GOPRO用 GIMBAL 3軸ジンバル スタビライザーFY WG 3 Axis 動画の手ぶれを解消したい

GOPRO用 GIMBAL

3軸ジンバル スタビライザー

ウエアラブル ジンバル

FY WG 3 Axis 

FEIYU WG G4 WEARABLE GIMBAL

が届いたので、さっそく開封。

th_CIMG3431

取説は英語と中国語のみですが、組立は超簡単。

バッテリーを充電して、直感的にすぐ使えます。

th_CIMG3444

 

GOPROのビデオの映像の手ぶれを軽減する為にジンバルという物を導入してみた。

手持ちで GOPROで撮影をすると、手ぶれでブレブレで、見れたもんじゃない映像になってしまう。

バイクにGOPROをつけての撮影でも、映像のブレや振動が非常に気になる。

商業映像のようなスムーズなブレのない撮影をする為には、スタビライザーとかジンバルいう機械の上にカメラを取付けて、振動やブレを吸収する必要があるのだが、そんな大きな機械を持ち歩くのはイヤだし、バイクに取付ける事は不可能である。

このジンバルは3軸のブラシレスで、かなり小型。

これならギリギリバイクに装着して走行できそうな気がする。

さっそく、BMW S1000RR の GOPRO マウントに取付けてみた。

http://www.youtube.com/hotwiredweb

th_CIMG3447

 

空気抵抗は大丈夫なのですか?

と、言う感じ・・・。(^_^;)

th_CIMG3450 th_CIMG3451

ジンバルには、GOPROをハダカで取付けます。

防水ケースは使用できません。

せっかくの防水カメラなので、防水ケースごと使えるジンバルを探していたのですが、どうしても見つかりませんでしたので、あきらめてこれにしたのですが、

よく考えたらジンバル自体が防水じゃないので、GOPROだけ防水にしても意味がないですね。

防水ケースに入れると音も悪いし、重くなるし。

レンズだけはキズから保護する為にレンズカバーを取付けました。

ちなみにこのジンバルは、LCDモニターを背中につけた状態でも取付ける事ができる様になっていますが、やっぱり重くなるので、必要ないと思います。

th_CIMG3452

フロントのバイク用自撮り棒にも取付けてみました。

th_CIMG3458

スイッチを入れると、自動で水平を感知して動きます。th_CIMG3459

こちらも空気抵抗でジンバルのモーターが壊れそうですが・・・。(^_^;)

th_CIMG3462

 

バイクで、ジンバルを使用してGOPROの撮影は、春になったらやってみます。

 

 

なので、

偶然ご来店の、最近ワインディングにハマっているという、ALFA ROMEO 147

th_CIMG3441 

RAM MOUNT を使用してヘッドレストに取付けてみました。th_CIMG3442 

こちらはバッチリな映像が撮影できました。(^^)

来週足回りをアップグレードするそうですので、いまさらカーグラフィックTV やってみます。

th_CIMG3443

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

新型 ND ロードスター RS マツダ純正BOSEサウンドシステムのスピーカー交換

新型 ND ロードスター RS マツダ純正BOSEサウンドシステムのスピーカー交換

th_IMG_6708th_IMG_6680 th_IMG_6714

今年出たばかりのNDロードスターですが、そのまた新型の、RS。

HOT WIREDには、毎週の様にNDロードスターが入ってきます。

RSの納車待ちのお客様からもたくさん予約を頂いておりますので、RSが出る事は知っていましたが、みなさま納車が来年になる様なので、発売はまだかと思っていました。

NDロードスターRS が入庫しました。

先月の10月に発売になったばかりだそうです。

エンブレムも何もなくて、パッと見わからないのですが、レザー仕上げの内装パーツが増えていますし、レザーのレカロシート、ビルシュタインの足回りなど、かなりいろいろ違います。

th_IMG_4002

ダッシュもレザー仕上げになっている。(^^)

th_IMG_4004

RSのレカロのシートはいいですねー。

RSの純正レカロシートだけ取り付けたい方も多いのではないでしょうか?
ご相談くださいね!

