BUELL XB12S ビューエル用スケルトン外装パーツ トランスルーセントのフロントスクリーン

BUELL XB用カスタム外装パーツのご紹介

スケルトンの外装パーツです。

スケルトン? シースルー? トランスルーセント? 半透明? ただし呼び方をご存知の方、教えてください。m(__)m

大変めずらしい、半透明のユニークな外装パーツはBUELL XBのSモデルの特徴的なアイデンティーでもあります。

純正でも、チェリーボムレッド、アッシュグレーなどの半透明のボディーパーツが存在しましたが、今回はイエローを作ってみました。

IMG_4298CIMG6151

 

 

トランスルーセントのフロントスクリーン:38000円(税別)

カラーはいろいろ作れるのですが、すべて海外での受注生産ですので、お時間かかります。

本気で欲しい方はご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 こちらでも、画像をご覧頂けます。

BUELL MOTORCYCLE OWNERS JAPAN https://www.facebook.com/pg/BUELL.owners.JAPAN/photos/?tab=album&album_id=1555390821165680

 

ホットワイヤードのフェイスブックページ

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1584090621634006

 

 

こちらは、HOT WIREDのBUELL用外装パーツのベストセラー、

ビューエル BUELL XB用 内股が熱い熱風を防ぐサイドカバー カーボン製

th_IMG_0505

ビューエル乗りなら誰もが悩む、足を焼く熱風対策の為に、カーボンの遮熱版を作りました。

透けて折り目が見えるほどキレイなカーボン製です。

両面テープで貼付けるだけの簡単取付け。

価格:12000円(税込)送料1100円

th_IMG_0502 th_IMG_0497

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

iPhone 7 のライトニングコネクタを3.5ミリのヘッドホンジャックに変換できる超小型ヘッドホンアンプ

iPhone 7 Plus が来ました。

iPhone 6 のソフトバンクのSIMを刺してそのまま使えました。(^^)

th_CIMG3487

毎回iPhoneを買うたびに呪われているかのような、バックアップとバックアップから復元の作業にさんざ悩まされる・・・。

iMacのOSが古いとか、iTunesのバージョンが古いとか、もううんざりなので、その辺りの説明は飛ばします・・・、

 

iPhone 7 、イヤホンジャックがなくなりましたね・・・。

自宅ではAVアンプの外部入力に3.5ミリのイヤホンジャックでiPhoneを接続して音楽を聴いているので、ちょっと焦りました。(^_^;)

 

カーナビやカーオーディオとの適合に関していくつかテストしてみました。

ライトニングコネクタを使用したタイプは普通に音が出ました。

AT-DL5HD、お気に入りのオーディオテクニカのデジタルトランスポートをよく使っていますが、古いタイプの30pinのドックコネクタのタイプのデジタルトランスポートでも、アップル純正の変換アダプタを介して、iPhone6やiPhone5と同様に、音が出ます。

iPhone7から、イヤホンジャックがなくなった事で、AUXにアナログで外部入力してiPhoneの音楽データを再生している方は、付属のアダプタを使用する事で、イヤホンジャックも使えます。

充電できない問題をどうするのかはまだ未解決ですが、3.5ミリのヘッドホンジャックがなくなり、ライトニングコネクタだけになった事で、ある商品の存在を思いだしました。

 th_CIMG3489th_IMG_0110

th_IMG_0111 th_IMG_0113

 

 

これは、KICKSTARTERで発売されたばかりの、比較的新しい商品で、「AQUA」と言う名前です。

いわゆる、

ヘッドホンアンプとか、ポータブルアンプ 、DAC、なのですが、AQUAは電源も必要ないし、アルミ製の本体重量が紙の様に非常に軽い。

 

 

 

オカルト系パーツが嫌いな私は、「こんなもので音が良くなわけないだろ?」ってのが正直な第一印象でした。

 

 

 

 

 

初めて手に取った時に、ヘッドホンで聴き比べてみたときは、はっきり言って良くわかりませんでした。

高級なヘッドホンを使用している人ほど、違いがわかるそうですが。

私は空港で買った15ドルくらいのしょぼいヘッドホンだし、普段はヘッドホンを使用しないので、ヘッドホンアンプもあまり使う機会がなく、だれかヘッドホンを常用している人に試してもらおうと思って、そのまま忘れてお店に放置になっていました・・・。

 

 

 

th_IMG_0109

 

 

 

 

 

 

しかし!

iPhone7からヘッドホンジャックがなくなった事で、

自宅でAVアンプの外部入力に使うイヤホンジャックがさせなくなり、

このヘッドホンアンプ、「AQUA」は、アップルの変換アダプタの代わりになるではないか!

