三菱 ランエボ クルマを静かにしたい! その2 デッドニング BMW M3/M4

三菱 ランエボ クルマを静かにしたい! 

MITSUBISHI EVO

その1はこちら!
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=6203

 th_IMG_1669 th_IMG_1665

カーオーディオの為のデッドニングではなく、クルマを静かにする為のデッドニングを施工する事もめずらしくありません。

 

今回は、三菱のランサー エボリューション に静音処理/消音処理の為のデッドニングをしました。

同じようなご依頼は、BMW の M3 や M4 、ベンツのGクラスなどでも多いです。

つまり、走行性能に特化したクルマであり、ある程度うるさいクルマである事は承知の上で購入したが、実際に乗り始めると、あまりにもスパルタンなクルマの設計の為、ロードノイズやミッションからのノイズ、排気音などの騒音が以外と気になり始めるのです。

加えて、エンジンやミッション、シャフトなどの熱が車内に伝わってきて、「暑い」というのも良くご相談されます。

スポーツカーなど、走りに特化したクルマ共通の悩みで、ひと昔前は当たり前の事としてみんな我慢していたのですが、世の中のクルマがここまで静かで快適なった現在では、正直ちょっとしんどいですね・・・。

 

今回の、ランエボの静音処理/消音処理の為のデッドニングは、床面すべてと、ミッショントンネル部分、トランクの床面全面に施工しました。

 

th_IMG_1671

使用したデッドニング材量は、ロシアのブランド、STP です。

潜水艦など、軍事産業で得たノウハウを持っているメーカーだそうです。

STP は、使う場所や目的に応じて、ものスゴくたくさんの種類のデッドニング材量がラインナップされています。

「とりあえず何か貼っとけばいい」って訳ではないのです。

今回は、より軽く、デッドニングの効果の高い、AERO をチョイス。

th_IMG_1670

まずは、イスやカーペット、内装をすべてバラして床面をハダカにします。

th_IMG_1691 

と言っても、ほとんどの日本車が薄いカーペット一枚剥がすと、すぐに床の鉄板です。

ランエボは、軽量化の為、他の事はすべてを犠牲にしていますので、鉄板もできるだけ薄く作られているようで、エコカーなみの薄さに、ちょっとびっくりします。

正確には、鉄板じゃなくて、軽量化のためほとんどのパネルがアルミ板で作られているそうです・・・。
(BMW M3/M4のルーフはカーボンです。)

消音材的な物は一切ありません。

ミッションの音もギュンギュンうるさいし、断熱材も最低限なので、熱もハンパないです。

th_IMG_1679

材料の密着を良くする為に、まずは鉄板表面のクリーニングから。

th_IMG_6652

リアシートもお尻の部分を外すと、ダイレクトに鉄板です。

th_IMG_1675

トランクもこの通り。

グレーに見える部分が、純正で施されているデッドニング材です。

th_IMG_1694

STP のデッドニング材を張り込んでいきます。

th_IMG_1695

全面鉄板に密着する様に、丁寧にローラーをかける必要があります。

th_IMG_1702 th_IMG_1699

STP の AERO

th_IMG_6657 

デッドニング材の厚みがおわかり頂けますでしょうか?

STP は、厚みもいろいろ種類があります。

th_IMG_6656

フロアー面は全面張りです。

th_IMG_1693th_IMG_1692

サイズに合わせて材料をカットして、鉄板に密着する様に丁寧にローラーで圧着していくと言う、地味な作業が数日に渡って延々とつづきます・・・。

th_IMG_1711

ドアほどではないですが、当然「コツ」や「ノウハウ」がありまして、へたくそがやるとうまく密着しないし、剥がれてくるし・・・。

th_IMG_1709

これ以上貼ると、干渉して内装がハマらなくなるギリギリまで貼り込みました。(^_^;)

 th_IMG_1730th_IMG_1720

床面のデッドニングが完了したら、

シートの下と足下の床部分と、ミッショントンネル部分は、消音の為の別の材料も重ねて貼り込みます。

th_IMG_1738

材料がかなり分厚いので、内装と干渉する部分を避けて、うまく施工する必要があります。

th_IMG_1739th_IMG_1748 th_IMG_1747  th_IMG_1737 

ミッショントンネル部分は、パンパンでもうこれ以上貼れません。(^_^;)

th_IMG_1724 th_IMG_1719

 

