BUELL XB-S モデル用 ビューエルの内股を焼くエンジンの熱風を遮るサイドカバー/サイドパネル

BUELLオーナーなら誰でもご存知の、エンジンからの熱、内股を焼く熱風対策のご紹介です。

 

ビューエルは空冷エンジンの1200ccですから、発熱量が半端無く、両サイドの開口部からエンジンの熱を排気する構造になっており、ちょうど内股にあたる位置からエンジンの熱が強烈に出てきます。

冷却用のファンが回るとさらに強烈に熱風が排出されてきます。

そしてこれがちょうど太ももの内側くらいの位置にあたって、熱いのです。

「暑いではなく、熱いのです。」 ジーパンが燃えそうな熱さです。

我慢して乗っていると、低温やけどしますので注意してください。

 

信号待ちなんかで、ファンが回っていると、もう熱風地獄です。

 


そこでその開口部を防ぐ為のカバーが数種類販売されているのですが、実際に取り寄せてつけてみると、とてもかっこわるい!
BUELLのせっかくかっこいいフレームまで大きく覆ってしまう物ばかりであまりかっこ良くないので、できるだけ最小限のサイドカバーを制作してみる事にしました。 

th_IMG_0502th_DSC03506 th_DSC03507(変換後)

 

装着画像:BUELL XB12S

取り付けは両面テープで貼るだけ。(^^)

フタしてしまって、冷却は大丈夫か?とか、両面テープだけで取れないか?とか、
大丈夫です。10年以上使用して問題ありません。

 

th_IMG_0505 th_IMG_0802 th_IMG_0816

 

サイドがきっちり密封できるので、熱風はリアサスの付け根からリア方向に抜けていきます。 

 

HOT WIREDオリジナルの、BUELL用カーボン製サイドカバーです。

BUELL XBシリーズの必需品!
ベストセラーのサイドカバー! 

MADE IN JAPAN

サイドからの熱風を防ぐサイドカバー カーボンバージョン! 

ビューエル乗りなら誰でもご存知の、内股を焼く熱風を遮る為のサイドカバーです。 

buell xbシリーズは、エンジンの熱を両サイドの穴から抜く構造になっており、電動ファンが回ると熱風がちょうど内股にあたる位置で激しく放出されるため、 コレがないとBUELL XBは足が熱くて乗れないのです。 

コンセプトは、BUELL XBシリーズのアイデンティティーである、フレームとシートフレームにかぶらないようにすることと、なるべく存在感の無いようにする為に最小限の面積で熱風を遮断できるように工夫されています。 

透けて見えるほどきれいな折り目の、本物のカーボン製で非常に強く、軽量です。 日本国内生産。made in japan
在庫残り1セット。 

取り付けは強力両面テープで貼付けるだけの簡単取付け。(両面テープ等は別途ご用意ください。) 