th_IMG_6686

NDロードスターの純正レカロは、ヘッドレストにもスピーカーが内蔵されている。
そしてそれもBOSEサウンドの一部なのだ。

つまり、マツダ純正オプションのBOSEサウンドシステムは、車種に合わせて、色々と高度な制御をしているデジタルプロセッサーも内蔵しているのです。

だから、「マツダ純正BOSEサウンドシステムは、絶対買った方が良い!」 のです。

そして、スピーカーだけを取り替えてアップグレードすれば、社外のナビなどでは不可能なレベルの、非常に優れたオーディオシステムに生まれ変わるのです。

th_IMG_6694

 

そして、いつも通り、やはり、マツダ純正BOSEサウンドシステムの音質は、
とてもこの先何年も我慢きるレベルではないとの事で、
残念なマツダ純正BOSEサウンドシステムをアップグレードします。

NDロードスターの,マツダ純正BOSEに関しては、こちらに詳しく書いてありますので、参照してください。

NDロードスターのスピーカー交換に関する関連ブログ記事はこちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=6389

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=6271 

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7230

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7346

 

th_IMG_6728

スピーカーは、マツダ純正BOSEに対応した、

MERCURY CAR AUDIO の C62-BOSE-ND をチョイス。(^^)

th_IMG_6745 th_IMG_6754

 

C62-BOSE のツイーターはかなり大きいので、ピラーを加工して埋め込みます。

BEFORE:

th_IMG_6703

AFTER:

th_IMG_6997th_IMG_7044th_IMG_7000th_IMG_7005 th_IMG_7025

 

こちら、純正BOSEの残念なツイーター。

いつもは CHINA だが、これはなぜか、VIETNAM。

th_IMG_3983

ピラーは、レザーを貼って仕上げるので、全体をサンダーで足付けします。
(出来上がりの仕上がりを良くする為の地味な下処理です。)

th_IMG_3989

 

 

      th_IMG_6724 

こちらに、デッドング作業中のじみーな動画をアップしてありますので、もし良かった見てみてください。(^_^;)

 

th_IMG_6854th_IMG_4062th_IMG_4068th_IMG_4077 th_IMG_4079

デッドニング前の、ハダカのドアパネル。

th_IMG_3975

出てきたマツダ純正BOSEのスピーカー。

th_IMG_3979      th_IMG_4012 

 

ツイーターの埋込加工。

Aピラーへのツイーターの埋込作業の地味な動画も、近々こちらにアップしますので、良かった見てみてください。(^_^;)

th_IMG_4066

赤ボンドをスプレーして、レザーを貼って仕上げます。th_IMG_4067  th_IMG_4069

 

 

 

完成でございます!

細かい途中経過の作業は、過去のブログ記事をご覧下さい。

th_IMG_7025th_IMG_7051

NDロードスターのスピーカー交換のお客様の評判は非常に良く、

今回も感想を頂きましたが、

「エンジンかけてすぐのナビの音声でさえ全然違うのがすぐにわかった」

「純正BOSEに比べて、音質向上は想像以上に良くなっている。」

「デッドニングの効果として、ドアの開け閉めの感触が全然違う」

などの嬉しいご意見を頂きました。v(^o^)v

 

記念に一枚。(^^)

th_IMG_7054 

納車の直前には、10年以上前にHOT WIREDで製作した、初代ロードスターがいたので、並べて記念撮影もしてみました。(^^)

こちらも、BEFORE/AFTER みたいですが。(^^)

th_IMG_4090

初代NAロードスターと、最新型NDロードスターRS。th_IMG_6990

こちらのNAロードスターは、かなりリスクの高いカスタムカーオーディオを施工しちゃってますが、(笑)
10年以上まったくトラブルなしの純正を超えるクオリティーのカスタム! v(^o^)v

th_IMG_4101

 

ND ロードスター RS スピーカー交換のフォトギャラリー(PICASA)

https://picasaweb.google.com/113559792766274725716/NDRSBOSE

 

 

