EMMA AISA JAPAN FINAL 2019 /国際ハイエンドカーオーディオコンテスト2019

EMMA (EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOCIATION)

ヨーロッパ発祥の世界基準のハイエンドカーオーディオコンテスト、「EMMA」。

そして今回は、アジア10カ国が参加して、アジア全体での順位を競う、「EMMA ASIA 2019」の日本ラウンドということで、

国際ルールに基づいて、EMMA審査用の音源を使用して、本部から派遣された外国人ジャッジが10カ国を回って厳正な審査をします。

日本国内で開催される唯一の正式な世界基準のカーオーディオコンテストです。

現在最もハイエンドで、正確かつハードルの高いカーオーディオのコンテストです。

エントリーのカテゴリーは、機材の金額やインストールの難易度により分けられていて、ルールブックに基づいて同じジャッジが各国の同一カテゴリーを審査しますので、正しく比較ができるというわけなのです。

アジア10カ国を回って、各カテゴリー別に、アジア全体での最も高音質かつ高品質なカーオーディオカーを選出するのです。

 

来日された、5人の外国人ジャッジ。

審査は、音質審査と取付審査があります。

取付審査は、安全性や完全性を重要視し、インストールの難易度やクラフトマンシップも審査項目となります。

音質審査も取付審査も、国際基準のルールブックに基づいて審査、加点/減点されます。

審査員個人の主観や好き嫌いが入る余地がありません。

Sクラス以上のカテゴリーの音質審査は、2名のジャッジにより、2回の音質審査をするという念の入れようです。

th_CIMG9547

EMMA AISA 2019 へのHOT WIREDからのエントリーは、4台です。

 

th_CIMG9572 th_CIMG9575 CIMG9565 CIMG9570EMMA ASIA JAPAN 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝EMMA ASIA JAPAN 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝

 

ACG FINAL 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝

 

HOT WIREDからのEMMA AISA JAPAN 2019へのエントリー車両およびカテゴリーは以下の通り。

ENTRYクラス(3000EURO以下):CRV

SKILLクラス(4000EURO以下):CITROEN C4

MASTERクラス(5000EURO以下):PRIUS PHV

MASTERクラス(金額無制限):CITROEN DS5

 

コンペ仕様に作ったわけではないストリート仕様ですので、インストール審査では、国際基準のルールに基づく厳しいダメ出しと容赦ない減点に、心が折れそうになります。(T_T)

CIMG9597

 

長い1日が終わり、結果発表。

アジア全体での順位はまだわかりませんが、とりあえず日本国内での順位は発表されした。

EMMA ASIA JAPAN 2019 MASTER CLASS EUR5000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝ACG 2019 モーターサイクル  HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 SKILL CLASS EUR4000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝EMMA ASIA JAPAN 2019 ENTRY CLASS EUR3000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝EMMA ASIA JAPAN 2019 HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 MASTER CLASS EUR5000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 CIMG9644EMMA ASIA JAPAN 2019 MASTER CLASS EUR5000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝ACG 2019 モーターサイクル  HOT WIRED ホットワイヤード 優勝EMMA ASIA JAPAN 2019 マスタークラス 無制限  CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 MASTER CLASS UNLIMITED CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 MASTER CLASS EUR5000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 EMMA ASIA JAPAN 2019 マスタークラス 無制限  CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝 ACG 2019 モーターサイクル  HOT WIRED ホットワイヤード 優勝EMMA ASIA JAPAN 2019 ENTRY CLASS EUR3000 CHAMPION HOT WIRED ホットワイヤード 優勝ACG EMMA ASIA JAPAN 2019 モーターサイクル Sクラス  HOT WIRED ホットワイヤード 優勝

なんと、

私のクルマ以外の、お客様全員が優勝」

という(笑)、素晴らしいリザルトにまた少し心が折れそうになりながらも、EMMAにエントリーしていただいたお客様も、バンコクから応援に駆けつけてくれた、マーキュリーカーオーディオの社長(EMMA EURO FINAL 2017で優勝した世界チャンピオン)も喜んでいただけましたので、良かったです。v(^^)v

 

エントリーいただきましたお客様、ご協力いただきました関係者の皆様、

お力添えいただきありがとうございました!

また来年のカーオーディオコンテストの一緒に楽しみましょう!

THANK YOU ALL FOR YOUR SUPPORT!!!

