MERCURY CAR AUDIO のスピーカー&アンプとサウンドナビプレミで3WAYマルチを組む

三菱サウンドナビで、マルチアンプ、3ウェイマルチシステムを組む。

th_IMG_0281th_CIMG0279 th_CIMG0283

既にサウンドナビは取付済、フロントスピーカーもアンプもサブウーハーも搭載済のカーオーディオ上級者ユーザー様です。

が、しかし、どうにも音質的に満足できない。

既に数店舗のカーオーディオプロショップで、いろいろな高級カーオーディオを施工済ですが、

どうにも満足できない・・・。

「本当のハイエンドカーオーディオはもっと良い音なのではないか?」

ホットワイヤードでは良くある種類のご相談です。

なので、今回はちょっと詳しく説明してみます。

 

 

現状を把握する(お客様に音を目で見てもらえる)為に、アナライザーで測定してみました。

ぐちゃぐちゃですね・・・。

th_CIMG0295

 

周波数特性だけがすべてではないですが、ココまでばらついていると、キレイな音にはなりません。

th_CIMG0306

 

FOCAL のフロントスピーカーがイマイチで、思い切って購入したとおっしゃっていました、

三菱の最高級スピーカー、DS-G500。

16万円くらいします。

サブウーハーも三菱の20万円くらいする、最高級サブウーハー。

th_CIMG1974

  

カーオーディオプロショップとしては正直に言いにくいのですが、

高いスピーカーの音が必ず気に入るというわけではありません。

手に取って作りを見てみて、しっかりしたフレームに大きなマグネットのスピーカーは性能が良いです。

スピーカーとパワーアンプは海外ブランドをお勧めします。

三菱サウンドナビ PREMI は、プロセッサーを含むすべての機能を2DINに収めた、オールインワン ナビとしては大変便利で優秀なヘッドユニットです。

わかりにくいカーオーディオ機材やブランドのチョイスのご相談もプロショップの重要な仕事/責任と考えています。

 

 

ドアのデッドニングは、ちょっと残念なデッドニングが施工済ででした・・・。

th_CIMG2042

サービスホール部分だけ埋めて、わざわざ回りを切り取ってあるので、鉄板との接着部分はエッジの部分だけになり、既にはがれ落ちてきています。空中にデッドニング材が浮いているだけでは鉄板の制振がまったくできないと思われます。
この様なデッドニングの施工を見るといつも不思議に思うのですが、サービスホールの形に切り取って残ったデッドニング材は捨てているのでしょうか?

 

デッドニングは、ショップそれぞれのノウハウがあります。

HOT WIREDでは、できるだけ、ドアの鉄板全面に一枚張りで貼り、強く密着する様にローラーで丁寧に圧着することで鉄板を制振して、音質向上/断熱/遮音/車内の静音化に効果があると考えています。ドアの形に切り取って余ったデッドニング材料も捨てません。2重でも貼れば良いと思っています。

オーナー様と相談の上、赤いデッドニング材をわざわざ剥がして捨てるのももったいないので、2重に貼る事にしました。(^^)

th_CIMG2904 th_CIMG2910

 

ダイアトーンの DS-G500 はまだ買って間もないとの事でしたが、期待していた音質とはかけ離れているので、思い切って取り替える事になりました。

ハイエンドカーオーディオで一番重要なのはフロントスピーカーなので、今度こそ失敗したくないとの事で、色々とご相談した上で、今回セレクトしたのは、

MERCURY CAR AUDIO の ハイエンドクラスのスピーカー、K62 2WAY セパレートスピーカー。

K62:150,000円(税別)

 


ドアの中に隠してしまうのがもったいないほどのマグネットの美しさ。

th_CIMG0357

付属のグリルもアルミの削り出しで、コレ使わないなんてもったいない美しさである。

k62 final (small)

くどいようですが、アルミのへアライン仕上げの付属のパッシブネットワークまで美しくて、隠しちゃうのはもったいない!

k2 mid 2 (small) tweet  back clear t2 tweet close up tweet 1 2

キラキラの、K62 のツイーターが美しすぎるのだ!

th_IMG_2866

 

ちなみにこちらは、MERCURY CAR AUDIO のミドルクラスのスピーカー、C62 2WAY セパレートスピーカー、85000円(税別)

th_IMG_5112

ずっしり重い大型のマグネットが高性能を物語っている。

カーオーディオのスピーカーが良い音かどうかは、手に取って作りを見てみるとだいたい想像がついたりもします。

th_IMG_5111th_IMG_5513

 