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー
https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums
HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー
https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums
**********************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)
〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449
424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449
information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
http://www.youtube.com/hotwiredweb
**********************************************************

また、また、また、NDロードスターのスピーカー交換とデッドニング マツダ純正ボーズのスピーカー交換

NDロードスターのスピーカー交換とデッドニングについて、ホントに毎日お問い合わせがあるので、(^_^;) ちょっと細かいところまでご紹介したいと思います。

まず、オプションである、マツダ純正BOSE を買うかどうかでまずみなさん迷うようで、ネット上でも賛否両論あるようですが、

DNロードスターに限らず、CX-5 でも、CX-3 でも、アクセラでも、
迷わす、絶対にBOSEサウンドシステムを購入してください。
そして、スピーカーだけ交換してアップグレードしてください!

理由は、こちら

カーオーディオショップ的には、「オーディオレスで買って、社外のナビをつけてください!」って言うのが普通なのですが、いまどき7インチの後付けナビなんか時代遅れですよ・・・。

正直言って、マツダコネクトにBOSEサウンドシステムの方がずっと使いやすいです・・・。

 時代は、「純正インテグレーション」です。

 

 

th_IMG_6626

 

ただし、純正ボーズは、スピーカーユニット自体はちょっと残念なのが事実です。

スピーカーを交換してアップグレードしてください。

 

マツダ純正BOSEサウンドシステム付きのオーディオで、まず、みなさんが困っていること。

「オプションの純正BOSEの音がショボすぎる」

そして、純正BOSEは特殊なオーディオシステムなので、社外のスピーカーへのポン付け交換ができない。

ホットワイヤードでは、マツダ純正BOSE のスピーカー交換が可能です。

 

NDロードスターの,マツダ純正BOSEに関しては、こちらに詳しく書いてありますので、参照してください。

NDロードスターのスピーカー交換に関する関連ブログ記事はこちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=6389

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=6271 

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7230

 

マツダ純正のBOSEサウンドの音質に満足できなくて、いろいろ音質改善の方法を検索して探している方が多いようです。

また、HOT WIREDで、マツダ純正BOSE のスピーカー交換やアップグレードをして、その感想をブログ等に書いていただいているお客様の情報を見たという方もいます。

ホットワイヤードのオフィシャル FACEBOOK ページでも,嬉しい書き込みを頂いております。(^^)

IMG_8484

 

マツダ純正のBOSEサウンドは、普通のクルマのどノーマルオーディオに比べれば、そんなにめちゃくちゃ音が悪いわけではないのですが、オプションでBOSEサウンドを購入したオーナー達は、カーオーディオに関してもちょっとグルメなオーナー達な訳であって、少しは期待してオプションでつけた割りには、「えっ、こんな程度なの?」って感じで、ガッカリなんだそうです。

  

  

純正のBOSEの音質を向上させる為に、スピーカー交換と、ドアのデッドニングをします。

MERCURY CAR AUDIO の、C62-BOSE というスピーカーを取り付けます。

マーキュリーは、日本ではまだあまり知られていない外国製カーオーディオブランドで、カーオーディオ先進国のタイランドのブランドです。

th_IMG_1211 th_IMG_4148 th_IMG_4172 th_IMG_4174

 

こちらが、マツダ純正BOSE のスピーカーの残念具合が良くわかる比較画像です。

マツダ純正BOSEのツイーターと、MERCURY C62-BOSEのツイーターの大きさの比較。

th_IMG_3599th_IMG_3592

マツダ純正BOSEのミッドと、MERUCURY C62-BOSE のミッドベーススピーカーの比較。

スピーカーを駆動するマグネットの大きさの違いが一目瞭然。

ゴールドのゴツいターミナルは、スプリングロードでガッツリとスピーカーケーブルを掴む構造になっている。

th_IMG_3579

 

でも,NDロードスターを買う方は、絶対に純正BOSEサウンドをオプションでつけてくださいね!

理由は、こちら

加えて、書きます。

しょぼいスピーカーさえ、取り替えてアップグレーできれば、BOSE は、絶対にお買い得です!