EMMA ASIA JAPAN 2019 RESULT

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2618864574823267

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化の方法のご紹介です。

賛否両論ある日産純正BOSEサウンドシステムですが、ホットワイヤードでは、純正BOSEを生かした上で、スピーカーを交換することでの劇的な音質向上の方法を紹介しています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋th_ZFfGqIhiTI6mX5R%lQF2Kg_thumb_70126

メーカーオプションのプレミアムカーオーディオを推奨するカーオーディオ専門店なんて聞いたこないのですが、(^_^;)

車種別専用設計のメーカー純正BOSEサウンドシステムのパワーアンプ/プロセッサーは、実はとても良い仕事しているのですよ。(^^)

しかし、残念な音質の、

純正BOSEの曇った高音ともっさりした低音の原因は、量産モデルのジョボいスピーカーユニットが原因なのです。

ところが、

純正BOSE付き車両は一般的にはスピーカー交換ができないと言われています。

仮に適当な社外の汎用スピーカーをなんとかつけたとしても、ダウングレードになってしまい、音質が低下してしまいます。

昔ながらの手法で、とりあえずフロントスピーカーだけ交換とか、リアスピーカーは必要ないとか、昭和な考えでは音質向上は望めません。

 

純正BOSEサウンドにはいくつかの特殊な構造/仕組みがあります。

①サイズが特殊で、社外品で適合するものがない。

②インピーダンスの問題で、一般的な汎用スピーカーを取り付けるとアンプ破損の恐れがある。

③BOSE本体が、車種別に特殊な位相の制御をしている。

④各スピーカーが別々の周波数帯域を再生しており、汎用スピーカーでは対応できない。

などの上記の理由に加えて、

純正BOSEサウンドのスピーカー交換ができないと言われる理由は、加工取付が物理的に困難というだけではなく、がんばって汎用のセパレートスピーカーを無理やりつけても音質向上にならないからなのです。

 

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では、BOSEサウンドシステムの特殊な制御を解析/理解した上で、BOSE対応のMercury Car Audioのスピーカーを取り付ける手法で、多くの純正BOSEサウンドのスピーカー交換を手がけており、オーナー様にはご好評をいただいております。

 

今回は、2019年式 R35 GTRの日産純正BOSEサウンドシステムを例に、少し詳しく説明したいと思います。

R35 GTR 純正BOSEサウンドは、全部で12個のスピーカーがセットで一つのサウンドシステムを構成しています。

昔のカーオーディオのように、ただ単にスピーカーをたくさんつけているだけではなく、それぞれのスピーカーが違う帯域の周波数を再生するマルチシステムになっており、全部で一つのシステムとして成り立っています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換R35 GTRから出てきた純正BOSEスピーカー。

 

純正BOSEのツイーター。

とても小さくて、曇った高音の原因の一つである。
th_CIMG7869th_CIMG7870

中高音を担う重要な役目を持っている、センタースピーカー とスコーカー、サラウンドスピーカーは、Mercury Car Audioの2インチワイドレンジスピーカー、M40sにアップグレードします。

w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIRED w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIREDオリジナル インナーバッフル

th_CIMG7866th_CIMG7868th_CIMG7865th_CIMG7862th_CIMG7864

ドアのミッドベースも、、紙のコーンに樹脂のフレームと小さなマグネットのドアスピーカーは手に取ってみてみると、その軽さに驚かされる。

Mercury Car Audio の C62でアップグレードします。

マグネットの大きさがお分かりいただけるだろうか?

th_CIMG7857th_CIMG7861th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701d6th_CIMG7860

 

GTRの純正BOSEのサブブウーハーはなんと、8インチを2台搭載。
ウーハー専用に別体でパワーアンプも搭載しており、トランクをウーハーボックスとして利用する専用設計で、BOSE得意の豊かな重低音を再生する。

ここまで贅沢な純正オーディオシステムを利用しない手はありません。

しかし、

スピード感がなく、もっさりとしたBOSE独特のうっとうしい低音の原因でもあり、その辺も含めて音質向上を狙ってアップグレード&チューニングを施します。

 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e2th_CIMG7856

社外品ではあり得ない極薄サブウーハーは、アップグレードが困難であるが、HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、

ROCKFORD FOSGATE の、P3 SHALLOW  デュアルボイスコイル の8インチサブウーハーにアップグレードします。

BOSEサウンドシステムは、サブウーハーの位相の制御が独特で、これもよくわかってない方が普通に付けるだけだとあまり鳴らなくなってしまうのです。(鳴るけどショボいという状態になる)

