ホンダ CH-V 純正ナビのままで音質向上 2WAYセパレートスピーカー+DSP内蔵パワーアンプ+パワードウーハー+デッドニング

純正カーオーディオの音質向上の方法で、良くお問い合わせをいただく内容ですので、少し詳しく説明いたします。

良くご質問いただくのは、「カーオーディオの音質向上/音の明瞭化のために、以下の2つの選択肢のどちらが良いですか?」 という内容のものです。

純正スピーカーのままで、三菱サウンドナビ プレミなどの高性能ナビヘッドやDSP等をつける。

純正ナビのままで、スピーカー交換、サブウーハーやパワーアンプ等の追加をする。

もちろん全部できればベストなのですが、費用や時間の都合で、段階を踏んでステップアップして行くケースが多いと思います。

ズバリ、純正ナビのまま、スピーカー交換 をお勧めします。

カーオーディオの音質には、スピーカーの性能が決定的なのです。

特にフロントスピーカーが重要です。

 

 

と、言う訳で、今回はカーオーディオ上級ユーザー様のセカンドカーの、

ホンダCH-Vの音質向上/スピーカー交換の方法の施工例をご紹介します。

純正ナビやちょっと古いカーナビをそのまま使って、音質向上を実現するベストな方法をご紹介します。

今回のキーポイントは、こちらのDSP内蔵小型パワーアンプ、AUDISON Prima 4.9bit を使用するところ。(^^)

B5サイズの超小型パワーアンプですが、パソコンを接続して、専用ソフトで音調整するタイプの、本格的なDSPを内蔵しています。

この一台で、フロント2WAYスピーカーとパワードウーハーの3WAYシステムが構築できます。

フロントスピーカーには、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカー+MCR-805 8インチアンプ内蔵サブウーハーをチョイス。

th_CIMG2114

AUDISON PRIMAのアンプの小ささをMACのマウスと並べて比較してみました。

th_CIMG2124

 

クルマの普段使いのスペースを犠牲にしたくないので、アンプもウーハーもシート下にスッキリと取り付け。

アンプ内蔵ウーハーは、MERCURY CAR AUDIO のMCR-805。

8インチのスクエアウーハーが、小さい筐体からは想像できない重低音を鳴らします。

パワードウーハーの MCR805 が、CH-Vのシート下にギリギリというかピッタリにハマって、まるで専用品のような納まりでした。(^^)

th_CIMG2142th_CIMG2277th_CIMG2288th_CIMG2299

 

 

カーオーディオの音質向上には、スピーカー交換が必須です。

MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを取り付けます。

ドアスピーカーはインナーバッフルで取り付け、ツイーターはピラーに埋込。

インナーバッフルを製作して、位置や高さをベストな位置にセットアップされたドアスピーカーが、純正グリルの真裏で透けて見えています。(^^)

th_CIMG2179th_IMG_5072

 

ドアのデッドニングは、重要なサウンドチューニングですので、STPのデッドニング材をステーの裏側など、細かいところまで丁寧に貼り込みます。

細かく切ったデッドニング材を貼る法がはるかに簡単なのですが、出来るだけ一枚貼りで強度を落とさない地味な努力が音質に影響してきます。

サービスホールを埋めるのはもちろんですが、ドアの鉄板部分に全面に貼り込み、金属ローラーで強力に圧着する必要があります。

th_CIMG2149th_CIMG2151th_CIMG2155 th_CIMG2159

th_CIMG2152 th_CIMG2154

 

 

ツイーターは、Aピラーに埋込、整形後、レザーを貼って仕上げます。

手作りのワンオフなので、大変手間がかかりますが、ツイーターをできるだけ遠く、左右は広く、最適な位置と角度で取り付けることは、音質向上には最も重要な要素なのです。

th_CIMG2162 th_CIMG2163

th_CIMG2164

 


 

デジタルプロセッサー内蔵のアンプは、つけて音が出ただけでは、良い音にはなりません。

正しくサウンドセッテッイングをするためには、各種測定機器と調整機器を使いこなして音設定をする必要があります。

人間の耳で聞いて、だいたい合わせる程度では、DSPの性能を発揮することはできないのです。

th_CIMG2186

 

AUDISON prima のソフトウェアをインストール。本体のファームウェアもアップデートする必要があります。

調整用のソフトウェアは、イタリアAUDISONのホームページからダウンロードできます。

th_CIMG2192

イコライザーの調整には、RTAが必要になります。

th_CIMG2247 th_CIMG2256

 

特に、AUDISON PRIMA、HELIX DSP、JL AUDIO、MOSCONI、FOCAL、RAINBOWなどの海外ブランドのDSPデジタルプロセッサーは、大変に多機能で、パソコンと専用のソフトウェアを使用した高度なサウンドセッテッイングを必要とし、人間の耳で聞いただけでは正しく調整できることはありません。

アンプのゲイン調整、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーなどを正しくサウンドチューニングして、はじめて音質向上が実現するのです。

th_CIMG2245th_CIMG2190

 

 

 

他店で取付のカーオーディオ、デジタルプロセッサー/DSPのサウンドセッテッイングのみのご依頼もたくさんの実績があり、お客様に好評をいただいております。(^^)

サウンドセッテッイング/音調整のご予約は、メールにて!

