アテンザ/アクセラ マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換とサブウーハー取付

最近のマツダ車はほとんどの車種で、オプションのBOSEサウンドの設定があります。

日産も多くの車種で純正ボーズサウンドを採用しています。

 

アクセラにオプションのマツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換とサブウーハー取付のご紹介です。

th_IMG_1485th_CIMG6495

 

 functionality_img2_1607.ts.1607140149365930

アクセラのBoseサウンドシステム構成は、

1. 80mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×1)
2. 230mm Nd(TM)ウーファー(フロントドア×2)
3. 130mm ワイドレンジスピーカー(リアドア×2)
4. 60mm 中高音域スピーカー(リアサイドパネル*×2)
5. Bose 8EQチャネル・デジタル・アンプ(運転席下×1)
6. 60mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×2)
7. AUDIOPILOT(TM)2用マイクロフォン(ステアリングコラム下)

 

実は、こちらのお客様はすでに、

フロントスピーカー交換、リアスピーカー交換、センタースピーカー交換、ダッシュボードスピーカー交換は、前回の施工で完了しています。

th_IMG_1472

 

 

 

th_CIMG6493 

  

今回は、サブウーハーの追加で入庫です。

 

アテンザやアクセラのBOSEサウンドは、フロントのドアスピーカーがウーハーを兼ねちゃっているので、サブウーハーの追加は非常に効果的なのです。

BOSEのパワーアンプから信号を取り出して、出力を変換してから、パワードウーハーに入力する必要があるのですが、配線の加工等も必要になる為、かなり難易度が高く、カーオーディオ専門店でもできないと言われる事が多いようです。

 

今回セレクトしたのは、ROCKFORDのパワードウーハー。

プロショップ的には、このくらいの性能がないとオススメできない。

th_CIMG6479

パワードウーハーとは、アンプ内蔵のサブウーハーの事。

小型のウーハーユニットとパワーアンプが一体型になっていて、取付け場所を取らないのがメリットですが、基本的には超初心者向けのアクセサリー商品が多くて、サブウーハーとして、しっかり鳴る物が少ないので、商品を見極める必要があります。

大抵は、ブーブーいってるだけの、オモチャみたいなパワードウーハーが多いですから、要注意なのです。

 th_CIMG4437

こちらの、ROCKFORDのパワードウーハーと、

MERCURYのパワードウーハー(MCR-805)は、

小型ボディーですが、ずっしり重い筐体で、ディープにしっかり鳴るので、この2機種のパワードウーハーはオススメできます。

シート下や、足元などへの取付で、薄型ウーハーが欲しい場合は、MCR-805 がオススメです。

8インチのスクエアウーハー採用で、パワードウーハーとは思えない、タイトかつディープな重低音を鳴らします。

 

 

カーゴスペースにスマートに取付。(^^)

th_CIMG6487 th_CIMG6490

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

2015 名古屋モーターショー Nagoya motor show 2015 JAPAN

 名古屋でも、たまにモーターショーやるんですよねー、

と、思っていたら、どうやら日本のモーターショー自体が、2年に一回しかやらなくなってしまっているようである・・・。

 

一応、行ってきました、2015 名古屋モーターショー。

最終日の閉館1時間前の5時に着いたのに、駐車場が満車でまだクルマが並んでいて入れない、ポートメッセの駐車場、考えた方が良いのではないでしょうか?

 

時間がないので、1号館は行けませんでした。(T_T)

まずは外車の2号館から。

 

ホイールがランボルギーニなみにカッコいい、コルベット。

th_th_CIMG1750

 

ちょっとこれ真剣に欲しくなったヤツ。

ポルシェのGT4。

でも,2シーター・・・(>_<)

th_th_CIMG1767th_th_CIMG1768

ヨーロッパ車の、オシャレなテールライトとヘッドライト。

th_th_CIMG1771 th_th_CIMG1773th_th_CIMG1777 th_th_CIMG1778

 