と、いうわけで、最初はインナー付けの予定でしたが、オーナー様のご希望で、ドアにはアウターバッフルを制作して、ミッドベースのスピーカーをインストールすることになりました。

th_IMG_0224th_IMG_0226th_IMG_0232

ツイーターは角度をつけて、Aピラーに埋め込みしました。
DSPで調整する事を考慮して、角度を考えました。

th_IMG_0239th_IMG_0262th_IMG_0265

 

ピラーやドアに黒のレザーを貼って仕上げます。

th_IMG_1021th_IMG_1023

 

「時間はかかっても良いので、今回こそは妥協のないサウンドクオリティーに仕上げたい」

とのご要望で、オーナー様といろいろ相談しながらじっくり作業を進めました。

 

パワーアンプは、MERCURY CAR AUDIO の MS904 の4CH.アンプでフロントスピーカーをマルチドライブして、

サブウーハーは、MERCURY CAR AUDIO の MAXX10 10インチ デュアルボイスコイル サブウーハーを使用し、

同じく、MERCURY CAR AUDIO の MS1500 のモノラルアンプのマルチアンプシステム。最大出力1500W-1Ω。

MS904は、大変めずらしい、ハイブリッド真空管アンプです。

パワフルかつ、どこか暖かい、高級感のある音質が自慢のモデルです。

マニアックな話ですが、MS1500は、サブウーハーをあえて600W-8Ω 接続にして、音質重視のセットアップにしました。

 

 

もうひとつのお客様のご希望として、

「車内のスペースをできるだけ犠牲にしたくない」

「トランクにも物を置ける様にして欲しい」

と、という事でした。

軽自動車でこの条件を満たして、大型のパワーアンプ2台と10インチのサブウーハー、その他もろもろをインストールするのは、かなり難易度が高いですが、

いろいろ検証しながら、オーナー様とご相談上、

パワーアンプ2台は、リアシートのしたに斜めにスラントさせて取付けしました。

 

th_IMG_0256

これなら、車内スペースの犠牲がない、アンプの放熱の問題もない、足で踏む事もない、せっかくのカッコいいアンプだからまったく見えなくなるのはイヤだからちょっとは見せたい、

すべての条件をクリアーできました。(^^)

th_IMG_0252

LEDの間接照明もつけました。(^^)

th_IMG_0153

カスタムインストールですが,言わなきゃ気づかないくらいスマートに取付けられています。(^^)

th_CIMG3202

 

しかし、制作過程は地味に大変で、とても時間がかかってしまいました。(^_^;)

th_CIMG2938th_CIMG3179

ウーハーボックスは、トランクの床下に収めて、グリルもワンオフで制作しました。

 

th_IMG_1027th_IMG_1295

18ミリ厚と21ミリ厚のMDFを組み合わせて、推奨容量十分なウーハーボックスには補強を入れて、ディープな重低音とスピード感のあるベースサウンドを目指します。

th_IMG_1327th_IMG_1328th_IMG_1329th_IMG_1352th_CIMG3084th_CIMG3085

カーゴスペースのフロアーに埋め込んだサブウーハーの完成。

カスタムカーオーディオ!って感じですね。

th_IMG_0149

 

でも,こちらもワンオフのグリルをかぶせると、どこが改造してあるかわからない、まるで純正のような仕上がりにしました。

この様な手法を、「ストックインストレーション」とか、「ヒドゥンインストール」とか呼びます。

荷物も普通に置いて使っていただけます。(^^)

th_IMG_0143th_IMG_0144th_IMG_0147th_IMG_0148th_IMG_0150th_IMG_0152
th_IMG_0167 

 

 

 

スピーカーを取付ける為のインナーバッフルを削り出しています。

th_IMG_1369th_IMG_1370

th_CIMG2169

 

  ホットワイヤードの集中治療室に長期入院していただきました。(^^)

 

 th_CIMG2939 th_CIMG2940

th_CIMG3090 th_CIMG3092

th_CIMG3096 th_CIMG3099

パワーアンプのゲイン調整です。

オシロスコープの波形を見ながら、歪みのない音楽信号での最大出力を設定します。

th_CIMG3152th_CIMG3161

こちらが歪んでしまってダメな波形。

 

サウンドナビの最大出力は1.7V。ヘッドユニットも最大で使用できるボリュームを知っておく必要があります。

th_CIMG3153

パワーアンプのゲイン調節のダイヤルってどうしてこんなにちっちゃーいのでしょうか?

