CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け

CX-8 マツダ純正BOSEのサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付け、フロアのデッドニングの施工例をご紹介します。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 純正BOSE 音質向上 HOT WIRED 名古屋 カーオーディオ 専門店

マツダ純正BOSEサウンドのサブウーハーは、スピード感のないもっさりした鬱陶しい低音が鳴ります。 

CX-5,CX-8,CX-9 などの純正BOSEのサブウーハーは、カーゴスペースにスペアタイヤ型サブウーハーが搭載されています。

もっさりしたサブウーハーの音の一番の原因はももちろんウーハーユニット自体ですが、
1Ω接続して、特定の周波数をブーストするポート付きのボックスという、音質的には大変不利な設計をしていることから推測できるのは、
小さなウーハーボックスに小型のウーハーユニットと弱いアンプのパワーでも最大限の低域を再現するために、質より量を優先した設計になっていることと思われます。

CX-8の純正BOSEのサブウーハーを取り外して、パワードウーハーを取り付けることで、量と質の両方のアップグレードが実現できます。

CX-8にはスペアタイヤがありませんが、スペアタイヤ用のスペースにBOSEのサブウーハーが取り付けられいます。

これを、スペアタイヤのデッドスペースにちょうどはまるように設計されたパワードウーハーに交換するのです。
つまり、トランクスペースの犠牲は一切ありません。

同時施工にオススメしているが、カーゴスペースのフロアーのデッドニングです。

今回は、追加で、カーゴスペースの吸音/断熱処理と、サイドと奥の部分のデッドニング、クオーターパネル裏側のデッドニング+吸音材施工を実施しました。

 

 

CX-8の純正BOSEサブウーハーとスペアタイヤ型パワードウーハーの比較:

画像では分かりにくいですが、BOSEのサブウーハーボックスは樹脂です。

スペアタイヤ型パワードウーハーは金属の筐体で、ずっしり重く、内部には2台のウーハーユニットが内蔵されています。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 

 

CX-8のカーゴスペース のフロアのデッドニング:

STPのAEROを圧着して貼り込んだ上に、吸音断熱材を貼り込みます。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

スペアタイヤを取り付けるための土台にサブウーハーが取り付けられているため、土台部分やフロアーのデッドニングは大変重要なのです。

CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音 断熱CX-8 BOSE サブウーハー 交換 カーゴスペース フロア デッドニング クオーター 吸音材 断熱材CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング クオーター 吸音材 断熱材CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

デッドニングが完了して、スペアタイヤ型パワードウーハーを固定します。CX-8 BOSE サブウーハー 交換 スペアタイヤ型パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 内装を元に戻すと全く分からなくなります。
トランクスペースの犠牲はゼロです。

 CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 HOT WIRED 名古屋CX-8 BOSE サブウーハー 交換 パワードウーハー スペアタイヤ型 カーゴスペース フロア デッドニング 吸音材 断熱材 HOT WIRED 名古屋

 

CX-8のサブウーハーの交換、スペアタイヤ型パワードウーハーの取り付けは、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。
https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

R35 GTR 日産純正BOSEサウンドのスピーカー交換と音質向上の方法

カーオーディオの音質向上をするためには、スピーカーをアップグレードすることが不可欠です。

スピーカーが純正のままでは、何をやっても音質向上は不可能です。(キッパリ)

日産純正BOSEサウンドのスピーカー交換もHOT WIREDにお任せください。R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋

 

R35 GTR 日産純正BOSEサウンドのスピーカー交換と音質向上の方法

R35 GTRの純正BOSEサウンドシステムは、
フロント3WAY+センタースピーカー+サランウドスピーカー+20cmのサブウーハーを2発に専用のモノアンプまで搭載しているヘビー級のサウンドシステムで、
脳みそのプロセッサーの制御も、それぞれのスピーカーが別々の周波数帯を再生する純正マルチなのはもちろん、設計段階から日産とBOSEが共同で開発した車種専用の周波数特性や、BOSE得意のアクティブノイズリダクションまで搭載しており、

スピーカー交換が困難もしくは不可能な車の代表選手ですが、

実は!

