ハイエンドオーディオ用 Bluetoothレシーバー/ハイレゾ音源を高音質なままBluetoothで飛ばせるモジュール新発売!

ハイレゾ音源を高音質なままBluetoothで飛ばすことができる、ハイエンドオーディオ用 Bluetoothレシーバーのご紹介です。

LDACと同様、990kbps最大96kHz/24bitまでの情報量を維持したまま、Bluetoothのワイヤレス伝送の仕組みを使ってハイレゾの音楽再生ができます。

ハイレゾカーオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

一般的なカーナビ/カーオーディオでは、Bluetoothオーディオで受信すると、音が悪くなります。

理由は主に、ナビなどの受ける側のBluetoothレシーバーの性能が悪いからです。

カーナビのBluetoothは、携帯電話をハンズフリーで会話する程度の音質しか想定していないため、とりあえず音が出るだけで、音質は著しく劣化してしまいます。

なので、iPhoneならライトニングケーブル、アンドロイドやDAPならUSBケーブルをさして、音楽信号を転送するわけですが、車内が配線だらけになって煩わしい思いをしていませんか?

DSPを搭載したハイレゾカーオーディオの場合は特に、高級なオーディオよUSBケーブルを使用されている方も多いと思いますが、高級品ほど太くて硬くて、とっても邪魔なのが正直なところですよね。

実は海外ではすでに、TIDALやAMAZON HDなどのハイレゾ音源配信サービスを利用して携帯でハイレゾ音源を受信して、BluetoothでDSPプロセッサーに飛ばす、完全にワイヤレスのハイレゾカーオーディオを構築することが当たり前になっています。

 

そこで!

今回ご紹介する、

ハイエンドオーディオ用Bluetoothレシーバー、MBT500:58,000円(税別)

は、某高級オーディオ用チップ内臓のBluetooth5.0対応レシーバーで、

WAVはもちろん、FLACなどのハイレゾ音源も劣化させることなくオリジナルクオリティのままBluetoothで送受信することが可能 なのです。

LDACの 990kbpsと同等、最大96kHz/24bitまでの情報量を維持したまま、Bluetoothのワイヤレス伝送の仕組みを使ってハイレゾの音楽再生ができます。

Tos-Link と コアキシャルの両方のデジタル出力端子を装備。光ケーブル付属。
※海外製品につき、仕様、価格は予告なく変更になります。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

 

すでにHOT WIREDのハイエンドユーザーのお客様には使用していただいておりますが、評判は上々で、5万円/1M超の最高級USBケーブルと比較しても、ほとんど遜色ない音質であることが確認できております。

超高級オーディオ用USBケーブルとシビア比較してみても、「ほんの少しケーブルの方がいいかな?」という程度の違いです。

超高級オーディオ用USBケーブルを使っていない方の場合は、このBluetoothレシーバーを使用することで、簡単かつ劇的に音質向上を実現できます。

特に、Bluetooth5.0を搭載したアンドロイド携帯やDAPの場合は、ハイレゾ音源も劣化なくBluetoothで飛ばすことができます。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き a&k dap

車に乗ると自動でつながって、すぐに音楽が視聴できる便利さは、一度慣れる有線のカーオーディオには戻れません。(^^)

 

では、ハイレゾ用Bluetoothレシーバーをカーオーディオでどのように接続するかを説明します。

すでにシステムが出来上がっている人はものすごく簡単です。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付きハイエンドオーディオ用BT5.0 BLUETOOTHレシーバー

ハイレゾ用Bluetoothレシーバー本体にはUSBで給電してください。

TOS-LINKとコアキシャルのデジタル出力を装備していますので、プロセッサーの近くに置いて付属の光ケーブルをDSPのデジタル入力端子に刺すだけです。

ペアリングボタンを押して、端末とペアリングしてください。

以上です。

 

本体はすごく小さいので、どこにでも設置できます。

Astell&KernのSP2000 と並べてみるとこの大きさです。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き A&K

 

DSPのデジタル入力の直接入力することが可能です。

DAPを使ったハイレゾカーディオを構築する場合、テクニカのHDR500を使う場合が多いですが、その場合は、HDRのデジタル入力に入力します。

ハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付きハイレゾオーディオ用 BT5.0 BLUETOOTHレシーバー ブルーツースオーディオ デジタル出力付き

