F54 BMW MINI にCarPlayをインストール/MINI純正ナビにコーディングでCarPlayの追加できます。

日本仕様ではCarPlayに対応していない、2017年式等の F54 BMW MINI の純正ナビにもCarPlay/Android Auto をインストールして、機能を追加することが可能です。

オプションでCarPlayをつけなかった個体にも後付けでインストール可能です。

社外品のCarPlayモジュール使ってのCarPlayではなく、純正ナビに本国仕様のCarPlayのプログラムをインストールすることで、純正クオリティのCarPlayを実現できます。

CarPlayのインストール画面:

f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

 

 

CarPlay のコーディングが完了すると、純正ナビの画面にCarPlayが表示されるようになります。

f55 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

最初のBluetooth のペアリングに手間取ることが多いのですが、ナビ側も一度登録を消して、iPhone側も登録を削除して、一からやり直してみてください。

f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋  f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

 

iPhoneと純正ナビの接続が完了すると、CarPlay が使えるようになります。

CarPlayの画面を表示するのもちょっと慣れるまでわかりにくいのですが、

こちらからも登録等できますし、

f55 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

マルチメディアの方からも選択/登録できるみたいです。

f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

こちらがCarPlayのホーム画面。

ホームに表示させるアプリ等はiPhoneで設定するようです。

f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋 f54 bmw mini CarPlay コーディング 後付け 社外 HOT WIRED 名古屋

 

アップルCarPlayは、iPhoneの操作が純正ナビの画面でできるようになり、iDriveの操作やステアリングのボタンの操作で電話をかけたり、アプリの操作をしたり、メールの読み上げなどがハンズフリーでできる便利な機能です。

運転中にスマを触ることは違反として、警察の取り締まりがかなり厳しくなっているので、スマホに触ることなくスマホの操作ができるCarPlayを使いこなすと大変安全かつ便利になります。

 

 

 

BMW MINI へのCarPlayのインストール一式:45000円(税別)
作業時間:2〜3時間ほど

ご了承いただきたい注意点:
コーディングだけでCarPlayを実現できる個体が多いのですが、一部アンテナモジュールを装備していない個体があり、テスターだけでは識別できず、CarPlayのインストールを完了した上で、ナビを取り外して確認/取付する必要があります。

※今回の個体は、アンテナモジュールの取り付けが必要でした。工賃込み:+28000円(税別)

CarPlayモジュールが必要な場合の合計の費用は、工賃込み;88,000円(税別)です。
在庫がない場合は海外からの取り寄せになりますので、お待ちいただくことになります。

車体番号をメールいただければ、おおよその可否をお調べいたします。

ご予約、お問い合わせは、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

マグネット式の車載無接点充電iPhoneホルダーをワンオフで製作しました。 プジョー5008

無接点充電のスマホが増えていますので、純正で無接点充電器を搭載した車も増えていますね。

しかしながら、なかなか使い勝手は良くありません。

ケースがあると充電しない上に、ずれて走行中この位置におさまっているわけがなく・・・

カーオーディオ愛好家としては、オーディオ用にケーブルをつないでいるため、さらに座りが悪いのですよ。

 無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800
カーオーディオ用にスマホをミュージックプレーとして使用しがら、DAPなども同じ場所にマウントできるマグネット式のiPhoneホルダーでありながら、車載無接点充電iPhoneホルダーをワンオフで製作しました。

今回ご紹介するのは、プジョー5008です。

純正で無接点充電器を搭載していますが、コンソールの奥の方にあり、iPhoneを置いてしまったら全く見えない位置で、とても使い勝手が悪いのです。

中途半端なサイズの小物入れになっていたデッドスペースを利用して、無接点充電式のマグネットiPhoneホルダーと、JL AUDIOのマスターボリュームと、デジタルトランスポートHRD500の入力切替のスイッチを作り込みました。

無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008

色々考えた結果、将来的にマグネットホルダー自体を簡単に別のものに交換できるようにも工夫してあります。

マグネットホルダー自体は市販のものであり、星の数ほどある市販のホルダーの中からお気に入りのものを見つけたら、取り替えるのが簡単なように土台部分を工夫して作ってあります。

表面の仕上げは黒のスエードで。

どうでしょうか? 

