ハイエンドオーディオ用 Bluetoothレシーバー/ハイレゾ音源を高音質なままBluetoothで飛ばせるモジュール新発売!

ハイレゾ音源を高音質なままBluetoothで飛ばすことができる、ハイエンドオーディオ用 Bluetoothレシーバーのご紹介です。

LDACと同様、990kbps最大96kHz/24bitまでの情報量を維持したまま、Bluetoothのワイヤレス伝送の仕組みを使ってハイレゾの音楽再生ができます。

ハイレゾカーオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

一般的なカーナビ/カーオーディオでは、Bluetoothオーディオで受信すると、音が悪くなります。

理由は主に、ナビなどの受ける側のBluetoothレシーバーの性能が悪いからです。

カーナビのBluetoothは、携帯電話をハンズフリーで会話する程度の音質しか想定していないため、とりあえず音が出るだけで、音質は著しく劣化してしまいます。

なので、iPhoneならライトニングケーブル、アンドロイドやDAPならUSBケーブルをさして、音楽信号を転送するわけですが、車内が配線だらけになって煩わしい思いをしていませんか?

DSPを搭載したハイレゾカーオーディオの場合は特に、高級なオーディオよUSBケーブルを使用されている方も多いと思いますが、高級品ほど太くて硬くて、とっても邪魔なのが正直なところですよね。

実は海外ではすでに、TIDALやAMAZON HDなどのハイレゾ音源配信サービスを利用して携帯でハイレゾ音源を受信して、BluetoothでDSPプロセッサーに飛ばす、完全にワイヤレスのハイレゾカーオーディオを構築することが当たり前になっています。

 

そこで!

今回ご紹介する、

ハイエンドオーディオ用Bluetoothレシーバー、MBT500:58,000円(税別)

は、某高級オーディオ用チップ内臓のBluetooth5.0対応レシーバーで、

WAVはもちろん、FLACなどのハイレゾ音源も劣化させることなくオリジナルクオリティのままBluetoothで送受信することが可能 なのです。

LDACの 990kbpsと同等、最大96kHz/24bitまでの情報量を維持したまま、Bluetoothのワイヤレス伝送の仕組みを使ってハイレゾの音楽再生ができます。

Tos-Link と コアキシャルの両方のデジタル出力端子を装備。光ケーブル付属。
※海外製品につき、仕様、価格は予告なく変更になります。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

 

すでにHOT WIREDのハイエンドユーザーのお客様には使用していただいておりますが、評判は上々で、5万円/1M超の最高級USBケーブルと比較しても、ほとんど遜色ない音質であることが確認できております。

超高級オーディオ用USBケーブルとシビア比較してみても、「ほんの少しケーブルの方がいいかな?」という程度の違いです。

超高級オーディオ用USBケーブルを使っていない方の場合は、このBluetoothレシーバーを使用することで、簡単かつ劇的に音質向上を実現できます。

特に、Bluetooth5.0を搭載したアンドロイド携帯やDAPの場合は、ハイレゾ音源も劣化なくBluetoothで飛ばすことができます。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き a&k dap

車に乗ると自動でつながって、すぐに音楽が視聴できる便利さは、一度慣れる有線のカーオーディオには戻れません。(^^)

 

では、ハイレゾ用Bluetoothレシーバーをカーオーディオでどのように接続するかを説明します。

すでにシステムが出来上がっている人はものすごく簡単です。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付きハイエンドオーディオ用BT5.0 BLUETOOTHレシーバー

ハイレゾ用Bluetoothレシーバー本体にはUSBで給電してください。

TOS-LINKとコアキシャルのデジタル出力を装備していますので、プロセッサーの近くに置いて付属の光ケーブルをDSPのデジタル入力端子に刺すだけです。

ペアリングボタンを押して、端末とペアリングしてください。

以上です。

 

本体はすごく小さいので、どこにでも設置できます。

Astell&KernのSP2000 と並べてみるとこの大きさです。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き A&K

 