スゴく作業しにくいですよね・・・。

 

th_CIMG3169

th_CIMG3163

ほんのちょっと動かしただけで、こんな風に思いっきり歪んでしまいますので、ゲイン調整は大変シビアです。

耳で聞いて適当にグリグリ回してできるものではありません。

アンプのゲインが狂っていると、ヘッドユニットのボリューム全域で歪んだ音を聴いている状態になりますので、注意してください。

小さな音量でも、歪んだ信号の音楽を聴いている状態になります。

th_CIMG3150th_CIMG3170 th_CIMG3159

th_CIMG3200

パワーアンプのゲイン調整などの基本設定がきちんとできてから、やっとDSPのサウンドセッティングに入ります。

 

タイムアライメントがビシッと決まると、ダッシュボード上にピンポイントフォーカスで、広くて奥行きのあるステレオサウンドステージがふわっとキレイに展開します。(^^)

th_CIMG3205 th_CIMG3206

 

車内の周波数特性も、低音から高音までが大変滑らかに減衰して、これ以上できないレベルに理想的に調整できました。(^^)

低音もしっかり20Hzまで伸びきっています。

ウーハーボックスの設計はうまくいったようです。(^^)

th_IMG_4561

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

MERCURY CAR AUDIO 8インチパワードウーハー 入荷しました。

MERCURY CAR AUDIO 8インチパワードウーハー。

MCR-805:65000円(税別)

th_IMG_1089

8inch Powered Woofer + 3 Drivers

本格的な低音再生が可能な唯一のパワードウーハー、MERCURY MCR-805

場所をとらないで取付けできるアンプ内蔵ウーハーのパワードウーハーです。

8インチのスクエアウーハーと言う、めずらしいパワードウーハーですが、できるだけ設置面積いっぱいにウーハーのコーン面積をとれる事と、パッシブラジエーターと呼ばれるユニットを2台も内蔵していて、合計で3台のウーハーユニットでドライブする為、8インチとは思えない、ディーブかつスピード感のある重低音を再生できます。

だから、3DRIVERS と書いてあるのです。

 

ダサいですが、大きさの比較の為にペットボトルを並べてみました。

th_IMG_2650 th_IMG_2654

クロスオーバー内蔵、ハイレベル入力対応、リモコン付属、省電力。th_IMG_2656

薄型設計で、小さいですが、ずっしり重いのが重低音の証拠です。

th_IMG_2657

th_IMG_2658

欠品つづきのMCR-805 がやっと入荷しました。

助手席足元やシート下などに省スペースでウーハーを設置したい場合には、ベストチョイスです。

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

名古屋モーターショー2017 のレポート

名古屋モーターショー2017

2年に一度になってしまった、日本のモーターショー。

名古屋モーターショーです。

見に行ってきました。

画像はたくさんこちらにアップしています。

 

純正プレミアムカーオーディオのアップグレードが得意なホットワイヤード。

まず見てきたのは、輸入車館。

メルセデスベンツの純正プレミアムカーオーディオ、純正ブルメスターも見てきました。

2017/2018 ベンツは多くの車種で純正ブルメスターのサウンドシステムが搭載可能です。

展示車両も、Cクラス、Eクラス、Sクラスは、純正BURMESTER がついていました。

 

C-CLASS のコンバーチブルも、3D TWEETER でアップグレードが可能です。

S-CLASSのブルメスターも、ツイーターは普通のタイプ。

こちらにも3D TWEETERが取付け可能です。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10077

th_IMG_5899

th_IMG_5900 th_IMG_5902 th_IMG_5904

純正ブルメスターは、センタースピーカーもついています。th_IMG_5905

純正ぶる目スターは、純正アンプとプロセッサーとスピーカーなどがセットで機能しています。
サラウンドやシアターも表現していますので、汎用スピーカーに交換という古典的な手法ではアップグレードできません。

th_IMG_5906

Sクラスのリアのスピーカーもブルメスターです。

th_IMG_5908th_IMG_5907

 

こちらは、W213 E-CLASS AMG のカーボンの内装。

th_IMG_5910

カーボンのパネルに、ブルメスターのシルバーのスピーカーグリル。
th_IMG_5909

 

ミラーの裏側の黒いカバーの中に純正BURMESTERのツイーターがついていますが、3D TWEETER を取付けると、こうなります。(画像はW213 E-CLASS)

E-CLASS に装着の 3D TWEETER の動画はこちら!

th_IMG_2563

E-CLASSの純正ブルメスターのリアスピーカーのツイーターは、ドアにセットされています。

th_IMG_5912 th_IMG_5914

 

th_IMG_5911

 

 

C-CLASS のコンバーチブルは、ブルメスターなしでしたが、TOP PALACEのスピーカーセットでアップグレードも可能です。

(詳しくは後日ブログで紹介します。)

th_IMG_5898 th_IMG_58962017-09-17-PHOTO-00003918

 

 

日本車で唯一、かっこ良かったのは、今年もやっぱりマツダ。

昔は、経年劣化ではげるので有名だったマツダの赤ですが、いまはマツダの赤が一番すてきな色です。

大人の男でも乗れる不思議な赤色、高級感のあるソウルレッド。

 

