ビッグスクーターにスピーカー取付/本格的なカーオーディオを取り付ける/マグザム+Rockford Fosgate

YAMAHA MAXAM

ビッグスクーターに本格的なカーオーディオを取り付ける方法をご紹介します。

 th_CIMG2414

オモチャみたいなバイク用のオーディオじゃなくて、アメリカ製カーオーディオ、Rockford Fosgateのカスタムカーオーディオをインストールです。

超小型の4ch.パワーアンプ、PBR300X4とP142の組み合わせ。

音源はiPhone/iPodです。

BLUETOOTHではなく、音質重視で、ライトニングケーブルで直接音楽信号を取り出します。と、同時にiPhoneの充電もできるようにします。

iPod Classic用に30ピンのドックコネクターでも接続可能にしました。

th_CIMG2218 th_CIMG2219

 

ヤマハのビッグスクーター、マグザムに本格的なカスタムカーオーディオを取り付けました。

HOT WIREDオリジナルの、ビッグスクーター用スピーカーボックスを使用して、ロックフォードの4インチ2WAYコアキシャルスピーカーを取り付けます。

スピーカーボックスが、スクーターの薄いパネルを強化して、平面にスピーカーをしっかり取り付ける事ができるようになり、裏からの音漏れ/キャンセリングを防ぎ、結果的に音質向上になるのです。

この車種別専用スピーカーボックスを使用しないで、適当に穴開けてスピーカー取り付けちゃうと、良い音が出ないのです。

マグザム用 スピーカーボックス(上)左右セット(白ゲル):45000円

th_CIMG2238

 

ボディー同色のメタリックブラックにペイント。

th_CIMG2244 th_CIMG2243 th_CIMG2242 th_CIMG2241 th_CIMG2240th_CIMG2239

 

カスタムカーオーディオの作業風景はこんな感じ。

今回は、オーディオの取り付けに加えて、下回りにLEDの電飾を入れますので、かなりバラバラにして、配線作業をしていきます。

th_CIMG2423th_CIMG2419

オーディオの音質向上のための地味な工夫も随所にちりばめております。(^^)

カーオーディオ屋ならではのノウハウや、嫌な共振/振動を押さえるために、パネルをデッドニングしたりもしているのです。(^^)

th_CIMG2535 th_CIMG2534

 

ホットワイヤードのバイクオーディオカスタムは、「安く、早く、簡単に」というのは得意ではありません。

手間と時間をかけて、最大限のパフォーマンスを発揮できるカスタムバイクオーディオ/カスタムカーオーディオが得意なのです。

ビッグスクーターのカスタムオーディオの費用は、おおよそ15万円くらい〜 になります。

th_CIMG2510 th_CIMG2509

オーディオのON/OFFスイッチや電飾のスイッチ、USBポート、電圧計、パワーアンプなどをグローブボックスの中にインストール。

th_IMG_5163 th_CIMG2563

 

 

 

th_CIMG2526th_CIMG2423th_CIMG2527

スピーカーのインストールが完了しました。

ホットワイヤードオリジナルのスピーカーボードとロックフォードのP142スピーカーはベストのマッチングなのです。(^^)

th_IMG_5129

バイク用の防水スピーカーは、音が悪すぎるので絶対に使っていけません。(T-T)

th_IMG_5124 th_IMG_5128 th_IMG_5125 th_IMG_5137

th_IMG_5138

 

th_IMG_5146

 

iPhoneとiPodのマウントには、RAM MOUNTを使用します。

20年間いろいろな携帯ホルダーを試してきましたが、全部金属製のRAM MOUNTのiPhoneホルダーが最高です。

ゴム付きのアームで優しくしっかりとつかんで、脱着も簡単で、角度や取付位置は自由自在、オフロード走行中でも飛んでったことありません。

ちょっと高いけど、最高のバイク用携帯ホルダーです。

こちらは、iPhone7Plusをつけたところ。

iPhone7/8/plus,iPhoneX,XS,maxにピッタリのホルダーとアームとハンドルバーに取り付ける土台部をセットにして販売もしています。12000円(税別)+送料1100円

information@hotwired.co.jp

th_CIMG2561th_CIMG2549th_CIMG2560 

このブリップが携帯をしっかりつかみ、このアームのおかげで、角度や位置が自由自在なのだ!

th_CIMG2558

 

 

 

マグザムにカスタムオーディオ取付とLED間接照明の電飾取り付け完成。(^^)

th_IMG_5187 th_IMG_5186 th_IMG_5183 th_IMG_5182 th_IMG_5179 th_IMG_5178 th_IMG_5173 th_IMG_5169 th_IMG_5168 th_IMG_5167

 

 

モーターサイクルでも本格的なカーオーディオを楽しみたい!

