MARSHAL キャビネットのオーバーホールと補強と2発化(その2)


MARSHAL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールと補強と2発化の続きです。
その1はこちら。

経年劣化でボロボロのMARSHALLの1960 Aキャビネットをオーバーホールして、ついでにクラプトン仕様的な2発仕様にするのに加えて、キャビネット内部に補強を入れて、制振処理などの音響的なチューニングを施して音質向上を狙うのが、今回のキャビネットの改造の目的です。

その1で、2発化までのプロセスと、バーチで作成したバッフルボードが完成しました。

MARSHALL キャビネット 改造 2発化 クラプトン 補強 オーバーホール 1960 音響チューニング

 

次は、キャビネット自体の強度を上げるために、内部に補強を入れます。

分解してみるとよく分かりますが、MARSHALLのキャビネットはあまりしっかりした作りとは言えず、大きな薄い板で組み立てられているだけで、スピーカーボックスとしては強度が足りないと思われます。

箱鳴りもMARSHALLの味とも言われるかもですが、今回のキャビネット改造のコンセプトは2発化とともにスピード感と音の正確性を向上させる目的としては、スピーカーボックスとしてのキャビネットの補強は非常に効果的なのです。

そこで、
今回のご依頼主のSTUDIO601様と共同開発しました、

MARSHALL Aキャビネット補強用スタビライザー

名付けて、「ツッパリ野郎1号」です。(^^)

何回も試作品を作って、試行錯誤の検証の結果、サイズや形状を決定しました。

前面のバッフルボードを縦方向のハリで補強して、背面のパネルとビスで固定してつっぱります。

背面パネルの真ん中をスルーにした改造キャビネットには、2本足で対応します。

ただ強く補強すりゃいいってわけじゃなく、MARSHALLらしさを損なわない様に程よく補強しないといけないのが、楽器の難しいところです。

角材ではなく、板材を貼り合わせて出来るだけ楕円に近い形状にしたり、角を丸く加工したり、音響的なパフォーマンスを向上させるための地味な工夫が盛り込まれております。

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 試作 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋

 

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fae4 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4a th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb4f th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb58

 

 

「MARSHAL A/Bキャビネット用スタビライザー」は、市販化の予定ですので、通販でも購入していただけるようになります。(^^)

MARSHALL キャビネット 補強 スタビライザー つっぱり棒 つっぱり君 つっぱり野郎 HOT WIRED 名古屋市販バージョンの「ツッパリ野郎1号」、チラ見せ。

 

MARSHALL MODEL1960 キャビネットのバッフル面の制振処理:

2発化して面積が増えた、MODLE1969 Aキャビネットのバッフル面には、ダイポルギーという制振/防振材を施工しました。

カーオーディオで言うところの、デッドニングですね。

ダイポルギーはカーオーディオのデッドニングでも使う材料です。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール ダイポルギー HOT WIRED 名古屋

 

MARSHALL MODEL1969 Aキャビネットのオーバーホールには、MARSHALL純正部品の新品を取りよせて、純正部品の新品に交換します。

スピーカーケーブルはウミヘビです。

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーに被らない様にマウントは作り直しています。

th_P1190025 th_P1190035 th_P1190036 th_P1190040

 

MARSHALLのロゴも純正部品を取り寄せて新品を取り付けます。(^^)
もちろんスピーカーカーに被らない様に土台は作り直しています。

 

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋
MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール 純正ロゴ HOT WIRED 名古屋MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋th_P1180992 MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋

 

改造/オーバーホールが完成して、誇らしげに佇む、MARSHALL MODEL1960 Aキャビネットです。(^^)

これで気持ち良く大音量を鳴らしくれます。

MARSHALL キャビネット クラプトン仕様 補強 スタビライザー オーバーホール HOT WIRED 名古屋th_IMG_6537th_IMG_6534 th_IMG_6539

 

MARSHALL キャビネットのオーバーホール、改造、2発化、クラプト仕様は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: おすすめ商品, カスタム全般   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行輸入車の純正ナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR、F800GS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">