知らない人が見たらまるで純正品のような仕上がりに出来上がりました。(^^)

無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800

独特な左右非対称のデザインで、なかなか難易度の高い車なのですが、シフトやスイッチの操作を邪魔しない、絶妙な位置にうまくiPhoneを設置することができます。

ハイレゾカーオーディオのボリューム操作も運転しながらブラインドタッチで着るので、大変に便利かつ安全に操作できます。(^^)

車載 無接点充電 無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800無接点充電マグネットiPhoneホルダ

オーナー様のiPhoneは、手帳型のケースをつけたままでも無接点充電が可能でした。(^^)

地味に大変なワンオフ製作でしたが、オーナー様にも大変喜んでいただけましたので良かったです。

費用は、およそ35000円です。(^^)

無接点充電マグネットiPhoneホルダ 無接点充電マグネットiPhoneホルダ

 

 

もう一つのオーナー様のリクエスト。

プジョー5008の後部座席は夜は真っ暗なんですよ・・・。

素敵なパノラマルーフのおかげでルーフにルームランプがないんですね。

リアシートにチャイルドシートを3台も設置できる、チャイルドフレンドリーな5008ですが、夜だと足元に何か落としても、真っ暗で何も見えないのです。

 

と、いうわけで、リアシートの足元に間接照明を設置しました。(^^)

ルームランプと連動してゆっくり点灯して、ゆっくり消灯するように工夫しました。

ちょっと明るめの足下照明にしてみました。

真っ白のチープなLED色ではなく、こだわりの電球色です。

こちらもまるで純正品のような自然な仕上がりに出来上がりました。(^^)

費用は、およそ35000円です。(^^)

リアシート 足元 間接照明 リアシート 足元 間接照明

 

 

安く早く簡単に、は苦手ですが、こだわりのカスタムをご提案する、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードにご相談ください。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_70f7f

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

正しくハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法

「ハイレゾ」という言葉はもう浸透していますが、どうやったら本当のハイレゾカーオーディオを実現できるのか? は、まだ正しく認知されていないようです。

「買ってはいけない」ハイレゾカーオーディオ機器の記事はこちら。

「ハイレゾ対応」などの紛らわしい日本語でのマーケティングで、本来のハイレゾのクオリティーが再生出来ないハイレゾカーオーディオが先行して増えているため、「ハイレゾってたいした事ないよねー」って、ガッカリする事になってしまっている訳です。

 

※2019年11月現在での情報になります。

正しいハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法をざっくり言うと、

①ハイレゾ音源を再生できるプレーヤー + ②DSP = ハイレゾカーオーディオ

に、加えて、

正しい機材を選ぶこと + 正しくインストールすること + 正しくDSPをセッティングすること

と、言うことになります。

※アンプやスピーカーがハイレゾ対応である必要性は、今のところほぼないです。

 

①のハイレゾカーオーディオ機器の選択に関して:

いまままでは、DAP (DIGITAL AUDIO PLAYER) にFLUCなどのハイレゾ音源を入れて、聞く方法が主流でしたが、

これからは、ネット回線を介したストリーミングによるハイレゾ音源の再生が主流になると思われます。

2019年10月にやっと日本でもスタートした、AMAZON MUSIC HD のハイレゾ音源聴き放題定額サービスのようなものが増えていくと思われます。

※実は海外では、とっくにたくさんのストリーミングによるハイレゾ音源の配信サービスが低価格で主流になっており、日本はいつものごとく、謎の支配者の圧力により、これらのサービスが利用できないように細工されています。

 

具体的には、

スマホなどの携帯端末でハイレゾ音源をストリーミングで聴き放題 or 端末にダウンロードして試聴します。

さらに、

端末からbluetoothでDSPで飛ばして、完全に無線のハイレゾカーオーディオシステムの構築も可能になります。
(BLUETOOTHでも音質劣化のないオーディオ機器が出てきているのです。)

 

②の、DSPの選択に関して:

現在ではハイレゾをフルスペックでプロセスできるDSPが増えており、一昔前の、「HELIX or AUDISON だけ」と言う状況は変わりました。

ハイエンドなハイレゾカーオーディオを構築するためのDSPと言う意味では、やはりHELIXが優位なのは今でも変わりませんが、

残念ながら、HOT WIREDのデモカーでも使用しているAUDISONは、ハードもソフトも、昔のまま進化が止まったままの古い機械になってしまっています。
処理速度が遅く、調整ソフトも大昔のままで大変使いにくくて、EQのバンドが少ないなどスペックも低いままで現在に至っており、バグって音が出なくなる程度のトラブルはほぼ100%発生する上に 、初期不良も多く、良く故障して、販売店としても大変困ったイタリアンな(笑) 機械になってしまっているのが現実です。

一方で、後発メーカーのJL AUDIO、GROUND ZEROなどのDSP内蔵パワーアンプ一体機が、高性能かつ、痒い所に手が届く機能を搭載して進化を見せており、比較的低価格かつ省スペースなハイレゾカーオーディオの構築を実現しています。

 

つまり、現在の

ハイレゾカーオーディオ用のDSPとしては、ざっくり2択です。

HELIXで3WAYマルチ等のハイエンドカーオーディオシステムを構築するか?  

DSP内蔵アンプ一体機で、比較的低価格/省スペースのお手軽ハイレゾカーオーディオを構築するか?

です。

最近は、DSP内蔵アンプ一体機でも、フルスペック(192/96)でハイレゾカーオーディオの構築が可能になっています。

以下に具体的に実現している車両をご紹介します。

 

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないハイレゾカーオーディオを構築したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

2019年9月から、やっと日本でもAmazon Music HDで本格的なハイレゾ音源のストリーミング配信が始まりました。(^^)

クオリティーの高いハイレゾ音源(ハイレゾ以外も)を聴き放題の定額サービスという、画期的なサービスです。

しかし、

まだまだややこしくて、いくつか注意して機材をセットアップしていかないと、本物のハイレゾカーオーディオは実現しませんので、ここで注意点と正しいハイレゾカーオーディオの構築のやり方を解説したいと思います。

 

ハイレゾカーオーディオを実現するための注意点/正しいやり方は、ざっくり以下の通りです。

1:DAPやAMAZON MUSIC HDのストリーミング等で、端末にハイレゾデータを入手すること。(192KHz/24bit、96KHz/24bit)

2:その端末から、ハイレゾ音源を劣化させることなく、デジタル出力できること。
(192KHz/24bit、96KHz/24bit のままデジタル出力できること)
※例えば、iPhoneはこれができませんので、現状iPhoneでハイレゾオーディオは不可能なのです。

3:端末から、ハイレゾデータを、アナログ化/劣化することなく、プロセスできるDSPへ、デジタル接続すること。
USB<TOS-LINK<COAXIALで、DSPにデジタル入力ができること。(<は音が良い順)

4:デジタルシグナルプロセッサ(DSP)がハイレゾ音源データを劣化させることなくプロセスできるスペックがあること。(192KHz/24bitまたは96KHz/24bitで処理できること)
※カーナビ内蔵DSPではこれができないので、現状カーナビではハイレゾオーディオは不可能なのです。

5:DSPから先のパワーアンプやスピーカーは、特にハイレゾ専用とか謳っているものである必要は無い。

上記の条件を満たしたオーディオ機器で正しくハイレゾ音源を再生すると、それはもう驚きの高解像度/高音質カーオーディオが展開するのです。

どこか一つでも端折ると、もうそれはハイレゾでは無くなってしまうのです。(>_<)
(例えば、DAPからアナログ変換してカーナビに入れるとか)

 

じゃ、具体的に何を買って、どうしたら良いの?