ビッグスクーターのスピーカー取付、ビッグバイクのオーディオの音質向上は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2019476464762084

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

ホンダ CH-V 純正ナビのままで音質向上 2WAYセパレートスピーカー+DSP内蔵パワーアンプ+パワードウーハー+デッドニング

純正カーオーディオの音質向上の方法で、良くお問い合わせをいただく内容ですので、少し詳しく説明いたします。

良くご質問いただくのは、「カーオーディオの音質向上/音の明瞭化のために、以下の2つの選択肢のどちらが良いですか?」 という内容のものです。

純正スピーカーのままで、三菱サウンドナビ プレミなどの高性能ナビヘッドやDSP等をつける。

純正ナビのままで、スピーカー交換、サブウーハーやパワーアンプ等の追加をする。

もちろん全部できればベストなのですが、費用や時間の都合で、段階を踏んでステップアップして行くケースが多いと思います。

ズバリ、純正ナビのまま、スピーカー交換 をお勧めします。

カーオーディオの音質には、スピーカーの性能が決定的なのです。

特にフロントスピーカーが重要です。

 

 

と、言う訳で、今回はカーオーディオ上級ユーザー様のセカンドカーの、

ホンダCH-Vの音質向上/スピーカー交換の方法の施工例をご紹介します。

純正ナビやちょっと古いカーナビをそのまま使って、音質向上を実現するベストな方法をご紹介します。

今回のキーポイントは、こちらのDSP内蔵小型パワーアンプ、AUDISON Prima 4.9bit を使用するところ。(^^)

B5サイズの超小型パワーアンプですが、パソコンを接続して、専用ソフトで音調整するタイプの、本格的なDSPを内蔵しています。

この一台で、フロント2WAYスピーカーとパワードウーハーの3WAYシステムが構築できます。

フロントスピーカーには、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカー+MCR-805 8インチアンプ内蔵サブウーハーをチョイス。

th_CIMG2114

AUDISON PRIMAのアンプの小ささをMACのマウスと並べて比較してみました。

th_CIMG2124

 

クルマの普段使いのスペースを犠牲にしたくないので、アンプもウーハーもシート下にスッキリと取り付け。

アンプ内蔵ウーハーは、MERCURY CAR AUDIO のMCR-805。

8インチのスクエアウーハーが、小さい筐体からは想像できない、ディープかつスピード感のある高音質な重低音を鳴らします。

どうしてもアンプ内蔵ウーハーしか取り付けできないが、高音質な低音が欲しい方には、MERCURYのパワードウーハーがオススメです。

パワードウーハーの MCR805 が、CH-Vのシート下にギリギリというか、ちょうどピッタリにハマって、まるで専用品のような納まりでした。(^^)

th_CIMG2142th_CIMG2277th_CIMG2288th_CIMG2299

 

 

カーオーディオの音質向上には、スピーカー交換が必須です。

MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを取り付けます。

ドアスピーカーはインナーバッフルで取り付け、ツイーターはピラーに埋込。

インナーバッフルを製作して、位置や高さをベストな位置にセットアップされたドアスピーカーが、純正グリルの真裏で透けて見えています。(^^)

th_CIMG2179th_IMG_5072

 

ドアのデッドニングは、重要なサウンドチューニングですので、STPのデッドニング材をステーの裏側など、細かいところまで丁寧に貼り込みます。

細切れのデッドニング材を貼る方がはるかに簡単なのですが、出来るだけ一枚貼りで材料の強度を落とさない工夫や金属製のローラーで丁寧に圧着する地味な努力が音質に影響してきます。

サービスホールを埋めることだけが目的ではなく、ドアの鉄板部分に全面に貼り込み、金属ローラーで強力に圧着する必要があります。

th_CIMG2149th_CIMG2151th_CIMG2155 th_CIMG2159

th_CIMG2152 th_CIMG2154

 

 

ツイーターは、Aピラーに埋込、整形後、レザーを貼って仕上げます。

手作りのワンオフなので、大変手間がかかりますが、ツイーターをできるだけ遠く、左右は広く、最適な位置と角度で取り付けることは、音質向上には最も重要な要素なのです。

th_CIMG2162 th_CIMG2163

th_CIMG2164

 


 

