REVIT SAND3 JACKET & PANTS / レブイット サンド3

REVIT のウエアは、たいへん良くできている。

デザインもカッコいい。

オランダのブランドで、日本ではなかなか手に入らないのが難点。

バイクウエアは、日本のブランドでさえもワンシーズン売り切りで流通量が少ないので、「これイイな」と思ったらすぐにゲットしないと手に入らなくなる。

安全性を考えるとレザーウエアが好きなのだが、既にREVITのレザージャケット&パンツを所有している事、そしてレザーウエアは暑い&寒いに対応力が低い事も良くわかり、さんざん考えた結果、快適性を重視してテキスタイルのウエアにする事にした。

そして、5年ほどリサーチした結果、たどり着いたのが、レブイットのSAND3のジャケットとパンツ。

SAND2も良かったが、リサーチしてるうちにモデルチェンジして、SAND3になった。(;^_^

重視したのはもちろん、かっこよさとデザインだが、安全性と快適性も重要視して、REVITは良いと判断した。

th_IMG_5202

最近人気のアドベンチャー系のスタイルに、珍しいブルーのジャケットに一目惚れしたのが正直なところ。

REVITは、プロテクター系がしっかりしている。

ヨーロッパのCE規格をパスした独自のプロテクターを展開している。

10年前に買った、REVITのジャケットも、CE規格のすごくしっかりしたプロテクターが装備されていたが、現行モデルは、水色のプロテクターで、昔のより柔らかく、ハニカム構造になっていて、空気の通りがよさそう。ってゆーか昔のREVITのプロテクターは、空気穴が全くなかった。

通気性を良くしてなおかつCE規格をパスする対衝撃性を備えているという事だろう。

昔から日本系のバイクウエアは、なぜかプロテクター系がものすごく適当なものが多い。てか、プロテクターなんか付いてないヤツも多い。

特に量販店で買えるバイク用ジャケットやパンツに付属のプロテクターは、スポンジみたいなヤツがほとんどで、事故の際に体を守る機能があるようにはとても見えない。

では、別売りのプロテクターはどうか? というと、そちらは表面が固いプラスチック製のプロテクターが多く、ぱっと見強そうだが、表面が固ければ良いという訳でもない気がするし、事故の際には割れたプラスチックが体に刺さるんじゃないか? って気もする。

2018年現在でもまだ喫煙できるレストランがあり、途上国でも安全規格をパスできず、日本専用商品の軽自動車が新車販売の半数以上という日本は、昔から安全や健康に関してはかなり無関心である。

SAND3のパンツの膝のプロテクターを外してみた。

 th_IMG_5240 th_IMG_5241 th_IMG_5242

SAND3のジャケットは、なぜかバックプロテクターだけ別売りになっている。

バックプロテクターを入れるためのポケットだけがついている。

こちらが別売りのREVITのバックプロテクター、TYPE RV Mサイズのジャケットには、サイズは04のプロテクターが適合。

柔らかいが、がっつり分厚いバックプロテクターである。

th_IMG_5191

最近流行のチェストプロテクターも無いし、ポケットも無いのだが、

レース用のレザースーツにバックプロテクターとチェストプロテクターだけ無いのと同じ理由で、チェストプロテクターとバックプロテクターは、ベストみたいなタイプのヤツを背負ってから、ジャケットを着る前提なのかもしれない。

その方が好みに合わせることもできるし、大きくて高性能なバックプロテクターを簡単に装着/脱着できるので合理的でもある。

th_IMG_5206

 

SAND3の気に入った快適機能は、この通気窓というか、ジッパーを開けて外気を取り入れるインテークが多い事。

胸に2カ所と背中にも2カ所、パンツにもモモのところに2カ所ある。

一見ポケットに見えるが、ジッパーを開けるとメッシュの裏地から走行風を取り入れて体を冷却できる訳だ。

このくらいデカいのがイイのだよ。

また、腕のジッパーが、袖から脇くらいまで、ガバーっと開くので、これは良さそうだ。

あとは、いろいろくっつけられるストラップ付きもイイね。

th_IMG_5235

 

SAND3のジャケットもパンツも、3重構造になっていて、サーマルインナー(あったかいヤツ)と、防水インナーが脱着式で付属している。

アウターのジャケットは防水じゃないようで、通り抜けた水を防水インナーで内部への侵入を防ぐ、という事のようだが、自分はインナーは多分外して使います。

今までもそうでした。

インナーは、ダウンなりフリースなり、他にもっと高性能であったかいウエアを自分で調節した方が具合が良いし、防水に関しては、レインスーツを上から着た方が良い気がする。

防水インナーは、薄いので、防寒用に常備しても良いかもしれない。

SAND3のジャケットには、インナーを収納できる大きなポケットが背中についているのだ。v(^^)v

th_IMG_5204 th_IMG_5220 インナーが、ダウンとかでもっとまともなヤツなら良いかも?だが、残念だがこのレベルの品質のインナーなら、無い方が良い。

th_IMG_5218

 

防水インナーに関しては、使ってみないとわかりませんが、こちらもGORETEXとかで好みのものを用意した方が良い気がするが、ガチで海外でアドベンチャーツーリングやるなら内側に防水ライナーを着ておく方が良いのかも。

 

SAND3のパンツ:

th_IMG_5211

 定番の股間の防水/防風フラップ?

と、お尻の滑り止め?

th_IMG_5236th_IMG_5216

デカいエアインテークとカーゴポケット。th_IMG_5235

すねから下はジッパーでガバッと開くので、オフロード用のブーツでも使いやすいでしょう。

ベルクロで絞る事もできる構造。

th_IMG_5217th_IMG_5215

ジャケットとパンツが連結できるジッパーが付属。

他に所有している、REVITのレザージャケットとパンツにも付いているが、使ってみると意外と不便なので、自分は多分連結して使う事はないと思われる。

th_IMG_5233th_IMG_5216

 

SAND3パンツもジャケットと同じ素材のサーマルインナーと防水インナーが付属している。

これだけあれば、冬用のオーバーパンツもいらないかも。

th_IMG_5228th_IMG_5226


唯一ネガな要素は、

重い。(>_<)

特にジャケットはずっしりと思いです。

生地がかなりしっかりしている上、プロテクターもしっかりしていて、インナーも入れて3重構造だし、それらを繋ぐためにご丁寧な金属のスナップやジッパーがたくさん付いているし・・・。

量販店系のバイクウエアしか着た事無い人はちょっとびっくりするくらい重いです。

まあ、薄くて軽くて安くて、安全なんて魔法のバイクウエアは無いのだよ・・・。

あと、ヨーロピアンサイズなので、サイズ感は要注意です。

REVITのウエアは結構研究してますので、ホットワイヤードで注文して、買ってくれる方はお問い合わせくださいね。(^^)

 

 

実は本日届いて開封しただけで、まだ使ってないのですが、(;^_^

今週末のツーリングで、10月の気候でどんな感じか試してみます。(^^)

 43951683_10215010233782119_6725541674522509312_o

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

スーパーシェルパ エンジンがかからない、セル/ワンウェイクラッチの交換

カワサキ スーパーシェルパ のエンジンがかからない、

セルは回るものの、エンジンがかからないのだ。

なので、しばらくセルを回しているとバッテリーも上がってしまう。

セルモーターがいかれたか?と、セルを分解してみた。

th_P1180723th_P1180722

 

 

セルモーターは問題ないようだ・・・。(;^_^

th_P1180803

セルモーターは元気よく回るのに、エンジンがかからない。

セルは良く回るのに、ガイーンとかギュイーンとかいってセルが空回りしているっぽい。

どうやら、ワンウェイクラッチとかいう部品が怪しいらしい。

シェルパには良くある持病のようで、ネット上の情報をたよりに、カワサキ純正部品一式を揃えて、ワンウェイクラッチの交換をやってみる。

 

 

th_CIMG8127 th_CIMG8129

 

こんな特殊工具も、ホットワイヤードのすぐ近所にアストロもストレートもあり、すぐ買えるので便利。(^^)

th_PHZP8798

 

と、まあ必要な部品と工具をそろえてから、約1年間放置プレーだったシェルパを修理する事にした。

放置中にフロントフォークからオイル漏れを発見し、新たな修理項目が増えてしまった。(;^_^

 

カバーを止めている8ミリのボルトを外し、

クラッチ?フライホイール?みたいなやつを外すための真ん中のボルトがとても固く止まっている。

このボルトの脱着で力を入れてぎっくり腰が再発して、全治2週間になってしまった。(泣)

th_P1180801th_P1180802

 


th_P1180809 th_P1180811

ここのヘキサゴンのボルトを外すと、問題のワンウェイクラッチが取り外せる。

セルモーターの力を伝えるための機構で、一方向(ワンウェイ)飾磨(^^)に構造にするための物らしい。

これがへたってダメになると、セルの力を伝える事ができなくなり、エンジン始動不能となる訳だ。

th_P1180813 th_P1180814

見た目難の損傷もないが、押さえのバネベルトがへたっているようで、ちょっと振ったら駒がばらけてしまった。

新しいワンウェイクラッチを入れて、元通りに組み直して、終わり。

th_P1180815
th_P1180799 th_P1180800

 

10W-40のエンジンオイルが残り0.4Lしかなくて、仕方なくS1000RR用のリッター4000円もする、MOTUL 300V 5W-40をシェルパに入れる事になってしまった。(>_<)

 

