Fiio M11pro/M15 DAPを使った、正しいハイレゾカーオーディオ構築の方法のご紹介 その12


名古屋のカーオーディオ専門店「HOT WIRED」がお届けしております、「正しいハイレゾカーオーディオ」の構築方法シリーズ。

正しく本物のハイレゾを視聴するためには、正しい機材を正しく取り付けて、正しく使用する必要があります。

 

「ハイレゾ音源を買って、自分の端末に保存する」というやり方は手間で不便だし、容量もお金もキリがなくて、やってられない。

なので、

今一番オススメの方法は、「DAPとスマホを使って、ストリーミングでハイレゾを視聴する方法」です。

その際に、一番オススメのDAPは、ズバリ、Fiioです。

ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED

理由は、ストリーミングができる、オフラインでもできる、bluetoothの性能が良い、コアキシャル出力がある、旭化成のチップ、アナログ出力も良い、音質が良い、お値段がお手頃、など色々ありますが、中でも、M11proがいちばんのオススメです。(2020、9月現在)

何れにしても、「ハイレゾ音源を購入して、端末の中に貯めて聴く」というスタイルはもう終わっていると思います。
実際音楽なんていちいち買ってたらキリがない。

Amazon HDやTIDALでストリーミングでハイレゾを視聴する方法が、主流になっています。

 

 

 

 

 

今回は、すでにストリーミングによるハイレゾカーオーディオを実現しているオーナー様のご紹介です。

システムは、Fiio + HELIX DSP PRO MK2 + Mercury Car Audioのアンプとスピーカーという鉄板のシステムです。

普段は、コアキシャルでDAPとテクニカのHDR500をつないで、そこから光ケーブルで、HELIX DSPへと入力しているのですが、今回は、新たに、

「DAPのアナログ出力から、HELIX DSP PROのアナログ入力へ直接接続する方法での音質の違いを味わってみたい」

との、リクエストにお応えして、アナログ入力を作ってのサウンドセッティングを実施しました。

アナログ入力を試したい理由は、

FIIOのアナログ回路は非常に定評があり、アナログはアナログで良い部分もある、HELIX DSP PROのアナログ入力は8系統もあり、すでにナビを入力しているが、さらに入力を増やすことに対したコストはかからない、ベルデンさんのRCAケーブルを試してみた、などの理由がありました。

FiioのM15は、3種類の音声出力がありますので、
AIM電子の最高級USBケーブルでの接続。(これびっくりするくらい音が良くなります)
コアキシャルでの接続。
アナログ回路を使用した、3.5mmでの出力。
加えて、
LDAC対応のハイレゾ用Bluetoothレシーバー(MIB500)を使用した、ワイヤレスでのハイレゾカーオーディオ。

と、1台のDAPとHELIX PRO MK2で、4種類の入力/出力を楽しめるようになりました。(^^)

ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED

 

 

ベルデンのアナログケーブルは、細いけど硬いんです。(笑) 

この時点では、知らなかったのですが、FIIO M15は、設定で画面を上下逆さまにすることができますので、ジャックを下向きに設置することも可能です。(^^)ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED ウォークマン ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED アナログ出力 コアキシャル出力 ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED

HELIX DSP PRO MK2やULTRAは、大変多機能ですが、音調整のスキルの前に、パソコン設定のスキルが必要で、調整用ソフトを使いこなすのに、パソコン教室並みのかなりの熟練を必要とします。(笑)

こちらは、イコライザー調整の、ビフォーアフターです。

ハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED サウンドセッティングハイレゾ カーオーディオ dap dsp helix fiio m11pro m15 コアキシャル アナログ 光ケーブル デジタル出力 HOT WIRED RTA 音調整 イコライザー

 

理想的な周波数バランスに仕上がりました。(^^)

他店にて取付の、カーオーディオの音調整・DSPのサウンドセッティングだけのご依頼も大好評をいただいております。

カーオーディオ/DSPの音調整・サウンドセッティング一式:35000円(税別)〜
完全予約制。
作業時間:2時間〜

ご都合の良い日時をお知らせの上、ご予約をお願いいたします。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

 

http://www.hotwired.co.jp/blog/

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: サウンドセッティング(音調整), ハイレゾカーオーディオ   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行輸入車の純正ナビの日本語化、後付けApple CarPlay、アンドロイドナビモニター、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMA JAPANマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドチューニング/DSPサウンドセッティング、音調整、ゲイン調整、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR、F800GS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">