純正BOSEのプロセッサーの制御とパワーアンプを生かして、スピーカーユニットだけをアップグレードすることで、比較的ローコストかつ車両へのダメージを最小限に抑えながら、劇的な音質向上を実現する方法があり、

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では多くのR35 GTRのスピーカー交換による劇的な音質向上を実現して、オーナー様よりご好評をいただいております。

GTRの純正BOSEサウンドは、特殊なサイズとインピーダンスのスピーカーを、BOSEのプロセッサーが特殊な制御をしており、適当な汎用スピーカーを何とかつけたとしても、音質向上が実現しません。

量産用の純正BOSEスピーカーは、残念なローコストなスピーカーになってしまっています。高性能なスピーカーにアップグレードすることで、本来のBOSEサウンドの制御とパワーが発揮されるようになります。

日産純正BOSEサウンドのスピーカー交換には、MERCURY CAR AUDIONのスピーカーが最適です。

R35のスピーカー交換に使用するスピーカーユニットは、

MERCURY CAR AUDIO C62;2WAY セパレートスピーカー:85,000円(税別)×1セット
MERCURY CAR AUDIO M40s:40mm ワイドレンジスピーカー:3,2500円(税別)×5個
ROCKFORD FOSGATE P3SD2-8:8インチ薄型サブウーハー:3,8000円(税別)×2個

フロントドアのデッドニンング一式:60,000円(税別)(多めコース+2万円)

R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋

 

 

では、R35の純正BOSEサウンドのスピーカー交換について詳しくご紹介します。

まずは、R35 GTR から出てきた大量の純正BOSEスピーカーをみてください。

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

 

交換するマーキュリーのスピーカーと比較してみます。

ドアのミッドベースとC62

純正BOSEのスピーカーは、樹脂のフレームに紙とスポンジのスピーカーで、テルとるとその軽さに驚きます。

C62のミッドウーハーは、キャストフレームに大型のマグネットがずっしり重い高性能スピーカーです。

R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋 R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋 

オリジナルのインナーバッフルを製作して、確実に取り付けます。

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法th_CIMG8131

 スコーカーとM40sワイドレンジスピーカー

 R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋 R35 GTR BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋

正確なサイズに削り出したHOT WIREDオリジナルバッフル。
防水処理を施します。(^^)
スピーカーユニットは単体なので、配線は手作業になります。
R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

 

ツイーターは、純正位置につけるためにマウントを製作します。
純正風のしぼ仕上げにしました。
大型のツイーターですが、まるで純正品のように違和感なく仕上がりました。

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

R35 GTRのセンタースピーカー取付:

BOSEサウンドの制御では、センタースピーカーが大変重要になります。
「センターなんかいらない」って昭和な考えでは現代の車のサウンドシステムの音質向上は望めません。

R35 GTR 純正BOSE センタースピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

R35 GTR純正BOSEのサブウーハーは、マグネットが前についたインバーテッドウーハーです。
薄くするための工夫ですが、真ん中の小さいの丸いのがマグネットです。(フェイズプラグじゃないよ。(笑) )

薄型とはいえ、ROCKFORDのウーハーはずっしり重くて片手じゃ持てない。(笑) 

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

サブウーハーボックスは純正を利用して、デッドニング等のチューニングを施工します。
全部はお見せできませんが、地味な努力が最後の音質で報われるのです。
BOSE独特のもっさりしたうっとうしい低音が、タイトでスピード感のあるディープな低音に生まれ変わるのです。(^^)

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702c1th_CIMG7979R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE サブウーハー交換の方法

R35 GTRのサブウーハーボックスは、リアのアルミのプレートとトランク内のスペースもウーハーボックスとして活用してより豊かな低音を再背するように設計されており、BOSEお得意のテクノロジーでもあります。

BOSEの意図した設計をスポイルしないように、良いとこどりでチューニングするためのデッドニングを施します。

今回はリアシート下のフロアーやサイドのパネルなど、リアセクション全体をデッドニング/静音処理するすることで、車内の静穏化を実現し、結果的には排気音やロードインフォメーションなど、スピーツドライビングの純度を上げる効果にもつながるのです。