 

プロセッサーまでが遠くて、長いUSBケーブルを必要とする場合は特に、ハイレゾオーディオ用Bluetoothレシーバーを買った方が安く済みますね。(^^)

ハイエンドオーディオ用Bluetoothレシーバー、MBT500:58000円(税別)

※海外製品につき、欠品の場合は取り寄せにお時間がかかります。

 

正しいハイレゾカーディオの構築は、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

マグネット式の車載無接点充電iPhoneホルダーをワンオフで製作しました。 プジョー5008

無接点充電のスマホが増えていますので、純正で無接点充電器を搭載した車も増えていますね。

しかしながら、なかなか使い勝手は良くありません。

ケースがあると充電しない上に、ずれて走行中この位置におさまっているわけがなく・・・

カーオーディオ愛好家としては、オーディオ用にケーブルをつないでいるため、さらに座りが悪いのですよ。

 無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800
カーオーディオ用にスマホをミュージックプレーとして使用しがら、DAPなども同じ場所にマウントできるマグネット式のiPhoneホルダーでありながら、車載無接点充電iPhoneホルダーをワンオフで製作しました。

今回ご紹介するのは、プジョー5008です。

純正で無接点充電器を搭載していますが、コンソールの奥の方にあり、iPhoneを置いてしまったら全く見えない位置で、とても使い勝手が悪いのです。

中途半端なサイズの小物入れになっていたデッドスペースを利用して、無接点充電式のマグネットiPhoneホルダーと、JL AUDIOのマスターボリュームと、デジタルトランスポートHRD500の入力切替のスイッチを作り込みました。

無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008

色々考えた結果、将来的にマグネットホルダー自体を簡単に別のものに交換できるようにも工夫してあります。

マグネットホルダー自体は市販のものであり、星の数ほどある市販のホルダーの中からお気に入りのものを見つけたら、取り替えるのが簡単なように土台部分を工夫して作ってあります。

表面の仕上げは黒のスエードで。

どうでしょうか? 

知らない人が見たらまるで純正品のような仕上がりに出来上がりました。(^^)

無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800

独特な左右非対称のデザインで、なかなか難易度の高い車なのですが、シフトやスイッチの操作を邪魔しない、絶妙な位置にうまくiPhoneを設置することができます。

ハイレゾカーオーディオのボリューム操作も運転しながらブラインドタッチで着るので、大変に便利かつ安全に操作できます。(^^)

車載 無接点充電 無接点充電マグネットiPhoneホルダ プジョー 5008 3008 JL AUDIO vxi vx800無接点充電マグネットiPhoneホルダ

オーナー様のiPhoneは、手帳型のケースをつけたままでも無接点充電が可能でした。(^^)

地味に大変なワンオフ製作でしたが、オーナー様にも大変喜んでいただけましたので良かったです。

費用は、およそ35000円です。(^^)

無接点充電マグネットiPhoneホルダ 無接点充電マグネットiPhoneホルダ

 

 

もう一つのオーナー様のリクエスト。

プジョー5008の後部座席は夜は真っ暗なんですよ・・・。

素敵なパノラマルーフのおかげでルーフにルームランプがないんですね。

リアシートにチャイルドシートを3台も設置できる、チャイルドフレンドリーな5008ですが、夜だと足元に何か落としても、真っ暗で何も見えないのです。

 

と、いうわけで、リアシートの足元に間接照明を設置しました。(^^)

ルームランプと連動してゆっくり点灯して、ゆっくり消灯するように工夫しました。

ちょっと明るめの足下照明にしてみました。

真っ白のチープなLED色ではなく、こだわりの電球色です。

こちらもまるで純正品のような自然な仕上がりに出来上がりました。(^^)

費用は、およそ35000円です。(^^)

リアシート 足元 間接照明 リアシート 足元 間接照明

 

 

安く早く簡単に、は苦手ですが、こだわりのカスタムをご提案する、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードにご相談ください。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_70f7f

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

正しくハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法

「ハイレゾ」という言葉はもう浸透していますが、どうやったら本当のハイレゾカーオーディオを実現できるのか? は、まだ正しく認知されていないようです。

「買ってはいけない」ハイレゾカーオーディオ機器の記事はこちら。

「ハイレゾ対応」などの紛らわしい日本語でのマーケティングで、本来のハイレゾのクオリティーが再生出来ないハイレゾカーオーディオが先行して増えているため、「ハイレゾってたいした事ないよねー」って、ガッカリする事になってしまっている訳です。

 

※2019年11月現在での情報になります。

正しいハイレゾカーオーディオを構築するたった一つの方法をざっくり言うと、

①ハイレゾ音源を再生できるプレーヤー + ②DSP = ハイレゾカーオーディオ

に、加えて、

正しい機材を選ぶこと + 正しくインストールすること + 正しくDSPをセッティングすること

と、言うことになります。

※アンプやスピーカーがハイレゾ対応である必要性は、今のところほぼないです。

 

①のハイレゾカーオーディオ機器の選択に関して:

いまままでは、DAP (DIGITAL AUDIO PLAYER) にFLUCなどのハイレゾ音源を入れて、聞く方法が主流でしたが、

これからは、ネット回線を介したストリーミングによるハイレゾ音源の再生が主流になると思われます。

2019年10月にやっと日本でもスタートした、AMAZON MUSIC HD のハイレゾ音源聴き放題定額サービスのようなものが増えていくと思われます。

※実は海外では、とっくにたくさんのストリーミングによるハイレゾ音源の配信サービスが低価格で主流になっており、日本はいつものごとく、謎の支配者の圧力により、これらのサービスが利用できないように細工されています。

 

具体的には、

スマホなどの携帯端末でハイレゾ音源をストリーミングで聴き放題 or 端末にダウンロードして試聴します。

さらに、

端末からbluetoothでDSPで飛ばして、完全に無線のハイレゾカーオーディオシステムの構築も可能になります。
(BLUETOOTHでも音質劣化のないオーディオ機器が出てきているのです。)

 

②の、DSPの選択に関して:

現在ではハイレゾをフルスペックでプロセスできるDSPが増えており、一昔前の、「HELIX or AUDISON だけ」と言う状況は変わりました。

ハイエンドなハイレゾカーオーディオを構築するためのDSPと言う意味では、やはりHELIXが優位なのは今でも変わりませんが、

残念ながら、HOT WIREDのデモカーでも使用しているAUDISONは、ハードもソフトも、昔のまま進化が止まったままの古い機械になってしまっています。
処理速度が遅く、調整ソフトも大昔のままで大変使いにくくて、EQのバンドが少ないなどスペックも低いままで現在に至っており、バグって音が出なくなる程度のトラブルはほぼ100%発生する上に 、初期不良も多く、良く故障して、販売店としても大変困ったイタリアンな(笑) 機械になってしまっているのが現実です。

一方で、後発メーカーのJL AUDIO、GROUND ZEROなどのDSP内蔵パワーアンプ一体機が、高性能かつ、痒い所に手が届く機能を搭載して進化を見せており、比較的低価格かつ省スペースなハイレゾカーオーディオの構築を実現しています。

 

つまり、現在の

ハイレゾカーオーディオ用のDSPとしては、ざっくり2択です。

HELIXで3WAYマルチ等のハイエンドカーオーディオシステムを構築するか?  

DSP内蔵アンプ一体機で、比較的低価格/省スペースのお手軽ハイレゾカーオーディオを構築するか?

です。

最近は、DSP内蔵アンプ一体機でも、フルスペック(192/96)でハイレゾカーオーディオの構築が可能になっています。

以下に具体的に実現している車両をご紹介します。

 

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

失敗しないハイレゾカーオーディオを構築したい方は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

2019年9月から、やっと日本でもAmazon Music HDで本格的なハイレゾ音源のストリーミング配信が始まりました。(^^)

クオリティーの高いハイレゾ音源(ハイレゾ以外も)を聴き放題の定額サービスという、画期的なサービスです。

しかし、

まだまだややこしくて、いくつか注意して機材をセットアップしていかないと、本物のハイレゾカーオーディオは実現しませんので、ここで注意点と正しいハイレゾカーオーディオの構築のやり方を解説したいと思います。

 

ハイレゾカーオーディオを実現するための注意点/正しいやり方は、ざっくり以下の通りです。

1:DAPやAMAZON MUSIC HDのストリーミング等で、端末にハイレゾデータを入手すること。(192KHz/24bit、96KHz/24bit)