しかし、

BOSEの位相の制御とインピーダンスを正しく理解してインストールすると、、摩訶不思議、楽曲によっては少し絞りたくなるくらい量感たっぷりの重低音を鳴らしてくれます。

ロックフォードのP3はデュアルボイスコイルなので、配線はさらにややこしいことになりますが、タイトでスピード感のあるディープな重低音がガッツリ鳴るようになりました。(^^)

th_CIMG7855

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e3

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703f7

純正のウーハーボックスを活用して、テッドニング等のチューニングを施し、HOT WIREDオリジナルのバッフルを加工取付の上、ギリギリのクリアランスを確保します。

th_7B+bjGVOT%ecmcyC1oD0Rw_thumb_7023ath_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_70412th_CIMG8007th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702f7

 

オーナー様とご相談の上、ウーハーボックス取り付け面のアルミのリアボード全面、リアフロアー、サイド部等の金属部部を中心にデッドニングを圧着した後に、さらに吸音材等を施工して、サブウーハーの音質向上とともに、ロードノイズの軽減/車内環境の静音化を実現を目指しました。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702b5th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a0
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a6 th_A7M66RQDR4WQPg9vgjcQFQ_thumb_703b4

R35 GTR のドアスピーカーの取り付けと、デッドニング。

th_VxsNs1TvSgi9FlX71OfNGQ_thumb_70176R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bath_CIMG8108

R35 GTR ドアスピーカーの取り付け。

HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、Mercury Car Audio C62を取付。

R35 GTR 純正BOSE ドアスピーカー交換 ツイーター交換 デッドニング HOT WIRED 名古屋th_i8yPqcrBToiWrzRsR24w+g_thumb_70451

 

R35 GTRのスコーカー取り付け。

3wayマルチスピーカーシステムで、最も重要なスコーカーのアップグレードです。

HOT WIREDオリジナルのR35専用インナーバッフルを使用して、

Mercury Car Audio M40、ワイドレンジスピーカーにアップグレードします。

純正グリルの奥に金色のスピーカーが透けて見ています。

R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋 R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bfR35 GTR スコーカー交換

 

 

R35 GTR ツイーターの埋込加工取付/ツイーターポッド製作。

こだわりの純正位置/純正風仕上げ。

BOSEのツイーターよりもはるかに大きいC62のツイーターをどうやって埋め込むか?

これほどサイズの違うツイーターが純正位置に違和感なく取付することが可能なのか?

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

純正ツイーターの三角パネルを改造して、ツイーターポッドを製作しました。

純正風シボ仕上げです。

違和感なくとても美しく出来上がりました。(^^)

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c8th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c9

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

 R35 GTR の純正BOSEサウンドの音質向上/スピーカー交換は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまだご相談ください。 

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

 

 

 

<!–

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #1d1d1d; min-height: 15.0px}

p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d}

p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #dca10d}

p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d; min-height: 18.0px}

p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #1d1d1d}

p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #1d1d1d}

p.p7 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #dca10d}

span.s1 {color: #1d1d1d}

span.s2 {font: 13.0px ‘Helvetica Neue’}

span.s3 {font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’}

span.s4 {font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’}

–>

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

MacBookPro 13インチ mid 2012 SSD交換+メモリー増設+AUDISON BITPLAY HDのSSD交換

MacBookPro 13インチ mid 2012 SSD交換+メモリー増設の方法

お客様からお預かりの、AUDISON bit play HD の内蔵SSDをアップグレードして、500GBのSAMSUNGに交換していたら、ついでにMacBookProの内蔵HDDもSSDに交換したくなった。(;^_^

audison bit play hd ssd交換 ファームウエア アップデート

 

もう7年も前のMacBookProだが、海外出張では必ず連れて行くし、GoProの4K動画や、HOT WIRED CHANNELの動画編集、BootCampでwindows10をインストールして、BitOneHDやHelix DSP PROなどのサウンドチューニング用ソフトウエアをインストールして、プロセッサーの音調整にも使用している。

HOT WIREDのMacBookPro 13インチ mid 2012 は、2013年当時、MAC BOOK PROがRETINAディスプレイに切り替わるタイミングで、DVDドライブが廃止され、各種ポートもいろいろ廃止されて、慌てて最後のDVDドライブ内蔵の全部入りモデルを購入したもの。