セルは元気に回り、エンジン始動!(^^)

約1年ぶりにエンジンに火が入ったシェルパをしばらく暖気して放置すると、元通り元気にエンジンかかるようになりました。(^^)

たいへん良くできました。(^^)

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL XB用 LEDデュアルヘッドヘッドライト製作/ビューエルの暗いヘッドライトの根本的な解決方法

BUELL XB用 LEDデュアルヘッドヘッドライトを製作しました。

ビューエルの暗いヘッドライトの根本的な解決方法です。

th_CIMG2357

想定以上に明るく、また光軸や配光も良くできたので大満足です。(^^)

世界が明るくなりました。

わかりやすいように、壁に照らして照射パターンを撮影してみました。

きれいにかまぼこ型の配光で、真正面を真っ白に照らしてくれます。

th_CIMG2392

ロービーム

th_CIMG2397

ハイビーム

th_CIMG2398

水平もばっちり。

2個のヘッドライトユニットを正確に並べてまっすぐに取り付けるのに苦労しましたが、うまく行ったようです。(^^)

純正のハウジングを加工して製作しましたので、光軸調整も純正の通りにできます。

th_CIMG2355

 

 

こちらに動画をアップしています。

https://youtu.be/R6iTX6jMNoA

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

BUELL XB12S デュアルヘッドライトを明るくしたい! LEDヘッドライトカスタム

ビューエルのかわいいデュアルヘッドライトが大好き。(^^)

th_CIMG2357

でももうそろそろ車検も通らないレベルに暗いビューエルのヘッドライトで困っているオーナーが多いのではないでしょうか?

最大の問題は、樹脂のヘッドライトと樹脂メッキのリフレクターである。

樹脂の経年劣化はどうしようもない。

がんばってHIDやLEDバルブを入れても、さらにリフレクターの劣化を加速させるだけで、光量が足りなくて、照らし方も悪いので、夜は大変に見にくいのだ。

純正新品のヘッドライトユニットは高価な上に、ハロゲンのH7バルブでは、今時の日本の道路事情には合わないレベルの暗さなのです。

 

① BUELLの象徴的なデュアルヘッドライトのスタイルは崩したくない。

② HIDやLEDバルブを入てもリフレクターが焼けるだけで根本的な解決にならない。

③ 2個のライトユニットが付いているのに、1個はロービーム、1個はハイビームではもったいない、両方HI/LO切替のヘッドライトが2個付いていた方が良いではないか?

 

と、言うことで、長年暖めていたプロジェクトを実行に移す。

BUELLのヘッドライトを明るくする、根本的な解決策を模索して、今回のヘッドライトカスタムは、社外品のHI/LO切替の小型LEDヘッドライトユニットを2個取り付けてみることにしました。

4インチのLEDヘッドライトなんて物は日本では手に入らないので、海外から取り寄せました。(^^)

 

ヘッドライトカスタムは大変リスクの高い改造です。

某ヘッドライトカスタムショップで改造してもらったものの、熱でレンズが溶けて、すぐに切れて、水漏れして、ダメにしてしまったヘッドライトユニットを分解して再利用することにする。

まず最初に難しいのが、ヘッドライトの殻割り。

超音波カッターやヒートガンが無いと出来ません。

th_IMG_9207th_CIMG2212th_CIMG2100

 

デイライト付きLEDヘッドライトユニットのサイズは約10センチ。

BUELL純正のヘッドライトより一回り大きい。

厚みも8センチほどある。

th_CIMG2101

なんとか入りそうに見えるLEDヘッドライトですが、純正ヘッドライトユニットを分解してみると、ほんの少し大きいだけでも、切った張ったの大改造になってしまいました。 

開口部の直径を2ミリほど大きくするために、木型を作ってテーブルルーターで少しずつ削りながら、ぴったりのサイズに加工しました。

th_CIMG2200 th_CIMG2205

ハウジング内部も拡大する必要があるので、内部も切って削って、ミリ単位でギリギリに大きさを合わせたら、裏と表で2分割したハウジングをもう一度貼り合わせて、継ぎ目をパテ埋めして、塗装して、地味に大変な作業が続きます。

th_CIMG2214

LEDヘッドライトユニットを2個固定するためには、かなりの強度が要求されますので、の固定は接着剤を充填して固めてしまいます。

背中のヒートシンクには接着剤が付かないように、注射器を改造して奥のサイド部分に充填しました。(;^_^

固まった時点で光軸が決まってしまうので、点灯確認て位置決めをして、クランプで圧入。(;^_^

th_CIMG2308 th_CIMG2310th_CIMG2312 th_CIMG2313

社外品のLEDヘッドライトユニット自体が防水なので、の裏側は純正のままなので、純正のゴムキャップがきちんとはまりますので、浸水の心配はありません。

th_CIMG2318 th_CIMG2319

 

明るいヘッドライトが2個付いて生まれ変わった、BUELL XB12S。

もう暗闇を恐れる必要は無い。

目の前が真っ白に、世界が明るくなりました。(^^)

th_CIMG2349th_CIMG2350 

ライトの明るさを重視するならやはり少しでも大きいヘッドライトユニットは有利だと思います。

また、ロービームで片側しか付かないデュアルヘッドライトよりも、両方ともハイ/ロー切り替えの方が倍明るいです。(^^)

 

任意でヘッドライトを消せるように配線を加工して、ポジションライトONで、デイライトが点灯。

th_CIMG2354
th_CIMG2353

 

ロービーム。

th_CIMG2352

ハイビーム

th_CIMG2351

光軸合わせて、これで完璧。 

th_CIMG2355

th_CIMG2356

 

 

全国のビューエル愛好家のご要望にお応えして、期間限定でデュアルLEDヘッドライトの製作を承ることに致しました。(^^)

ご希望の方は、メールにてお問い合わせください。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

フォトギャラリーは、Buell Motorcycle Owners Japan の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/BUELL.owners.JAPAN/photos/?ref=page_internal

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

BUELL XB-S モデル用 ビューエルの内股を焼くエンジンの熱風を遮るサイドカバー/サイドパネル

BUELLオーナーなら誰でもご存知の、エンジンからの熱、内股を焼く熱風対策のご紹介です。

 

ビューエルは空冷エンジンの1200ccですから、発熱量が半端無く、両サイドの開口部からエンジンの熱を排気する構造になっており、ちょうど内股にあたる位置からエンジンの熱が強烈に出てきます。

冷却用のファンが回るとさらに強烈に熱風が排出されてきます。

そしてこれがちょうど太ももの内側くらいの位置にあたって、熱いのです。

「暑いではなく、熱いのです。」 ジーパンが燃えそうな熱さです。

我慢して乗っていると、低温やけどしますので注意してください。

 

信号待ちなんかで、ファンが回っていると、もう熱風地獄です。

 


そこでその開口部を防ぐ為のカバーが数種類販売されているのですが、実際に取り寄せてつけてみると、とてもかっこわるい!
BUELLのせっかくかっこいいフレームまで大きく覆ってしまう物ばかりであまりかっこ良くないので、できるだけ最小限のサイドカバーを制作してみる事にしました。 

th_IMG_0502th_DSC03506 th_DSC03507(変換後)

 

装着画像:BUELL XB12S

取り付けは両面テープで貼るだけ。(^^)

フタしてしまって、冷却は大丈夫か?とか、両面テープだけで取れないか?とか、
大丈夫です。10年以上使用して問題ありません。

 

th_IMG_0505 th_IMG_0802 th_IMG_0816

 

サイドがきっちり密封できるので、熱風はリアサスの付け根からリア方向に抜けていきます。 

 

HOT WIREDオリジナルの、BUELL用カーボン製サイドカバーです。

BUELL XBシリーズの必需品!
ベストセラーのサイドカバー! 

MADE IN JAPAN

サイドからの熱風を防ぐサイドカバー カーボンバージョン! 

ビューエル乗りなら誰でもご存知の、内股を焼く熱風を遮る為のサイドカバーです。 

buell xbシリーズは、エンジンの熱を両サイドの穴から抜く構造になっており、電動ファンが回ると熱風がちょうど内股にあたる位置で激しく放出されるため、 コレがないとBUELL XBは足が熱くて乗れないのです。 

コンセプトは、BUELL XBシリーズのアイデンティティーである、フレームとシートフレームにかぶらないようにすることと、なるべく存在感の無いようにする為に最小限の面積で熱風を遮断できるように工夫されています。 

透けて見えるほどきれいな折り目の、本物のカーボン製で非常に強く、軽量です。 日本国内生産。made in japan
在庫残り1セット。 

取り付けは強力両面テープで貼付けるだけの簡単取付け。(両面テープ等は別途ご用意ください。) 

このサイドカバーを取付ける事によって、熱風のほとんどを遮って、リアへ流してくれます。 

取付参考画像は2007年式BUELL XB12Scgです。 

左右2枚セットの価格です。 

新品。 

※ヤフオクでも販売しています。BUELL XB カーボン サイドカバー で検索してください。

SSモデルは左側の取付は問題なく可能ですが、右側はブレーキマスターが干渉する為、取付には加工が必要との情報をお客様よりいただきました。 

マスターが干渉する部分さえカットすれば使用する事が可能です。 

装着確認済車両、XB12S、XB12Scg、XB9S、XB9SX。

その他のモデルにも小加工で取付可能と思われますが、自己責任でご判断願います。 

送料全国一律1100円(一部遠方地域は除く)、

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************