なぜかと言うと、

マツダ純正のBOSEサウンドシステムは、スピーカーが違うだけはなく、アンプやプロセッサー、サブウーハーなどを含めて、ひとつのサウンドシステムを構築しており、プロセッサーの制御は、実は非常に優秀で、そのクルマに合わせた周波数特性など、良い仕事をしています。

音場設定や定位、センターのフォーカスなどの処理もされいるようですし、CDとDVDでも制御を変えているようで、5.1ch.を再生するととても生々しいリアルな臨場感あるライブDVDやdvdシアターサラウンドが再生できます。

さらに、 NDのBOSEサウンドは、ルーフを締めている状態と開けている状態で、車内の音響設定を変化させています。

HOT WIREDでは、ルーフを開けた時にベストになる様にセッティングしています。

サブウーハーも、ユニット自体は小さな残念なユニットなのですが、最小限のスペースで最大限の低音再生ができる非常に特殊な形状ボックスが形成されています。
BOSE独特の小さなユニットで量感のある重低音を再生します。

(その副作用として、もっさりとしたスピード感のない低音ですが、これに関してもウーハーユニット自体を交換して、ボックスをチューニングする事で、切れの良いタイトな低音再生が可能になります。ウーハーもアップグレード可能ですので、ご相談ください。)

さらに!

シートのヘッドレストの中にもスピーカーが埋め込まれていて、ナビの音声や、5.1CH.のサラウンドなどで効果的に利用されており、地味ですが、非常に良く出来た制御がされていると思います。

これらの機能は後から社外のナビやCD/DVDプレーヤーを取り付けただけでは、でできない事です。

ネット上でたまに酷評されている、マツダ純正BOSEシステムがダメなのは、スピーカーなのです。

マツダ純正BOSEサウンドシステムは、スピーカーを換えると、見違える様によい音になります。(^^)

 

で、

HOT WIREDでは、ドアをデッドニングを、がんばっています。

デッドニングの動画はこちら

こちらは、8万円コースのご紹介。

普通の6万円コーストの違いは、ズバリ!、材料を多く使います。(^^)

これも良く問い合わせがある内容なので、記載します。

心配するほど重くなる事はありあせん。

デッドニング材は、昔の鉛とかを使う事は無いです

ハイテクなデッドニング材は、できるだけ軽くて、制振/防振効果の高いものがあります。

 

こちらで使用しているのは、ロシア製のSTP というブランドです。

元々潜水艦などの制振/防音の為の材料を生産する軍事産業メーカーだったそうです。

th_IMG_5371

軽量ライトスポーツが売りのNDロードスターですので、デッドニング材を大量に使用する、HOT WIRED標準のデッドニングによる重量増を気にされる方が多いのですが、HOT WIREDでは、STPの中でも軽量のAERO というデッドニング材をメインに使用しています。

例え、3重に貼っても、重量増を体感できるほど重くはなりませんので、ご安心ください。(^^)

ドアの開け閉めの時の音や感触は大きく変わります。

で、

デッドニングはこんな感じです。

いきなり完成の図。

th_IMG_3863

内装の裏にもデッドニング材を貼って、制振処理をします。

ビビリを無くす為です。

 th_IMG_3879

散らかります。

th_IMG_3876

NDロードスターのご紹介が続いているので、同じような画像なってしまいますが、こちらは、ちょっと多めに貼るコースですので、ちょっと違うんです。(解りにくくてすみません。)

サービスホールのフタを外して、ドアパネルの外側(ボディーにかなり多く貼ります。)

th_IMG_3795 

穴からこれを一枚丸ごと入れるのが結構大変。

th_IMG_3839 

粘着力を上げる為に、ヒートガンで加熱してから貼付けます。

th_IMG_3840

ドアの中は写真が撮りにくいのです・・・。

ほぼ全面張り。

th_IMG_3799 th_IMG_3843

 

