ゲレンデ BENZ G55に2DINナビ取付け/スピーカー交換/サブウーハー取付け サウンドナビPREMIとMERCURY CAR AUDIO R62 セパレートスピーカー

 ベンツ ゲレンデ G55に2DINナビ取付け/スピーカー交換/サブウーハー取付の方法。

三菱サウンドナビPREMIとMERCURY CAR AUDIO R62 セパレートスピーカーを取付け。

 th_CIMG9657

G55のスピーカー交換は、とても大変です。

th_IMG_4560 th_IMG_4559 th_IMG_4558

MERCURY CAR AUDIO の R62 セパレートスピーカーは、ツイーターがG55の純正ツイーターの位置にギリギリで納まります。

ドアのスピーカーは、バッフルを製作して取付けします。

th_CIMG9674 th_CIMG9725

パーフェクトな位置に取付けられたドアスピーカーが、純正グリルから透けて見えています。(^^)

th_IMG_4544th_IMG_4581

 

 

ベンツ純正のカーオーディオは、センタースピーカーやサラウンドスピーカーも装備しており、各スピーカーの位相の設定がたいへん重要なのです。

必ずフェイズディタクターを使用してで各スピーカーの位相を確認/調整しています。

th_CIMG9771

 

BENZ G55には、純正ナビを取り外して、社外の2DINナビを取付け可能です。

今回取付けたナビは、音質指向の三菱SOUND NAVI PREMI

th_IMG_4566th_CIMG9613th_IMG_4576

サウンドナビPREMIの音調整の画面。
th_CIMG9866

th_CIMG9859

 

 

サブウーハーは、AUDISONの超薄型10インチサブウーハー、APS 10D をチョイス。

ワンオフのウーハーボックスに収めて、トランクに設置しました。

 

th_CIMG9741 th_CIMG9808 th_CIMG9816

 

 

オーナー様のご指定で、G55にバックカメラの取付を、少しこだわったやり方で施工しました。

社外のバックカメラを、純正のバックカメラカバーの中に仕込んで、純正風に取付けしたのです。(^^)
th_CIMG9605 th_CIMG9603

 ぱっと見純正のバックカメラですが、カバーの中身のカメラ自体は三菱のバックカメラを仕込んであります。

th_IMG_4586 th_IMG_4585

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

メルセデスベンツ ゲレンデ G55/G63/G550 スピーカー交換/ツイーター交換

メルセデスベンツ ゲレンデ G55 スピーカー交換の方法

Gクラスのツイーター交換のご紹介です。

th_CIMG9623

G55の純正ツイーターは、ダッシュの両サイドにのグリルの中に付いています。

取外し/取付ともに、特殊工具が必要な上に、脱着作業がとてつもなく大変ですので、DIYの方は後悔すると思います。

th_CIMG9624

th_CIMG9649

th_CIMG9653

 

こちらのG55の純正ツイーターは、made in france でした。(^^)

th_CIMG9656

 

こちらが今回取付ける、MERCURY CAR AUDIO の R62 のツイーターとの比較画像。
th_CIMG9657

th_CIMG9658

 

あくまでも純正のルックスを崩したくないとのオーナー様のこだわりと、音質を重視するとできるだこ大きいツイーターを取付けしたいので、G55の純正ツイーター取り付け位置に取付け可能かつ、できるだけ大きいツイーターを選ぶと、MERCURY の R62 がギリギリでした。

取付け穴をちょっと削って、純正位置にピッタリのフィッティングです。(^^)

th_CIMG9664th_CIMG9615

G55は、センタースピーカーも付いていますので、センタースピーカーの交換も、音質向上にはたいへん効果的なのです。

 

続く。

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

HELIX DSP PRO ヘリックスのプロセッサーの音調整/サウンドセッティングのご依頼

HELIX DSP PRO

ヘリックスのプロセッサーの音調整/サウンドセッティングのご依頼のご紹介です。th_CIMG5536

最近とても増えている、HELIX DSP PRO の音調整、設定、サウンドセッティングのご依頼です。

th_IMG_2020

 

ヘリックスのDSP PROは、ものすごく多機能で、すばらしいプロセッサーなのですが、あまりにも細かい設定がある事と多機能すぎて、使いこなせていないケースが多いようです。

現在考えられるほぼすべての調整箇所を、これ以上細かく設定変更できなであろうレベルで設定できる、HELIX DSP PRO は、正しく使いこなせないと、とてもひどい音になってしまうどころか、音が出ないです・・・。

設定を間違えると、スピーカーなどを壊してしまう事も可能です。

th_CIMG5522

基本的には、クロスオーバー/タイムアライメント/イコライザーの調整をする為の物なのですが、設定数値が細かい上に、入出力の設定や切り替えもややこしくて、チェックボックスもちっちゃーくて、、、

