新型マツダロードスター MAZDA ND ROADSTAR スピーカー交換

 

先日の名古屋オートトレンドのマツダブースでお立ち台においてあったアレだ。

2015年に出たばかりの,新型マツダロードスターは,4代目、ND系と言うそうです。

マツダの新型ロードスター,本日ホットワイヤードにピットインしました。

th_IMG_1908 

初代のロードスターが出た時は,ぼくはカナダに住んでいました。

かなり衝撃的だったので良くおぼえています。 海外でもかなり話題のクルマでした。

MAZDA MIATA と言う,南米系の美女のような名前が付いていて,なんてダサい名前付けたんだろう? と思っていましたが,,日本では,ユーノスロードスターというさらに意味不明な名称でした。 (ユーノスって一体なんだったんだろう?)

th_IMG_1902

 

そして,新型NDロードスターは、オプションでBOSEのオーディオをつける事ができます

純正ボーズサウンドのカーオーディオは,簡単にスピーカー交換ができなくてみなさん困っています。

まずはホットワイヤードにご相談ください。

純正BOSEのスピーカー交換が可能です。

 

 ナビは,

マツダコネクトってヤツです。

BMWの iDrive みたいなヤツですね。

これはどう考えても,小さいタッチ画面のちいさーいボタンを必死こいてタッチするより安全で使いやすい。

th_IMG_1905

フロントスピーカーの交換とドアのデッドニングをします。

フロントピラー内のツイーターも交換します。

 

th_IMG_1904

 

で,

このクルマの主役、ソフトトップ。

このルーフすごいです。

手動で,ホントに2秒で開けれます。(^^)

th_IMG_1907 

真ん中のラッチを外して,ガバって開けると,ドカンって後ろに収まって,終わり。

マツダのロードスターは,前型も世界最速のコーバチブルが売りだったが,コイツはドアの開閉と同じくらい簡単である。

メタルトップがかったるく思える・・・。

すばらしい。

th_IMG_1854

 

スピーカー交換の詳細は,その2へつづく!

 

 

追記:

これからNDロードスターを買おうとしていて,オプションのBOSEシステムを付けるか,どノーマルで買うかを迷われている方!

問い合わせが多いので,追記します。

新型ロードスターのBOSEシステムは,オプションでプラス10円ほどだそうです。

絶対に,BOSEサウンドを付きを買ってください!

たしかにスピーカー類は,がっかりするほどしょぼい紙のスピーカーとちっちゃーいツイーターですが,BOSEシステムはスピーカー以外のアンプや,アンプ内部のプロセッサー/制御機能、それにサブウーハーも付いてきます。

これらと同等の機能を社外品で,10万円で買うのは不可能です。

また,クルマを買ってしまってから,BOSEサウンドだけを10円で買うことも出来ません。

NDロードスターは,絶対に、マツダ純正のBOSEサウンドのオプションを付けて購入してください。

そして,フロントスピーカーを交換してください。

これが結論です。

 

 

相変わらず,絶滅危惧種ばかりが入っているHOT WIRED のピットである・・・。

 

th_IMG_1900

 

4代目 ND系(2015年-)

 

マツダ・ロードスター(4代目)
ND5RC型
 
 
販売期間 2015年 -
設計統括 山本修宏
デザイン 中山雅
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン P5-VP [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
P5-VPR [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
最高出力 131ps/7,000rpm
最大トルク 15.3kgf・m/4,800rpm
変速機 6MT/6AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 3,915mm
全幅 1,735mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,310mm
車両重量 990-1,060kg
-自動車のスペック表-

 

開発主査は先代までの貴島に代わり山本修宏が、チーフデザイナーは中山雅が担当した。

 

ロードスターの代名詞でもある「マツダの魂」「人馬一体」を継承するため、4代目となる当代は「原点回帰」を開発コンセプトとし、初代が持っていた素性の良さをスカイアクティブテクノロジーや近年のマツダのデザインテーマである「魂動(こどう)」など現代の技術で可能な限り実現すべく、ありとあらゆる部分において軽量化が図られている[56]

 

3代目と比較した場合の軽量化の主な部分として、ボディのアルミ高張力鋼の使用比率の向上、ホイールハブの小型化(5→4穴、PCD114.3→100)、パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)の廃止、エンジンのダウンサイジング化(日本仕様の場合、2.0L→1.5L)、新開発6速MT(SKYACTIV-MT)の採用などが挙げられる一方で、「i-ACTIVSENCE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる先進安全技術(詳細は後述)や歩行者との衝突時にダメージを最小限にとどめる「アクティブボンネット」を採用するなど、現代の自動車に求められる安全要素も積極的に採り入れている。