ネジ穴だけ、カットしてよけておかないと、ドアパネルが干渉してしまいます。

th_IMG_3813 

カットした端材は、捨てるのはもったいないので、ステーなどの裏にも貼っておきます。(^^)

th_IMG_3820  

クリップの刺さる穴の部分だけカットして、鉄板はできるだけ全面に貼付けます。

th_IMG_3851 

純正のケーブルが通る穴も塞いで,できるだけ密封するのもデッドニングの重要な目的のひとつです。

th_IMG_3898

スピーカーついた!

th_IMG_3906

 

次に、ツイーターの埋込加工を少し詳しくご紹介します。

こちらノーマルのAピラー。

th_IMG_3737 

仮付けして、ツイーターの取り付け角度を決めて、パテで埋め込みます。th_IMG_3741

 

パテを削って、またパテを盛って、また削って、また盛って・・・

ツルツルになるまで、磨きます・・・。

これに3日以上かかりますので・・・。

th_IMG_3914

出来上がったピラーは、レザーを貼って仕上げます。

レザーの色や純正アルカンターラ風のスエードのチョイスもあります。

こちらは、専用のボンドをスプレーしたところ。

th_IMG_3927

必死こいてAピラーにレザーを貼っている、地味な動画はを見ていただける方は、こちら

自動車の内装のレザー貼りって、結構大変なんです・・・。

th_IMG_3941

出来上がるとこんな感じ。(^^)

知らない人が見たら純正かと思うような自然な仕上がり。

でも質感アップは明らかです!

th_IMG_3944  

ツイーターに、スピーカーケーブルを結線します。th_IMG_3951

完成。

th_IMG_3952 th_IMG_3954

 

ついでに、さらに地味な作業をご紹介します。

マツダ純正BOSE システムのスピーカー交換には、純正BOSEのアンプからの配線などを加工する必要があります。

th_IMG_3759

ホットワイヤードでは、配線の結線には基本すべてハンダ付けをしています。

エレクトロタップ(通称カニタップ)とかは絶対に使いません。

th_IMG_3752 th_IMG_3755

こちら、お気に入りの HAKKO セミオートマチックのハンダこて。片手でハンダ付けで来ます。(^^)

th_IMG_3754th_IMG_3766 

ハンダ付けが終わったら、純正の配線の様にビニールテープで保護します。th_IMG_3769

 

スピーカーケーブルも、太いケーブルに取り替えています。

th_IMG_3746 

という感じで、いつもは省略している地味な部分を紹介させていただきました。

ホットワイヤードでは、お客様に特に説明する事もなく、普通だと思ってやっていますが、「普通じゃないよ」と言われる事が多々あるので、ちょっとだけ説明してみました。(^^)

 

NDロードスターのスピーカー交換とデッドニング、ツイーターの埋込とレザー仕上げの一連の流れはこんな感じです。

地味に手間と時間がかかる事をやっていますので、最低一週間をおクルマをお預かりしての作業をお願いしております。

 

追記:

遠方のお客様に対応する為、ご予約頂き、先にピラーやインナーバッフルなどを制作しておき、最短日帰りや、一泊二日での作業の完了が可能になりましたので、ご遠慮なくご相談ください!

 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2015

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

2012年式 ゲレンデバーゲン G550 ナビ,バックカメラ,リアモニター,LED化

 Mercedes-Benz G550

Geländewagen

Gelandewagen

ゲレンデバーゲン

ナビ取付,バックカメラ取付,ポジションランプをLED化,バックランプとナンバー灯をLED化しました。

後部座席で,お子様が見る為の,リアモニターの取付もしました。

カロッツェリアのサイバーナビを取付。

th_IMG_9877

こちらが純正の残念なナビ・・・。

オーナー様曰く,
「変な道にリルートした上、まるでミスを報告せずに黙っている従業員のように,勝手に無口になり,まったく使えないナビ」

だそうです。(笑)