ここで、割とシンプルな機器で、本格的なハイレゾカーオーディオを実現しているお客様の車両を例に、具体的に解説したいと思います。

N様 ホンダCRV

ヘッドユニット:Fiio M11、アンドロイド携帯電話

DAPのFiioの中のハイレゾ音源や、アンドロイド携帯でストリーミングで、Amazon Music HD のハイレゾ配信を音源として使用しています。

ハイレゾカーオーディオの構築で最も重要な機器である、DSPは、JL AUDIO VX800/8i  のDSP内蔵パワーアンプを使用しています。

小型のワンボディイでシートの下に収まるサイズ感の良さと、JLならではのパワフルなサウンド、フルスペックでプロセスできる内蔵DSP、シンプルながら、とても使いやすいリモコン、MacOSでも使える意外と使いやすい高性能な調整用ソフトウェアという内容の商品で、HOT WIREDでも一押しのDSP内蔵アンプです。

フロントスピーカーは、MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを使用。
ドアスピーカーは、インナー取付、ツイーターは、ピラーに埋込取付をしています。

サブウーハーは、MERCURY CAR AUDIO MCR-805 8インチパワードウーハーをシート下にインストールしています。

jl audio vxi dsp内蔵アンプ

 

カーオーディオ機器の取り付けは、シートの下だけで完結していますので、車内のスペースの犠牲がありません。

ハイレゾカーオーディオ DSP内蔵アンプ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

ヘッドユニットは、Fiio M11とアンドロイド携帯から、JL AUDIO VX800/8i へ直接デジタル接続しています。
ナビはもう全く使っていません。(笑) 

ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhoneハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

iPhoneもデジタル接続しています。

iPhoneでハイレゾはできませんが、お気に入りのアプリやiPhoneの中のmp3やwavも、直接デジタル接続することで、とてもいい音で聴けるようになります。

やはりiPhoneの使い勝手は便利なので、DAPだけでは無く、iPhoneをできるだけ高音質で再生させるためのノウハウも詰まっています。
(iPhoneをハイレゾ並みに高音質で再生する方法は、別のブログ記事で詳しく説明します。)
ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

 もちろん、DSPを取り付けただけでは、正しい音(良い音)の再生はできません。

専用のサウンドセッティングソフトウェアを使いこなして、RTAやタイムアライメントなど、めんどくさいサウンドチューニングの手間ヒマをかけて、ようやく最上級のハイレゾカーオーディオが出来上がるのです。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

2019.10.20、大阪にて開催された、EMMAに出場するコンペカーの応援のために、ホットワイヤードへ来てくれた、EMMAの2017世界チャンピオン、Mr.Pong氏。

 

 

ちょっと強面の、EMMAのカーオーディオコンテストの外国人ジャッジのみなさま。

 th_gFsCU4roQYSy31cAfw5jzg_thumb_70e34

 

 

 

EMMA JAPAN FINAL 2019
にエントリーしたN様のCRVは、

ENTRY CLASS EUR3000( 金額3000ユーロ以下)クラスにて、

見事優勝しました。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフトJL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^) 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ホンダ CH-V 純正ナビのままで音質向上 2WAYセパレートスピーカー+DSP内蔵パワーアンプ+パワードウーハー+デッドニング

純正カーオーディオの音質向上の方法で、良くお問い合わせをいただく内容ですので、少し詳しく説明いたします。

良くご質問いただくのは、「カーオーディオの音質向上/音の明瞭化のために、以下の2つの選択肢のどちらが良いですか?」 という内容のものです。

純正スピーカーのままで、三菱サウンドナビ プレミなどの高性能ナビヘッドやDSP等をつける。

純正ナビのままで、スピーカー交換、サブウーハーやパワーアンプ等の追加をする。

もちろん全部できればベストなのですが、費用や時間の都合で、段階を踏んでステップアップして行くケースが多いと思います。

ズバリ、純正ナビのまま、スピーカー交換 をお勧めします。

カーオーディオの音質には、スピーカーの性能が決定的なのです。

特にフロントスピーカーが重要です。

 

 

と、言う訳で、今回はカーオーディオ上級ユーザー様のセカンドカーの、

ホンダCH-Vの音質向上/スピーカー交換の方法の施工例をご紹介します。

純正ナビやちょっと古いカーナビをそのまま使って、音質向上を実現するベストな方法をご紹介します。

今回のキーポイントは、こちらのDSP内蔵小型パワーアンプ、AUDISON Prima 4.9bit を使用するところ。(^^)

