オシロスコープを使用したパワーアンプのゲイン調整とDSPサウンドセッティング/イコライザー調整/カーオーディオの音調整のやり方


オシロスコープを使用したパワーアンプのゲイン調整とDSPサウンドセッティング/イコライザー調整/カーオーディオの音調整の正しいやり方を少しご紹介。

 

当店の新入君が、自作で組んだカーオーディオで、ハイファイ系のカーオーディオのコンテストにでる事になり、せめてもと思い、音調整だけやってあげる事にしました。
イベントの名前は、「ハイファイサウンドミーティング2011 in ラグーナ蒲郡」だったかな?

システムはいたってシンプル。
CDプレーヤーに、カロッツェリアのフロント用2CH.アンプで、パッシブを通してフロントスピーカーを鳴らし、キッカーのサブウーハー用のモノラルアンプで12インチのウーハー1発を鳴らしています。

まずはヘッドユニットのゲイン調整から、DEH-P01。

さすがはパイオニアのハイエンドCDプレーヤー、ボリュームMAXの62でわずかに歪む程度。

出力も5V以上もあります。

 

しかし!

パワーアンプの「最大入力」が、4Vのモデルですので、出力が5Vでは、アンプに入った時点でディストーションして、すべてのボリュームで信号が歪んだシステムになってしまうのです!

入力感度は、上げ過ぎは台無しなんです。

これ重要!

このアンプの最大のパフォーマンスで使用するためには、最大入力に合わせて、4Vの入力を作ってやる事がコツです。

ボリューム59の約4Vで設定します。

$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

 

 

次はパワーアンプのゲイン調整。

アンプのゲイン調整って、ほとんどの人が耳で聞いて、適当にダイヤル回してセットしていますが、そう言うセッティングではダメです。

アンプのゲインとボリュームは違います。

アンプのゲイン調整はオシロスコープがないとできません。

デジタルオシロスコープを正しく使って、音が歪む直前の最大ゲインにセッティングします。

弊社では、狭い車内での使いやすさを考慮して、秋月電子やRSコンポーネンツなどで市販されているような、小型のデジタルオシロスコープをメインで使用します。
$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

パワーアンプの最大ゲインを調整しないで適当に聞いていると言うのは、例えると、クルマのエンジンが何回転で最大何馬力出力するかも知らずに、適当なギアでエンジンぶん回して走っている様な物です。
ほとんどの人がゲイン上げ過ぎで聞いています。
(歪み成分も一緒に増幅して聴いているので、音質が悪いのです。)

クルマのエンジンでも、最大出力/最大トルクを発生するエンジン回転数は決まっていて、そのパワーバンドに入れて走らないと最大の性能を発揮できません。

パワーアンプは、最大出力を発生するゲインを正しく調整する必要があります。

ヘッドユニット、プリアンプ、プロセッサー、パワーアンプなど、色々な機器を積んでいるシステムの場合は、このゲイン調整がさらに重要になってきます。
すべての機器のゲイン調整をして、すべての機器が同調するようにセッティングする必要があります。
人間の耳では無理なのです。

次はイコライザーの調整です。
こちらは耳のものすごく良い人だったら、耳だけでできるかも。(笑)
DEH-P01は、31バンドのイコライザーを搭載しているので、細かい周波数の設定が出来ます。

$ホットワイヤード(HOT WIRED) オフィシャルブログ -NAGOYA 052 MOTORING-

うーん、自作のウーハーボックスが良くないのか、ローエンドが40と50Hzばっかりになっちゃってます。(^_^;)
フロントスピーカーもミッドレンジが全然鳴ってない・・・。

新人君の自作オーディオカーなので、しょうがないけど、スピーカーの取付とデッドニングが良くないのでしょう。
できる限り車内で理想的な周波数特性になるようにがんばってイコライザーで調整して、一応なんとかしました。
が、イコライザーのかけ過ぎなのか、音に鮮度がない。
まぁアンプのせいかも知れないし、何とも言えませんね。

 

で、コンテストの結果はと言うと,

23台中9位。

自作のクルマは一台もなく、写真を見せてもらいましたが、まー皆さんさすがにハイファイ系、超高級ユニット搭載している車両ばっかりでした。(^^)