2:その端末から、ハイレゾ音源を劣化させることなく、デジタル出力できること。
(192KHz/24bit、96KHz/24bit のままデジタル出力できること)
※例えば、iPhoneはこれができませんので、現状iPhoneでハイレゾオーディオは不可能なのです。

3:端末から、ハイレゾデータを、アナログ化/劣化することなく、プロセスできるDSPへ、デジタル接続すること。
USB<TOS-LINK<COAXIALで、DSPにデジタル入力ができること。(<は音が良い順)

4:デジタルシグナルプロセッサ(DSP)がハイレゾ音源データを劣化させることなくプロセスできるスペックがあること。(192KHz/24bitまたは96KHz/24bitで処理できること)
※カーナビ内蔵DSPではこれができないので、現状カーナビではハイレゾオーディオは不可能なのです。

5:DSPから先のパワーアンプやスピーカーは、特にハイレゾ専用とか謳っているものである必要は無い。

上記の条件を満たしたオーディオ機器で正しくハイレゾ音源を再生すると、それはもう驚きの高解像度/高音質カーオーディオが展開するのです。

どこか一つでも端折ると、もうそれはハイレゾでは無くなってしまうのです。(>_<)
(例えば、DAPからアナログ変換してカーナビに入れるとか)

 

じゃ、具体的に何を買って、どうしたら良いの?

ここで、割とシンプルな機器で、本格的なハイレゾカーオーディオを実現しているお客様の車両を例に、具体的に解説したいと思います。

N様 ホンダCRV

ヘッドユニット:Fiio M11、アンドロイド携帯電話

DAPのFiioの中のハイレゾ音源や、アンドロイド携帯でストリーミングで、Amazon Music HD のハイレゾ配信を音源として使用しています。

ハイレゾカーオーディオの構築で最も重要な機器である、DSPは、JL AUDIO VX800/8i  のDSP内蔵パワーアンプを使用しています。

小型のワンボディイでシートの下に収まるサイズ感の良さと、JLならではのパワフルなサウンド、フルスペックでプロセスできる内蔵DSP、シンプルながら、とても使いやすいリモコン、MacOSでも使える意外と使いやすい高性能な調整用ソフトウェアという内容の商品で、HOT WIREDでも一押しのDSP内蔵アンプです。

フロントスピーカーは、MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを使用。
ドアスピーカーは、インナー取付、ツイーターは、ピラーに埋込取付をしています。

サブウーハーは、MERCURY CAR AUDIO MCR-805 8インチパワードウーハーをシート下にインストールしています。

jl audio vxi dsp内蔵アンプ

 

カーオーディオ機器の取り付けは、シートの下だけで完結していますので、車内のスペースの犠牲がありません。

ハイレゾカーオーディオ DSP内蔵アンプ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

ヘッドユニットは、Fiio M11とアンドロイド携帯から、JL AUDIO VX800/8i へ直接デジタル接続しています。
ナビはもう全く使っていません。(笑) 

ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhoneハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

iPhoneもデジタル接続しています。

iPhoneでハイレゾはできませんが、お気に入りのアプリやiPhoneの中のmp3やwavも、直接デジタル接続することで、とてもいい音で聴けるようになります。

やはりiPhoneの使い勝手は便利なので、DAPだけでは無く、iPhoneをできるだけ高音質で再生させるためのノウハウも詰まっています。
(iPhoneをハイレゾ並みに高音質で再生する方法は、別のブログ記事で詳しく説明します。)
ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

 もちろん、DSPを取り付けただけでは、正しい音(良い音)の再生はできません。

専用のサウンドセッティングソフトウェアを使いこなして、RTAやタイムアライメントなど、めんどくさいサウンドチューニングの手間ヒマをかけて、ようやく最上級のハイレゾカーオーディオが出来上がるのです。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

2019.10.20、大阪にて開催された、EMMAに出場するコンペカーの応援のために、ホットワイヤードへ来てくれた、EMMAの2017世界チャンピオン、Mr.Pong氏。

 

 

ちょっと強面の、EMMAのカーオーディオコンテストの外国人ジャッジのみなさま。

 th_gFsCU4roQYSy31cAfw5jzg_thumb_70e34

 