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

AUDISON/HERTZ本社にて カーオーディオ用DSP プロセッサーのサウンドチューニングのトレーニング

カーオーディオ用DSP プロセッサーのサウンドチューニングの技術セミナーの為に、イタリアへ行ってきました。

カーオーディオブランドの、AUDISON/HERTZ を製造する、ELLETTROMEDIA社にご招待いただきました。(^^)

2018年3月。
正直あまり行きたい状況ではなかったのですが、AUDISON/HERTZ本社からの強い要請と、個人のスキルアップはもちろん、技術セミナーの後には、「日本のカーオーディオ業界の皆様と知識と技術の共有をしてほしい」との強い要望をいただき、重い腰を上げて久しぶりにヨーロッパまで行ってきました。

 

今回は、アジア地区のAUDISON/HERTZブランドのパートナーを集めてのトレーニングになっており、日本、タイランド、マレーシア、シンガポール、韓国、香港、台湾からの参加がありました。

 

AUDSON/HERTZの本社は、ものすごくカッコいい建物/設備でした。

社員のおっさん(失礼)のファッションまでがみんなサラッとオシャレでカッコいいのがちょっとイラつく。v(^^)v

th_CIMG8862 

でっかいエントランスで、記念撮影。

th_CIMG8937th_IMG_4008th_IMG_4011

 

AUDISON/HERTZ本社にて、BIT ONE HDなどのデジタルシグナルプロセッサー(DSP)を使用したハイレゾカーオーディオ/ハイエンドカーオーディオの正しい音調整の方法、サウンドチューニング/サウンドセッティングのセミナーと、実車を使用したトレーニングを受講してきました。

大変複雑で、使いこなすのが難しいAUDISONのDSPプロセッサー、BIT ONE HD や、BIT PLAY、さらには、サウンドセッティング用測定ツールのBIT TUNEなどのセミナーがメインのトレーニングでした。

プロセッサーは、取り付ければ自動的に音が良くなる魔法の箱ではなく、本来の性能を発揮するためには、正しい知識と測定機器を使用して、大変めんどくさいサウンドチューニングの作業が必要なのです。

空港でピックアプされてから、空港にドロップされるまでの、3日間びっしりのスケジュールでのトレーニングは、本当に大変でした。(;^_^

しかし、DSPを使用したサウンドチューニングを正しく実施するために必要な知識と技術を得る事ができ、有意義なイタリア旅行になりました。

※トレーニングの内容はこちらのブログ記事をご覧ください。

th_IMG_4024 th_CIMG8836

th_CIMG9084

 

MADE IN ITALY の製造現場の視察にもお招きいただきました。

※AUDISONとHERTZの製造過程/製造現場のリポートは、こちらのブログ記事をご覧ください。

th_IMG_4300th_CIMG8981

 

 

 

 

名古屋のセントレアから、ドイツのミュンヘンまでは ETIHADに乗りました。

北京とアブダビで乗り換えて、AUDISON本社までは、24時間以上かかる長旅になります。(T-T)

 

th_CIMG8707th_CIMG8697

th_CIMG8794 イタリア、ドイツ上空のアルプスの雪山。




 

 


th_IMG_4212 th_IMG_4216

 

LOST LAGGAGEで有名なイタリア。
次の日にやっとホテルに届いた私のスーツケース。

th_CIMG8835

 

 

AUDISON/HERTZ DSPサウンドチューニング集中トレーニングのリポートは、その2へ続く!