さらに、音調整以前の、パソコンの設定やソフトのインストールが大変すぎて、まずはパソコン教室になってしまいます。

 

ホットワイヤードでは、HELIXのプロセッサーの音調整をご依頼のお客様は、お客様自身のノートパソコンをお預かりして、設定をします。

th_CIMG5529

 

HELIX のプロセッサーの調整は、はっきり言って、ものすごく大変です。(^_^;)

とてつもなくマニアックな調整画面と格闘する事になります。

きりがないので、説明は省きます・・・。

th_CIMG3957 th_CIMG3958

th_CIMG3960

でも,うまく使いこなせば、この通り。

バッチリ音調整が決まったHELIX DSP PRO はすばらしいです。


th_CIMG3954

 

HELIX DSP PROの設定/音調整/サウンドセッティング一式:50000円(税別)〜

メール、お電話にて予約をお願いします。

information@hotwired.co.jp

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

アクセラのマツダ純正BOSEサウンドの音質改善の方法。スピーカー交換、デッドング、車内静音化 MAZDA AXELA

MAZDA AXELA/マツダ アクセラ AWD

アクセラのマツダ純正BOSEサウンドの音質改善/音質向上、スピーカー交換、デッドニング、車内静音化の方法をご紹介します。

 

まず、純正BOSEをつけるかつけないかで悩んでお問い合わせをいただくことが多いので、少し詳しく説明します。

現行のマツダ車のほとんどの車種で、BOSEサウンドのオプションが購入可能です。

マツダ純正のBOSEサウンドは、「絶対に買い」です。

 functionality_img2_1607.ts.1607140149365930

理由:

アクセラは、BOSEサウンドの神髄とも言える、センタースピーカー付きの9スピーカーシステムです。

アテンザは、9スピーカーです。

BOSEは、他の純正プレミアムサウンドとは違い、純正ナビに、ただ単純にたくさんのスピーカーをつけただけではありません。

BOSEの内蔵サウンドプロセッサーはいろいろな音響制御をやっていて、CDとDVDの違いなど、ソースによってサラウンドなどの制御もやっています。

特にマツダ純正ボーズは、車両の設計段階からBOSEとサウンドシステムを共同開発しているそうで、車内の周波数特性などを最適化しています。

とは言え、所詮は純正オプションです、メーカーとしてはコストの制約があるでしょうし、10万円ほどのオプションで完璧なサウンドが実現できるわけはなく、期待してオプション購入したのに、曇った高音ともっさりした低音で、がっかり・・・

と、言うオーナーが非常に多いのが現実です。

 

理由:

スピーカーユニット自体がショボイ。

純正スピーカーとしてはがんばっているのの、やはりコストの問題もあり、紙のコーン紙に樹脂製フレームに極小マグネットという、大量生産・ローコストののスピーカーユニットの性能はイマイチで、特に高音が曇ってキレイな音ではない。

BOSEの音の特徴として、低音を強調した設計になっており、質より量を優先しているので、低音の量感はあるものの、スピード感の無いもっさりした音質になっている。

 

解決方法:

純正BOSEのスピーカーを交換してアップグレードします。

BOSEサウンドに対応の、MERCURY CAR AUDIO のスピーカーを使用します。

インナーバッフルはHOT WIREDオリジナルのバッフルボードを使用します。

配線加工します。

ドアのデッドニングをします。

配線以外の車体側への加工はまったくありません。

 

キラキラと透明感のあるキレイな高音域、くっきりとスピード感のある中音域、パンチの効いたタイトな低音域が実現します。(^^)

 

 

千葉県からお越しいただきました、アクセラのスピーカーアップグレードのご紹介をさせていただきます。

th_IMG_1411 th_IMG_1471

ドアパネルを外して、純正ボーズのスピーカーを外します。

th_IMG_1441

 

そしてこちらが、出てきた純正ボーズのスピーカーです。

素ノーマルのマツダ車のスピーカーに比べれば、遥かに良いスピーカーが付いていますが、やはりあくまでも純正オプションですので、樹脂のフレームに小さなマグネットの、大量生産/ローコストなスピーカーユニットです。

th_CIMG5609th_CIMG5604th_CIMG5600th_CIMG5599th_CIMG5597

MERCURY CAR AUDIO

C62-BOSE 

ドアに取付けるスピーカーです。

th_CIMG5592

 

こちらがアクセラのBOSEサウンドのアップグレードではたいへん重要になる、センタースピーカーと、ダッシュ両サイドのミッドハイ。

注意:ツイーターに取り替えてしまっていけません。

ツイドラー、スコーカー、ミッドツイーターなどの呼び方がありますが、要するに、中音域から、高音域までを再生する事ができるフルレンジスピーカーである必要があります。

MERCURY CAR AUDO の、M40:40mmのフルレンジスピーカーです。

th_IMG_1444

th_IMG_1445

 

バッフルボードは、アクセラ専用設計の、HOT WIREDオリジナル。

厚みもしっかりしたボードを使用しています。

th_CIMG3474

 

純正位置に無加工でピッタリ取付けできる様に制作されています。

こちらがアクセラのセンタースピーカー。th_IMG_1477

 

こちらが、アクセラのダッシュボードスピーカー。
th_IMG_1476

  

ドアは、フロント/リアともにしっかりとデッドニングします。

フロントドアのデッデニング:6万円〜

th_IMG_1464th_IMG_1450

リアドアのデッドニング:6万円〜

th_IMG_1449th_IMG_1448

ディープでスピード感のある低音の再生には、ドアのデッドニングが必要です。th_CIMG5590

th_IMG_1463th_IMG_1460th_IMG_1454

このデッドニングの効果で、かなり車内が静かになると、たいへんご好評をいただいております。

th_IMG_1453

 th_CIMG3474th_CIMG5620

 

アクセラのセンタースピーカーが非常に重要。

センタースピーカーも、中高音域の周波数を再生します。
th_CIMG5615

th_CIMG4186 

 

 

今回の、アクセラのマツダ純正BOSEのスピーカー交換とドアのデッドニングの費用飲め明細です。


M40 BOSE ダッシュ左右のミッドハイおよびセンタースピーカー 40mmフルレンジスピーカー 3 ¥25,000,− ¥75,000,−
C62 BOSE フロント用 16センチミッドウーハー(左右セット) 1 ¥75,000,− ¥75,000,−
         
  フロントインナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式 1 ¥50,000,− ¥50,000,−
  ダッシュボードの左右のスピーカー用
インナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式
1 ¥40,000,− ¥40,000,−
  センタースピーカーのインナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式 1 ¥30,000,− ¥30,000,−
         
         
  フロント/リアドアデッドニング一式 2 ¥60,000,− ¥120,000,−
         
         
  配線加工一式            
  取付けに必要な各種部材、ネジなど込み            
   調整一式            

合計:270,000円(税別)

+デッドニングドア4枚:120,000円(税別)

 

※スピーカーやバッフルボードの通販/業販も可能です。

アクセラのスピーカー交換のご予約、ご質問等は、メール/お電話にてお気軽にどうぞ。(^^)

information@hotwired.co.jp

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL XB12S 乗り心地を良くしたい 、リアショック,スイングアームのベアリング交換 純正サス vs オーリンズ

BUELL XB12S メンテナンス記録

ビューエルは、非常に乗り心地がわるい。

クイックでスパルタンな乗り味、と言うとカッコ良く聴こえるが、

腰痛持ちには非常に辛い・・・。

http://www.youtube.com/hotwiredweb

こちらで走行動画もご覧いただけます。(^^)

 

新車時から悩まされている、ビューエルの乗り心地の悪さ・・・。

Scgモデルの短足ショックからSモデルの普通のショックに交換して、運動性能も含めてすごく良くなりました。

もう少しは乗り心地がしなやかになるかと期待して導入した、オーリンズのサスペンションも、ノーマルとまったく変りませんでした。

メリットもなければ、デメリットもないです。

乗り心地もほぼそのまま。

ゴツゴツのピョコピョコです。

私にとっては何のメリットも無い、金色に輝く超高級なドレスアップパーツでした。

オーリンズのサスは本当に良いの? 自分のビューエルの場合は、NO でした。

 

FREE SPIRIT のベルトテンショナーも口コミほどではなく、乗り心地の変化はほとんど無く・・・。(アクセル開けた直後のドンッと来る唐突な加速ショックは和らぎますので、私は好きですが、反面、開けた直後の加速が悪くなるからイヤだ言う人もいる。)

タイヤの銘柄や空気圧でもごまかしきれず・・・。

先日のビューエル会 合同ツーリングで、友人のビューエルに乗ってみると、そんな事はない・・・。

私のビューエルに乗るとみんな「硬い」と言う・・・。

ちょっと沈んで、奥でグンっと硬くなり、ゴツンと腰にくるのだ・・・。

ストロークしないわけじゃないし、なにか当たって干渉している事も無い。

私のビューエルのリアサスはなにかおかしい。この違和感の原因はなんなだ?

と、悩まされ続けてはや10年・・・。

腰も折れそうですが、心も折れそうです。

ビューエルはこんなもんだよ、とあきらめる人が多いと思いますが、私はどうしても納得できない!