このサイドカバーを取付ける事によって、熱風のほとんどを遮って、リアへ流してくれます。 

取付参考画像は2007年式BUELL XB12Scgです。 

左右2枚セットの価格です。 

新品。 

※ヤフオクでも販売しています。BUELL XB カーボン サイドカバー で検索してください。

SSモデルは左側の取付は問題なく可能ですが、右側はブレーキマスターが干渉する為、取付には加工が必要との情報をお客様よりいただきました。 

マスターが干渉する部分さえカットすれば使用する事が可能です。 

装着確認済車両、XB12S、XB12Scg、XB9S、XB9SX。

その他のモデルにも小加工で取付可能と思われますが、自己責任でご判断願います。 

送料全国一律1100円(一部遠方地域は除く)、

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

度付きのOAKLEYの制作方法。オークリーのサングラスに度付きレンズを入れて、普通のメガネ/セーフティーグラスとして使用する。

OAKLEY のサングラスは、度付きにすることができます。

全モデルではありません。

th_IMG_4806th_IMG_4809

スプリットジャケットは、カーブのきつい形状のフレームのサングラスですので、普通のメガネ屋さんではたいてい受け付けてもらえません。

度付きオークリーの制作が得意なお店を探す必要があります。

私は、近視はほんの少しですが、乱視があり、また老眼も進行していることから、遠中近すべてがよく見なくて、仕事でハンダ付けなどの超細かい作業もするし、バイクで超高速走行をするまで、そのすべてを一本でカバーするメガネの制作が不可能であること、また、視力の測定やメガネの制作には、細かいノウハウがあるようで、同じような度数のメガネを作っても、よく見えなくて困ることが発生するデリケートな私のようなめんどくさい客は、特にメガネ屋さん探しが大変なのです。

私は、OAKLEYをサングラスとしてではなく、透明のレンズを入れて普通のメガネとして使用するためにオークリーのサングラスを購入したので、さらにややこしいことになってしまいました。

OAKLEY の SPLIT JACKET というモデルは、フレームがパカッと開いて、簡単にレンズ交換ができるところが気に入って、長年使ってきました。

バイクに乗る自分としては、明るい日中は眩しいのでサングラスが欲しいですが、日が暮れて暗くなると、サングラスではよく見えなくなってしまい、大変困るので、クリアーのレンズの眼鏡も必要なのです。

SHOEI のヘルメット、X-FOURTEEN で、OAKLEY SPLIT JACKET を使用したインプレはこちら。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=8052

特に旅行に出かける際なども、サングラスと普通の透明の眼鏡と2本持ち歩くかわりに、レンズだけ持っていていつでも簡単に交換できるのが大変便利な訳です。

 th_IMG_4804 th_IMG_4805

このノーズピースを外すと、フレームが開いて、レンズが簡単に脱着できる。


th_IMG_4807

しかし、オークリーのサングラスを度付きメガネにするのは、大変な手間とお金がかかります。

オークリーのサングラスを度付きにする手順:

まずこのSPLIT JACKETは、普通にサングラスして店頭にあったものですが、ルートビアという茶色のフレームの色が気に入ったので、購入した訳ですが、まず一度サングラスとして購入し、それに透明の度付きレンズをカスタムオーダーして制作してもらう必要があります。

つまり、元のサングラスについていた色付きのレンズと付属の交換用の別の色のレンズの2セットのオークリーの純正レンズは無駄になる訳です。

その上で、サングラス用に度付きのカラーレンズも制作する必要があります。

ちなみに、このスプリットジャケットの場合は、カラーのレンズはオークリー純正で制作できましたが、クリアーのレンズはオークリーが作れないとのことで、HOYAのレンズでカスタムメイドしてもらう必要があり、さらに高額なレンズになってしました。

で、結局10万円以上かかりました。

 

 

そのお気に入りの、オークリーのスプリットジャケットですが、レンズの度が合わなくなってきたので、3セット目のレンズを作りました。

今回レンズを作るにあたって、OAKLEYの使用目的は、仕事用の室内専用メガネにすることにしました。

仕事用のセーフティーグラス&パソコン用メガネとすることにしました。

なので、近視の矯正は0で、乱視の矯正のみ+ブルーライトカット加工で制作しました。

室内で仕事用に使用するので、遠くを見る機能は犠牲にして、近距離を楽に見える仕様にしたのです。

SPLIT JACKET は、カーブの強い形状のフレームなので、顔のラインに沿ってフィットしやすくセーフティーグラスとしては最適なのです。

アジアンフィットという大きめのノーズピースもついているのですが、USフィットのノーズピースの方が、顔にくっついて、セーフティーグラスとしては都合が良いです。

今回の度付き透明レンズは、HOYAのレンズです。

 

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL専用 エンジンオイル交換/ミッションオイル交換/プライマリーチェーン遊び調整

BUELL XB12S エンジンオイル交換/ミッションオイル交換/プライマリーチェーン遊び調整

今回は、BUELL専用オイルを入れてみました。(^^)