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1774195072623559

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

********************************************************* 

スバル純正KENWOODナビのプロセッサーのサウンドセッティング/音調整

ナビの内蔵DSPの音調整でご予約いただきました、レボーグです。

スバル純正KENWOOD カーナビのプロセッサーのサウンドセッティング/音調整の方法。

 

th_CIMG1170

スバル純正のケンウッドのナビに、FOCAL の FLAX PS 165F のスピーカーが取付済み。

シート下にパワードウーハーという構成。

 

th_CIMG1175

ちょっと気になったので、各スピーカーの位相を測定してみました。

ツイーターの位相が逆相になっていました。(>_<)

位相を耳で判断するのは大変困難なので、ホットワイヤードでスピーカーを取り付ける際は、必ず位相チェッカーを使用して判断します。

th_CIMG1174

th_CIMG1179

FOCALのツイーターの配線の+/-が逆に配線されていたので、正しく直しました。

実に多くのユーザーが、スピーカーの配線の+/-の配線が逆のまま(逆相のまま)気づかずに、こんなもんだと思って聴いていますので、是非一度スピーカーの位相を確認してみてください。

(スピーカー線を+/-逆につないでも音は出ます(音質は悪いですが)ので、気づかないのです。)

+/-の表示や配線の色はあてにしないで、必ずスピーカーからの出音の位相を測定して判断する必要があります。

th_CIMG1180 th_CIMG1181

 

 

スバル純正KENWOODのナビは、多機能な内蔵プロセッサー/DSPを搭載していますので、かなり高度なサウンドセッティングが可能です。

AUDISON の BIT ONE HD や、HELIX DSP ほどの機能はありませんが、

純正ナビでも、内蔵プロセッサーを正しくサウンドセッティングをする事で、すばらしい音質を実現できるのです。

スバル純正ナビは、クロスオーバー/タイムアライメント/イコライザーの調整がとても重要なのです。

タイムアライメントを正しくセッティングすることで、ボーカルがセンターに定位するようになります。

th_CIMG1192

イコライザーを正しくセッティングする事で、車内の周波数特性を正しく整えます。

結果、滑らかでキレイな音質になるのです。

th_CIMG1188

運転席にRTAのマイクをたてて、リアルタイムに周波数特性を測定しながら、最適なイコライジングを探して行きます。

th_CIMG1195 th_CIMG1197

がんばってここまで音調整できました。(^^)

ディップやピークのない、滑らかな周波数特性にサウンドチューニングできました。

th_CIMG1198

 

KENWOODカーナビ/プロセッサーの音調整/サウンドセッティング一式:35000円(税別)

作業時間:2時間くらい

ご予約は、お電話またはメールにて承っております。

052-355-9669/information@hotwired.co.jp

 

KENWOOD、サイバーナビ、サウンドナビ、ALPINE などのカーナビ内蔵DSP/プロセッサーのサウンドセッティングは、ホットワイヤードにお問い合わせください。

他店にてお取り付けのカーオーディオのサウンドセッティングも大歓迎です。

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

ラックスマン LUXMAN CM-6000/6CH.パワーアンプの正しいゲイン調整の方法

郵送による、パワーアンプのゲイン調整サービスのご紹介です。

パワーアンプのゲイン調整を正しく理解していない方が多いようですが、アンプのGAIN調整は、カーオーディオの音質を決定づける、最も重要なサウンドセッティングです。

ハイエンドカーオーディオでさえも、 聴感でゲイン合わせしている方が多いのが残念です。

 

遠方のお客様からゲイン調整のご依頼で郵送していただき、本日届きました、ラックスマンのパワーアンプ、LUXMAN CM-6000

アンビリーバボーな巨大なパワーアンプが届きました。;^_^

th_CIMG0784th_CIMG0785

ラックスマンの6CH.のパワーアンプに、ゲイン調整のノブが6カ所もあるのです。
「聴感でだいたい」のゲイン調整×6カ所では、正しいサウンドチューニング/サウンドセッティングどころか、左右の音量すら合わせる事ができません。

th_CIMG0787th_CIMG0786

th_CIMG0789

では早速ゲイン調整作業に入ります。

オーナー様のご使用のヘッドユニットは、三菱サウンドナビ200プレミとの事ですので、200PREMIの最大出力に合わせて、アンプのゲインのセッティングをします。

th_CIMG0793th_CIMG0792

アンプの出力27Vでは歪みまくり・・・。

デジタルオシロスコープの波形を見ながら、慎重にセッティングを出します。

th_CIMG0794 th_CIMG0795th_CIMG0796

 

音楽信号が歪んでしまってはダメですが、出来る限りのパワーを引き出したいので、クリップ直前のギリギリの最大出力でセッティングするために、慎重にゲイン調整をします。

チャンネル毎のそれぞれの出力差が大きい個体の場合は、左右の出力を正しく揃える事もやります。

ちょうどチューニングカーのキャブの同調作業みたいな感じです。

開くときも、閉じるときも6カ所同時に同調して、同じ様に出力するように調整する必要がある訳です。

仮にクリップするときも、6カ所同時にクリップするようにします。

加えて、複数のアンプがある場合は、「すべてのアンプが同調する様にゲイン調整」をする必要があります。

メーカーとしては、ユーザー/ショップが、ヘッドユニットに合わせて、この同調作業をやることが前提の設計なので、アンプにはゲイン調整機能がある訳です。

とりあえず音が出るだけでイイなら「聴感でおおよそ」でもイイですけど・・・。高音質は望めません。

th_CIMG0806th_CIMG0797

完璧にクリーンで、歪みの無い最大出力でゲインを設定します。

6CH.すべてをドンピシャにセッティングします。

6CH.すべてがほぼ21Vで、チャンネルごとも出力差もほとんどなく、たいへんコンディションの良いアンプでした。

これで、チャンネルごとの音圧の差もなく、すべてのチャンネルで歪み成分の無い再生が可能になりました。

正しくゲイン調整されたパワーアンプは、最高の性能を発揮できるようになり、フルボリュームでガンガンに鳴らしても良い音ですし、壊れません。

ハイパワーで、「大音量なのに静か」な、ハイエンドカーオーディオが実現できるのです。

th_CIMG0788



th_CIMG0798 th_CIMG0799 th_CIMG0800

デジタルオシロスコープで波形を表示して、シビアな調整をします。

th_CIMG0801th_CIMG0802 th_CIMG0804 th_CIMG0805 th_CIMG0807 th_CIMG0808

 

 

これで、SOUND NAVI 200PREMI のフルボリュームでガンガンに鳴らしても、音が歪むことはなく、クリーンでパワフルなサウンドを再生できるゲイン調整が完了しました。(^^)

 

 

郵送による、パワーアンプのゲイン調整/サウンドセッティングの発注方法は、こちらをご覧ください。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

※カーオーディオショップ/業者様からのご依頼も受け付けております。

 

 

追伸:

後日お客様から、ゲイン調整後のアンプのインプレをメールでいただきましたので、原文のまま、ご紹介させていただきます。 

*************************************************************
この度調整をお願い致しましたアンプは無事に到着し、取付も問題無く完了致しました。
機材を持たない私のヤマ勘では左右を揃える事も出来ず、自力での調整を断念
致しましたところ、御社にお願いすることが出来まして助かりました。
変則的な組み合わせのスピーカーで、ドアのデッドニングもナビ側の調整も
手つかずではありますが、それでも音が格段にクリアかつ力強くなりまして、
システム完成に向けて大きく前進したように感じられました。
この度はありがとうございました。
また何か機会がございました ら、宜しくお願い申し上げます。
*************************************************************

 

アンプのゲイン調整の効果は、確実に体感できるサウンドチューニングです。

実感していただけたようで良かったです。(^^)

また何かお手伝いできる事がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

郵送によるカーオーディオのパワーアンプのゲイン調整/入力感度調整 サウンドセッティング JL AUDIOクラスD モノアンプ

カーオーディオのパワーアンプのゲイン調整/入力感度調整 サウンドセッティングのご紹介。

ご好評をいただいております、郵送でのパワーアンプのゲイン調整サービスです。

遠方のお客様のご要望にお応えして、郵送によるパワーアンプのゲイン調整を受けたまっております。

パワーアンプの入力感度(INPUT GAIN)ゲイン調整は、カーオーディオの音質に決定的な、最も基本的かつ重要なサウンドセッティングです。

聴感では完全なGAIN調整は不可能です。

 

JL AUDIO XD300/1 クラスD モノラルアンプのゲイン調整。

オーナー様ご使用のヘッドユニットの、サウンドナビ 200プレミの最大出力に合わせてゲイン調整(入力感度調整)をしました。

 

th_CIMG0757
th_CIMG0766

th_CIMG0771

 

オシロスコープの波形に映し出された、クラスDアンプ特有のものすごい歪み方の信号の波形。

ピークでクリップするというより、波形全体が激しく歪むのがDクラスアンプの信号の歪み方の特徴。

D級アンプはほんの少しノブを回しただけで凄まじい歪み方をするので、ゲイン調整にコツを要します。

th_CIMG0775

出力30.224Vではまだ少し歪みが出ています。

th_CIMG0776th_CIMG0778

歪みが出ない、ギリギリいっぱいまで調整して、出力28.951V。

th_CIMG0780th_CIMG0781

 

 

これで、三菱SOUND NAVI 200PREMI で、フルボリュームでガンガンに鳴らしてもも、音が歪むことの無い、クリーンでパワフルなゲイン調整が完了しました。(^^)

 

 

郵送による、パワーアンプのゲイン調整/サウンドセッティングの発注方法は、こちらをご覧ください。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

※カーオーディオショップ/業者様からのご依頼も受け付けております。

 

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

  

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************