AUDISON/HERTZ本社にて カーオーディオ用DSP プロセッサーのサウンドチューニングのトレーニング

カーオーディオ用DSP プロセッサーのサウンドチューニングの技術セミナーの為に、イタリアへ行ってきました。

カーオーディオブランドの、AUDISON/HERTZ を製造する、ELLETTROMEDIA社にご招待いただきました。(^^)

2018年3月。
正直あまり行きたい状況ではなかったのですが、AUDISON/HERTZ本社からの強い要請と、個人のスキルアップはもちろん、技術セミナーの後には、「日本のカーオーディオ業界の皆様と知識と技術の共有をしてほしい」との強い要望をいただき、重い腰を上げて久しぶりにヨーロッパまで行ってきました。

 

今回は、アジア地区のAUDISON/HERTZブランドのパートナーを集めてのトレーニングになっており、日本、タイランド、マレーシア、シンガポール、韓国、香港、台湾からの参加がありました。

 

AUDSON/HERTZの本社は、ものすごくカッコいい建物/設備でした。

社員のおっさん(失礼)のファッションまでがみんなサラッとオシャレでカッコいいのがちょっとイラつく。v(^^)v

th_CIMG8862 

でっかいエントランスで、記念撮影。

th_CIMG8937th_IMG_4008th_IMG_4011

 

AUDISON/HERTZ本社にて、BIT ONE HDなどのデジタルシグナルプロセッサー(DSP)を使用したハイレゾカーオーディオ/ハイエンドカーオーディオの正しい音調整の方法、サウンドチューニング/サウンドセッティングのセミナーと、実車を使用したトレーニングを受講してきました。

大変複雑で、使いこなすのが難しいAUDISONのDSPプロセッサー、BIT ONE HD や、BIT PLAY、さらには、サウンドセッティング用測定ツールのBIT TUNEなどのセミナーがメインのトレーニングでした。

プロセッサーは、取り付ければ自動的に音が良くなる魔法の箱ではなく、本来の性能を発揮するためには、正しい知識と測定機器を使用して、大変めんどくさいサウンドチューニングの作業が必要なのです。

空港でピックアプされてから、空港にドロップされるまでの、3日間びっしりのスケジュールでのトレーニングは、本当に大変でした。(;^_^

しかし、DSPを使用したサウンドチューニングを正しく実施するために必要な知識と技術を得る事ができ、有意義なイタリア旅行になりました。

※トレーニングの内容はこちらのブログ記事をご覧ください。

th_IMG_4024 th_CIMG8836

th_CIMG9084

 

MADE IN ITALY の製造現場の視察にもお招きいただきました。

※AUDISONとHERTZの製造過程/製造現場のリポートは、こちらのブログ記事をご覧ください。

th_IMG_4300th_CIMG8981

 

 

 

 

名古屋のセントレアから、ドイツのミュンヘンまでは ETIHADに乗りました。

北京とアブダビで乗り換えて、AUDISON本社までは、24時間以上かかる長旅になります。(T-T)

 

th_CIMG8707th_CIMG8697

th_CIMG8794 イタリア、ドイツ上空のアルプスの雪山。




 

 


th_IMG_4212 th_IMG_4216

 

LOST LAGGAGEで有名なイタリア。
次の日にやっとホテルに届いた私のスーツケース。

th_CIMG8835

 

 

AUDISON/HERTZ DSPサウンドチューニング集中トレーニングのリポートは、その2へ続く!

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1774195072623559

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

********************************************************* 

カシオのデジカメ CASIO ZR-4000 19mm広角レンズのコンデジ

カメラといえば、CANONか?NIKONか? と、いう話が一般的ですが、私が一番好きなカメラメーカーは、CASIO なんです。;^_^

高級感のないプラスチックボディーに白やピンクと言ったおもちゃみたいな色、発色の強い絵、19mmの広角レンズ、HDRフィルター、タイムラプス などの、本格的なカメラマニア的には邪道な機能が満載のCASIOのデジカメが大好きです。(^^)

デジタルカメラの元祖はカシオだし、大変残念なのですが、2018年でカシオはデジカメ事業からの完全撤退を発表し、既に店頭でカシオのデジカメが姿を消してしまいました。

赤字49億円だそうです。

私が今でも大切に使っている大好きなメーカーは、金儲けの世界ではうまく行かないようで、ことごとく世の中から消えてしまいました・・・

HUMMER倒産、BUELL倒産、CASIO撤退、SONYカーオーディオ撤退・・・。

 

お気に入りのコンパクトデジタルカメラのカシオがなくなる!これはヤバい!