R35 GTR デッドニング リアシート フロア STP ホットワイヤード 静穏化 ロードノイズ 名古屋R35 GTR デッドニング リアシート フロア STP ホットワイヤード 静穏化 ロードノイズ 名古屋R35 GTR デッドニング リアシート フロア STP ホットワイヤード 静穏化 ロードノイズ サブウーハー交換 名古屋R35 GTR デッドニング リアシート フロア STP ホットワイヤード 静穏化 ロードノイズ 名古屋R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法R35 GTR デッドニング リアシート フロア STP ホットワイヤード 静穏化 ロードノイズ 名古屋

 

パーフェクトな位置に取り付けられたドアのスピーカーが純正グリルから透けて見えています。(^^)

 

R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

純正グリルから透けて見える、スコーカーのM40s。
R35 GTR 純正BOSE スコーカー スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スピーカー交換の方法

 

 

 

 

R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法R35 GTR 純正BOSE ツイーター取付 スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE リアスピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE サラウンドスピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE スコーカー スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE デッドニング サブウーハー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法 R35 GTR 純正BOSE デッドニング スピーカー交換の方法

 

R35 GTRの純正BOSEサウンドのスピーカー交換、スカイラインGTRの純正ナビの音質向上は、名古屋のカーオーディオ専門店「ホットワイヤード」までご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

 

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化

R35 GTR 純正BOSEサウンドのスピーカー交換による音質向上とデッドニングによる車内の静音化の方法のご紹介です。

賛否両論ある日産純正BOSEサウンドシステムですが、ホットワイヤードでは、純正BOSEを生かした上で、スピーカーを交換することでの劇的な音質向上の方法を紹介しています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋th_ZFfGqIhiTI6mX5R%lQF2Kg_thumb_70126

メーカーオプションのプレミアムカーオーディオを推奨するカーオーディオ専門店なんて聞いたこないのですが、(^_^;)

車種別専用設計のメーカー純正BOSEサウンドシステムのパワーアンプ/プロセッサーは、実はとても良い仕事しているのですよ。(^^)

しかし、残念な音質の、

純正BOSEの曇った高音ともっさりした低音の原因は、量産モデルのジョボいスピーカーユニットが原因なのです。

ところが、

純正BOSE付き車両は一般的にはスピーカー交換ができないと言われています。

仮に適当な社外の汎用スピーカーをなんとかつけたとしても、ダウングレードになってしまい、音質が低下してしまいます。

昔ながらの手法で、とりあえずフロントスピーカーだけ交換とか、リアスピーカーは必要ないとか、昭和な考えでは音質向上は望めません。

 

純正BOSEサウンドにはいくつかの特殊な構造/仕組みがあります。

①サイズが特殊で、社外品で適合するものがない。

②インピーダンスの問題で、一般的な汎用スピーカーを取り付けるとアンプ破損の恐れがある。

③BOSE本体が、車種別に特殊な位相の制御をしている。

④各スピーカーが別々の周波数帯域を再生しており、汎用スピーカーでは対応できない。

などの上記の理由に加えて、

純正BOSEサウンドのスピーカー交換ができないと言われる理由は、加工取付が物理的に困難というだけではなく、がんばって汎用のセパレートスピーカーを無理やりつけても音質向上にならないからなのです。

 

名古屋のカーオーディオ専門店、「ホットワイヤード」では、BOSEサウンドシステムの特殊な制御を解析/理解した上で、BOSE対応のMercury Car Audioのスピーカーを取り付ける手法で、多くの純正BOSEサウンドのスピーカー交換を手がけており、オーナー様にはご好評をいただいております。

 

今回は、2019年式 R35 GTRの日産純正BOSEサウンドシステムを例に、少し詳しく説明したいと思います。

R35 GTR 純正BOSEサウンドは、全部で12個のスピーカーがセットで一つのサウンドシステムを構成しています。

昔のカーオーディオのように、ただ単にスピーカーをたくさんつけているだけではなく、それぞれのスピーカーが違う帯域の周波数を再生するマルチシステムになっており、全部で一つのシステムとして成り立っています。