DSPのデジタル入力の直接入力することが可能です。

DAPを使ったハイレゾカーディオを構築する場合、テクニカのHDR500を使う場合が多いですが、その場合は、HDRのデジタル入力に入力します。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付きハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

 

プロセッサーまでが遠くて、長いUSBケーブルを必要とする場合は特に、ハイレゾオーディオ用Bluetoothレシーバーを買った方が安く済みますね。(^^)

ハイエンドオーディオ用Bluetoothレシーバー、MBT500:58000円(税別)

※海外製品につき、欠品の場合は取り寄せにお時間がかかります。

 

正しいハイレゾカーディオの構築は、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

CX-8 マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換/リアスピーカー編

CX-8 マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換の方法

先日フロントスピーカーとセンタースピーカーをアップグレードした、CX-8ですが、予想以上の音質向上を体感していただけたようで、早速リアスピーカーの交換のご依頼をいただきました。

リアドアスピーカーには、コアキシャルスピーカーを使用します。

MERCURY CAR AUDIO C60 3WAY COAX+インナーバッフルセット:85,000円(税別)
取り付け一式:40,000円(税別)
作業時間:3〜4時間ほど

CX-8 純正BOSE リアスピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 MERCURY CAR AUDIOCX-8 純正BOSE リアスピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 CX-8 純正BOSE リアスピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 MERCURY CAR AUDIO C60 COAX CX-8 純正BOSE リアスピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 MERCURY C60 

 

ストロボを焚いて撮影すると、パーフェクトな位置にインストールされたリアスピーカーが純正グリルから透けて見えます。(^^)

CX-8 純正BOSE リアスピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

フロントスピーカーの、MERCURY CAR AUDIO C62 2WAY セパレートスピーカーのツイーターは、まるで専用品かのようにCX-8の純正ツイーターの位置にぴったりと収まるのです。(^^)

CX-8 純正BOSE ツイーター交換 HOT WIRED 名古屋 C62

 

CX-8の音質向上、純正BOSEサウンドのスピーカー交換は、HOT WIREDまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

MARSHAL キャビネットのオーバーホールと補強と2発化(その2)

MARSHAL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールと補強と2発化の続きです。
その1はこちら。

経年劣化でボロボロのMARSHALLの1960 Aキャビネットをオーバーホールして、ついでにクラプトン仕様的な2発仕様にするのに加えて、キャビネット内部に補強を入れて、制振処理などの音響的なチューニングを施して音質向上を狙うのが、今回のキャビネットの改造の目的です。

その1で、2発化までのプロセスと、バーチで作成したバッフルボードが完成しました。

MARSHALL キャビネット 改造 2発化 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 音響チューニング

 

次は、キャビネット自体の強度を上げるために、内部に補強を入れます。

分解してみるとよく分かりますが、MARSHALLのキャビネットはあまりしっかりした作りとは言えず、大きな薄い板で組み立てられているだけで、スピーカーボックスとしては強度が足りないと思われます。

箱鳴りもMARSHALLの味とも言われるかもですが、今回のキャビネット改造のコンセプトは2発化とともにスピード感と音の正確性を向上させる目的としては、スピーカーボックスとしてのキャビネットの補強は非常に効果的なのです。

そこで、
今回のご依頼主のSTUDIO601様と共同開発しました、

MARSHALL Aキャビネット補強用スタビライザー

名付けて、「ツッパリ野郎1号」です。(^^)

何回も試作品を作って、試行錯誤の検証の結果、サイズや形状を決定しました。

前面のバッフルボードを縦方向のハリで補強して、背面のパネルとビスで固定してつっぱります。

背面パネルの真ん中をスルーにした改造キャビネットには、2本足で対応します。

ただ強く補強すりゃいいってわけじゃなく、MARSHALLらしさを損なわない様に程よく補強しないといけないのが、楽器の難しいところです。

角材ではなく、板材を貼り合わせて出来るだけ楕円に近い形状にしたり、角を丸く加工したり、音響的なパフォーマンスを向上させるための地味な工夫が盛り込まれております。

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 試作 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋

 

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fae4 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4a th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4f th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb58

 

 

「MARSHAL A/Bキャビネット用スタビライザー」は、市販化の予定ですので、通販でも購入していただけるようになります。(^^)

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋市販バージョンの「ツッパリ野郎1号」、チラ見せ。

 

MARSHALL MODEL1960 キャビネットのバッフル面の制振処理:

2発化して面積が増えた、MODLE1969 Aキャビネットのバッフル面には、ダイポルギーという制振/防振材を施工しました。

カーオーディオで言うところの、デッドニングですね。

ダイポルギーはカーオーディオのデッドニングでも使う材料です。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋

 

MARSHALL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールには、MARSHALL純正部品の新品を取りよせて、純正部品の新品に交換します。

スピーカーケーブルはウミヘビです。

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーに被らない様にマウントは作り直しています。

th_P1190025 th_P1190035 th_P1190036 th_P1190040

 

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーカーに被らない様に土台は作り直しています。

 

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋
MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋th_P1180992 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋

 

改造/オーバーホールが完成して、誇らしげに佇む、MARSHALL MODEL1960 Aキャビネットです。(^^)

これで気持ち良く大音量を鳴らしくれます。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋th_IMG_6537th_IMG_6534 th_IMG_6539

 

MARSHALL キャビネットのオーバーホール、改造、2発化、クラプト仕様は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け

CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け、フロアのデッドニングの施工例をご紹介します。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 純正BOSE 音質向上 HOT WIRED 名古屋 カーオーディオ 専門店

マツダ純正BOSEサウンドのサブウーハーは、スピード感のないもっさりした鬱陶しい低音が鳴ります。 

CX-5,CX-8,CX-9 などの純正BOSEのサブウーハーは、カーゴスペースにスペアタイヤ型サブウーハーが搭載されています。

もっさりしたサブウーハーの音の一番の原因はももちろんウーハーユニット自体ですが、
1Ω接続して、特定の周波数をブーストするポート付きのボックスという、音質的には大変不利な設計をしていることから推測できるのは、
小さなウーハーボックスに小型のウーハーユニットと弱いアンプのパワーでも最大限の低域を再現するために、質より量を優先した設計になっていることと思われます。

CX-8の純正BOSEのサブウーハーを取り外して、パワードウーハーを取り付けることで、量と質の両方のアップグレードが実現できます。

CX-8にはスペアタイヤがありませんが、スペアタイヤ用のスペースにBOSEのサブウーハーが取り付けられいます。

これを、スペアタイヤのデッドスペースにちょうどはまるように設計されたパワードウーハーに交換するのです。
つまり、トランクスペースの犠牲は一切ありません。

同時施工にオススメしているが、カーゴスペースのフロアーのデッドニングです。

今回は、追加で、カーゴスペースの吸音/断熱処理と、サイドと奥の部分のデッドニング、クオーターパネル裏側のデッドニング+吸音材施工を実施しました。

 

 

CX-8の純正BOSEサブウーハーとスペアタイヤ型パワードウーハーの比較:

画像では分かりにくいですが、BOSEのサブウーハーボックスは樹脂です。

スペアタイヤ型パワードウーハーは金属の筐体で、ずっしり重く、内部には2台のウーハーユニットが内蔵されています。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 

 

CX-8のカーゴスペース のフロアのデッドニング:

STPのAEROを圧着して貼り込んだ上に、吸音断熱材を貼り込みます。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

スペアタイヤを取り付けるための土台にサブウーハーが取り付けられているため、土台部分やフロアーのデッドニングは大変重要なのです。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング クオーター 吸音材 断熱材CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

デッドニングが完了して、スペアタイヤ型パワードウーハーを固定します。CX-8 BOSE サブウーハー 交換 スペアタイヤ型パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 内装を元に戻すと全く分からなくなります。
トランクスペースの犠牲はゼロです。

 CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

CX-8のサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付けは、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

MARSHALL 1960 Aキャビネット 12インチ2発のクラプトン仕様に改造する

ホットワイヤードは、名古屋のカーオーディオの専門店ですが、木工加工技術を活かして、楽器/アンプ/キャビネットのオーバーホールや改造も承っております。

MARSHALL 1960 キャビネットを2発に改造して、クラプトン仕様みたいに に改造する方法をご紹介します。

※エリッククラプトンがミュージックマンの4発キャビを2発に仕様変更している。

 

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

新しければ良いわけでもないし、作りの良さと音の好みが必ずしも一致しないのが楽器の奥が深いところであるが、こだわりを持って楽器を使用しているミュージシャンが、10年も20年も全くメンテナンスもしないで使いっぱなしのキャビネットで良いわけがないよね。

 

 

 

 

今回のご依頼主様は、名古屋のレコーディングスタジオ、JOYSOUND 601 Studio様。

全国屈指の設備を誇る、本格的な商業録音レコーディングスタジオで使用される機材なのです。 

  

今回のご依頼の内容は、
経年劣化で性能に影響のある部分のオーバーホール、
音質とレスポンスの向上のために、MARSHALL 1960 Aキャビネットを12インチ2発に改造すること、
同時に補強を入れる等のキャビネット自体の音響的なチューニングをしたい、
との事でした。

 

マーシャル1960キャビネットを分解してみると、
カスタムカーオーディオの常識からすると、ありえない雑な作りに驚かされる・・・。

スピーカーユニットも一個だけ違うものがついている。

抵抗値さえ合っていれば壊れることはないでしょうが、異なるユニットからは若干違う音がずれて出てきて、演奏していてなんか気持ち悪い感じになるのではないでしょうか?

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

この極細スピーカーケーブルと端子で良くあんなデカい音が出るよね・・・。
各部ネジが緩んでグラグラで、背面板には固定さえされていない補強?の棒はは少し短くてつっぱりにもなっていない・・・。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

何十年分かのヤニや汚れを吸った恐ろしく汚いネットを剥がすと、MARSHALLのロゴを止めるための土台の板が出てくる。
これまた適当な板切れを打ち付けただけで、スピーカーの上に被ってしまっている。
音響的に良いことがあるわけはないし、あまりにも心ない雑な作りに依頼主様もビックリである。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ th_CIMG7043MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

ボロボロのキャスターや割れたプラスチックパーツ、MARSHALLロゴ、ネット、ネジ類などは全て新品のパーツを取り寄せてオーバーホールします。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップMARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

では、
MARSHALL 1960 Aキャビネットのオーバーホールと、2発仕様への改造、エリッククラプトン仕様? の制作を詳しくご紹介します

キャビネットのバッフルは、音響的に最も重要な部分です。

今回は材料にもこだわり、フィンランドバーチを使用します。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

フィンランドバーチは硬いので加工が大変なのです。(;^_^

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 

マーシャル 1960 Bキャビネットと違って、Aキャビネットは上2発がスラントしていますので、角度や接合部の強度や精度にもこだわって正確に加工したパーツは補強を入れてボンドで強固に固定します。
将来のスピーカーの交換が簡単にできるように、取付部には鬼目ナットを打ち込んでおきます。
MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

音抜けを良くするためにスラント加工を施します。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

  

MARSHALL 1960 Aキャビネット、12Vインチ2発仕様。

ここからさらにバッフルをダイポルギーで塗装して、キャビネット内部に補強のためのブレースを制作します。

その2へ続く。

MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ MARSHALL キャビネット 改造 2発 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 チューンナップ

 その2へ続く!

MARSHALL 1960 キャビネットの2発化、オーバーホール、キャビネットの補強チューニングは、名古屋のホットワイヤードまでご相談ください。

マーシャルのキャビネットの2発化、オーバーホールの画像は、HOT WIREDのFACEBOOKページにたくさんアップされています。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2356851781024549

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************