で、

一応、見てきました、トヨタの新型プリウス

ま、外見は見た事あるし、デザインとしては最近の日本車みんなこんな感じだから、今となってはそんなに違和感はない。

むしろ今となっては普通に見えるから不思議だ。

th_th_CIMG1791

ちょっとビビったのは、インテリア。

写真では、伝わらないですが、内装のチープさがハンパない・・・。

メーターとナビ画面の悲しくなるほどのチープさが全体のダサさをさらに引き立ている・・・。

th_th_CIMG1785

たぶんちょっと上のグレードで白い部分がレザー仕様だが、それでもこのプラスチックの質感のチープさとデザインは、ホームセンターの家電レベルのセンスである・・・。

th_th_CIMG1790

スマホ用の、無接点充電器らしきものがある。(USB端子の方がいいでしょ)

th_th_CIMG1786

 

エコカーは家電です。

実物見ないで注文しちゃった人は、来月から納車されるようですが。

 

 

プリウスと軽自動車を見たあとだと、このあたりのクルマのインテリアがとてつもなくステキに見える。

th_th_CIMG1758 th_th_CIMG1945th_th_CIMG1812th_th_CIMG1875th_th_CIMG1780 

 

で、

もうひとつ印象的だったのは、マツダのブース。

フェラーリのブースかと思うほど、全部赤いクルマが並べてあります。(^^)

th_th_CIMG1857

こちら、ホットワイヤードには、今日も入庫している、NDロードスター。

th_th_CIMG1854

このカッコいい、マツダの赤色はオプションで追加料金になるようです。

th_th_CIMG1856

子供っぽく無くて、これなら大人の男でも乗れる、不思議な、いい色の赤です。

th_th_CIMG1855

そして、デミオ以外の全車に装着されていた、マツダ純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1849

アクセラも、CX-3も、CX-5も、マツダ純正BOSEサウンドシステム装着。

th_th_CIMG1869

ホットワイヤードは、マツダ純正BOSEのスピーカー交換が大得意なのです。

純正BOSEサウンドシステムは、スピーカーを交換して、アップグレードしてくださいね!(^^)

th_th_CIMG1870

今のマツダ車のデザインと質感は非常に良いですと評判良いですね。(BMWっぽい)

内装もシンプルかつスポーティーでカッコいい。
売れているのも納得。

ドアのパーツをボディー同色にペイントしたり、カーボン調のスイッチパネルや、黒レザーにに赤いスティッチを入れたりしていますが、これらのドアの内装パネルは、別々のパーツになっていて、レザー仕上げ等のあと、それぞれのパーツをネジで固定してあります。両側で50本くらいネジがあります。
(バラして裏を見ないとわからない事なのですが)

つまり、コストダウンを追求して、ネジなんて一本もないのが普通になっている現代の日本車としては、とてもコストのかかる凝ったデザインを、手間をかけてがんばって作っていると思われます。

th_th_CIMG1873  

 

純正オーディオで気になったのは、この辺りのクルマ。

純正オーディオの音が悪い事で有名なBMWですが、

最上級モデルの7シリーズのオプションのブランドのスピーカーでさえ、

スゴくカッコいいドアですが、スピーカーは10センチくらいしかない。

th_th_CIMG1816

うーん、残念な音の予感のする スゴく立派なグリルだ・・・。

th_th_CIMG1815

スピーカーを光らせて、グリルから透けて見える演出がついている。

th_th_CIMG1817

リアスピーカーも極小。8センチくらいしかない。

th_th_CIMG1810

ツイーターも光って透けて見えるのだ。

th_th_CIMG1818 

新型のBMW 7シリーズ。

話題のBMWの新機能,「リモートコントロールパーキング」。

キーレスのリモコンで、自動操縦で駐車場から出てきたり、自動運転で車庫入れしてくれる機能は、日本仕様ではオフにされているようです。(T_T)

期待していたのに、残念すぎる・・・。

th_th_CIMG1820

BMWの純正ナビとテレビの走行中の視聴を可能にする、CODING はHOT WIREDにお問い合わせください。

BMW/BENZ ナビキャンセラー/テレビキャンセラーのコーディング

BMW DVD IN MOTION

th_th_CIMG1814

CODINGで、この、リモートコントロールパーキング(REMOTE CONTROL PARKING)機能をONにしましょう。(^^)

