CX-8 マツダ純正BOSEサウンドの音質向上の方法 純正BOSEのスピーカー交換/センタースピーカー交換のご紹介

CX-8のマツダ純正BOSEサウンドの音質にご不満のオーナー様からのお問い合わが非常に増えていますので、少し詳しくご説明します。

CX-8の純正BOSEサウンドの不満点をざっくり説明すると、曇った高音ともっさりした鬱陶しい低音、ということでしょう。

CX-8のマツダ純正BOSEサウンドは、設計段階から、マツダとBOSEが共同開発した、車種別専用設計になっており、マツダコネクトとあわせて、BOSEのパワーアンプやプロセッサーの制御系統は大変優秀なシステムになっているのですが、

量産用にコストダウンされたスピーカーユニットは、正直残念なクオリティーであると言わざるを得ません。

CX-8のマツダ純正のBOSEサウンドは、スピーカー交換で劇的な音質向上が実現できるのです。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

CX-8の純正BOSEサウンドのオプションをつけるかつけないかを迷っている方へのアドバイスです。

「CX-8のBOSEサウンドのオプションは、絶対につけて購入してください!」

そして、BOSEのアンプとプロセッサーを生かしたまま、スピーカー交換をしてください。

これが最も簡単に、車への加工もなく、車内のスペースを犠牲にすることなく、ハイクオリティーなカーオーディオを実現する方法なのです。

誤解しないでいただきたいのは、HOT WIREDはカーオーディオ専門店であり、普段は数百万円をかけた大掛かりなハイエンドカーオーディオシステムを多く手がけております。

そのようなハイエンドカーオーディオの搭載を前提とされているユーザー様は、BOSEサウンドのオプションはつけないでください。
無駄になるだけです。

しかし、そこまで大掛かりなオーディオシステムを搭載するつもりはなくて、車内のスペースも犠牲にしたくないが、そこそこ良い音のカーオーディオは欲しい!というちょっと欲張りなアッパーミドルクラスのユーザーにはBOSEサウンドをつけておいて、スピーカー交換をしてアップグレードするという方法がベストなのです。(^^)

 

ところが、一般的にはBOSEサウンドのスピーカー交換は不可能であると言われています。 (>_<)

理由は、

純正BOSEは特殊なサイズやインピーダンスのスピーカーであること、純正BOSEのプロセッサーが特殊な位相制御をしていること、などの理由で、適当な汎用スピーカーを無理くりつけたとしても、音が悪くなってしまうどころか、システムを壊してしまうことが理由で、専門店でもお断り案件ナンバーワンなのです。

 

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では、マツダを含む多くの自動車メーカーの純正BOSEサウンドを解析した上で、純正BOSE対応のMERCURY CAR AUDIOのスピーカーを使用して、オリジナルの車種別インナーバッフルやフィルターを製作して、数多くの車種の純正BOSEサウンドのスピーカー交換による劇的な音質向上を実現しており、純正BOSEユーザー様から大好評をいただいております。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換

 

では、具体的にCX-8の純正BOSEサウンドのフロントスピーカーの交換方法をご紹介しましょう。

CX-8の純正BOSEサウンドは、全部で10個のスピーカーを搭載したマルチシステムで、それぞれのスピーカーが違う周波数帯域を再生しており、全体でひとつのサウンドシステムとして動作するように設計されています。

適当な汎用スピーカーを取り付けて、ステレオはL/R2チャンネルなんだから、センターやサラウンドなんか殺してしまえ、なんて、昭和な改造すると、ひどいグレードダウンになって後悔することになりますよ。(笑) 

CX-8のフロントとは、ドアのミッドベースとピラーのツイーターとセンタースピーカーがセットでフロントステージを構成しています。

「フロントスピーカーのアップグレード」を考える場合、センタースピーカーの交換も強くオススメしております。

 

と、いうわけで、こちらが、CX-8のセンタースピーカーです。

センタースピーカーにもツイーターががつけられそうな場所が用意されていて、メクラ蓋がはまっています。
海外ではさらにハイグレードなオプションとしてセパレートスピーカーの用意があるのかもしれません。
(HOT WIREDにてセンタースピーカーへのツイーターの追加も可能ですので、ご相談ください。)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 

こちらが、純正BOSEセンタースピーカーのアップグレード用のスピーカー、MERCURY CAR AUDIO M40s ワイドレンジスピーカーとHOT WIREDオリジナルのインナーバッフルです。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 デッドニングや吸音処理をなど、ちょっとしたチューニングも施します。(^^)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換CX-8 マツダ純正BOSEサウンド センタースピーカー交換

 

MERCURY CAR AUDIO C62-BOSE
CX-8用フロントスピーカー+ツイーターとインナーバッフルのセット:115,000円(税別)
取付工賃:40,000円(税別)

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

ドアのグリルの真裏のパーフェクトな位置に取り付けられたドアスピーカーが純正グリルから透けて見えています。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド スピーカー交換 MERUCURY ホットワイヤード 名古屋

  

ツイーターはAピラーに埋め込み取り付け:30,000円(税別)(表皮は純正のままです。)
(通販希望の方は、ピラーを外して送っていただければ、加工取付致します。)

Aピラーに収まったC62のツイーターは、高級感がありながらも、まるで純正品のような自然な仕上がりになっています。

CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換 CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換

HOT WIREDオリジナル、CX-8用ツイーターフィルター。

アウディ A6 A7 ツイーター交換 音質向上 純正BOSEサウンド ハイパスフィルタ CX-8 マツダ純正BOSEサウンド ツイーター交換

 

今回のCX-8のフロントスピーカー交換+センタースピーカー交換の費用の内訳です。

C62-BOSE

MERUCURY CAR AUDIO 2WAYセパレートスピーカー&インナーバッフルのセット

1

¥115,000,−

 

フロントスピーカー取付

1

¥40,000,−

 

Aピラーへのツイーター埋込加工取付一式(純正位置、生地張替なし)

1

¥30,000,−

 

 

 

 

M40

MERCURY CAR AUDIO 40mmフルレンジスピーカー

 

¥32,500,−

 

センタースピーカー 取付およびインナーバッフル製作一式

 

¥25,000,−

 

合計:¥242,500,−(税別)

作業時間:即日仕上げ可能。
完全予約制。

施工のご予約はメールにて承っております。
information@hotwired.co.jp

上記に加えて、リアスピーカー、サラウンドスピーカー、サブウーハーのアップグレードもご好評をいただいております。

CX-8のスピーカー交換、センタースピーカー交換、デッドニングは、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

 

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************