純正のハーネスやコネクターなどをアルミテープで固定したりもします。

こういう細かいものも、ノイズの原因になるからです。

th_IMG_1772 th_IMG_1773th_IMG_1718 

もうこれ以上貼れないレベルまで、隅々まで丁寧に貼り込みました。(^^)

th_IMG_1717 th_IMG_1713 

 

すべて完了したら、フロアーのカーペットや内装を戻していきます。

th_P1180055th_P1180054  th_IMG_1782  

以下は、納車の次の日に頂いたお客様からの感想のメールです。

原文のまま引用させていただきます。

まず第一印象はエンジン音が静かになっています。
これは排気系の音を遮断しているから?
エンジンスタート時からかなり違います。

次にロードノイズですが、静かになったというレベルでは
ありませんが「ボコボコ」という様な音はほとんどしません。
音のレベルは下がった感じです。

夜になって助手席に嫁さんを乗せたのですが静かになったと
言っています。
特にシートベルトあたりから振動があったのがピタリと無くなった
と言っています。
私はこれに関してはわかりません。

 

ルーフや、ドアのデッドニングも施工すると、さらに静かになると思います。

重量を気にされる方も多いと思いますが、走ってわかるほど重くなるわけないのでご心配なく。

 

こちらで、デッドニング作業の動画もご覧頂けます。

YouTube Preview Image

 

 

 

余談ですが、

三菱のランエボ、この型が、FINAL EDITION だそうです。

つまりこれでランエボも歴史の1ページに消えるという事です。(>_<)

三菱の工場でのランエボの製造工程の動画を見つけましたので、HOT WIRED の FACEBOOK PAGE にリンクしておきました。良かったら見てみてください。 

https://www.facebook.com/hotwiredjp

 

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

KENWOOD 彩速ナビ サウンドセッティング イコライザー調整 PHASS

最近人気のKENWOOD のナビ。

彩速ナビ?

th_IMG_3228 

KENWOOD のハイレゾ対応?ってヤツかな?

th_IMG_3229

他店にてお買い上げ、お取付で、サウンドセッティングのみのご依頼で、静岡からお越しいただきました、Y様のビアンテ。

th_IMG_3268 th_IMG_3269

他店で購入/取り付けた、カーオーディオの、音調整(サウンドセッティング)だけのご依頼も大歓迎ですので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

今回は、PHASS のパワーアンプのゲイン調整:¥10000−

ナビのイコライザー調整:¥15000−

と、言うオーダーです。

 

各スピーカーの位相のチェック、ナビヘッドの最大出力の測定は無料サービスとさせていただきました。

th_IMG_3250

ナビの最大有効ボリュームは27でした。

これ以上上げると、信号がクリップします。(音が歪みます。)

(今回システムには、ハイローコンバーターが入っていたので、KENWOOD のナビのプリアウトを使用した場合は違うボリュームになると思われます)

 

PHASS のパワーアンプ。

では、さっそく、パワーアンプが、クリップする直前で最大出力を発揮するゲインにセッティングします。

th_IMG_3246

 こちら、セッティング前のオシロスコープの波形。

思いっきりクリップしていました・・・。

th_IMG_3232

こちらがセッティング後。

クリップする直前の最大出力に設定しました。

th_IMG_3243 th_IMG_3242

最大有効出力は、23.8V。

th_IMG_3244

左チャンネルは、なぜか、25Vまでクリップなしでいける・・・。

th_IMG_3245

これが、個体差というヤツですが、ちょっと出力の差が左右で違いすぎるので、このままでは、左右の音量が大きく違ってしまうので、Lチャンネルを23.9Vまで落として左右のレベルを合わせました。

 

 

で、

次は、イコライザーの調整をしました。

こちらは調整前の、RTAの波形。

いわゆる、「ピークとディップ」が見事に出ています。

4KHZ以上の高域が極端に少ないのが、くもった音に聴こえる原因だったようです。

60HZ以下の低域は、まったく再生できていないのは、スピーカーの口径が小さいからしかたがないでしょう。

th_IMG_3254

 