  • マツダ 魁 CONCEPT

th_IMG_5887

 

話題のCX-8 は、結構並んでやっと乗れました。

th_IMG_5894th_IMG_5893

 

CX-5にも、XX-8にも、マツダ純正のBOSEサウンドがついていました。

th_IMG_5889 th_IMG_5890 th_IMG_5891

ツイーターももちろんBOSEです。

マツダ純正BOSEの音質向上、グレードアップには、ホットワイヤードで、スピーカー交換が可能です。

マツダ純正ボーズのスピーカー交換の詳細はこちら!

th_IMG_5892

 

 

ベンツやマツダの他にも、純正プレミアムカーオーディオを搭載しているメーカーはたくさんあります。

 

VOLVO は センタースピーカーにもツイーター付のB&W 
IMG_5865 IMG_5866 IMG_5867

IMG_5868

 

MINI は、HARMAN/KARDON

th_IMG_5932th_IMG_5920 th_IMG_5930 th_IMG_5921

純正BURMESTERのスピーカーはLEDで光ります。
プレミアムカーオーディオのスピーカーユニットは、グリルから透けて見えるのです。

 

 

ちょっと残念な音質の純正プレミアムオーディオは、純正ナビ/アンプ/プロセッサーを生かしたまま、スピーカーを交換するのがベストです。

スピーカー交換をする事で、大幅な音質のアップグレードが可能です。

見違える様に音が良くなります。

純正プレミアムカーオーディオのスピーカー交換は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

日野4トン トラックにカーオーディオ/サブウーハー取付け

日野の4トン トラックにカーオーディオの取付

今回は日野のトラックにサブウーハー取付ける方法をご紹介します。

th_CIMG6327

 

仕事で長時間運転する4トントラックこそ高品質のカーオーディオが必要なのだよ!

重低音を再生するサブウーハーも妥協したくない!

と、超こだわりのオーナー様です。(^^)

 

トラックの室内は意外と狭くて、ウーハーを置く場所がないので、みなさん苦労していると思います。

今回ご紹介する、アンプ内蔵のパワードウーハーは、

日野の4トントラック専用設計」じゃないのか? 

と思うほど、ピッタリと場所をとらずに取付け可能です。

MERCURY CAR AUDIO MCR-805 パワードウーハー:65000円(税別)

th_P1180492

取付け場所は、運転席の下です。

音質的にも一番良い位置です。

車内がうるさいトラックの場合、ウーハーを遠くに取付けると音が聴こえなくなってしまいます。

運転手にダイレクトにベースの振動も伝わるのも、グッド!

th_P1180493 th_P1180494

運転席側のシートをはずして、土台のシートレールにパワードウーハーを仕込みました。

th_P1180495 th_P1180496 th_P1180497

日野の4トン専用設計の様にキレイに収まります。

調整のスイッチ等がある側を前に取付けましたので、アクセスも楽にできます。

付属のリモコンは、運転中にも手の届く位置に取付けましたので、手元で簡単にウーハーの強さを調整できます。

th_CIMG6355

th_CIMG6356

覗き込まないと、ウーハーの存在にがわからないほど、スッキリとじゃまにならない位置に取付ができました。(^^)

運転手にズンズン低音が響いて、仕事中の待ち時間も至福の映画鑑賞タイムになります。

4トントラックのオーナー様もサブウーハーの取付をあきらめなくてイイんです!

4トントラック、商用車の架装、カーオーディオの取付は、メールにてお気軽にお問い合わせください。

information@hotwired.co.jp

th_CIMG6354

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

W222 電動ロータリー 3D TWEETER Sクラス後期型/W213 Eクラス後期型のアンビエントライトの仕様変更について

電動ロータリー3D TWEETER は、すべて車種別専用設計となっています。

ベンツ用 3D TWEETERのカタログ/詳細説明記事はこちら。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10274

2018年3月現在6種類あります。

W222 Sクラス (前期型用と後期型用があります。)

W231 Eクラス (前期型用と後期型用があります。)

X231 Eクラス

W205 Cクラス

W253/X253 GLCクラス

 

SクラスとEクラスの後期型(2017年後半以降)は、アンビエントライトの仕様が変更されているモデルがありますので、ご注意ください。

ベンツEクラス後期型のアンビエントライトの画面です。

th_DSC_0018

 

ベンツSクラス後期型のアンビエントライトの設定画面。

 th_IMG_3423 th_IMG_3422 th_IMG_3421

アンビエントライトの仕様の違うモデルに、前期型用の3D TWEETERを取付けた場合、LEDの光り方が完全には連動しなくなる場合があります。

※車両の仕様変更/アップデートによるLEDの光り方の違いは、クレーム対象外とさせていただきます。

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************