

 

エコカーは家電です。

実物見ないで注文しちゃった人は、来月から納車されるようですが。

 

 

プリウスと軽自動車を見たあとだと、このあたりのクルマのインテリアがとてつもなくステキに見える。

th_th_CIMG1758 th_th_CIMG1945th_th_CIMG1812th_th_CIMG1875th_th_CIMG1780 

 

で、

もうひとつ印象的だったのは、マツダのブース。

フェラーリのブースかと思うほど、全部赤いクルマが並べてあります。(^^)

th_th_CIMG1857

こちら、ホットワイヤードには、今日も入庫している、NDロードスター。

th_th_CIMG1854

このカッコいい、マツダの赤色はオプションで追加料金になるようです。

th_th_CIMG1856

子供っぽく無くて、これなら大人の男でも乗れる、不思議な、いい色の赤です。

th_th_CIMG1855

そして、デミオ以外の全車に装着されていた、マツダ純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1849

アクセラも、CX-3も、CX-5も、マツダ純正BOSEサウンドシステム装着。

th_th_CIMG1869

ホットワイヤードは、マツダ純正BOSEのスピーカー交換が大得意なのです。

純正BOSEサウンドシステムは、スピーカーを交換して、アップグレードしてくださいね!(^^)

th_th_CIMG1870

今のマツダ車のデザインと質感は非常に良いですと評判良いですね。(BMWっぽい)

内装もシンプルかつスポーティーでカッコいい。
売れているのも納得。

ドアのパーツをボディー同色にペイントしたり、カーボン調のスイッチパネルや、黒レザーにに赤いスティッチを入れたりしていますが、これらのドアの内装パネルは、別々のパーツになっていて、レザー仕上げ等のあと、それぞれのパーツをネジで固定してあります。両側で50本くらいネジがあります。
(バラして裏を見ないとわからない事なのですが)

つまり、コストダウンを追求して、ネジなんて一本もないのが普通になっている現代の日本車としては、とてもコストのかかる凝ったデザインを、手間をかけてがんばって作っていると思われます。

th_th_CIMG1873  

 

純正オーディオで気になったのは、この辺りのクルマ。

純正オーディオの音が悪い事で有名なBMWですが、

最上級モデルの7シリーズのオプションのブランドのスピーカーでさえ、

スゴくカッコいいドアですが、スピーカーは10センチくらいしかない。

th_th_CIMG1816

うーん、残念な音の予感のする スゴく立派なグリルだ・・・。

th_th_CIMG1815

スピーカーを光らせて、グリルから透けて見える演出がついている。

th_th_CIMG1817

リアスピーカーも極小。8センチくらいしかない。

th_th_CIMG1810

ツイーターも光って透けて見えるのだ。

th_th_CIMG1818 

新型のBMW 7シリーズ。

話題のBMWの新機能,「リモートコントロールパーキング」。

キーレスのリモコンで、自動操縦で駐車場から出てきたり、自動運転で車庫入れしてくれる機能は、日本仕様ではオフにされているようです。(T_T)

期待していたのに、残念すぎる・・・。

th_th_CIMG1820

BMWの純正ナビとテレビの走行中の視聴を可能にする、CODING はHOT WIREDにお問い合わせください。

BMW/BENZ ナビキャンセラー/テレビキャンセラーのコーディング

BMW DVD IN MOTION

th_th_CIMG1814

CODINGで、この、リモートコントロールパーキング(REMOTE CONTROL PARKING)機能をONにしましょう。(^^)

YouTube Preview Image

 

 

 

同じく、小さいスピーカーでビックリしたのは、メルセデスベンツ。

 

なんだ、このエアコンの吹き出し口より小さいスピーカーは!

th_th_CIMG1896 

ドリンクホルダーはいらないからもう少し大きいスピーカーが欲しい。

th_th_CIMG1892

ベンツの最新モデルの純正ナビは、NTG5.0

もちろん走り出すとナビの操作もできません。DVDも見れません。テレビも見れません。

走行中のナビの操作とテレビの視聴を可能にする CODING は、HOT WIREDまでご相談ください。

BENZ DVD IN MOTION

th_th_CIMG1894

 

1000万を超える、AMGでも、スピーカーはこの通り、

極小スピーカーに、金属製のかっこいいグリル。

th_th_CIMG1829 

ベンツ純正のブルメスターのスピーカー交換、音質向上もホットワイヤードにご相談ください。

th_th_CIMG1830  

レガシーB4に付いていた、スバル純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1945

NISMOのZについていた、日産純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1972 

純正BOSE のスピーカー交換は、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^)

 

th_th_CIMG1921

 

時間がなくて、コンパニオンやキャンギャルを撮影している暇がありませんでした。m(__)m

2015 名古屋モーターショーの画像は、ホットワイヤードのFACDBOOK ページにアップしてありますので、是非見てみてください。

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

KENWOOD 彩速ナビ サウンドセッティング パワーアンプのゲイン調整

「当店での購入ではない」お客様のカーオーディオの、「サウンドセッティングのみのご依頼」がとてもに多い、ホットワイヤードです。(汗)

 