ノーマルEQ とナチュラルEQ の違いって何?・・・。

たぶん、「Q」が大きくなる設定のようです。

調整可能なバンド数が少ないので、ノーマルEQより、ナチュラルEQを使用した方が、調整がうまく行きましたので、ナチュラルEQをチョイスしました。

th_IMG_3251th_IMG_3266

がんばって、ここまで調整しました。

一カ所出っ張っている点と、一カ所へっこんでいる点は、どうしても修正しきれませんでした。
31バンドのイコライザーがないと修正しきれせんが、だいぶ理想的な周波数特性に近づいたはずです。

th_IMG_3265 th_IMG_3228     

オーナー様に確認していただき、「明らかに良くなった」との事ですので、

良かったです!(^^)

 

 

他店で購入/取り付けた、カーオーディオの、音調整(サウンドセッティング)飲みのご依頼も大歓迎ですので、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

FIAT 500 の純正デッキのAUX(外部入力)にスマホ/音楽プレーヤーを取付

th_IMG_3070

FIAT500 の純正デッキ

フィアットの純正CDデッキには、AUXモードがあるのですが、日本仕様は何もつながっていません。

FIAT の純正デッキの、AXU にスマホやiPhoneを繋げる様にするアダプターを取り付けました。

th_IMG_3191

FIAT500 の純正デッキは、BOSCH製。

th_IMG_3194

こちらは、FIAT500 用のAUXアダプターのコネクターです。

ポン付けでコネクター刺すだけのはずなのですが、

刺すところがない・・・。

取説記載の写真のコネクターもないし、形状も違うし、色も違う・・・。

かなり悩みましたが、なんとか解決しました。(^_^;)

th_IMG_3196 

ケーブルの先は、3.5ミリのイヤホンジャックになっていますので、ほとんどの携帯プレーヤーの音楽を聴く事ができる様になります。

th_IMG_3201

これで、FIAT500 の純正CDプレーヤーに、外部入力を追加する事ができました。

純正デッキのAUX の常時が、外部入力モードです。

th_IMG_3200

DVDプレーヤーなどの追加も可能ですね。

th_IMG_3205

これで念願だった、自分のスマホの中の音楽を、FIAT500のカーオーディオで聞ける様になりました!(^^)

th_IMG_3207

 

 

地味に苦労したのが、この携帯電話ホルダー。

携帯ホルダーは、側面から掴むタイプが多いですが、このお客様のスマホは、横のボタンが出っ歯低て、ホルダーで携帯を掴むと、ボタンを押してしまう・・・。

そこで、ちょっとゴツくなってしまいますが、スマホを掴む為のゴムのアームの位置が自由自在に変えられるタイプのホルダーと、上下左右の角度も自由自在に変えて固定できる中間アーム、曲面にも曲がってうまく貼付け可能なベース、というすべての理想をかなえるホルダーを用意しました。(^^)

th_IMG_3204

「運転手に正面向く形でスマホを設置したい」

とのご希望だったので、角度は、かななり動くものでないと、ここのまでの角度では設置できません。

th_IMG_3202

お客様にも大変喜んでいただけましたので、良かったです。

 

th_IMG_3209

 

 

このフィアット500の、オーディオカスタムについての詳細は、こちらの記事をご覧下さい。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=3993

 

フィアット500 の、ドアのデッドニングは、こちらの記事をご覧下さい。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=4001

 

 

 