これはちょうどいいぞ、ラッキーと、いうことで、

ちょっと聞いていたら、

「何だこれ? なんかスゴく音が良くなってないか?」

同じ環境で毎日聞いているので、すぐにわかった。

全体にダイナミックレンジが広がった感じ。解像度が高くなった感じ。音場が広がる。明らかに音が良くなっている。

何度も何度も差し替えて聴き比べてみた。

これはオカルトではない、ホントに音が良くなっている・・・。

2ランクほど上級のスピーカーシステムに交換した感じである。

違いのわかりにくい私がハッキリわかるので、敏感な方は驚くと思います。

アナログ接続でiPhoneで音楽を聴く方には超オススメです。

 

iPhone用ヘッドホンアンプ、AQUA 

ライトニングコネクタ接続、3.5ミリヘッドホンジャックへ変換

電源不要

価格:19800円(税別)

11/15日現在、在庫はありません。海外製品につき、納期かかります。ご理解頂ける方からのご注文はメールにて。

information@hotwired.co.jp

 

th_IMG_0109

 24bit/192Khz と記載がありますね。

そうそう、AQUAのヘッドホンアンプは、ハイレゾ仕様なのだそうです。

なので、ハイレゾ音源をiPhoneに入れている人だと、さらに良い音で再生する事を可能にしてくれます。

まさに一石二鳥。(^^)

 

本体に、再生/停止ボタン、音量のUP/DOWNのボタンもあります。 

これはイイものを見つけた。(^^)

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

NDロードスター マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換やオーディオのアップグレード方法のまとめ

本日発売の、ROADSTAR BROS の反響もあり、問い合わせが増えていますので、

NDロードスターの、マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換やオーディオのアップグレードについてまとめます。

詳細は他の記事で詳しく書いていますので、参照してください。

 

まずは、フロントスピーカーのアップグレードの方法。

スピーカーの選択肢は2種類。

 

① R62-BOSE-ND   95000円(税別) 102600円(税込)通販可能

マツダ純正BOSE対応の2WAY セパレートスピーカー と インナーバッフルのセット

特徴は、ツイーターが小さいので、ピラーの中にも収まる事。

つまり、DIYでの取付が簡単。

IMG_6050  

 

② C62-BOSE-ND    115000円(税別)124200円(税込)通販可能

マツダ純正BOSE対応の2WAY セパレートスピーカー と インナーバッフルのセット

上級モデル。音質さらに良し!

HOT WIREDで、NDロードスターに取付けるスピーカーは、ほとんど全部これです。

ピラーに埋込ができないDIYの方は、同梱のスタンドを使用してツイーターをダッシュ上に貼付ける事も可能です。

※ピラー埋込加工済のピラーの通販も可能です。(6万円) 

 th_IMG_4148

 

 

③ 一番人気のフロントスピーカーのアップグレード

HOT WIREDにて、C62-BOSE-ND の取付 (工賃4万円)と

両ドアのデッドニング:6万円 (人気のさらに多めに貼るコースはプラス2万円)

ツイーターの埋込加工:6万円 (純正アルカンターラ調の黒スエード仕上げはプラス2万円)

合計金額:275000円(税別)

です。

完全予約制です。

information@hotwired.co.jp

 th_IMG_6854th_IMG_7005

 

※ピラー埋込加工済のピラーの通販も可能です。(6万円) 

制作にお時間をいただく場合があります。

 

 

④ 純正BOSEのサブウーハーのアップグレード

ウーハーユニットを交換、純正BOSEのウーハーボックスのデッドニングとチューニング一式で、108000円(税込)です。

 th_IMG_6255

 

 

⑤ フロアー全体のデッドニング

運転席&助手席、デッドニング材料および工賃一式:216000円 

(サブウーハー交換と同時施行の場合は、172800円)

オーディオのグレードアップのみならず、クルマがとても静かになり、エアコンの効きも良くなり、車両自体のグレードアップにたいへん効果的な人気のメニューです。

th_th_CIMG0241th_th_CIMG0332

 

⑥ シートのヘッドレスト内のスピーカーのアップグレード。

ヘッドレスト内部を加工して、40mmのフルレンジスピーカーに交換します。

実はココも地味にBOSEのノウハウが詰まっている重要な部分で、DVD やライブ音源などを再生する場合に特に効果的です。

MERCURY CAR AUDIO M40: 40mm フルレンジスピーカー(1ペア):54000円(税込)

加工取付工賃:37800円(税込)

合計:91800円(税込)

上記は、一脚の価格ですので、運転席助手席両方ですと、×2になります。

th_IMG_6282 

なお、シート内部ではなく、頭の後ろのルールバーの部分や背中の小物入れのフタに取付ける方法もあります。ご相談ください。

 

 

 

⑦ カーセキュリティー

USA-PRO カーセキュリティーシステム取付/調整一式:162000円

電波の飛距離が圧倒的な、液晶リモコン付きの双方向通信のセキュリティーシステムは、262500円(税込)

 

 

⑧ その他の人気メニューのご紹介。(^^)

・ドアのデッドニングの際に、サイドビームとドアの隙間をコーキングで補強。

・シートの背中部分へのデッドニング。

・トランクリッドの裏面をデッドニング。

・ボンネット裏面への断熱吸音材の施工、デッドニングなど。

・スロコン:48000円(税別)取付込

3割増くらいにアクセルのレスポンスが良くなります。びゅんびゅん走るようになってビックリします。(^_^;)

 

 

通販のご注文は、こちらからお申し込み願います。

information@hotwired.co.jp

送料:1000円(1小口)
代引手数料:600円

お振込口座:
ホットワイヤード
愛知銀行 東郊通支店 普通 737283
※手数料等はご負担願います。

 

※注意

愛好家向けの改造部品である事をご理解の上ご使用願います。

取付けには多少の加工、工作が必要です。

無駄を省く為、梱包材は再利用/最小限にしています。 商品の箱にそのまま送り状を貼って発送する場合があります。2重の梱包が必要な方はその旨をご指定願います。

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

http://www.hotwired.co.jp/blog/

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp/blog/

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

mailto:information@hotwired.co.jp

2015 EMMA JAPAN FAINAL & 2015 EMMA ASIA – JAPAN ROUND

FUJI SPEED WAY で開催された、2015 EMMA JAPAN FINAL & EMMA ASIA JAPAN ROUND.

th_IMG_8103

こちらもややこしいのですが、カーオーディオの音質コンテストの、EMMA の、日本国内だけのコンテストの EMMA JAPAN と、

アジア各国合同で順位を競う、アジア選手権の、EMMA ASIA の JAPAN ROUND が、同時開催されたわけです。
(解りにくいなー・・・)

 

まず、エマってなに? ってのは、こちら とか見てみてください。

EMMA というのは、EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOSIATION の略で、ドイツに本部がある、ヨーロッパ発祥の世界統一規格の、ハイエンドカーオーディオのコンテストです。

簡単に言うと、カーオーディオで、高音質を競うコンテストです。

もっと解りやすく言うと、カーオーディオのグルメコンテストみたいなものです。(笑)

例えば、みんながあてずっぽでやってきた日本人だけのフランス料理コンテストと、ミシュランの5つ星レストランみたいな感じです。

EMMA ASIA にエントリーすると、世界各国から集まった10人ほどのジャッジが、エントリー車両の音質と、インストレーション(取付)を審査します。

音質に関しては、2名のジャッジが、2回審査します。

使用する機材や、メーカー、ブランドの制限もありません!
(パイオニアも三菱もFOCAL も、まず自社の商品を買わないと、参加すらさせません)
ビジネス的にはそれが正しいのでしょうが・・・。

EMMA ASIA は、全く利害関係のない、ベテラン外国人ジャッジが、世界統一規格のルールに則って審査するわけです。

 

つまり、

カーオーディオの音の好みだとか、評論家の主観だとか、日本人ジャッジのレベルだとか、メーカーと参加ショップの大人の事情だとか、いろんな意見がある、日本のカーオーディオと、カーオーディオのコンテストにおける問題点と、

「本当の Hi-Fi サウンドってなに? ハイエンドカーオーディオってどんな音? 高音質ってどんな音になれば正解なの? つまり、良い音ってなに?」

と、言う永遠の議論に、

白黒はっきりさせてもらえる、唯一のサウンドコンテスト

なわけです。

なので、HOT WIREDのデモカーは、国際統一規格のEMMA と IASCA のみにエントリーしています。

th_GOPR6940

昼間なのに、懐中電灯で照らして、細かく審査する、取付審査・・・。

取付の安全性や確実性も重要な審査の対象です。
(カッコ良くついてりゃいいって訳じゃないんです。)th_GOPR6936

 

今回、HOT WIREDから、EMMA ASIA にエントリーしたのは、

BMW 318i が、マスタークラス(金額無制限クラス)

と、その下のクラスにあたる、アドバンスクラスに、できたてほやほやの、シトロエン C4。

HOT WIREDのデモカーのBMWについては、こちら に詳しく書いてますので、是非見てください。

th_GOPR6941 th_GOPR6932

アドバンスクラスにエントリーした、シトロエンC4は、惜しくも入賞できませんでしたが、取り付け審査では、クラフトマンシップも含めて、MAX OUT (満点)をとりました。(^^)

th_GOPR6943 th_IMG_6442 th_IMG_6440  th_IMG_8136  th_IMG_8135

 

マスタークラス(金額無制限クラス)にエントリーの、BMWは、

2013年、2014年と、2年連続優勝していますので、

今年も優勝できれば、3年連続優勝です。(^^)

去年の様子は、こちらこちら、をご覧下さい。

th_GOPR6930

ノルウェーのジャッジにお願いしておいた、COLGATE のハミガキとガム。 
(なぜハミガキを欲しがるのかみんなに不思議がられますが、単純に、「日本では絶対に買えないから」です。)
th_IMG_8104

重要なデモカーのコンテストなのですが、

実は私は、EMMA JAPAN のコンテストのジャッジに任命されていて、自分のクルマはほったらかしになってしまいました・・・。(泣)

EMMA JAPAN のエントラントみなさまのクルマをジャッジさせていただいている間に、自分のクルマは、外国人ジャッジが勝手に審査して、終わっていました・・・。(T_T)
(ボリュームの指定とか、シートの位置とかどこでやってくれたんだろうか・・・?)

th_IMG_8169

 

インストレーション(取付)の審査だけは、英語で説明する必要がある為、その時だけ、呼んでもらえました・・・。(^^)

BMWのインストレーション審査は、ドイツのジャッジ。th_IMG_8178

シトロエンC4の取付審査は、フィリピンのジャッジ。(懐中電灯で奥まで照らして厳しく見る人)

th_IMG_8179

そんなわけで、ジャッジのお仕事をしている間に、自分のクルマの音質審査は勝手に終わってしまっていたわけで、

自分が音質ジャッジとして仕事をして、同時に自分で2台のクルマを国際コンテストにエントリーして、英語の通訳もやるってのは無理だという事が良くわかったわけすが、

 

表彰式で、マイクで呼ばれたので、チャリで急いでステージまで。(^_^;)

th_IMG_8176

 

結果オーライ、という事で。(^^)

th_IMG_8130

th_IMG_8134 

ヨーロッパのEMMA本部から任免されて来日した、ベテラン外国人ジャッジ達による、世界統一基準の厳正な審査の上、

正式に、

3年連続、日本で一番高音質なカーオーディオの認定をいただきました。(^^)

グローバルスタンダードです。
ガラパゴスコンテストで優勝しても意味がないんです!

th_IMG_8168

お客様も、いっぱいもらって。

IMG_8142 IMG_8150

良かったら、こっち も見てください。

th_IMG_8154 

あとは、アジア全体での順位が問題なわけですが、(去年は日本で優勝と言っても、アジア全体では10位でギリギリのベスト10入りだったわけで・・・)

アジア選手権は、すべての国でのコンテストが終わってから、たぶん最後のバンコクで、11月末頃?、現地では超盛大に発表されると思います。

IMG_8170

追伸:

カーオーディオコンテストにエントリーしている車両は、何十万もするヘッドユニットを使用している人が普通です。

BMWはCDがないので、外国人ジャッジが持参したiPodで審査されました。(^_^;)
さすがに、3年連続でヨーロッパのベテランジャッジ達の厳正な審査で優勝しましたので、他の有名カーオーディオショップの社長や業界関係者も試聴させてくれと言ってきました。

みなさんのお話を伺っての、

結論。

パイオニアコンテストを筆頭に、今まで日本人だけで頑張ってやってきたコンテストで良しとされていた音質は、間違っていた。

日本の評論家などが良いとしている音は、間違っていた。

日本のカーオーディオ関係者が良いと教わってきた音がそもそも、間違だった。
間違えじゃないと思いたいなら、
少なくとも、グローバルスタンダードとはまったく違うものだった。
と、言う事でした。

具体的には、特に低域が少なすぎる、音数が少ない、ステージが狭い、
奥行きがない、フォーカスが違う、定位がズレてグニャッとしている、
なぜか聴こえない音をみんな聴こえると言う、音源のスペックや機械の
性能やブランドイメージ、商品の価格、理論にばかりにこだわっているが、
結果が出ていない。
と、言う事でした。

私が気づいたこと。
「良い音」という表現がすでに間違っていて、
最終的に求めるべきものは、「正しい音」だったのです。

 