本日は、

パワーアンプのゲイン調整のみ、

のご依頼でご来店の、プリウスα。

th_IMG_3068

ヘッドは、KENWOOD の彩速ナビです。

アンプのゲイン調整と同時に、

ヘッドユニットの最大出力電圧と、最大有効ボリュームも知りたいとの事でしたので、計測結果を写真に撮ってご報告しました。

th_IMG_3033 th_IMG_3034

おっ、意外と優秀ですね、KENWOOD の彩速ナビ。

最大ボリュームの40でも信号のクリップはありません。

出力も2.275V もあります。

th_IMG_3031

最大出力が、1,8Vほどしかなく、フルボリューム前に信号がクリップしてしまう三菱のサウンドナビより明らかに優秀なCDプレーヤーとプリアウト出力を搭載しているようである。

th_IMG_3060

 

 

次に、本題のパワーアンプのゲイン調整です。

シート下に取り付けられているので、シートを外して、アンプを外さないと、ゲイン調整のつまみにアクセスできませんでした。(^_^;)

th_IMG_3018th_IMG_3015

アンプは、パイオニアの4CH.アンプ、

PRS-A900

th_IMG_3020th_IMG_3024

 

こちらは、アンプのゲイン調整前のオシロスコープの波形です。

ゲインを上げすぎて、音楽信号が思いっきりクリップしているのが見えます。

th_IMG_3035

PRS-A900 は、4CH.すべてに独立してゲイン調整があるので、単に最大出力にセッティングするだけではなく、4CH.の出力をできるだけそろえる様に注意してセッティングしました。

各チャンネル、おおよそ19Vの最大出力だったのですが、なぜかCH.4の最大出力だけ16Vしかなかったので、聴感で認識できないギリギリの範囲で、ちょっとクリップ気味の、18.8Vに設定しました。

th_IMG_3019 th_IMG_3028   th_IMG_3036 th_IMG_3038

CH.4だけなぜか出力が小さいこのアンプ。

こういう個体差は時々あります。めずらしくありません。

こういうのを整えるのも、アンプのゲイン調整の役割のひとつです。

CH.4 は、出力16Vくらいで、歪みはじめたのですが、できるだけそろえる為に、18.8Vまで上げておきました。この程度の歪みであれば、聴感ではほとんどわからないと思いますので、わかりやすい音の大きさを整えておいた方が良いだろうという判断です。

th_IMG_3041

そして外してみたスピーカーケーブルは、この様になっていました。

接続端子が、被服の部分をかんでいますので、もしかしたら、ここのスピーカーは音が出ていなかったのかも・・・?

わかりません。

th_IMG_3043 th_IMG_3044 th_IMG_3055  

パイオニアのツイーターです。

th_IMG_3062

よい音が出そうな、カッコいいツイーターですね!

th_IMG_3063

ドアのスピーカーも、アウターバッフルで取り付けされています。th_IMG_3065 th_IMG_3066 th_IMG_3067 

アンプのゲイン調整の、オーナー様の感想:

「明らかに良くなった。」

「気になっていた、高域の耳につく部分がなくなってキレイに聴きやすくなった。」

とのとこでした。

効果を体感していただけて良かったです。

ありがとうございました。

 

 

 

他店に取付のカスタムカーオーディオの音調整のみのご依頼も大歓迎です。

自作のカーオーディオの音調整のみのご依頼も大歓迎です。

カーオーディオのサウンドセッティングは、お気軽にホットワイヤードまでお問い合わせください。(^^)

 

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

30系プリウス カーオーディオカスタム

H24年式 プリウス 30系プリウス フロントスピーカー取り付け,フロントドアデッドニング

 

ホットワイヤードの定番メニューとなりつつある,フロントスピーカーの交換とフロントドアのデッドニング。

一番お客様のからご要望の多いメニューです。

やっぱりフロントスピーカーがきっちり鳴っていないと始まりませんからね!

今回、お客様のチョイスのスピーカーは,ROCKFORD FOSGATEのPUNCHシリーズの、2WAYセパレートスピーカー。

フロントドアのデッドニングは,ロシア製のSTPと日本製のリアルシルトを組み合わせて,ちょうどいい感じにデッドニングするのがプロの腕の見せ所です。

 

少し前から急にご来店が増えている、30系プリウス。(^^)
数年前までは,日本で一番売れているクルマなのに,なぜうちには全くご来店がないのか不思議に思っていたのですが,なぜかな・・・?

th_IMG_9616th_IMG_9612th_IMG_9607

入庫するとすぐに,いつもの儀式が始まります。
作業に入る前に,汚れないように,手の触れる部分は,マスキングテープで保護して,その他のボディー/内装は保護フィルムで保護します。
シートにはシートカバーをかぶせます。

th_IMG_9609 th_IMG_9610 th_IMG_9611  

こちら施工前のノーマルのドア。
うち張りを剥がすと裏側はこんな感じ。
ビニール一枚。(T_T)

th_DSCN0436

デッドングはこんな感じ。

th_DSCN0447th_DSCN0454

ロックフォードのパンチシリーズの2WAYセパレートスピーカー,P1675S。
ワンオフのインナーバッフルを製作して,がっちりと取り付けします。th_DSCN0485

ツイーターは,今回はとりあえずダッシュにポンおき。
いずれはピラーに埋込の予定。(^^)
th_IMG_9617 th_IMG_9619

次はサブウーハーですね!

 

プリウスのカーオーディオカスタム,音質向上,セキュリティーシステムのことなら,ホットワイヤードのお気軽にご相談ください。

 

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************