純正ナビまわりだけウッドパネルではない黒の樹脂のままです。

th_IMG_3943

th_DSCN1221

と,言うわけで,G55のナビのまわりの黒いプラスチックのパネル部分も,純正と同じ柄のウッドパネルにカスタムしました。

 

th_IMG_5228th_IMG_5233th_IMG_5227

これでセンターコンソールも,ステアリングも,ドアのパネルも、ウッドパネルでトータルコーディネイト。

これは,HYDRO GRAFIC(水圧転写)と言う手法で加工されています。
もちろんすぐ剥がれるステッカーではダメですし,ペイントでもありません。
プラスチックのパネルの表面に,純正と同じ柄のウッド模様の膜をコーティングしてある様な感じです。

純正と同じ色と模様を再現できるだけでなく,ペイントより塗膜が厚いし,柔軟性もあるので,耐久性も高いのです。

ちなみに,純正の色を変えて,アバンギャルドみたいな黒い大理石模様や,BMWの様な薄い茶色のウッドパネルもできますし,カーボン柄などもできます。

愛知県の某自動車メーカーの純正品のパネルを製造している工場にお願いして加工してもらっています。なので、純正品とまったく見分けがつかないクオリティーです。

th_IMG_5229

 そして,このちょっと悲しい電球色のポジションランプもLED化で,ヘッドライト同じ色に揃えます。

th_DSCN1201

こちらの悲しい電球色のナンバー灯,バックランプもLED化で,色を揃えて,明るくします。

th_DSCN1178

こちらノーマルの電球。

th_DSCN1194th_DSCN1176

LEDも、LEDバルブに取り替える程度では,色は揃っても,暗くなってしいます。
バキッと明るくしたい場合は,このくらいのLEDが必要です。

th_DSCN1315th_DSCN1184

ナンバー灯もLED化。
この辺りの電球は,年式によって色々と種類があってややこしいのです。
加えて,LEDもたくさんの商品が出回っており,最近ではネットで安物が販売されていますが,どれも実はスゴく暗いのです。(T_T)

th_DSCN1317

そしてこちらは,ゲレンデに乗っている方しかわからないことなのですが,ゲレンデバーゲンのリアシートのヘッドレストが,異常に前に飛び出している為,普通に座ると,首を前に圧迫される様な着座姿勢になってしまい,非常に首が疲れる。
ってゆーか,首が痛い。
なんと表現して良いか,もの凄く不快なポジションなのです。
th_IMG_0070

 なぜこんなヘッドレストが着いているのかは謎ですが,おそらく,元々軍用車的なゲレンデに無理矢理レザーシートを載せて高級化していますし,現代の安全基準にあわせたヘッドレストを無理無理付けた結果こうなってしまったのではないかと・・・。

そこで,このヘッドレストのパイプを曲げて,ヘッドレストを後方にずらした位置にセットしようかと思います。

th_IMG_0067        

折れちゃうかもしれないので,慎重に作業する必要がありますが、かなりオフセットする必要があるので,折れるのは覚悟の上で,ハッキリ言って見た目はあきらめて,快適な着座姿勢を確保することを最優先に考える必要があります。

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

2007年式 キャデラック エスカレード ナビ/バックカメラ/ETC/HID/アンダーカーLED

愛知県名古屋市の、HOT WIRED(ホットワイヤード)は、カーオーディオカスタム、カーセキュリティー、バイクカスタム、ドレスアップのプロショップです。
12V系カスタムならお任せください。
その他クルマやバイクのカスタム,トータールコーディネートは是非ご相談ください。
ご相談,お見積はもちろん無料です。
www.hotwired.co.jp

 

本日ご来店の、2007年式キャデラック エスカレード。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

ルームミラーモニター、ヘッドレストモニター、バイザーモニターの取付。

サイバーナビ、バックカメラ、ETCの取付。

ヘッドライト、デイライト、フォグランプをHID化。

フロントシートとリアシートの足下を青く光らせる予定です。

アンダーカー マルチカラーLEDも取り付けます。

ウインドーフィルムもダークスモークで真っ黒にします。(^^)

 

この、縦3連ヘッドランプが全部HIDになります。

デイライトもHIDにして、常時点灯にする予定です。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

ホイールでかい。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************