 

 

EMMA JAPAN FINAL 2019
にエントリーしたN様のCRVは、

ENTRY CLASS EUR3000( 金額3000ユーロ以下)クラスにて、

見事優勝しました。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフトJL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^) 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

iPhone/AIDROIDスマホをより良い音で再生する方法・カーオーディオでiPhone・スマホを高音質で視聴する方法

iPhoneのミュージックをより良い音で再生する方法・カーオーディオでスマホを高音質で再生する方法をご紹介します。

ハイレゾカーオーディオを搭載していて、デジタル入力可能なプロセッサーがあるシステムを所有している方には特に有効な手法です。

iPhoneやスマートフォンの音源が、まるでハイレゾ音源のような高音質で再生できるようになり、びっくりすると思います。(私はびっくりしました(^^))

 

カーオーディオで高音質を実現するためのプレーヤーとしては、iPhoneは音質的には不利ですが、日常的に便利に音楽を聴くための手段としては、iPhone・スマホを使う人が圧倒的に多いのではないでしょうか?

私も普段はほとんどiPhoneでストリーミングで音楽を聴いています。

 

 

今回ご紹介するシステムは、

現在実現できる最もシンプルなハイレゾカーオーディオシステムです。

AUDISON の AP4.9 に、BIT PLAY HDで構築した、ハイレゾカーオーディオシステムです。

2DINナビも生かして、AP4.9にアナログ入力して、全てのメディアを使用することができます。

iPhone・スマホは、ナビのUSB入力に接続して視聴可能です。

BIT PLAY HDは、ハイレゾプレーヤーなので、車載専用のDAP(デジタルオーディオプレーヤー)です。

BIT PLAY HD からPRIMA AP4.9は光ケーブルで直結。

RCAケーブルは全く必要ありません。

インストールは全てシートの下だけで完結。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fb2b

 

異次元のハイレゾオーディオの高音質に感動していただいているオーナー様ですが、しばらく慣れてくると欲も出てきて、気になってくる事が、ありました。

純正ナビ+外部入力のiPhoneの音質と、ハイレゾプレーヤーの音質との差が大きくて、iPhoneの音質向上のご相談をいただきました。

 

FLAC などの、DAPを使ったハイレゾカーオーディオの高音質に加えて、iPhoneやスマホの中の音源もできるだけ高音質で視聴できるようにしたいとのご相談で、ホットワイヤードがオススメしたのは以下の方法です。

 

iPhone・スマホの音声出力をデジタルのまま、光ケーブルでデジタルプロセッサーに入力する方法です。

th_IMG_2435

th_IMG_2434

 

オーディオテクニカのデジタルトランスポートと呼ばれる機械です。

AT-HDR1はお手軽ですが、

ホットワイヤードが絶対にオススメしているのは、こちらは高い方の、AT-HDR500です。

もちろんAT-HDR500の性能を最大限発揮させるためのインストールの注意点やノウハウがありますので、ただつけて音が出りゃいいってほど簡単じゃないですが、正しく使うと、この機械は驚くべき高音質を実現できます。

iPhoneレベルの音源を高価なデジタルトランスポートでデジタル変換して、これまた高価なハイレゾ用光ケーブルで転送しても、数値的・理論的には効果がないはずなのですが、、、

実際には、

iPhoneがハイレゾ並みの高音質になります。(^^)

控えめに言っても、CDを超えるレベルです。

誰でもはっきり体感できるレベルで音質向上が実現できます。

つまりMP3やWAV、Apple Musicやアマゾンプライム、ストリーミングのインターネットラジオなどが、ハイレゾ並みの高音質で聴けるようのなるのです。

th_CIMG7188

th_kQhLYTvnRCenIexm00RxQg_thumb_6fb2d

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6fcd4

 

 iPhone・スマホの音源がハイレゾ並みの高音質になって、オーナー様もびっくりです。(^^)

 

ハイレゾカーオーディオの構築には決まった法則があり、正しくシステムを構築しない限り、フルスペックのハイレゾを楽しむことはできません。

例えば、DAPをアナログ変換して・・・とか、ハイレゾ対応〜とかでは、ハイレゾの高音質は体感できません。

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオプロショップ,ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************