滅多に売っていないビューエル専用エンジンオイルは、ホットワイヤードで取り寄せできます。

エンジンオイル 10W-50  3リットル   定価税抜き10500円、
プライマリーオイル 70W-90 1リットル 定価税抜き3000円、
フォークオイル 1.1リットル       定価税抜き3000円、

th_CIMG9882

 

エンジンオイルは3L、ギアオイルは1Lで、BUELL XB系にピッタリの量になっているのもビューエル乗りにはうれしいポイント。(^^)

 th_CIMG9887th_CIMG9885

買っておいたガスケット。

ミッション用のガスケットは去年歩いて行けるほど近所にできたハーレー中川さんで取り寄せてもらいました。(^^)

th_CIMG9889

こちらは昔カナダで買った、プライマリーチェーンをチェックをする為の窓のフタのパッキン。なぜか無駄に5枚入りで、11年かかってまだ3枚残っている。(^_^;)

th_CIMG9888th_CIMG9890th_CIMG9884 
th_CIMG9894th_CIMG9893th_CIMG9891

 

 

ついでにプライマリーチェーンのあそびの調整もやってみました。

ロックナットが7/8インチ、ヘキサゴンが1/4インチ。

9.5mm~12mm。

緩んでいる様子はまったく無く、調整の必要はまったく無かったのでちょっと残念。
しかし、押し具合で、0.5mmくらい動きますから。チェーンの張りの0.5mmをどうやって見極めるのかわかりません。

th_CIMG9895

 

RISE HAMMER

BUELL専用オイルの、オイル自体の感触は、意外とサラサラでした。

五月晴れに軽く名古屋港まで走ってみた感じでは、

エンジン軽く回る感じかな。

ちょっとばらついていたアイドリングが安定した。

空冷エンジンにも軽く回る柔らかめのオイルが好きな人にはいいかも。

ちなみに前に入れていたエンジンオイルは、YACCO の結構高いヤツ。

 

 

追伸:

後日気づいたのだが、バイクが静かになった。

アイドリングで暖気しているときのエンジン音がものすごく静かになっている。

マフラーの排気音が変ったのか? いや、エンジン自体からのメカノイズがかなり静かになったような気がする。

走り出してしまえば、わからないが、信号待ちやアイドリングで停車中はあきらかにバイクが静かである。

うるさいマフラーのバイクに乗ってカッコいいと思っているダサいおっさんと思われるのがイヤで、BUELL純正レースマフラーを外してノーマルマフラーに戻している自分としては、エンジン自体のメカノイズの変化がわかりやすいのかもしれない。

暖気中にバイクが静かになったのはうれしい。

 

th_CIMG9778

 

ハンドルアップスペーサーでポジションを改善してから、たいへん乗りやすくなりました。(^^) 

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=9737

ビューエルのハンドルのポジションに悩んでいる方はおすすめです。

 

 

一人乗りの街乗りでサスセッティングをやり直してみた。

乗り心地の悪いビューエル、まずは全抜き/最弱でスタート。

全抜きではクタクタ/フラフラして怖い。

フロント:

プリロード:全抜きから+2本目

COMP:+半回転

REB:+1回転

リア:

プリロード:最弱

COMP:+1/4回転+

REB:+半回転

ベストとは言えないが、だいぶ良くなった。

街乗り、一人乗り、できるだけ柔らかめ。

サスセッティングは、シーズンはじめとか、ときどきリセットしてやり直してみる方が良い気がする。

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ハーレー用オーディオ/スピーカー交換 HARLEY DAVIDSON ROCKFORD FOSGATE

上級者のハーレー乗りは、シーズオフの冬の間にバイクをカスタムしておいて、春になったらすぐ乗り出せる様にしておくのです。

HOT WIREDでは、長期のお預かりでの作業も大歓迎です。

アメリカのカーオーディオブランド、ROCKFORD FOSGATE からハーレー用オーディオセットがリリース!