内蔵HDDはMAXの1TB+メモリーもMAXの16GBを搭載したRETINAじゃないモデル。

ずっしりとても重いMACBOOKである・・・。

今となっては、4K動画の編集でアプリが落ちることもあるし、速度アップのために、SSD換装とメモリの増設をやってみることにした。 

mac book pro ssd メモリー交換

アップルの公式情報では、メモリはMAX8GBだが、どうやら16GBも認識するようなので、挑戦してみることにした。

お客様からの情報で、ダーティー速度に定評のある、SAMSUNGのSSD 1TBを奮発。

HDDより軽いので、少しは軽量化にもなる。

mac book pro ssd交換

mac book pro ssd交換 メモリー交換

 

極小のネジにあるドライバを探してきて、裏蓋を開腹。th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fed1 mac book pro ssd交換 メモリー交換

mac book pro ssd交換 メモリー交換  mac book pro 分解 ssd交換 メモリー交換 mac book pro メモリー交換

mac book pro SSD交換 SAMSUNG 500GB EVO

 

タイムマシンのバックアップから復元には相当時間がかかるので、今日は放置して帰ります。(^^)

早くなったかどうかのインプレは後日。

MAC タイムマシンから復元 MACBOOKPRO iMac

 

 

MAC BOOK PROから外した純正メモリの4GB×2は、古い方のiMac 27インチの空いてるスロットにぶち込んで、無事24GBになりました。(^^)
IMAC 27 ssd交換 メモリー交換 IMAC 27 ssd交換 メモリー交換

audison bit play hd ssd交換 ファームウエア アップデート

 

MACBOOKやiMacのSSDの交換は仕事ではありませんが、AUDISON BITPLAY HDのSSD交換やファームウェアのアップデートはお仕事で承っております。(^^)

AUDISON BITPLAY HDは、DAP同様にハイレゾプレーヤーなので、重いハイレゾデータの転送速度が音質や操作性に影響します。

内蔵のSSDをより大容量、ハイスペックなSSDに交換することで、転送速度の向上、レスポンスの向上が期待できます。

BITPLAY HDは、USB入力端子を2個装備していますので、外付けHDDやUSBスティックをUSB入力に接続して使う方法もありますが、BITPLAYのUSBポートは2.0ですので、あくまでも内蔵SSDにデータを取り込むための転送速度の遅いUSBポートです。

せっかくBITPLAY HDを所有していながら、遅いUSBポートに外部記憶装置を常時接続して重いハイレゾ音源を引っ張っりながら再生するなんて使い方はとてもナンセンスです。(>_<)

高速な内蔵SSDを使う方が良いです。

 

BIT PLAY HDを分解してSSDを交換したり、ファームウエアをアップデートしたりする作業は、リスクがありますので自己責任でやってください。

audison bit play hd ssd交換 ファームウエア アップデートaudison bit play hd ssd交換 ファームウエア アップデートaudison bit play hd ssd交換 ファームウエア アップデート

 

 

More photos on facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

2019年 最初のカーオーディオマガジンの表紙は、HOT WIRED製作のシトロエン C4 です!

2019年 最初のカーオーディオマガジンの表紙は、HOT WIRED製作のシトロエン C4 です!

全国の書店で発売中!

 IMG_0808CAR AUDIO MAGAZINE, HOT WIRED

 

こちらのシトロエンC4は、ヨーロッパ発祥のハイエンドカーオーディオコンテスト、EMMA JAPAN FINAL 2018の優勝車両なのです。

世界統一規格の音質系コンテストの優勝車両です。

 

このシトロエンC4は、HOT WIRED得意の、純正デッキ/純正ナビのままのハイエンドカーオーディオを実現した車両になります。

純正CDプレーヤーのまま、iPhoneをソースユニットにして、ALPINE H800 のDSPで制御するオーディオシステムです。

カーオーディオインストーラーとしては、純正デッキのままでも、iPhoneでも、コンテストで優勝できるレベルの音質を実現できる事を証明するチャレンジでもあります。

th_IMG_5727 - バージョン 2

 

とは言え、何でも純正品で事足りる訳はなく、Hi-Fiカーオーディオの高音質を実現するためのスピーカー&アンプ、そして取付の確実性と完成度にはコンテストレベルのハイエンドなクオリティーを必要とする訳です。

そして、サウンドチューニングですべてが決まります。

EMMA JAPAN 2018 CHAMPION MERCURYEMMA JAPAN 2018 SKILL 1ST PLACE MERCURY HOT WIREDth_IMG_6381HOT WIRED製作シトロエンC4

 

 

 

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の詳細については、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=5860

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の画像は、こちら!

