サイバーナビを劇的に音質向上する裏技 アンプのゲイン調整/ナビヘッドの最大出力の設定 AVIC-CZ901


サイバーナビを劇的に音質向上する裏技をご紹介します。

アンプのゲイン調整は、カーオーディオの音質を決定づける重要なサウンドセッティングです。

アンプのゲイン調整をするためには、その前にヘッドユニットの最大出力を設定する必要があります。

めんどくさい地味な作業ですが、カーオーディオの音質には最も重要な音調整なのです。

 

サイバーナビは、FRONT/REAR/SUBのライン出力を装備しています。

内蔵プロセッサーのクロスオーバーを使用して、3WAYマルチシステムの構築が可能です。

サイバーナビは、フルボリュームの40でも出力信号がクリップしない優秀なCDプレーヤーですが、普通に使うと最大出力が、1.6Vしかありません。

th_CIMG0630 th_CIMG0631

 

サイバーナビのライン出力を、2.1Vにする方法の紹介です。

オシロスコープで、音楽信号が歪まないぎりぎりのセッティングをしましたので、今回はソースレベルアジャスターを+4にして、クリップ直前の最大ボリュームを35に設定しました。

これでサイバーナビの最大出力は、2.1Vに増幅され、全くひずみのないクリーンな音楽信号を出力できるようになりました。

th_CIMG0633 th_CIMG0635 th_CIMG0638 th_CIMG0640 th_CIMG0636

 

  

ナビヘッドの最大出力を設定することで、「フルボリュームでガンガンに再生しても、音の歪みが全くない、大音量かつ静かなカーオーディオ」を作るための一番最初のサウンドセッティングが完了しました。(^^)

この次に、パワーアンプのゲイン調整をします。

そして最後に内蔵プロセッサー(DSP)の音調整ができるのです。

ナビヘッドとパワーアンプのゲイン調整を「聴感でおおよそ」でやっていると、その先でいくらがんばっても帳尻が合わなくて、完全なサウンドセッティングは絶対に不可能なのです。

 

 

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

カテゴリー: サウンドセッティング(音調整), 店長の独り言   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">