th_CIMG1045

バイクオーディオが得意のHOT WIREDでは、ハーレー用のROCKFORD のスピーカーが人気です。

95f1b09196ed0e1e20aec1efed705fde

製品ラインナップ】
R1-HD2-9813 標準小売価格¥70,000(税別)
キット内容
13cm2Wayコンポーネントスピーカー×2、専用アンプ、専用ハーネス、マウンティングプレート

R1-HD4-9813 標準小売価格¥93,000(税別)
キット内容
13cm2Wayコンポーネントスピーカー×4、専用アンプ、専用ハーネス、マウンティングプレート

 Vehicles

●ハーレーダビッドソン1998年~2013年. (Ultra Classic®, Electra Glide®, Street Glide®, Tri Glide®, Road Glide® and Road Glide Ultra®.)
※ CVO™、Screaming Eagle™ は適合しません。

 

ハーレー用オーディオセットの取付け解説動画はこちら。

https://youtu.be/mulKJl9lfgk

 

ホットワイヤードにて制作させていただきました、ハヤブサのカスタムオーディオの動画はこちら!

https://youtu.be/fc98e6-4Ylk 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL XB12Scg スイングアームのベアリング交換

BUELL XB12Scg スイングアームベアリング交換のご紹介です。

th_IMG_2513

ビューエルの弱点のベアリング。

ホイールベアリングは、タイヤ交換の際に見えるので、見た目で気がついたり、ハンドルが振れる様になって交換したりします。

スイングアームもベアリングで支えられています。

スイングアームのベアリングは、壊れて動かないなんて事にはまずならないのですが、気づかないだけで、実はかなり動きの悪くなっている個体が多いようです。

ビューエルの乗り心地を良くしたい方にもオススメです。

 

ビューエルは、スイングアームの中が空洞になっていて、オイルタンクとして使われているので、スイングアームの中にエンジンオイルが入っています。

その為、オイルを抜いて、オイルラインもはずして、と、スイングアームの脱着は大変な作業になります。

th_P1180653th_P1180612

th_P1180630th_P1180631

このBUELLも、スイングアームのベアリングは壊れてはいませんが、サビサビのベアリングが出てきました。

th_P1180660

サビサビのベアリングは固着していて、ベアリングプーラーで抜くのもかなり大変でした。

th_P1180670
th_P1180664

スイングアーム側もできるだけキレイにして、新品のベアリングを挿入。

th_P1180666 th_P1180667

最初にまず、左側のベアリングは完全に奥まで叩き込みます。

右側のベアリングは奥まで入れてはいけません。

真ん中のカラーが、ガチガチで動かななってしまうとダメなんです。

ガタガタ動くほどユルくてもダメで、なおかつ押し込みすぎて動きが悪いのもダメ、カラーが中心でちょうどいい具合にフリーでストレスなく回る具合に絶妙に打ち込む必要があります。

th_P1180668

こちらはブーンモーターサイクルさんの、BUELLL XB用、クロモリのピボットシャフト。:2万円くらい

見えなくなってしまうのが残念な美しさのシャフトは、強度が強くて、ビューエルの足回りの強化に効果があります。

th_P1180638th_P1180626


th_CIMG4460

自作のビューエル専用ジャッキスタンド。(^^)

BUELLは、マフラーの下にジャッキをあてて持ち上げる構造なのですが、このスペーサーを噛ますと、マフラーに傷つける事もなく、とても安定してジャッキアップができるのです。

th_CIMG7476

 

th_IMG_5474

 

th_IMG_5472th_IMG_1403

今では入手困難な、BUELL純正のレースマフラー。

中古でボロボロのサビサビでも新品より高いプレミア価格で取引されている。

色々な社外品マフラーがありますが、やっぱり、性能、音質ともにコレが一番である。

カスタムでクロームメッキをかけてあるマフラーは、ピカピカでキレイ。

今の時代となっては、レースマフラーの爆音はちょっと・・・なのですが、このビューエルは、出口に細工をしてバッフルが入れられるように加工してありましたので、音量を抑えてあるので、ちょうどいい感じでした。

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************