という事で、急遽ZR-4000というモデルを買った訳です。

今まで使っていた、ZR-1600と比較:

見た目が全く代わり映えしなくて、「新しいカメラを買ったぜ!」という高揚感は全くなくて、まるでiMacを買い替えたときのように、つまらん・・・。

th_CIMG4592th_CIMG4589

数年前に買ったモデルと見分けがつかないほどそっくりである。

つまりもう何年も進化していない訳だ・・・。

相変わらずデカくて重い・・・。

てか、レンズの周りの動くリングの分、少し厚みが増えている・・・。

th_CIMG0043

液晶が動かなくても良いから、半分の薄さにしてくれたら良いのに、なんて言っても、もう今後カシオのデジカメが発売される事はない。

th_CIMG0041

th_CIMG4591

 ZR-4000に買い替えた理由は、ただカシオがなくなるからという事だけではなく、19mmの広角レンズという、自分に取っては大変都合の良い広い画角で撮影できるレンズを搭載したとても珍しいカメラだからです。

ZR-4100という、カシオの最上位機種を買おうとしたのですが、よく調べてみると、美白などの私には無意味な女性向け自撮り機能がものすごく追加されていて、かわりに私のお気に入りのHDRのフィルター種類が減っている上に販売価格が高いので、ZR-4000 に変更しました。

このように、近距離からクルマ全体を撮影したい場合などには、広角レンズのカメラは大変便利なのです。

th_CIMG0842

HDRのエフェクト? フィルター? も、とても面白い絵が撮れるのですごく気に入っています。
th_CIMG0866

 

そして、カシオのデジカメを使い始めたそもそもの理由が、これ。

タイムラプスである。

https://youtu.be/bCdxQi6auRQ

https://youtu.be/SPCrD884Yag

https://youtu.be/Eov677AAaz4

タイムラプスが簡単に撮影できるし、バッテリーが異常に長持ちするし、カシオのデジカメはお気に入りでしたが、2018年以降はもう買えなくなるがとても残念です。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

ルータービットの研磨/テーブルソーのブレードの目立て屋さん

カーオーディオでどうして木工機械が必要なのか? と思われ方も多いと思いますが、実はカーオーディオプロショップは、かなりの木工作業をやります。(本職の家具屋さんや大工さん比べれは初歩的な木工ですが、)

スピーカーボックスは基本的に木で作ります。

特に良く使うのは、テーブルルーターと呼ばれる機械で、スピーカーを取り付けるためのインナーバッフルやリングの制作はこれが無いとできません。

th_GOPR7255 th_GOPR7259

ルーターのビットにはたくさんの種類があって、HOT WIREDではいろいろなサイズや形のルータービットを作業に合わせて使い分けています。

th_CIMG0743

神経質な私は切れ味が悪い刃物が大嫌いなので、時々ビットを研磨に出します。

僕は新品のナイフでも切れ味が気に入らないので、研磨してもらいます。(^^)

ビットの研磨も職人さんの腕次第で、できるだけサイズがかわらないように、かつ切れ味の良くなるように研磨していただく必要があります。

HOT WIREDと同じ、名古屋市港区のカトー鋸さんに研磨に出しました。
ブレードの目立てや、刃が欠けたテーブルソーのブレードの補修もやってくれますし、チャンファービットやスパイラルの超硬ビットの研磨も可能です。

HOT WIREDまで、ルート配達もしていただけるので、ついでの時に取りに来ていただき、どっさりたくさんのルータービットを研磨していただきました。

 
th_CIMG0737 th_CIMG0738 th_CIMG0739 th_CIMG0740 th_CIMG0741 th_CIMG0742

どえらい良く切れるようになったがや。(^^)

抵抗なくサクサク切れて、超気持ちいいー。

腕のいい職人が研いだ中古の刃物の方が新品より良く切れると思っています。

 