YouTube Preview Image

 

 

 

同じく、小さいスピーカーでビックリしたのは、メルセデスベンツ。

 

なんだ、このエアコンの吹き出し口より小さいスピーカーは!

th_th_CIMG1896 

ドリンクホルダーはいらないからもう少し大きいスピーカーが欲しい。

th_th_CIMG1892

ベンツの最新モデルの純正ナビは、NTG5.0

もちろん走り出すとナビの操作もできません。DVDも見れません。テレビも見れません。

走行中のナビの操作とテレビの視聴を可能にする CODING は、HOT WIREDまでご相談ください。

BENZ DVD IN MOTION

th_th_CIMG1894

 

1000万を超える、AMGでも、スピーカーはこの通り、

極小スピーカーに、金属製のかっこいいグリル。

th_th_CIMG1829 

ベンツ純正のブルメスターのスピーカー交換、音質向上もホットワイヤードにご相談ください。

th_th_CIMG1830  

レガシーB4に付いていた、スバル純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1945

NISMOのZについていた、日産純正BOSEサウンドシステム。

th_th_CIMG1972 

純正BOSE のスピーカー交換は、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^)

 

th_th_CIMG1921

 

時間がなくて、コンパニオンやキャンギャルを撮影している暇がありませんでした。m(__)m

2015 名古屋モーターショーの画像は、ホットワイヤードのFACDBOOK ページにアップしてありますので、是非見てみてください。

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

ヘッドライトカスタム/LEDテールカスタム

ヘッドライトカスタムで入庫の、日産キューブ。

ユーロヘッドやユーロテール。

キューブでは、US仕様にする、USヘッドやテールに換える、USDM も定番ですが、

ホットワイヤードでは、オリジナルでヘッドライトやテールランプのカスタムも可能です。

プロジェクターを入れたり、イカリングを付けたりするのはもう当たり前!

さらに上を行く、センスの良いヘッドライトカスタムをご希望の方は、HOT WIREDまでご相談下さい!

 th_IMG_7351th_IMG_7355th_IMG_7353th_IMG_7352 th_IMG_7354

お電話での打ち合わせや、価格の提示はできません。

お電話ではわかりませんので、電話で価格を問い合わせて来ないでください。

リスクの高いカスタムの為、ご来店の上、お打ち合わせできる方のみをヘッドライトカスタムの対象とさせていただきます。
ご来店日時をご予約の上、ご来店願います。
無料の代車もご用意しております。
 
 
 
 
 
ヘッドライトカスタムの例:
DSCF0883 DSCF1356 DSCF2495 DSCF3333 DSCF3458 DSCF3837 DSCF3960 DSCF9409 DSCF9593 DSCF0392 P1000507 P1000644 P1000661 20130913_220134 20130918_104949 20130920_190105 20131101_125543 20131113_164122 DSCF1054 DSCF1573 DSCF1620 DSCF1621 DSCF1632 DSCF1635 P1010851 20140919_181803 20150315_133424 20150619_233716 20150808_204616 20150625_150338 20150808_204642 20150808_205231 p1 p11

フロントドアのデッドニング STP GOLD R34 GTR

 

 

フロントドアのデッドニングで入庫の,日産GTR R34th_IMG_8909 th_IMG_8904

今時こんなキレイなR34 GTR、ひさしぶりに見ました。

やっぱカッコいい。

th_IMG_8906th_IMG_8905

最近HOT WIREDで,非常に増えている,ドアのデッドニングのみのご依頼。

名古屋ナンバー以外のお客様が非常に増えていて,今回は群馬ナンバー。

 

ホットワイヤードでは,平均的なデッドニングコースの6万円コースです。

ロシアのブランド,STPのGOLDを使用します。

GOLDはSILVERより分厚くて,制振力の強いタイプです。th_P1160789 

スピーカーは既に交換されていますね。

まずは純正のビニールやブチルゴム,汚れを落として,デッドニングの為の下準備をします。

th_P1160790

 

GTRはドアが長いので結構大変な作業です。

th_P1160796

そして次は外板(ボディー側の鉄板)のデッドニングをします。th_P1160797 th_P1160798 th_P1160805

内側の鉄板は,サービスホールを埋めることと,鉄板に密着させるように丁寧にローラーをかけるのが基本です。

よく,サービスホールだけを埋めてある写真を見かけますが,ホットワイヤードでは,鉄板全面に貼って制振しないとデッドニングの効果が低いと考えています。

th_P1160842 th_P1160845

 

実際には,写真に映っていない部分にも独自のノウハウがあります。(^^)

デッドニングにも色々とノウハウやコツがあって,ただ制振シートを貼るだけでは良い結果は得られません。

効果的に共振を押さえたり,ドアの強度を上げる為の工夫が必要です。

複数の異なる材質の材料を場所によって使い分ける場合もあります。

デッドニングは,基本的にはドアスピーカーの音を良くする為の施工ですが,同時にクルマ自体が静かになり,エアコンの効きが良くなり,ドアを閉める時の音も高級車になります。

 

カーオーディオの音良くする為のデッドニングは、お気軽に HOT WIRED にご相談ください。

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

BUELL XB12S ビューエル エンジンオイル/ミッションオイル/オイルエレメント の交換

BUELL XB12S

ビューエルのオイル交換。

 

最近はめっきり出番の無い,ビューエル。

今週末急遽キャンプツーリングに行く事になったので,急いで準備しました。

記録を見てみると,去年の10月のキャンプツーリング前にオイル交換をしたきり、オイル交換をしていない・・・。

もう既に8ヶ月・・・。

基本的に,エンジンオイルは6ヶ月を目安に交換するべきとされています。または,3000キロくらい。

仮にまったく乗らなかったとしても、新品のオイルは、開けた瞬間から酸化が始まり,時間とともに劣化して行きます。

その為,性能を維持できる時間が約6ヶ月と言われています。

(6ヶ月以上オイル交換していないそこのあなた! オイルはエンジンをいたわる唯一の手段なのですよ!)

 

とは言え,前回のオイル交換から,3回しか乗ってないんですよ・・・。

うち一回は先月天気の良い日にちょっと市内を走っただけ・・・。

ディップスティックでオイルを見てみると,量はもちろんOKだし,まだ新品300Vの黄緑色のまま・・・。

 

そこで,キャンプツーリングの師匠に電話。

「わかってますけど,まだキレイだし,3回しか乗ってないから,エンジンオイル換えなくてもいいですか?」

師匠:「8ヶ月でしょ? 一回はロングツーリングで,2回目は鈴鹿サーキットでしょ?」

私:「はい・・・。」

師匠:「オイルってのはな・・・(以下省略)、エンジン壊れてもええなら,ええよ。(三重弁)」

私:「いやです。 今から急いでオイル交換します・・・(T_T)」

 

と,言うわけで,急いでオイル交換をしました。(^_^;)

 

オイルフィルターを交換する為には,アンダーカウルを外す必要があります。

アンダーカウルは,トルクスの27番のネジでとまっています。

th_P1140242

 

BUELLの特許のひとつでもある,UNDER SLUGGING EXHAUST(だったかな? 要するに,腹の下についているマフラーと言う意味)が見えます。 

マスの集中化(重いものをできるだけ一カ所に,できるだけ低い位置に集めること)に貢献すると考えられて設計されている,ビューエルのアイデンティティーのひとつ。

ちなみに,この特許はビューエルさんがハーレーと決別した時に,ハーレーに取られたままだそうです。(T_T)

装着されているのは,BUELL純正のレースマフラー。 
販売中止になったのが、2007年頃,メーカーが倒産したのが2010年。
現在は非常に入手困難。 
さすがはメーカー純正品,音も性能も最高。 
ってゆーか,これ以外の社外マフラーはどれも性能最悪、その上壊れる。(笑)
th_P1140245