R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換R35 GTRから出てきた純正BOSEスピーカー。

 

純正BOSEのツイーター。

とても小さくて、曇った高音の原因の一つである。
th_CIMG7869th_CIMG7870

中高音を担う重要な役目を持っている、センタースピーカー とスコーカー、サラウンドスピーカーは、Mercury Car Audioの2インチワイドレンジスピーカー、M40sにアップグレードします。

w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIRED w222 ドアスピーカー交換 mercury M40 HOT WIREDオリジナル インナーバッフル

th_CIMG7866th_CIMG7868th_CIMG7865th_CIMG7862th_CIMG7864

ドアのミッドベースも、、紙のコーンに樹脂のフレームと小さなマグネットのドアスピーカーは手に取ってみてみると、その軽さに驚かされる。

Mercury Car Audio の C62でアップグレードします。

マグネットの大きさがお分かりいただけるだろうか?

th_CIMG7857th_CIMG7861th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701d6th_CIMG7860

 

GTRの純正BOSEのサブブウーハーはなんと、8インチを2台搭載。
ウーハー専用に別体でパワーアンプも搭載しており、トランクをウーハーボックスとして利用する専用設計で、BOSE得意の豊かな重低音を再生する。

ここまで贅沢な純正オーディオシステムを利用しない手はありません。

しかし、

スピード感がなく、もっさりとしたBOSE独特のうっとうしい低音の原因でもあり、その辺も含めて音質向上を狙ってアップグレード&チューニングを施します。

 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e2th_CIMG7856

社外品ではあり得ない極薄サブウーハーは、アップグレードが困難であるが、HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、

ROCKFORD FOSGATE の、P3 SHALLOW  デュアルボイスコイル の8インチサブウーハーにアップグレードします。

BOSEサウンドシステムは、サブウーハーの位相の制御が独特で、これもよくわかってない方が普通に付けるだけだとあまり鳴らなくなってしまうのです。(鳴るけどショボいという状態になる)

しかし、

BOSEの位相の制御とインピーダンスを正しく理解してインストールすると、、摩訶不思議、楽曲によっては少し絞りたくなるくらい量感たっぷりの重低音を鳴らしてくれます。

ロックフォードのP3はデュアルボイスコイルなので、配線はさらにややこしいことになりますが、タイトでスピード感のあるディープな重低音がガッツリ鳴るようになりました。(^^)

th_CIMG7855

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_701e3

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703f7

純正のウーハーボックスを活用して、テッドニング等のチューニングを施し、HOT WIREDオリジナルのバッフルを加工取付の上、ギリギリのクリアランスを確保します。

th_7B+bjGVOT%ecmcyC1oD0Rw_thumb_7023ath_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_70412th_CIMG8007th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702f7

 

オーナー様とご相談の上、ウーハーボックス取り付け面のアルミのリアボード全面、リアフロアー、サイド部等の金属部部を中心にデッドニングを圧着した後に、さらに吸音材等を施工して、サブウーハーの音質向上とともに、ロードノイズの軽減/車内環境の静音化を実現を目指しました。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_702b5th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a0
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703a6 th_A7M66RQDR4WQPg9vgjcQFQ_thumb_703b4

R35 GTR のドアスピーカーの取り付けと、デッドニング。

th_VxsNs1TvSgi9FlX71OfNGQ_thumb_70176R35 GTR 純正BOSEサウンド 音質向上 スピーカー交換th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bath_CIMG8108

R35 GTR ドアスピーカーの取り付け。

HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを使用して、Mercury Car Audio C62を取付。

R35 GTR 純正BOSE ドアスピーカー交換 ツイーター交換 デッドニング HOT WIRED 名古屋th_i8yPqcrBToiWrzRsR24w+g_thumb_70451

 

R35 GTRのスコーカー取り付け。

3wayマルチスピーカーシステムで、最も重要なスコーカーのアップグレードです。

HOT WIREDオリジナルのR35専用インナーバッフルを使用して、

Mercury Car Audio M40、ワイドレンジスピーカーにアップグレードします。

純正グリルの奥に金色のスピーカーが透けて見ています。

R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋 R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋R35 GTR スコーカー交換 Mercury Car Audio M40 ホットワイヤード 名古屋
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703bfR35 GTR スコーカー交換

 

 

R35 GTR ツイーターの埋込加工取付/ツイーターポッド製作。

こだわりの純正位置/純正風仕上げ。

BOSEのツイーターよりもはるかに大きいC62のツイーターをどうやって埋め込むか?