DSP/デジタルプロセッサー内蔵のアンプは、つけて音が出ただけでは、良い音にはなりません。

正しく音調整をするためには、各種測定機器と調整機器を使いこなす技術と知識のあるインストーラーがかなりの時間をかけてサウンドセッテッイングをする必要があります。

残念ながら、人間の耳で聞いて、だいたいで合わせる程度では、DSPの性能を発揮することはできないのです。

th_CIMG2186

 

AUDISON prima のソフトウェアをインストール。本体のファームウェアもアップデートする必要があります。

調整用のソフトウェアは、イタリアAUDISONのホームページからダウンロードできます。

th_CIMG2192

イコライザーの調整には、RTAが必要になります。

th_CIMG2247 th_CIMG2256

 

特に、AUDISON PRIMA、HELIX DSP、JL AUDIO、MOSCONI、FOCAL、RAINBOW、MATCH、ROCKFORDなどの海外ブランドのDSPデジタルプロセッサーは、大変に多機能で、パソコンと専用のソフトウェアを使用した高度なサウンドセッテッイングを必要とし、人間の耳で聞いただけでは正しく調整できることはありません。

アンプのゲイン調整、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーなどを正しくサウンドチューニングして、はじめて音質向上が実現するのです。

th_CIMG2245th_CIMG2190

 

 

 

他店で取付のカーオーディオ、デジタルプロセッサー/DSPのサウンドセッテッイングのみのご依頼もたくさんの実績があり、お客様に好評をいただいております。(^^)

カーオーディオのサウンドセッテッイング/音調整のご予約は、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

ハーレー用オーディオ/スピーカー交換 HARLEY DAVIDSON ROCKFORD FOSGATE

上級者のハーレー乗りは、シーズオフの冬の間にバイクをカスタムしておいて、春になったらすぐ乗り出せる様にしておくのです。

HOT WIREDでは、長期のお預かりでの作業も大歓迎です。

アメリカのカーオーディオブランド、ROCKFORD FOSGATE からハーレー用オーディオセットがリリース!

th_CIMG1045

バイクオーディオが得意のHOT WIREDでは、ハーレー用のROCKFORD のスピーカーが人気です。

95f1b09196ed0e1e20aec1efed705fde

製品ラインナップ】
R1-HD2-9813 標準小売価格¥70,000(税別)
キット内容
13cm2Wayコンポーネントスピーカー×2、専用アンプ、専用ハーネス、マウンティングプレート

R1-HD4-9813 標準小売価格¥93,000(税別)
キット内容
13cm2Wayコンポーネントスピーカー×4、専用アンプ、専用ハーネス、マウンティングプレート

 Vehicles

●ハーレーダビッドソン1998年~2013年. (Ultra Classic®, Electra Glide®, Street Glide®, Tri Glide®, Road Glide® and Road Glide Ultra®.)
※ CVO™、Screaming Eagle™ は適合しません。

 

ハーレー用オーディオセットの取付け解説動画はこちら。

https://youtu.be/mulKJl9lfgk

 

ホットワイヤードにて制作させていただきました、ハヤブサのカスタムオーディオの動画はこちら!

https://youtu.be/fc98e6-4Ylk 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

アクセラ マツダ純正BOSEサウンドにサブウーハーを追加する方法

マツダ純正BOSEサウンドには、サブウーハーを搭載している車種が多いです。

NDロードスターやCX-3は、車種専用設計の、BOSEのサブウーハーボックスがついています。

一部のCX-5やアテンザやアクセラ のマツダ純正BOSEサウンドにはサブウーハーがついていません。

ドアスピーカーがサブウーハーを兼ねてるという考え方になっていますが、やっぱりもう少ししっかりした重低音が欲しいのです。

 

アクセラにサブウーハーを追加する方法をご紹介します。

場所を取らずに、比較的簡単に取り付けできるのが魅力の、アンプ内蔵ウーハーですが、
音質重視でパワードウーハーを選択する場合、現状ではこの2機種しかありません。

ROCKFORD と MERCURY の2機種です。

色々ありますが、大抵はオモチャ見たいなパワードウーハーで、ブーブー鳴るだけでがっかりすると思いますので注意してください。

 

MERCURY CAR AUDIO の MCR-805
8インチのスクエアーウーハーを3台内蔵したハイスペックかつ小型のパワードウーハーです。

価格:85000円(税別)

アンプ内蔵ウーハー mercury mcr805パワードウーハー mercury mcr805

 

 

今回使用するのは、ROCKFORD FOSGATE ロックフォードのパワードウーハー。

こちらもパワードウーハーの中ではベストチョイスです。

もはやシートの下に入るサイズではないですが、見た目もインテリアにマッチして、カーゴスペースにさりげなくかっこよく取付可能です。

価格:65000円(税別)

th_CIMG6478

サブウーハーボックスは、トランクのカーゴスペースに取付けしますが、

その前に、カーゴスペースのフロアーの鉄板をデッドニングします。

th_CIMG6455

こちらが

デッドニング前のアクセラのフロアーの鉄板。

th_CIMG6468

デッドニング後のアクセラのフロアーの鉄板。

th_CIMG6470

マツダ純正ボーズサウンドのパワーアンプを取り外して、配線を改造します。

純正BOSEのアンプから音楽信号を取り出して、サブウーハーに入力する為です。th_CIMG6456 th_CIMG6457

サブウーハーがスマートに取り付けできました。

th_CIMG6481

リモートゲインコントローラーが付属していますので、ウーハーの音量調整は運転席からでも可能ですから便利なんです。

中低音の不足を感じていたオーナー様は、サブウーハーの追加で低音の底上げができたとの事で、大変満足していただけました。

 

 

もっとハイエンドなカーオーディオシステムを構築する場合は、マツコネを生かしたままでも、BOSEのアンプをよりパワフルな社外のパワーアンプに交換する事も可能ですし、サブウーハーボックスを制作して、より大型のサブウーハーの取付も可能です。

ご相談、ご予約は、お気軽にお問い合わせください。

information@hotwired.co.jp

th_CIMG6495

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

アテンザ/アクセラ マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換とサブウーハー取付

最近のマツダ車はほとんどの車種で、オプションのBOSEサウンドの設定があります。

日産も多くの車種で純正ボーズサウンドを採用しています。

 

アクセラにオプションのマツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換とサブウーハー取付のご紹介です。

th_IMG_1485th_CIMG6495

 

 functionality_img2_1607.ts.1607140149365930

アクセラのBoseサウンドシステム構成は、

1. 80mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×1)
2. 230mm Nd(TM)ウーファー(フロントドア×2)
3. 130mm ワイドレンジスピーカー(リアドア×2)
4. 60mm 中高音域スピーカー(リアサイドパネル*×2)
5. Bose 8EQチャネル・デジタル・アンプ(運転席下×1)
6. 60mm 中高音域スピーカー(ダッシュボード×2)
7. AUDIOPILOT(TM)2用マイクロフォン(ステアリングコラム下)

 

実は、こちらのお客様はすでに、

フロントスピーカー交換、リアスピーカー交換、センタースピーカー交換、ダッシュボードスピーカー交換は、前回の施工で完了しています。

th_IMG_1472

 

 

 

th_CIMG6493 

  

今回は、サブウーハーの追加で入庫です。

 

アテンザやアクセラのBOSEサウンドは、フロントのドアスピーカーがウーハーを兼ねちゃっているので、サブウーハーの追加は非常に効果的なのです。

BOSEのパワーアンプから信号を取り出して、出力を変換してから、パワードウーハーに入力する必要があるのですが、配線の加工等も必要になる為、かなり難易度が高く、カーオーディオ専門店でもできないと言われる事が多いようです。

 

今回セレクトしたのは、ROCKFORDのパワードウーハー。

プロショップ的には、このくらいの性能がないとオススメできない。

th_CIMG6479

パワードウーハーとは、アンプ内蔵のサブウーハーの事。

小型のウーハーユニットとパワーアンプが一体型になっていて、取付け場所を取らないのがメリットですが、基本的には超初心者向けのアクセサリー商品が多くて、サブウーハーとして、しっかり鳴る物が少ないので、商品を見極める必要があります。

大抵は、ブーブーいってるだけの、オモチャみたいなパワードウーハーが多いですから、要注意なのです。

 th_CIMG4437

こちらの、ROCKFORDのパワードウーハーと、

MERCURYのパワードウーハー(MCR-805)は、

小型ボディーですが、ずっしり重い筐体で、ディープにしっかり鳴るので、この2機種のパワードウーハーはオススメできます。

シート下や、足元などへの取付で、薄型ウーハーが欲しい場合は、MCR-805 がオススメです。

8インチのスクエアウーハー採用で、パワードウーハーとは思えない、タイトかつディープな重低音を鳴らします。

 

 

カーゴスペースにスマートに取付。(^^)

th_CIMG6487 th_CIMG6490

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************