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

TESLA  テスラ 100%電気自動 試乗インプレ

TESLA

ハイブリットではなく、充電した電気だけて走る、100%電気自動です。

IMG_7777

電気自動車って言うと、とってもカッコわるいクルマしか思いつきませんが、

TESLA は、違います。

見た目は、スーパーカーです。

th_IMG_7714

そしてこのジャガーみたいな見た目のくせに、実はアメ車です。(^^)th_IMG_7766

4ドアで、サードシートまでついた、7人乗り。

ボンネットの中もトランク。

実用性も確保されています。

th_IMG_7715th_IMG_7771

このボディーラインがすばらしい。

th_IMG_7717

ドアノブが、電動で、ドアから出てきます。

閉じるとまた格納されて、表面は真っ平らになる仕組みです。

th_IMG_7719

ガソリンを入れる代わりに、充電用のプラグを刺し込む。

200Vの電源があり、充電設置できる環境が前提なので、自宅か勤務先で充電環境がないと,このクルマは買えても、乗れません。

th_IMG_7716 

インパネの巨大なモニターにまずやられます。

これだけでもこのクルマが欲しくなっちゃいます。

th_IMG_7723

普通のボタンやノブみたいなものはほとんどなくて、すべてこの巨大モニターのタッチパネルで操作する感じです。

常時データ通信していて、代金も車両価格に含まれるとの事。

th_IMG_7724th_IMG_2323

HOT WIREDのデモカーのBMWのインパネに埋め込まれた iPad も、TESLA の巨大モニターにはかなわない。(笑)

 

メーターはこんな感じ。

エンジンの回転数とかの表示は必要ないので。

th_IMG_7725

 

乗ってみました。

インプレです。

th_IMG_7750th_IMG_7751

iPadみたいな巨大モニターは、2画面表示なども可能。

見やすさは、ハンパない!

やっぱりモニターは大きい方が良い。

th_IMG_7721   th_IMG_7737

小さい7インチの2DINナビとか、もう絶対イヤだ・・・。

5

でもって、

このTESLA-S は、380馬力だったかな?

めちゃ速い。

そして、エンジンがないので、完全な無音で動く。

個人的にもうるさいマフラーには、うんざりしているので、静かな事は良い事である。

残念ながら、風きり音やタイヤからのノードノイズなどのl「走行音」は以外と普通なので、高速道路では、普通の音である。

デッドニングなどして、もっと静かなクルマにするべきと思いました。

 

th_IMG_7731

 スタートボタンさえないインパネ。

4輪駆動なのに、プロペラシャフトもミッションもないので、床が完全に平らである。

 航続距離も500キロ以上で、普通に使える電気自動車である。

クルマの性能としては申し分ないでしょう。

出先での充電環境等の社会インフラを待つ必要はある。

 

ネガティブな部分はやはり、充電。

そして、カッコいい巨大モニターは良いのだが、すべてを操作系スイッチをタッチパネルにするのは、実際の走行中の操作はやりにくい。

例えば、オーディオのボリュームやエアコンの温度調整などがタッチパネルのものは、実はすごく使いにくい。(ハンドルのスイッチでもできますが)

iPhoneでさえ、触っちゃって違うボタン押しちゃうわけだから、アナログな操作感が必要な部分を切り分けてデザインする必要があると思う。

その点では、BMW の iDrive や、マツダコネクトは、良い。(モニターが今の倍ぐらい大きくなればさらに良い)

WEB環境の激しい変化に、端末を取り替えられない巨大タブレットが何年快適に使用できるかも疑問。 

バッテリーの寿命が決まっているので、長く乗れないのは確実。

修理や車検も未定。

面白そうなクルマを、深く考えずに、スマホやタブレットの様に使い捨てで使う人向けかな?

 

結論として、電気自動車がガソリンにとってかわるのは、まだ当分先でしょう。 

 

 

 

次のHOT WIREDのデモカーは、先日発売された、iPad Pro ? でも付けようかな。th_IMG_2323th_IMG_9008 th_IMG_9000 th_IMG_8999 th_IMG_8998 th_IMG_8396 th_IMG_8385  th_IMG_2326 th_IMG_2325 th_IMG_2324 th_IMG_2328 th_IMG_8937 th_IMG_8074 th_IMG_8088 th_IMG_9083 th_IMG_8855 th_IMG_9018 th_IMG_0482

 

 

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

アウターバッフル、インナーバッフル、ピラー埋め込み、デッドニング など

アウターバッフル、インナーバッフル、ピラー埋め込み、飾りパネル など。

いろいろ作っております。

お客様には、なにを作ってる作業なのか、わかりにくい実に地味な作り物なので、ちょっとだけ紹介します。

th_P1180129th_IMG_0632 th_IMG_0626 th_IMG_1431

 