これほどサイズの違うツイーターが純正位置に違和感なく取付することが可能なのか?

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

純正ツイーターの三角パネルを改造して、ツイーターポッドを製作しました。

純正風シボ仕上げです。

違和感なくとても美しく出来上がりました。(^^)

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c8th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_703c9

R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付R35 GTR BOSE ツイーター交換 埋込 加工取付

 R35 GTR の純正BOSEサウンドの音質向上/スピーカー交換は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまだご相談ください。 

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

 

 

 

<!–

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #1d1d1d; min-height: 15.0px}

p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d}

p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘Helvetica Neue’; color: #dca10d}

p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px ‘.Hiragino Kaku Gothic Interface’; color: #1d1d1d; min-height: 18.0px}

p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #1d1d1d}

p.p6 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #1d1d1d}

p.p7 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #dca10d}

span.s1 {color: #1d1d1d}

span.s2 {font: 13.0px ‘Helvetica Neue’}

span.s3 {font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’}

span.s4 {font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’}

–>

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

NDロードスター マツコネの音質向上/純正BOSE スピーカー交換、ドアのデッドニング

岡山からお越しいただきました、NDロードスター。

マツコネ&マツダ純正BOSEサウンドの音質向上の方法:

スピーカー交換とデッドニング、ツイーター埋込取り付けのご紹介です。

 

お支払いは、今話題のPayPayで、20%のキャッシュバック即ゲットしていただきました。v(^^)v 

ホットワイヤードは、PayPayが使えるカーオーディオショップです。

是非この機会にご利用くださいませ。(^^)

NDロードスター HOT WIRED NDロードスター スピーカー交換

 

ピラーの製作、ツイーターの埋込加工やインナーバッフルの製作はご予約いただき、あらかじめ準備しておきましたので、すべての作業は即日完了する事ができました。

遠方のお客様にも即日納車が可能です。

代車もありますので、待ち時間は観光やお散歩にご利用ください。

徒歩15分の名古屋競馬場前駅までの送迎も可能です。(^^)

NDロードスター ツイーター埋込 スエード仕上げ

 

マツダ純正BOSEのツイーターです。

MERCURY CAR AUDIO の、C62のツイーターに交換します。

NDロードスター 純正BOSEツイーターNDロードスター 純正ボーズ ツイーター交換

NDロードスター BOSEツイーター交換

 

純正アルカンターラ風のスエードで張り替えた、NDロードスターのAピラーです。

質感アップ!

NDロードスター MERCURY CAR AUDIO NDロードスター マーキュリーNDロードスター ツイーター交換

 

HOT WIREDオリジナルの、NDロードスター用インナーバッフルです。

強力な防水処理をしてありますので、見た目はちょっとですが、性能はバッチリです。 

NDロードスター インナーバッフル スピーカー交換NDロードスター HOT WIREDオリジナル インナーバッフル

 

ドアのデッドニングは、スピーカー交換とセットで定番のメニューです。

フロアー全体のデッドニングも人気です。

スピーカーの音質向上のためだけでなく、振動を押さえ、音を遮りクルマが静かになり、熱を遮りエアコンの効きが良くなる、などの効果が期待できます。

 

NDロードスターのドアのデッドニング一式:6万円〜(多めコース8万円が人気です)

ロシア製のデッドニング材、STPをメインにデッドニングします。

NDロードスター デッドニングの材料 STPNDロードスター ドア デッドニング

NDロードスター ドアのデッドニング STP

外側の鉄板も制震処理を施します。

NDロードスター ドアパネル デッドニング 内部NDロードスター デッドニング STP

ドア内張り、内装パネルにも制震処理を施します。

NDロードスター ドアのデッドニングNDロードスター ドアパネルデッドニング

 

