BMW F800GS にオススメのタイヤ ミシュラン MICHELIN ANAKEE ADVENTURE 2CT


BMW F800GS のタイヤ交換

MICHELIN ミシュラン ANAKEE ADVENTURE のインプレ。

th_CIMG6513

BMW F800GS ADVENTURE のタイヤサイズは、フロントが90/90-21、リアが15/70-17。

METZELER KAROO3という、結構オフ寄りのタイヤを履いていましたが、グオーンてロードノイズがうるさいのと、感触もよくないので、次のタイヤを決めるべく軽くリサーチ開始。

i-img900x1200-15555955423bs4pa569349

オフロードはほとんど走りませんが、オフロードに行けないようなロードタイヤにしてしまうのは嫌だし。

見た目は、TKC80をいつか履いてみたいと思っていますが、

オンロードメイン、しかもタンデム多め。

ビッグオフ用のタイヤはあまりチョイスがないのか、長らく、

オフ用はメッツラーのKAROO3で、オンロード用はミシュランのANAKEE3 という2択だったようだが、最近のグアドベンチャーバイク人気で新型のタイヤがたくさん出ているようである。

メッツラーのKAROO STREETという、KAROO3のオンロード寄りなタイヤが最近出たらしい。

MICHELIN は、オフ寄りの選択肢が増えて、ANAKEE ADVENTURE と ANAKEE WILD というのが出たらしい。

オンロード80/オフロード20 というコンセプトの、ANAKEE ADVENTURE を履いてみることにした。(値段も一番安かったし)

前後共ミシュラン得意のデュアルコンパウウンド、2CTとかいうヤツらしいが、メーカーサイトを見てもあまり詳しい説明/情報が乗っていいないので調べるのに苦労しました。

真ん中は硬いコンパウンドで減りにくく、サイドは柔らかいコンパウンドでグリップを稼ぐってヤツですね。

フロントタイヤは、2CTでリアタイヤは2CT+。

2CTとは、
センター部分には耐久性の高いラバー・コンパウンドを、ショルダー部にはグリップ力の高いラバー・コンパウンドを配置することでロングライフと安全性を両立。

2CT+とは、
センター部に100%シリカコンパウンドを搭載することでドライ&ウェットグリップを両立し耐久性を向上。ショルダー部にカーボン系のレーシングコンパウンドを搭載することでコーナリング安定性を高めた。

らしいです。

2019年春に出たばっかりなんですね。

 

タイヤ交換は、いつもS1000RRでお世話になっているご近所のK-MAXさんにて。
サーキット系のユーザーが多いK-MAXさんで「オフロードタイヤですか・・・」って言われながら、無理言って超多忙のゴールデンウイーク直前に脱着ありがとうございました。m(_ _)m

 

見た目もオフロードバイクらしい強そうなブロックパターンでいい感じです。

触った感じもゴムが柔らかくてグリップ良さそう。

th_CIMG6509 th_CIMG6512  th_IMG_1775 th_IMG_1783

th_IMG_6127

 

 

 

で、早速いつもの矢作ダムのワインディングに皮むきに行ってきましたので、150kmくらい走ってみての、ANAKEE ADVENTURE のインプレです。

 

まずは高速道路を走ってみた。

KAROO3に比べれば当たり前だが、大変静かになった。

自分はバイクに乗るときは耳栓をしています。

100kmくらいでフロントからのクオーンっていう共鳴音みたいなノイズが気になりました。

すごく静かなタイヤではないが、十分に許容範囲である。

おかげで、F800GSの独特のうるさいエンジンのノイズや振動の方がさらに気になるようになった。

GSのロータックスエンジンは感触がゴリゴリしていて、ノイズや振動が激しい。

タイヤの感触は柔らかくて、乗り心地も良い。

路面からの情報が良い意味できちんと伝わってくる感触。

柔らかくてしなやかな感じでとても感触はいいです。こんな感じのデュアルパーパスなタイヤが好きです。

ハードなブレーキングや急加速でも、センターはガチッとした安心感もある。

タイヤがしっかりしたおかげか、サスペンションの動きかよくわかる? よく動く? ようになった気がする。

KAROO3のときは全体的に感触が良くわからなかった。

ワインディングに入ってみるて特に感じたのは、

深くバンクすると、寝たまま安定したがるような感じ。

サイドが広がってヒラペッたいトレッドの形状のせいなのだろうか?

それと、バンクしてしていき、加速するときにリアがグニャっと外に逃げるような感触。

でも、多分サスが柔らかいからそんな感じがするのかもしれない。

サイドのコンパウンドが柔らかいからかも?

アクセル開けてからワンテンポ遅い感じも、慣れれば別に平気。

乗りごごち良いです。(^^)

フロントには外に逃げる感触はなく、ヒラヒラ切り替えしても、ブレーキ引きずりながらクイクイ切り返しても、フロントは終始しっかりした感触で安心感があります。

21インチでこの感触はありがたい。

ワインディングがとても楽しいです。(^^)

久しぶりに「換えて良かった」と思えるタイヤです。

 

オフは走ってないのでわかりませんが、路肩の砂利と苔が生えたような柔らかい濡れた芝生?の上をほんのちょっと走りましたが、嫌な感じも特に気を使う必要もなく普通に通過できましたので、そこそのオフでのグリップの期待できるのか?

 

 

150km走ってもヒゲが取れませんでした。(^^)
th_CIMG6510

 

 

オフ走行が多い人には、オン50/オフ50の、ANAKEE WILD も良いらいいですね。

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: F800GS ADVENTURE   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">