高級ユニットを取り付けてたまたま出てきた音だけじゃもったいないですから。

カーオーディオは,サウンドセッティングの調整が非常に重要です。

 

 

カーオーディオのDSP、デジタルプロセッサーのサウンドセッティング、音調整,ゲイン調整、イコライザー調整、など音調整などはお気軽にホットワイヤードにご相談ください。

ご予約は、メールにて受けたまっております。

information@hotwired.co.jp

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

カテゴリー: サウンドセッティング(音調整)   作成者: hotwired パーマリンク

hotwired の紹介

名古屋のカーオーディオ専門店、カスタムカーオーディオ、バイクオーディオ、バイクカスタム、純正BOSEのスピーカー交換、ベンツ純正ブルメスターのスピーカー交換、BMWコーディング、BENZコーディング、並行車のナビの日本語化、EMMA/IASCAヘッドジャッジ、EMMAマスタークラス優勝、カーオーディオのサウンドセッティング/音調整のご依頼、BURMESTER 3D TWEETER、HUMMER H2、BUELL XB12S,、BMW S1000RR。

オシロスコープを使用したパワーアンプのゲイン調整とDSPサウンドセッティング/イコライザー調整/カーオーディオの音調整のやり方” への9件のコメント

  1. アンプのゲイン調整を調べていたら このページに辿り着きました

    ゲイン調整時にオシロスコープを使用されるとの事ですが、その時に使用するのはいつも聞いているCDとかで良いのでしょうか? それとも各周波数の音源でしょうか?

    プロの調整はとても勉強になるので是非教えてください m(__)m

  2. 1khzの0bitの音源です。
    人間の耳は,15%程度のディストーションは関知できないと言われています。 耳の良い人でもかなり音が歪んでこないと聴感ではわかりませんので,普通の音楽を再生して耳で聞いてテキトーにゲイン調整しているショップとか我々の常識ではアウトです。

    • とても勉強になりますm(__)m

      オシロスコープはマイクを接続されて計測されるのでしょうか?

      それともアンプの出力端子に?

      hotwired様のコメントを元にオシロスコープの簡易PCソフトとマイクを使ってやってみたのですがイマイチ把握できませんでした (^_^;)

      • えーと,マイクでやるのではないです。
        アンプの出力端子につないで,正弦波を見ます。
        クリップし始めると,波形の頭が平らになったり,ひどいアンプだと,波形自体が変な形になります。

        ちなみに,アンプだけではなく,ヘッドユニットの最大出力(最大ボリュームの数値)や、ヘッドユニットとアンプの間のすべてのユニット(プロセッサー,プリアンプなど)も,すべてゲイン調整をそろえて,アンプを含めたすべての機器が同調するようにセッティングする必要があります。

    • えー,1khzの0bitという言葉以上で説明するのは難しいです。(笑)
      周波数が1khzのピーって音です。(笑)
      0bit というのは,簡単に言うと,CDが再生できる最大の音量という意味です。
      ご来店頂ければ,実際に聞いて頂けます。
      ゲイン調整の為だけに使用する、正弦波の特殊な音源です。
      あ、ツイーターぶっ壊れますから注意してください。

  3. ゲイン調整を調べていたらここにたどり着きました。
    今オシロスコープ持ってて1khzの正弦波流して合わせてるのですが、
    デッキからアンプへの入力電圧っていうのはアンプに入る前のRCA端子
    のところを計ればいいんですか?
    それとも入力した後のアンプのスピーカー出力の方ですか?

    ちなみにRCA端子だとしたらオシロのプローブをどのように当てて計れば
    いいのでしょうか?

    • 両方計ります。
      デッキの出力は,アンプなり,プロセッサーなりの最大入力にピッタリ合わせます。
      アンプの出力は,実際の出力を左右をピッタリに合わせます。
      マルチアンプやマルチチャンネルも同様に必要に応じて適切な出力にセッティングします。
      人間の耳では無理ですね。(笑)

      プローブはプラス/マイナスで当てれば良いのではないでしょうか?
      うちはRCAのオス/メスを用意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">