で,そのマフラーの上にオイルフィルターがついています。
K&Nのフィルターは頭にスパナがかけられるようになっていて非常に便利なのですが,HARLEY純正のオイルフィルター同様、とても高いので,僕は勝手にTOYOTA用(しかも安い互換品)で,だいたい同じサイズのフィルターを使用しています。(笑)

カートリッジのオイルフィルターは、大きさがほぼ同じなら、パッキンの取り付け位置はほぼ同じで、後は長さは色々と有るのと、ネジのピッチの種類は二種類だけだそうです。 なので、ネジのピッチさえ気を付ければ、使用できるのがほとんどだそうです。(ほんとかどうかは知りません)

TOYOTA純正品番です。
90915-10001もしくは90915-10003。
ビッツ用 V9111-0101

ダイハツの16510-61A01。 

あと、日産の15208-53J00やスズキの90915-1001等も使用できるそうです。

マネして壊れたとか言わないでくださいね・・・。

th_P1140244

オイルのドレンボルトは,3/8インチサイズ。
ドレンボルトのマグネットには,いつもの通り,なぜか鉄粉がいっぱい付着。

こちらも,BUELLの特許になっている,スイングアームの中が空洞になっていて,そこがオイルタンクになっていると言う,わざわざ特許をとらなくてもたぶん誰もマネしないであろう,変態な設計。

うわー、まだキレイだよ,もったいない。(T_T)
th_P1140248

いつもと同じ,MOTULの300V 15W-50 を投入。 
もちろん正規輸入品。(安売りネット通販は大抵ニセモノなのでこだわる人は注意。)
th_P1140247

ダブルエステル。 このきれいな黄緑色がたまりません。(^^)

量は約2.4リッター。

なのでいつも3リッター買って,中途半端に余ってしまう,もったいない設計・・・。
HARLEY の V-TWIN 用のこんな固いオイルは,他のどのバイクにも使えないし・・・。
th_P1140252

続いてミッションオイルも交換します。
ハーレーのエンジンは,エンジンオイルと,ミッションオイルが別々に必要なめんどくさい,ローテク設計。
ミッションオイルのドレンボルトも3/8インチ。
ドレンボルトのマグネットには,いつもの通り,鉄粉がいっぱい付着。
th_P1140251

ミッションオイルは,抜く為のドレンボルトはありますが,オイルを入れる為の穴も,ディップスティックも無いので,ミッションケースの横の黒いふた(ネジ3本でとまっている丸いヤツ)を外して,そこから無理やり入れます。
量を計る手段は無いので,見た目で判断します。(^_^;)

油面が,ギアの下ギリギリになるくらいまで入れるらしい。
量にして約1.6リッター。

th_IMG_0118

サーキット走行の為に外した,自作のリアキャリアと,ビューエル純正のパニアケースを装着。
これが無いと,車載工具すら積めないBUELL。 車検証を折り畳んで突っ込むのがやっと。
th_P1140254

こちらもまだ3回くらいしか使っていない,ARAIのRX-7。
まったく同じヘルメットを買い替えたので,せめて違う色にしようと思ってガンメタを選んだのですが,やっぱりアルミナシルバーの方がカッコいいな・・・(T_T)
ARAIのステッカーを剥がしたら,急にかっこ良く見えるのは気のせいですか?

th_IMG_0125

オーダーメイドのARAIステッカー(威張りすぎのオリジナルよりふた回りほど小さくしてみました。)と,後ろにHOT WIREDステッカーを貼って,完成。(^^)
ステッカーは反射素材で作ってあるので,安全性も増してグッド!

th_IMG_0138 th_IMG_0141

とりあえず,キャンプグッズをダッフルバッグにぶち込んで,キャリアに載せて。

着替えも積まなきゃだし,ガソリンも入れなきゃだし・・・。th_IMG_0148

明日6時起きだから早く帰って寝たいよー!

では,みなさまも良い週末を!

 

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************