 

スピーカーを「正しく取り付ける」為の土台を、「インナーバッフル」と呼んでいます。

スピーカーがドアに露出した形で取り付ける為の土台と化粧パネルを、「アウターバッフル」と呼んでいます。

取り付けたスピーカーを、しっかり鳴らす為に、ドアの鉄板に制振/防振処理をする事を、「デッドニング」と呼んでいます。

 

スピーカーを「正しく取り付ける」為だけでも、このような土台を作る必要があり、結構大変なのです。

th_P1180198 

見えなところにも手抜きしないで丁寧に作っています。

が、手間がかかって、時間がかかって・・・。

th_P1180200 

接着した木材は、接着剤が乾くまでクランプで圧着したりもします。

th_P1180222

 ドアにスピーカーを露出した形で取り付ける時の、「アウターバッフル」をつくっています。

th_P1180217 th_P1180219 

th_P1180223 

ピラーに、ツイーターを埋め込み加工をしています。

th_P1180224 

綺麗な形になるまで、

パテ盛って、固まるまで乾燥させて、また削って、の地味な手作業をひたすら続けます・・・。

最後は、スエードやレザーを貼って、やっと完成です。

th_P1180226  th_IMG_0014

インナーバッフルの裏側。

スラント加工。

th_P1180227

 

 

 

こちら、標準的なインナーバッフル。

th_P1180195

裏側は、斜めに広がる様に削って加工します。
(スラント加工とかカッコいい名前で呼んだりします。)

少しでも音抜けを良くする為の努力です。

th_P1180196

取付後にはドアの中で、外からは見えないインナーバッフルは、防水の為だけの塗装ですので、見た目はどうでも良いのですが、塗料を乾かすでけでも一日は乾燥させますので、

このようなシンプルなインナーバッフル製作でも数日かかります。

 

こちらは、ホットワイヤード での、標準的なドアのデッドニングの一例です。:

th_IMG_0005

 

詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=4001

 

こちらは、HOT WIRED での、標準的なデッドニングの作業工程の動画です。

YouTube Preview Image

 

 

 

 

 

「標準的な」インナーバッフル、とか、

「普通の」デッドニング、とか、

は、

あくまでも、自己判断なので、

お店や人によってこの基準が著しく違うようです。

 

 

 

こちら先日、音調整で入庫のおクルマの、デッドニング。

名古屋市の有名カーオーディオ専門店にて、標準的なデッドニングを施工のおクルマだそうです。

オーナー様は、「なんか心配だなー」と思っていたそうで、

ドアを外してみると、、、

 

ま、マジですか・・・。(汗)

IMG_1606

こちらも先日、音調整で入庫のおクルマの、デッドニングとインナーバッフル。

愛知県の有名カーオーディオ専門店にて、スペシャルな施工のおクルマだそうです。

オーナー様もどう考えても音がおかしいという事で、ドアを外してみると、、、

 

み、見てはいけないものを見てしまった・・・(恐)

ドアの内部が崩壊しています・・・。

th_IMG_2547

デッドニング材が剥がれて垂れ下がっています。(恐)

元々サービスホールを埋めるだけのデッドニングのようで、剥がれてしまったようです・・・。

これではデッドニングの効果は、ナッシング ですね。

左のドアは、デッドニング材が剥がれ落ちて、ほとんど無くなっていました。(汗)

th_IMG_2533

てゆーか、

この状態だと車内にも水が入ってきてしまうわけで・・・、

スピーカーも水をかぶってサビサビの、ボロボロで、いい音とか以前の話なわけで・・・、

インナーバッフルは、

腐っていました・・・。(恐)

th_IMG_2549

腐って、変形して、カビの生えたインナーバッフル・・・。(恐)

th_IMG_2574 th_IMG_2575

気持ち悪くなってきたので、恐怖画像はこの辺でやめときます・・・。

 

 

 

 

 

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

http://www.hotwired.co.jp/blog/

 

 

HOT WIRED CHANNEL

http://www.youtube.com/hotwiredweb

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************