 

もう他に変えられる部品と言えば、リアのアイソレーターとスイングアームのベアリングとピボットシャフトくらい。

アイソレーターは見えるので、見た目大丈夫だし、スイングアームもスムーズに上下する。いくらなんでもこの走行距離でアイソレーターは考えにくいし、交換にはエンジンまで降ろす必要があるのでとりあえずパス。

ホイール外して、ベルト外して、スイングアームを上下させてみるも、スムースに上下する。何の異常も感じられない。

しかし、もう他に可能性が無いので、スイングアームを取り外してみる事にした。

ツーリング前に替えたばっかりのオイルを全部抜いて、オイルラインも外して、

 th_CIMG5509

ビボットシャフトを抜いていみると・・・

th_CIMG5513

汚水がドボドボっと出てきたよ・・・

th_CIMG5514

な、なんじゃコリャー!!!(閲覧注意グロ)

腐ってるのか?

サビがひどい。

th_CIMG5517

グロい・・・。

th_CIMG5518

ベアリングプーラーでベアリングを抜いた。

あっさり抜けました。

th_CIMG5537

スムーズに動いてはいるが、

th_CIMG5543th_CIMG5539

th_CIMG5550

中もサビがひどいことになっているではないか・・・。

th_CIMG5548こちらが新品のベアリング。

BUELL XB スイングアーム用 ベアリング
th_CIMG5551 

スイングアームにベアリングを圧入します。

スムーズな動きと言うより,無重力か? というくらい無抵抗な動きになりました・・・。

th_CIMG5559

サビサビのピボットシャフトは、磨いてもサビが取れないので、新品に交換だ。

そこで今回チョイスしたのは、BUELL乗りの駆け込み寺、御殿場のブーンモーターサイクルさんの、クロモリ製ピボットシャフト。

お願いして、すぐに送っていただきました。m(__)m

th_CIMG5556

ブーンのクロモリシャフト、美しすぎる・・・。

ブルーの箱に入れれば、TIFFANYのジュエリーかと思うほどの美しさである。

th_CIMG5553th_CIMG5558

ピボットシャフトの直径もガッツリ太くなっていて、強度が増している分、走行安定性に効果がある。
th_CIMG5561

 

 

 

結論:

直りました。

10年間悩まされた違和感の原因は、スイングアームのベアリングとビボットシャフトが原因だったようである。

ベアリング交換後のスイングアームは、スムーズというより、無重力か? と思うくらい抵抗無くスカスカ上下するようなってビックリ・・・。

つまり、スムーズでもちょっとでも抵抗を感じるレベルだと、すでにベアリングは逝っています。

まさかの新車時からのベアリング不良だったのか?(泣)

ベアリングもピボットシャフトも、「壊れているから、要交換」というレベルではありませんでしたが、100%パーフェクトな動きではなかった事が、「乗り心地が悪い」「路面追随性が悪い」というような「違和感」の原因になっていたと思われます。

気にならない人なら、「このバイクはこんなもんだろう」と乗っているかもしれません。

 

 

リアサスは純正ノーマルサスに戻しました。

散々試走テストをくり返した結果、ノーマルのリアサスの方がオーリンズよりも動きが良く、路面追随性が良く、結果的に乗り心地も良いです。

th_CIMG5579

せっかく買った高級サスペンションの代名詞、オーリンズなので、意地でもなんとかしたいとがんばって、頻繁にフルメンテナンスはもちろん、減衰力のチューニング、バネレートの変更など、ずいぶんお金と手間をかけてまで、カロッツェリアにていろいろやってもらったりしましたが、

私が至った結論としては、

残念ながら、、、

オーリンズのサスペンションは、私にはまったくメリットがなく、金色に輝く、超高級なドレスアップパーツでした。(泣)

ゴツゴツ硬くてショートストロークでピョコピョコ跳ねるリアサスが好きな方には良いかも。

 

 

 

 

書くと、あっさり直った様に見えますが、ココにたどり着くまでの試行錯誤、脱着分解の繰り返し、いろいろな部品を試してのトライ&エラー、乗ってみては分解しての繰り返し、は、苦難の連続でした。

ビューエルはこんなもんだとあきらめてる人も多いと思いますが、ベアリングは急所のようです。

かなり速いサイクルで交換が必要と思われます。

ホイールベアリングも壊れてハンドルブレブレなりました・・・。

(ホイールベアリングは毎年くらいでもいいかも)

特に雨でも乗る人は要注意です。(私は雨は乗りません。)

ステムベアリングは、現状ではガタも違和感も無く、スムーズに動いて這いますが、念のため、新品対策品に変えて見ようと思います。

テーパー型のベアリングに変えて見ようと思います。

 

はぁ・・・。

腰も折れそうですが、心も折れそうです。

BUELL倒産しましたから・・・。(T_T)

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************