まぁ、そんな事はモノをたくさん売って金儲けするためにはどーでもいい事なので、99%のショップは興味がない。

ぼくもお金儲けの勉強をしなきゃ・・・(^_^;)

 

ご協力頂きました、みなさま。

ありがとうございました。(^^)

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

TESLA  テスラ 100%電気自動 試乗インプレ

TESLA

ハイブリットではなく、充電した電気だけて走る、100%電気自動です。

IMG_7777

電気自動車って言うと、とってもカッコわるいクルマしか思いつきませんが、

TESLA は、違います。

見た目は、スーパーカーです。

th_IMG_7714

そしてこのジャガーみたいな見た目のくせに、実はアメ車です。(^^)th_IMG_7766

4ドアで、サードシートまでついた、7人乗り。

ボンネットの中もトランク。

実用性も確保されています。

th_IMG_7715th_IMG_7771

このボディーラインがすばらしい。

th_IMG_7717

ドアノブが、電動で、ドアから出てきます。

閉じるとまた格納されて、表面は真っ平らになる仕組みです。

th_IMG_7719

ガソリンを入れる代わりに、充電用のプラグを刺し込む。

200Vの電源があり、充電設置できる環境が前提なので、自宅か勤務先で充電環境がないと,このクルマは買えても、乗れません。

th_IMG_7716 

インパネの巨大なモニターにまずやられます。

これだけでもこのクルマが欲しくなっちゃいます。

th_IMG_7723

普通のボタンやノブみたいなものはほとんどなくて、すべてこの巨大モニターのタッチパネルで操作する感じです。

常時データ通信していて、代金も車両価格に含まれるとの事。

th_IMG_7724th_IMG_2323

HOT WIREDのデモカーのBMWのインパネに埋め込まれた iPad も、TESLA の巨大モニターにはかなわない。(笑)

 

メーターはこんな感じ。

エンジンの回転数とかの表示は必要ないので。

th_IMG_7725

 

乗ってみました。

インプレです。

th_IMG_7750th_IMG_7751

iPadみたいな巨大モニターは、2画面表示なども可能。

見やすさは、ハンパない!

やっぱりモニターは大きい方が良い。

th_IMG_7721   th_IMG_7737

小さい7インチの2DINナビとか、もう絶対イヤだ・・・。

5

でもって、

このTESLA-S は、380馬力だったかな?

めちゃ速い。

そして、エンジンがないので、完全な無音で動く。

個人的にもうるさいマフラーには、うんざりしているので、静かな事は良い事である。

残念ながら、風きり音やタイヤからのノードノイズなどのl「走行音」は以外と普通なので、高速道路では、普通の音である。

デッドニングなどして、もっと静かなクルマにするべきと思いました。

 

th_IMG_7731

 スタートボタンさえないインパネ。

4輪駆動なのに、プロペラシャフトもミッションもないので、床が完全に平らである。

 航続距離も500キロ以上で、普通に使える電気自動車である。

クルマの性能としては申し分ないでしょう。

出先での充電環境等の社会インフラを待つ必要はある。

 

ネガティブな部分はやはり、充電。

そして、カッコいい巨大モニターは良いのだが、すべてを操作系スイッチをタッチパネルにするのは、実際の走行中の操作はやりにくい。

例えば、オーディオのボリュームやエアコンの温度調整などがタッチパネルのものは、実はすごく使いにくい。(ハンドルのスイッチでもできますが)

iPhoneでさえ、触っちゃって違うボタン押しちゃうわけだから、アナログな操作感が必要な部分を切り分けてデザインする必要があると思う。

その点では、BMW の iDrive や、マツダコネクトは、良い。(モニターが今の倍ぐらい大きくなればさらに良い)

WEB環境の激しい変化に、端末を取り替えられない巨大タブレットが何年快適に使用できるかも疑問。 

バッテリーの寿命が決まっているので、長く乗れないのは確実。

修理や車検も未定。

面白そうなクルマを、深く考えずに、スマホやタブレットの様に使い捨てで使う人向けかな?

 

結論として、電気自動車がガソリンにとってかわるのは、まだ当分先でしょう。 

 

 

 

次のHOT WIREDのデモカーは、先日発売された、iPad Pro ? でも付けようかな。th_IMG_2323th_IMG_9008 th_IMG_9000 th_IMG_8999 th_IMG_8998 th_IMG_8396 th_IMG_8385  th_IMG_2326 th_IMG_2325 th_IMG_2324 th_IMG_2328 th_IMG_8937 th_IMG_8074 th_IMG_8088 th_IMG_9083 th_IMG_8855 th_IMG_9018 th_IMG_0482

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************