BUELL XB12S リアサス交換/オーリンズのリアショック


BUELL XB12S メンテナンス記録

ビューエルは、非常に乗り心地がわるい。

クイックでスパルタンな乗り味、と言うとカッコ良く聴こえるが、

腰痛持ちには非常に辛い・・・。

http://www.youtube.com/hotwiredweb

こちらで走行動画もご覧いただけます。(^^)

th_IMG_1049

もうずいぶん前ですが、少しは乗り心地がしなやかになるかと期待して導入した、オーリンズのリアサス。

結果から言うと、ノーマルとまったく変りませんでした。

メリットもなければ、デメリットもないです。

乗り心地もほぼそのまま。

ゴツゴツのピョコピョコです。

減衰力の調整はできますが、基本的な固さに対して、すこし調整できる感じで、街乗りにおいて劇的に乗り心地がよくなるとか、サーキットで劇的に安定するとか言う事は無いです。

プリロードは約10ミリくらいしか可動範囲がないので、この部分は純正ショックより調整幅が減ってしまいましたので、グレードダウンです。

私が鈍感なだけと思いますが、評判ほどではないオーリンズの感触に正直ガッカリでした。

th_DSCN5570

ビューエルの乗り心地をなんとかしたいと思いながら、早10年・・・。

半分あきらめていますが、せっかく超高級なオーリンズのリアサス買ったんだから、なんとかしたい!

オーリンズのネガな感想ばかりになってしまいましたが、オーリンズの良いところは、レートの違うスプリングに交換したり、減衰力の調整を指定カスタムしたりできるところです。

つまり、「吊るしの状態ではとりあえずノーマルと大差ない設定だけど、自分の好みでカスタムしてください。」というのがオーリンズのサスの本当の使い方らしい。

今回オーバーホールのついでに、オーリンズのリアサスをカスタムしてみる事にしました。

th_CIMG4642

サスペンションのセッティングは非常に奥が深くて、ショップやメーカーでも一般的な情報しかなく、相談できるショップもない。

加えて、個人の好みの部分が大きく、固い/やわらかいも感覚的な物なので、人によって言う事が全然違う、個人差が大きすぎて数値化するのが難しい。

さらに、世の中的には、サスを固くしたがる人の方が多くて、僕の様にやわらかくしたいと言うニーズ自体が少ないようである。

なので、乗り心地を良くする方向でのサスペンションのセッティングと言う事を相談しても、まったく有益な情報が見つからないので、、自分なりにいろいろ考えてみた。

 

まず、純正ショックとオーリンズのショックを比較してみた。

OHLINS BU201

プリロードをかけていない状態で、オーリンズの全長は358ミリ

スプリングは、1092-24 で、自由調が170ミリ

スプリングレート:80N/m

なぜか純正より巻き数が少なくて短いスプリングがついている。

これじゃあバネが固くなりそうにみえるのは素人だからですか?(^_^;)

th_DSCN5562

 

BUELLのメーカー設定の最大積載量? 二人乗りの合計体重の上限は、240キロです。

240キロ以上の体重の人はサスペンションも破綻してあぶないから乗っちゃダメだよ、と言う意味だが、

逆に言うと、MAX240キロで二人乗りしても絶対に破綻しないリアサスのメーカー設定になっているわけである。

という事は、一人乗りの場合はモノすごく固すぎるのでないのか?

70キロの一人乗りではガチガチで動かないですよね?

普通の日本人だと、二人乗りしても、メーカー設定の半分くらいの重量にしかならない。

240キロは上限であり、240キロで最適化されているわけないので、真ん中くらいがベストと仮定すると、体重120〜150キロ位でちょうど良い動きをするスプリングがついていると考えるのが妥当ではないだろうか?

やわらかすぎてフルボトムするようなスプリングは危険なので、レーサーでもないかぎり、メーカーとしては少し余裕をもって固めを入れるでしょう。

バネの固さは一定なので、ダンパーの減衰力を下げたところで、240キロ設定のガチガチのスプリングのサスが一人乗りでベストな性能を発揮するのは不可能ではないか?

これはバネが固すぎると思います。

th_DSCN5563

乗り心地を良くしたいので、20ミリ長くて、2レートやわらかいバネを入れてみる事にしました。

プラス、減衰力は15%減の設定にしてみます。

乗り心地だけではなく、サーキット走行でも、ガチガチで動かないスプリングのリアサスよりも、しなやかに良く動いて運動性能も良いのではないかと思います。

 

やわらかいスプリングのオーリンズのインプレはまた後日。

 

所詮ビューエル、無駄な抵抗ですが・・・。

 

つづきはこちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=9222

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カテゴリー: BUELL XB12S   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">