CX-8の純正BOSEのツイーター交換の方法/純正ボーズサウンドの音質向上



CX-8の純正BOSEのツイーター交換の方法をご紹介します。

純正BOSEサウンドの曇った音を改善するためには、ツイーター交換が必要です。

マツダ純正BOSEサウンドに対応しているツイーターは、MERCURY CAR AUDIO の C62のツイーターです。

コレから紹介する方法は、DIYの方にもおすすめです。

C62のツイーターは、ほぼ無加工でCX-8のピラーの純正BOSEツイーターの位置に取り付ける事が可能です。

th_CIMG1834th_CIMG1866

CX−8の純正ボーズのツイーターを外して、中のリップを少し削るだけで、C62のツイーターとぴったりのサイズになります。(^^)

(加工/固定などは工夫が必要ですので、DIYの方は自己責任で。)

th_CIMG1865
th_CIMG1867

th_CIMG1868

CX-8の純正ツイーター位置にぴったり収まります。(^^)

th_IMG_4965th_IMG_4964

 

C62のツイーターだけのバラ売りはありませんので、フロントスピーカーのセットになります。

HOT WIREDオリジナル、

CX-8 純正BOSE用 フロントスピーカーとインナーバッフルのセット:115,000円(税別)

マツダ純正BOSEサウンドに対応しています。

th_IMG_1368 th_IMG_1365th_IMG_3049

 

 

通販ご希望の方は、こちらのまでメールにてご注文ください。

information@hotwired.co.jp

お名前、ご住所、電話番号をご連絡願います。

 

通販の方へお願い:

インナーバッフルは、ワンオフ手作りで、防水処理のため、見た目が汚いです。

プロショップでの取付または、愛好家向けの改造部品として販売していますので、取り付けには多少の工作技術と工夫が必要です。

内容物は、スピーカー自体とインナーバッフルだけです。必要な工具、ネジ、配線等はご自身で用意してください。

資源節約のため、簡易梱包/再利用/商品の外箱に直接送り状を貼って郵送する場合があります。

ご理解願います。

 

CX-8 純正BOSEのスピーカー交換/ツイーター交換の詳細画像はこちらでご覧いただけます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1979122385464159 

 

その他の車両のフォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: 純正BOSEサウンドのスピーカー交換   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">