NDロードスター スピーカー交換のご注文、ご予約、作業の流れ:

> お預かりも可能ですが、遠方のお客様で、即日納車をご希望の場合は、まず
> ご注文いただきましたら、ピラー等の製作を進めます。
> 製作物が完成している状態でご来店いただければ、一日で作業完了できます。
> ※ただいまピラーの仕上げは黒スエードのみになります。
>
> お見積:
> NDロードスター純正BOSEスピーカー交換とツイーター埋込とドアのデッドニング一式:
> C62-BOSE-ND   :115000円(税別)
> 取付工賃:4万円
> 両ドアのデッドニング:6万円 (人気のさらに多めに貼るコースはプラス2万円)
> ツイーターの埋込加工:8万円 (純正アルカンターラ調の黒スエード仕上げ)
> 合計金額:295,000円(税別)
> 318600円(税込) です。
>
> ご入金確認でき次第、製作物の準備に入ります。
>
> お振込口座:
> ホットワイヤード 
> 愛知銀行 東郊通支店 普通 737283
> ※手数料等はご負担願います。
>
> ご都合の良い日時をお知らせの上、ご予約いただけますようお願いいたします。


ご質問,ご不明の点等はお気軽にお問い合わせ頂けますようお願い申し上げます。
よろしくお願いいたします。
information@hotwired.co.jp

NDロードスター 純正BOSEスピーカー交換NDロードスター HOT WIRED スピーカー交換

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

BMW 523i ハイレゾプレーヤー+Morel 3wayスピーカー取付+Helix DSP+サブウーハー

BMW 523i ツーリング のスピーカー交換

純正ナビを生かしたままで、SONYハイレゾプレーヤーで、モレルの3wayスピーカーをならす方法のご紹介:

スピーカー交換がやりにくい事で有名なBMWですが、F10,F15 BMW 523i/535i/525iなどは、シートの下に特殊なスピーカーがついています。

AUDISON,GROUND ZEROなどから BMW専用スピーカーセットが出ていますので、それらを使用するのが一番簡単な方法ですが、今回は、たいへん苦労してMORELの3WAYスピーカー+サブウーハーを純正位置に取り付けしました。(;^_^

純正でフロント4WAYのマルチシステムになっていますので、パワーアンプの取付も簡単にはできません。

BMWは、純正ナビの交換もできません。

SONYハイレゾプレーヤーで、本格的なハイレゾカーオーディオを構築するために、たいへんな改造が必要になります。

HELIXやAUDISONのDSPを組み込んで、純正のツイーター/ミッドレンジ/ミッドベース/サブウーハーの4WAYの音楽信号をミックス(サミング)してから、プロセッサーを通してパワーアンプに入力する必要があります。

th_CIMG2358

こちらが、BMW純正シート下のスピーカーです。th_CIMG2377

ワンオフでバッフルを切り出して、純正のスピーカーボックスにフィッティング。th_CIMG2378 th_CIMG2376th_CIMG2385 

 

BMWのシート下スピーカー位置に収めるためには、スピーカーのサイズがかなり厳しいのて、相当工夫して取り付けする必要があります。

 

th_CIMG2387 th_CIMG2402 th_CIMG2403 th_CIMG2408 th_CIMG2409

 

ドアにもワンオフのバッフルを製作して、ミッドレンジを純正位置にインストールします。

 th_CIMG2513

th_CIMG2514

ツイーターも、純正位置に取り付け。

th_IMG_9405th_IMG_9406

 

ドアは無加工で純正の見た目をキープです。

th_CIMG2428
th_CIMG2439

 

 

BMW純正ナビに、ハイレゾプレーヤーを組み合わせて、HELIXのDSPで制御します。

パワーアンプとヘリックスのプロセッサーは、トランクのフロアーに取り付けます。

th_CIMG5059

HELIXのコントローラーは、小物入れの中に取り付け。

th_CIMG5065

トランクには10インチのウーハーボックスを載せますが、黒のカーペット仕上げで、わりと目立たないスタイルで取付ができました。
th_CIMG5066

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************