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1108524772523929

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1108529229190150

 

HOT WIRED製作のCITROEN C4の動画は、こちら!

https://youtu.be/PQERIIuvXb4

https://youtu.be/NrpzgOL6LsQ

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

EMMA JAPAN FINAL 2018/ACG FINAL 2018 in お台場 サウンドコンテストのリザルト

2018年11月25日、お台場にて、EMMA JAPAN FINAL 2018が開催されました。

日本では唯一の、国際標準の世界共通ルールで審査する、ハイエンドカーオーディオのコンテストです。

余談ですが、バイク用のプロテクターやヘルメットもCE規格というヨーロッパの規格が最も信頼できる世界基準の安全規格として認知されています。(日本のSG規格じゃ死にますよ(笑))
バイクや自動車などの工業製品の安全基準や自動車の排ガス/環境基準も、ヨーロッパの規格がもっとも厳格かつハイスペックな性能を要求する規格として事実上の世界標準になっていて、日本はヨーロッパからそれらの規格を押し付けられる形で渋々基準を上げている感じですね。日本製のバイクは、ヨーロッパの規格をパスできないために2016-2018年で生産中止になった人気車種がたくさんあります。

th_CIMG4263 th_CIMG4295 th_CIMG4279 th_CIMG4277 th_CIMG4276 th_CIMG4271 th_CIMG4266

 

EMMAのカテゴリーは、エントリー、スキル、マスター、エキスパートの4クラス。

ホットワイヤードのお客様からは、2台がエントリーしていただきました。

SKILLの金額無制限クラスに、シトロエン C4 と、MASTERの金額無制限クラスに、プリウスPHV。

th_46998715_271472786887755_6686056451032481792_n th_46987310_271474086887625_475232784068116480_n th_46892959_271473040221063_7097257753822887936_n th_46826219_271473963554304_84745155063578624_n th_46796574_271474000220967_8546829320964800512_n th_46764485_271473853554315_756670763930484736_n th_CIMG4349 th_CIMG4347 th_CIMG4345

ずらりと並んだトロフィー。(^^)

th_CIMG4288 th_CIMG4265

 

 

  

 

すっ飛ばしていきなり結果発表。

シトロエン C4 が優勝しました。(^^)

先週やっと音が出た、できたてほやほやのプリウスは、惜しくも2位でした。(^^)
th_CIMG4363th_CIMG4348 th_CIMG4361 th_CIMG4362

EMMA JAPAN 2018, SKILL CLASS 優勝トロフィーを手に、夕日のお台場、フジテレビをバックに黄昏れるオーナー様。(^^)

th_CIMG4367 th_CIMG4372 th_CIMG4370 th_CIMG4369 th_CIMG4368 th_CIMG4346

 

 

実はこのシトロエンは、純正CDデッキ+iPhoneをソースユニットにしています。

ホットワイヤードが得意の、純正ナビ+DSPで高音質を実現するカーオーディオです。

しかもiPhone5SE とか言う古いiPhoneに、EMMAのコンテスト用CD音源を入れて、金額無制限クラスの高級カーオーディオ搭載車両に挑みました。(^^)

正しく調整されたDSPは、正しいイメージングや定位、正しいスペクトラムバランス、音の正確性をハイレベルに再生する事が出来き、結果的に高音質なカーオーディオを実現できる事を見事に証明した形になりました。

高級機器を取り付けるだけでは正しい音は出てこないのです。

シトロエン純正CDプレーヤー+iPhone

 

「良い音のカーオーディオ」 の定義は、「正しく再生できるカーオーディオ」なのです。

高級オーディオ機器そのものの音質を競っているのではなく、また、誰か特定の人物の好みに合わせる事を競う訳でもなく、

EMMA や IASCA の世界基準の音質コンテストでは、高音/中音/低音/重低音が正しく再生できるかはもちろんの事、ステージの高さ、幅、奥行き、楽器やボーカルの位置関係などが正しく再生できるかどうかを客観的に採点して行きます。

料理で例えれば、高級食材そのものの味を競っているのではなく、正しく調理された料理の味を競っているのです。

 

 

こちらのシトロエン C4は、2019年最初の「カーオーディオマガジン」で大きく紹介される予定です。

カーオーディオマガジンは、1月30日発売です!

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************