B5サイズの超小型パワーアンプですが、パソコンを接続して、専用ソフトで音調整するタイプの、本格的なDSPを内蔵しています。

この一台で、フロント2WAYスピーカーとパワードウーハーの3WAYシステムが構築できます。

フロントスピーカーには、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカー+MCR-805 8インチアンプ内蔵サブウーハーをチョイス。

th_CIMG2114

AUDISON PRIMAのアンプの小ささをMACのマウスと並べて比較してみました。

th_CIMG2124

 

クルマの普段使いのスペースを犠牲にしたくないので、アンプもウーハーもシート下にスッキリと取り付け。

アンプ内蔵ウーハーは、MERCURY CAR AUDIO のMCR-805。

8インチのスクエアウーハーが、小さい筐体からは想像できない、ディープかつスピード感のある高音質な重低音を鳴らします。

どうしてもアンプ内蔵ウーハーしか取り付けできないが、高音質な低音が欲しい方には、MERCURYのパワードウーハーがオススメです。

パワードウーハーの MCR805 が、CH-Vのシート下にギリギリというか、ちょうどピッタリにハマって、まるで専用品のような納まりでした。(^^)

th_CIMG2142th_CIMG2277th_CIMG2288th_CIMG2299

 

 

カーオーディオの音質向上には、スピーカー交換が必須です。

MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを取り付けます。

ドアスピーカーはインナーバッフルで取り付け、ツイーターはピラーに埋込。

インナーバッフルを製作して、位置や高さをベストな位置にセットアップされたドアスピーカーが、純正グリルの真裏で透けて見えています。(^^)

th_CIMG2179th_IMG_5072

 

ドアのデッドニングは、重要なサウンドチューニングですので、STPのデッドニング材をステーの裏側など、細かいところまで丁寧に貼り込みます。

細切れのデッドニング材を貼る方がはるかに簡単なのですが、出来るだけ一枚貼りで材料の強度を落とさない工夫や金属製のローラーで丁寧に圧着する地味な努力が音質に影響してきます。

サービスホールを埋めることだけが目的ではなく、ドアの鉄板部分に全面に貼り込み、金属ローラーで強力に圧着する必要があります。

th_CIMG2149th_CIMG2151th_CIMG2155 th_CIMG2159

th_CIMG2152 th_CIMG2154

 

 

ツイーターは、Aピラーに埋込、整形後、レザーを貼って仕上げます。

手作りのワンオフなので、大変手間がかかりますが、ツイーターをできるだけ遠く、左右は広く、最適な位置と角度で取り付けることは、音質向上には最も重要な要素なのです。

th_CIMG2162 th_CIMG2163

th_CIMG2164

 


 

DSP/デジタルプロセッサー内蔵のアンプは、つけて音が出ただけでは、良い音にはなりません。

正しく音調整をするためには、各種測定機器と調整機器を使いこなす技術と知識のあるインストーラーがかなりの時間をかけてサウンドセッテッイングをする必要があります。

残念ながら、人間の耳で聞いて、だいたいで合わせる程度では、DSPの性能を発揮することはできないのです。

th_CIMG2186

 

AUDISON prima のソフトウェアをインストール。本体のファームウェアもアップデートする必要があります。

調整用のソフトウェアは、イタリアAUDISONのホームページからダウンロードできます。

th_CIMG2192

イコライザーの調整には、RTAが必要になります。

th_CIMG2247 th_CIMG2256

 

特に、AUDISON PRIMA、HELIX DSP、JL AUDIO、MOSCONI、FOCAL、RAINBOW、MATCH、ROCKFORDなどの海外ブランドのDSPデジタルプロセッサーは、大変に多機能で、パソコンと専用のソフトウェアを使用した高度なサウンドセッテッイングを必要とし、人間の耳で聞いただけでは正しく調整できることはありません。

アンプのゲイン調整、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーなどを正しくサウンドチューニングして、はじめて音質向上が実現するのです。

th_CIMG2245th_CIMG2190

 

 

 

他店で取付のカーオーディオ、デジタルプロセッサー/DSPのサウンドセッテッイングのみのご依頼もたくさんの実績があり、お客様に好評をいただいております。(^^)

カーオーディオのサウンドセッテッイング/音調整のご予約は、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************