 

th_CIMG0735

ちなみにこれは先週買った、SANP ONのニッパー。

グリップが曲がっていて、オフセットした場所でのカットがやりやすそうとの事ですが、グリップの形がどうのという前に、

どえらい、切れ味が悪い。

タイラップ切るのも疲れる。

こんな切れないニッパー初めてだよ。100均レベルだ。

私はスナップオンの大ファンだが、スナップオンの刃物系はダメな気がする。

th_CIMG0736

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

OAKLEY STRAIGHT LINKを度付きメガネにする方法/オークリーの度付きサングラス

OAKLEY STRAIGHT LINK を度付きメガネとして制作しました。

OAKLEY の STRAIGHT LINK を度付きメガネとして選択した理由は、バイクに乗るときに大変具合が良いからです。

顔を覆う形のカーブの強いレンズとフレームが、顔のラインににフィットして、視野全体をカバーするので、前傾で上目遣いでもレンズから視界が外れない、大きく目を保護することと、風の巻き込みが少なく、太いフレームも意外と視界を遮ること無く、薄いストレートテンプルがヘルメットにもスパッと刺さって装着がやり良い。

オークリーのプラスチック製のフレームは、一見弱そうですが、意外と強くて、バイクから落としたりしても折れたこと無いし、金属製のフレームより強い気がします。

th_IMG_4841

th_IMG_4854th_IMG_4856th_IMG_4864

 

ただし、OAKLEYのサングラスを度付きメガネ化する手順は大変面倒で、オークリーの度付きレンズ制作が得意な専門店でお願いして、制作には1が月以上かかりました。

今回は、オークリーのカスタムオーダーで、クリアーのフレームを取り寄せましたので、さらにややこしいことになってしまいました。

まず、クリアーのフレームを買うためには、OAKLEYにカスタムでオーダーする必要があります。

カスタムでフレームカラーやOマークの色、イヤーピースのゴムの色などを選択してカスタムオーダーするのですが、度なしのサングラスとして購入する必要があるので、必要の無いカラーレンズの色までをわざわざ指定してサングラスの状態で購入する必要があります。

そして、さらに融通が利かない事に、

カスタムでオーダーするフレームの場合は、オークリー純正の度付きレンズがで制作ができないとの事で、割高な社外製レンズを制作する必要があります。

フレームが届くのを待って、そのサングラスからカラーレンズを外して、フレームに合わせてクリアの度付きレンズをオーダーメイドします。

今回はKODAKのレンズで制作しました。

これでやっとOAKLEYの度付きのメガネが完成しました。

th_IMG_4865th_IMG_4867

th_IMG_4868

余ってしまって使い道の無いオークリー純正のサングラスのレンズ。

 

2018年に、OAKLEY名古屋ができましたが、アパレルとサングラスの販売のみで、度付きサングラス、オークリーメガネの制作は全くできないそうで、私には無意味でした。(T-T)

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

サイバーナビを劇的に音質向上する裏技 アンプのゲイン調整/ナビヘッドの最大出力の設定 AVIC-CZ901

サイバーナビを劇的に音質向上する裏技をご紹介します。

アンプのゲイン調整は、カーオーディオの音質を決定づける重要なサウンドセッティングです。

アンプのゲイン調整をするためには、その前にヘッドユニットの最大出力を設定する必要があります。

めんどくさい地味な作業ですが、カーオーディオの音質には最も重要な音調整なのです。

 

サイバーナビは、FRONT/REAR/SUBのライン出力を装備しています。

内蔵プロセッサーのクロスオーバーを使用して、3WAYマルチシステムの構築が可能です。

サイバーナビは、フルボリュームの40でも出力信号がクリップしない優秀なCDプレーヤーですが、普通に使うと最大出力が、1.6Vしかありません。

th_CIMG0630 th_CIMG0631

 

サイバーナビのライン出力を、2.1Vにする方法の紹介です。

オシロスコープで、音楽信号が歪まないぎりぎりのセッティングをしましたので、今回はソースレベルアジャスターを+4にして、クリップ直前の最大ボリュームを35に設定しました。

これでサイバーナビの最大出力は、2.1Vに増幅され、全くひずみのないクリーンな音楽信号を出力できるようになりました。

th_CIMG0633 th_CIMG0635 th_CIMG0638 th_CIMG0640 th_CIMG0636

 

  

ナビヘッドの最大出力を設定することで、「フルボリュームでガンガンに再生しても、音の歪みが全くない、大音量かつ静かなカーオーディオ」を作るための一番最初のサウンドセッティングが完了しました。(^^)

この次に、パワーアンプのゲイン調整をします。

そして最後に内蔵プロセッサー(DSP)の音調整ができるのです。

ナビヘッドとパワーアンプのゲイン調整を「聴感でおおよそ」でやっていると、その先でいくらがんばっても帳尻が合わなくて、完全なサウンドセッティングは絶対に不可能なのです。

 

 

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp