隼 100台ツーリング 2017/隼絆プロジェクト/Over 100 HAYABUSA RIDE in JAPAN

隼 100台ツーリング 2017/隼絆プロジェクト

SUZUKI GSX1300R HAYABUSA

全国のハヤブサオーナーが集まって、隼ばっかり100台でツーリングしよう! と言うイベント。

 

4K動画はこちら!

その1:https://youtu.be/VDRF22bGw4E

その2:https://youtu.be/Qa44_yaOqBo

その3:https://youtu.be/1PDEjsKAtO8

th_CIMG7284

去年は雨だったんですよね・・・。

隼100台ツーリング2016の動画はこちら。

https://youtu.be/k4dvQgFCfjM

それでも100台集まったそうですが、秋晴れの本日、2017年はなんと、170台くらい参加されたようです。

目指せ1000台!

日本全国から、隼が集まってツーリングなんて、世界最大の隼イベントではないでしょうか? スゴいね!

 

お客様のお誘いで、私は隼に乗ってないのに、今年も参加させていただいております。ありがとうございます。 

私もバイク乗りとして、このハヤブサの大群はテンション上がります。

私はBUELLに乗って行きました。(^^)

ヘルメットにつけたGOPROで、並走しながら、170台のハヤブサが走っている動動画も撮影しましたので、後日 HOT WIRED CHANNEL にアップします。

自分でバイクに乗りながら、自分以外の「走っているバイクを動画撮影する」ってゆーのが、意外と難しいんです。(>_<)

途中まさかのBUELLマシントラブルで、高速で2回も停車した事はナイショです・・・。

ビューエルあるあるの、「シフトのネジが緩んで、ギアチェンジができなくなる」のトラブルでした。部品が脱落しなかっただけラッキーでした。

 

バイク好きならみんなのカスタムバイクを見てまわっているいるだけでも楽しいのですよ。  

こちらは、HOT WIREDでオーディオカスタムさせていただいた、隼。

隼乗りの間では、「実際に走っている姿を見ると幸運がおとずれる」言われているほど、レアな走行シーンも見れました。(^^)

th_CIMG7352

イベントで展示されているこの隼の姿を見た人は、実際に走れるとは信じがたいレベルのカスタムバイクですが、この隼は、車検も通りますし、高速道路にのってツーリングもできるのですよ。

HOT WIRED 隼カスタム制作現場の動画

https://youtu.be/I1C4zaPxxh0

https://youtu.be/9R8JtDvvQfw

ちゃんとウインカーつけたり、反射板つけたり、ナンバーの位置や角度や、保安部品なども動作しますし、ドレスアップ以外にもいろいろ工夫されているのです。

th_CIMG7179

 

 

 

画像はFACEBOOKのHOT WIREDページにアップしています。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1589839967725738.1073741941.306272439415837&type=1&l=5d0074a2db

 

去年の隼100ツーリングの動画や画像を見ていない方は、こちらもどうぞ。(^^)

https://youtu.be/pta467r7FfE

https://youtu.be/k4dvQgFCfjM

 

th_CIMG7158 th_GOPR0001 th_GOPR0003

th_CIMG7159

th_CIMG7143

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

100 HAYABUSA RIDE JAPAN 2017

have you ever seen over 100 hayabusa riding togher?

will post the videos later but here are some pic of the 100 BUSA RIDE 2017.

thank you all for your support!!!

 

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

電話はでられません。

メールの返信は遅くなります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

その①:カーオーディオ関係

世界最大のカーオーディオショップなどタイの実力派カーオーディオショップを視察に行ってきます。

図々しく何日も居座って、かなり内部まで入り込んで取材もしてきます。(笑)

国際カーオーディオコンテストで優勝したオーディオカーを分解して調べてみます。

日本に住んでいると、ときどき大陸に渡ってこういう事を地味に努力しないと、ガラパゴス化してしまいますので

カーオーディオメーカーの品質管理にお邪魔して、エラそうにアドバイスもしてきます。

カメラ4台と三脚3台もって、写真はもちろん動画もバカみたいにたくさん撮影しきます。

GOPROを2台もつけて歩き回ってきます。

もしかしたら、雑誌などで内容をご紹介できるかも知れません。
せっかくですからシェアしたいんですけどね。

 

 

その②:モーターサイクル関係

HARLEY DAVIDSON METROPOLITAN BANGKOK 主催のイベントに参加&取材をしてきます。(^^)

DRAG DAY PARTY #3 というイベントで、タイランド サーキットで、実際に自分のカスタムバイグでドラッグレースやダートトラックを走ろうぜ! ってイカしたイベントです。

ハーレーメインのドラッグレースとしてスタートしたのですが、今ではトライアンフとBMW MOTORRAD,DUCATI のディーラー、SRのオーナーズクラブも参加して開催されます。

BUELL THAILAND のオーナーズクラブやタイのBUELL専門ショップも参加されるようなので楽しみです。(^^)

ビキニバイクウォッシュもあります。

見るだけのショーやイベントはもう飽きたので、

ハーレーダビッドソン バンコクのご好意で、図々しくバイクを貸してもらって、私もバイクに乗って参加させてもうことにしました。v(^o^)v

「ヘルメットなどのライディングギアは一式持って来いよ」と言われていますが、気温38度、しかも雨期という環境で一体なにを着るのが正解なのかわからないのがとても不安です・・・。

革ジャンとか、着れるわけ無いと思うんですけど・・・。(^_^;)

https://youtu.be/wQHQm6gIq9Q

https://youtu.be/zOPh76PmrHo

GROM などの125c系のカスタムや BMW S1000RR などのスーパーバイク系のカスタムもたぶん世界で一番アツい地域なので、バイクのカスタムショップもアポなし取材してきます。

 

 

th_IMG_0198th_IMG_0184th_IMG_0181

 

 ③友人の結婚式に出席

実はバンコクで友人の結婚式に出席するのですが、そこに EMMA や IASCA などの国際カーオーディオコンテストの国際ジャッジやインストーラーやカーオーディオ関係者が世界各国から集まりますので、ついでにみんなで HUA HIN とかいうリゾート行って、技術と知識を共有しようぜ、って話になっているので、そうします。

 

④釣りに行きます。

友人の同級生に釣りキチがいるらしいので、釣りに連れて行ってもらいます。

どうやら雷魚ハンターのようです。(^_^;)

 

⑤ルーフトップのレストランやプールでタイムラプスを撮影

バンコクにはたくさんのカッコいいルーフトップバーやレストランがあります。

ホテルやコンドの屋上はルーフトップのプールになっています。

夜景や雲のタイムラプス動画を撮影したいです。

 

⑥もうこれ以上詰め込むとケガするのでやめときます。

ショウエイの最新型ヘルメット SHOEI X-Fourteen インプレ その2

ショウエイの最新型ヘルメット

SHOEI X-Fourteen のインプレッション

実際に使用してみた感想です。

 

走行動画:

https://youtu.be/ksOo4KLkb9I

 

長年使ってきた、ARAI の RX7 との比較になります。

良い点1:

まず、フィッティングは、先のブログ記事の通り、SHOEI フィッティングサービスのおかげで、タイトにピッタリです。

良い点2:

メガネスリットは、ARAI を加工してメガネを入れるよりも、はるかに余裕があります。

なんと、予想外にOAKLEY のサングラスまで入ってしまいました。

ストレートテンプルが長くて、プラスチックのフレームの太いオークリーのSPLIT JACKET まで入ってしまったのは驚きです。

サングラスを差し込むと、うまく固定されて、普通に使えています。(^^)

th_IMG_9795

 

X-FOURTEEN は、専用のシールドの様で、他のSHOEI のシールドと互換性がありません。

まだスモークシールドなどのSHOEI純正アクセサリーがまだ発売されておらず、クリアシールドしかないので、サングラスが差し込めるのは本当にうれしい誤算でした。(^^)

今までバイク専用に、ARAI のヘルメットに差し込めるという理由だけで、ダサいメガネを使い続けてきたメガネライダーとしては、この点は非常に重要。

※後日ARAI RX7でもオークリーのサングラスが差し込めました。(^_^;) しかし! テンプルがあたって耳の上が痛い。

 

良い点3:

上方向への視界は、確かに広い。

サーキットでの前傾姿勢でも見やすい。今までより低く伏せる事ができる様になった。

結果街乗りでも首への負担が少なくてすむと感じます。

SS、レプリカバイクに乗っている人には良いと思います。

X-FOURTEEN は、シールド開口部を上方向に少し大きく設計してある事と、チークの内装が4° 上方向にずらす事がでるので、購入時から高い位置で使用しています。

 

 

悪い点1:

しかし、白という色ははっきり言ってとてもチープな感じ・・・。

まるでレンタルしたヘルメットのようだ。

せめてメタリックとかパールとか入て欲しい・・・。

悪い点2:

静寂性は低い。 風切り音がかなりうるさい。 X-TWELVE よりはうるさいとは聞いていましたが、ARAI RX7 よりもうるさいと思う。

長時間騒音にさらされると、疲労も大きいので、私は耳栓を併用しています。

悪い点3:

空気抵抗が大きい気がする。 帽体自体が大きいので、風の影響を受けやすい気がします。風で頭があおられる感じが大きいです。前後に長いからかな? 走行中、空気抵抗で、上方向(ヘルメットが脱げる方向)に力がかかる感じもする。

空気抵抗が少ないと言うのうがウリだったので、この点は非常に残念。伏せて真っすぐ向いているだけなら良いのかも。

悪い点4:

シールド開けるのが固くて開けにくい。締めたときの、バッカン!って衝撃音も大きすぎる。まだ新品だからかも知れませんが、シールドの開閉が固すぎてやりにくいです。(SHOEI はこれが普通?)

また、ARAI は無段階でちょびっと開けるとかできますが、SHOEI は、クリック感のある開閉で、指定の位置にしか止まりません。これにより、ちょうどいいところで止まらないのです。また、シールド自体が分厚くて、半開でエッジ部分が視界に入りうざい。捨てシールド用のポストも視界に入る。

悪い点5: 重い。

 

エアのインレットは、大型で、たくさんあるが、空気の流れや冷却効果はあまり体感できない。(これはアライも同じ) でも無いよりははるかに良いのは知っています。

内装は、スポーティーで、メッシュな感じで、ちょっとざらざらしていますが、サラッとした感じ、高級感もあるとても良い内装だと思います。

アライは、しっとりした肌触りの良い内装で、好きですが、汗をかくとベタッとした感じもあります。

 

悪い事が多くなってしまいましたが、良い事はステマの記事でたくさん見つけられると思いますので、本当に使用してみて感じたネガティブな点を辛口に評価してみましたが、全体としてはとても良いヘルメットだと思います。

とにかく、フィッティングが良い事、緊急時に内装が外から外せる事、上方への視界が広い事は、サーキット用のヘルメットとして探していた自分的には一番重要なポイントである。

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

 

ショウエイの最新型ヘルメット SHOEI X-Fourteen インプレ

ショウエイの最新型ヘルメット

SHOEI X-Fourteen インプレ

走行動画:

https://youtu.be/ksOo4KLkb9I

 

2016年4月中旬発売予定の、SHOEI X-FOURTEEN

X-Twelve の後継モデルだが、13は飛ばして14になったのかな?

4月16日に発売になったようです。

現時点では、予約で完売、色によってはまだ届いていないようですが、運良く、4月18日にゲットできました。(^^)

th_IMG_6465

色は、ホワイト。

th_IMG_8331

 横から見ると、マルケスがかぶってるヤツと同じな事が良くわかる。

th_IMG_8356

最大の特徴は、エアロダイナミクス。

300キロ以上の高速走行時にも安定した空力。

リアのはね? エアロパーツ的な物がついているので、少し後ろに長い。th_IMG_8334 th_IMG_8335

バイザーの横の、ツブツブも整流の為ようです。th_IMG_8338

エアインテークも大型。

th_IMG_8339 th_IMG_8340

エアのアウトレット。

th_IMG_8341 th_IMG_8342 

ピンロックと言う、曇り止めのレンズが付属します。

シールドの内側にはめる様になっています。

アライは、ダブルレンズのシールドを丸ごと交換するタイプでした。

曇り止めシールドは、基本的に冬用なので、夏は外しておけば良いです。

th_IMG_8346

ずっとアライ派だった私が、今回ショウエイのヘルメットをチョイスした最大の理由がコレです。

th_IMG_8344 

赤いタブを引っ張ると、内装の側面部分が外から外せる様になっていて、万が一の事故の際に、第三者がヘルメットを外す際に、頸椎を損傷させてしまう事故を防止する為です。

アライのヘルメットにはこの構造がないので、ヘルメットリムーバーをかぶっていないと、万が一の際に、安全にヘルメットを外す方法がありません。

自分で外すのも大変なくらいきつくフィットしたヘルメットですから、第三者が安全に外すのはほぼ不可能なのです。

事故の際に、素人がけが人を動かしたり、無理にヘルメットを外してはいけません。

th_IMG_8357 

チンスポイラーがとんがっているので、ヘルメットを置くと、安定しませんので注意。(T_T)

th_IMG_8350th_IMG_8358 

アライヘルメットに比べると、SHOEI のヘルメットはやはりタイトです。

でも,全体にビシっとフィットする感じ。

ただし、きつい。 たぶんしばらくは痛くなる。

今までSHOEI を買わなかった理由は、キツイから。 

今回は、サーキットでの使用を重視して、きつくてもフィットの良いヘルメットを選択しました。

また、X-FOURTEEN は、シールドが少し上についている事と、内装が4度ずらせる事で、前傾姿勢で上目遣いでの視野が広い設計になっています。

これは、私がずいぶん前から欲しかった仕様。

MOTO GP ライダーが、下を向いて伏せたままどうして前が見えるのかいつも不思議でした。

SHOEIではないですが、ロッシのヘルメットは、明らかにあごの部分の幅が大きくて、シールドが額の上まで見えるほど上方向に付いています。

X-Fourteen を実際にかぶった感じは、上方向への視野があきらかに広いと感じました。

また、メガネのフィッティングもアライより良いです。(^^)

 

ヘルメットを買うときは、フィッティングサービスのある、経験豊かな専門スタッフがいるお店で買う事をお勧めします。

頭のサイズを測って、内装の厚みを調節していただけます。

 th_IMG_9610th_IMG_9608

私はハチがはっていて、後頭部絶壁で、いつも美容師さんを困らせている、特殊な形状の頭をしているので、特に苦労しています・・・。(泣)

Mサイズに、頭頂部と、額部分と後頭部に追加のパッドを入れると良いとの計測結果でした。

 

ショウエイのヘルメット専用のフィッティング用の内装パーツがあるのです。

これは頭のてっぺんの部分。

th_IMG_9612th_IMG_9611

ヘルメットの内装の調整はとても微妙で、調節にはカンと経験が必要です。

自分では気がつかない部分の隙間などのフィッティングを調整してもらう事で、思った以上にフィッティングが良くなります。

何度も厚みを変えて、試着してみて、ベストのフィッティングを探します。

10ミリは分厚すぎる感じだったので、5ミリのパッドを入れてもらいました。(^^)

th_IMG_9614 th_IMG_9615

メガネを差し込む為の隙間も作ってもらいました。(^^)

ちょっとがんばれば、オークリーのサングラスまで差し込める様になったのは、うれしい誤算。

th_IMG_9616 th_IMG_9617   

この様なフィッティングサービスは、アマゾンさんではやってもらえませんよ!(笑)

ヘルメットには賞味期限があります。 

およそ3年が性能を維持できる目安とされています。

安売りネット通販で賞味期限切れのヘルメットはイヤなので、大切なものは通販では買わない事にしています。

th_IMG_8347

 

安全第一。 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

http://www.hotwired.co.jp/blog/

 

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

バイクに GOPRO を取り付けて、サーキットで動画撮影(前方から自分を撮影する)

大人気の,GOPRO。

サーキットでも,ゴープロをつけて走っている人が非常に増えました。

皆さん色々工夫してとバイクに取り付けていますが,なかなかうまく取り付けできなくて苦労されています。

 

GOPROでうまく撮影するために一番大切な事。

それは,

カメラ(GOPRO)を固定する位置と固定の方法なのです。

 

GOPROは,純正でかなりたくさんのマウントが別売りで用意されているですが,それでもやはり,純正パーツだけでは限界があります。

GOPRO純正の取付マウントは,基本こんな感じで,両面テープで車体やヘルメットに貼付ける方法になります。

th_IMG_1156

画像のゴープロは,GOPRO HERO3 BLACK EDITION です。

 

 

バイクにゴープロを取り付ける方法については,HOT WIREDのブログで何度も紹介していますが,今回は,バイクの前方から自分を撮影する、今ハヤリの『自撮り』? みたいな方法を紹介します。

 

こんな風に取り付けます。(^^) 自撮り棒? セルフィー

th_CIMG1327

バイクのミラーの取り付けボルトを利用して,このようなボール型のベースマウントを固定します。

ベースマウントには,穴が2カ所ありますが,今回は一カ所止めで,十分な強度が出ました。

th_IMG_6271

本来ミラーを取り付ける為の穴に共締めする感じです。th_IMG_6268

そこに,このようなアームを取り付けます。

th_IMG_6266

アームの先に、GOPRO用ボールマウントを取り付けます。

1

ゴープロの取り付けは,GOPROに付属のボルトとナットで固定できる設計になっています。

th_IMG_6267

 すると,この様なセットが出来上がりますので,あとは好きな角度や位置で,アームの横の蝶ネジを締めていくと固定される仕組みです。th_IMG_6269

 

こんな感じで,自由自在にGOPROを固定できます。

  th_IMG_6239

これで、あり得ない位置や角度からの撮影が可能になり,今まで見た事のない映像を撮影する事が可能になります。

これこそが,GOPRO の醍醐味なのです!(^^)

th_IMG_5822

そしてこのマウントアームは,ボールジョイントになっている為,ネジを緩めれば、カメラの向きや位置や角度の調整は自由自在に調整できる上に,ネジを締め込むだけで,かなり頑丈に固定する事ができます。

アームを掴んでバイクを引っ張れるほど強力に固定できます。

アームやマウント自体の強度はかなりありますので,むしろマウントを取り付ける部分の強度に注意してください。

th_CIMG1328

色々なマウントや取付方法を試しましたが,これが最高です。

 

このGOPROマウントセット は,ホットワイヤードで販売しています。

商品名:バイク用GOPROマウントセットその1

価格:¥6800−(税別)

送料:¥2100−(全国一律、一部除く)

お買い求めは,メールまたは,こちらの通販サイトからお願いいたします。

http://hotwired.cart.fc2.com/ca43/131/p-r-s/

 

セット内容は,以下の3点。

ベース
約6ミリの穴があいています。ボルトのサイズが合わない場合は,広げて使用する事もあります。

2

約15センチの長さの自在アーム。

3 

GOPRO専用ボールマウント。

1

 

ホットワイヤードのでは,もちろんこのセットの取付も承っておりますので,お気軽にご来店ください。

 

 

で,

この自撮り棒,じゃなくて, 

バイク用GOPROマウントセットその1

を使用して,実際に鈴鹿サーキットで撮影してみたのがこれです。

初めてでしたので,あてずっぽで撮影してみましたが,意外といい感じにとれたので満足しています。(^^)

見た人の評判も非常に良いので嬉しいです。(^^)

YouTube Preview Image

 

 

 

さらに,この 「バイク用GOPROマウントセットその1」 は,

ミラーの付け根ボルト部分だけではなく,工夫次第で色々な場所に取付て使用できますので,非常に汎用性の高いマウントアームセットなのです。

 

こちらは,ナンバーステーにマウントベースを取り付けて,

バイク用GOPROマウントセットその1

を、取り付けた状態の画像です。

th_IMG_1315th_IMG_1308

 

これも,とてもおもしろい、迫力満点の映像が撮影できました。(^^)

 

HOT WIREDオリジナルのバイク用GOPROマウントセットで撮影したムービーは,以下の、YOUTUBEチャンネルでご覧頂けます。

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

 

 

 

 

 

※お願い
本製品は,改造部品です。
自己責任で工夫して改造して使用してください。

外国製の改造部品の使い方の例をご紹介し、販売ているだけで,何かを保証する事はしておりません。
バイクまたはカメラへのいかなる損害も責任は持てません。

また,お電話やメールでの,
「自分のバイクに付くか?」 とか,「どうやって取り付けるのか?」 とか、「自分でつけれますか?」とか,「車検に通るのか?」 等のお問い合わせは、わかりませんので,ご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

**********************************************************