Buell XB12ss リミッター解除/全開抑制装置/排気バルブ 解除 オイル交換&スパークプラグ交換

スピードリミッター解除でご相談頂きました、Buell XB12ss です。

ミッションオイル交換&スパークプラグ交換

 th_IMG_2356th_IMG_2319

 

通常の運転では特に違和感は感じていないのですが、「160kmくらいから伸びが悪く、180kmで頭打ちしてしまう。」との事です。

来週の富士スピードウェイのサーキット走行会までリミッター解除をしたい。

 th_IMG_2361

ビューエルのリミッター解除や、全開抑制装置の解除については、こちらもご参照ください。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7540

 

ハーレーだし、国産SS並に走るわけないので、ツインのバイクだし、「こんなもんかなー」と思って気づかずに乗っている人が意外と多いようですが、

そんなもんじゃないですよ!

ノーマルのビューエルの最高速は240キロです。

それも、ジワーと240キロになるわけではなく、加速して行くと、メーター読みで250キロくらいまでストレス無く加速して行き、240キロくらいで落ち着きます。

タコメーターのレブに当たって、240kmまでしか出ませんが、ずっと240キロで走っても大丈夫です。壊れません。

富士や鈴鹿サーキットなら、ストレートではサクッと最高速240キロ出ます。

ちなみに、ビューエルのストレートの高速走行でさえ、「なんか怖い」と感じるようでしたら、サスやベアリングなどの足回りに問題ありかもです。(私はコレでものスゴく悩まされました。)

詳しくは、こちら。

 

 

と、言うわけで、なんかおかしいんじゃないかという事で、お預かりしました。

リミッター解除をしました。

 

th_P1180558

このゴッツイ機械がアクチュエーターでワイヤーを引っ張っています。

これが排気側の全開抑制装置です。

 

マフラーの内部にフタがついていて、フタを開け閉めしているのですが、ジワーとしか開かない様にして、わざと排気効効率を悪くする事で、当時の日本の排ガス規制や騒音規制に無理やり対応したらしいですが、結果的にはひどいエンジン性能低下の原因になっています。

全開抑制装置は、重量がかなりあり、車体の一番高いところにこんな重量物を積んでいたのでは、BUELLの最大の特徴である、マスの集中化や低重心もまったく意味がありませんね・・・。

 th_P1180558

こちらはインテーク(吸気)用の全開抑制装置です。

コレもバルブを閉じる事で、吸気効率を下げて、性能低下の原因になっています。

 th_P1180553

ブローバイのオイルでコテコテのエアフィルターまわりとセンサーも掃除しておきました。(^^)

 th_P1180562

 

吸気/排気の両方の全開抑制装置を処理する必要があります。

 

マフラー内部の排気バルブは、ワイヤリングをして、全開位置で固定しました。(^^)

 th_P1180584

 

 

 

BUELLは、スパークプラグの交換が非常に困難です。(どうしてもできない場合もあり得る)

手が入らない隙間から絶妙に工具を入れる以外に脱着のしようが無い構造。

いろいろ工具がないと無理です。

 th_P1180566 th_P1180565

プラグは真っ白でした。

th_P1180568

 

 

BUELLは、エンジンオイルとミッションオイルの両方を別々に用意する必要があります。

エンジンオイルだけ替えて、ギアオイルは忘れないでね!

th_P1180540

ギアオイルの交換。

 

ドレンボルトは、5/8インチ。

th_P1180537

 ビューエルのドレンボルトにはマグネットがついているので、鉄粉がいっぱいくっついていてちょっとビビりますが、鉄粉だらけくらいは普通です。

コレはちょっとつきすぎ。鉄粉というより鉄片?、ずいぶん換えてなかったみたいですが、近いうちにもう一度交換した方が良いかも。

th_P1180536

ミリとインチのネジが混在しているビューエルは、工具を探すのに非常にイライラする・・・。

ボルトの頭だけでなく、ネジのピッチもですから!

トルクスもたくさん使用されています。

スパナやボックスレンチはもちろん、6角レンチもミリとインチの両方が必要です。

6角の6ミリと1/4インチとか、見分けがつくわけがない・・・。

 

 th_P1180576th_IMG_2361th_P1180519

 後日オーナー様からメールでご連絡をいただきました。(^^)

「ストレートでバンバン200キロオーバー連発できて、気分爽快です!」

「やっと本物のビューエルに乗れました!」

 

と、メールを頂きました。(^^)

ありがとうございました。

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

BUELL XB12S 乗り心地を良くしたい 、リアショック,スイングアームのベアリング交換 純正 vs オーリンズ

BUELL XB12S メンテナンス記録

ビューエルは、非常に乗り心地がわるい。

クイックでスパルタンな乗り味、と言うとカッコ良く聴こえるが、

腰痛持ちには非常に辛い・・・。

http://www.youtube.com/hotwiredweb

こちらで走行動画もご覧いただけます。(^^)

 

新車時から悩まされている、ビューエルの乗り心地の悪さ・・・。

Scgモデルの短足ショックからSモデルの普通のショックに交換しても、少し良くなった程度・・・

もう少しは乗り心地がしなやかになるかと期待して導入した、オーリンズのサスペンションも、ノーマルとまったく変りませんでした。

メリットもなければ、デメリットもないです。

乗り心地もほぼそのまま。

ゴツゴツのピョコピョコです。

私にとっては超高級なドレスアップパーツでした。

FREE SPIRIT のベルトテンショナーも宣伝文句ほどではなく、乗り心地の変化は和ほとんど無く・・・。(アクセル開けた直後のドンッと来る唐突な加速ショックは和らぎますので、私は好きですが、反面、開けた直後の加速が悪くなるからイヤだ言う人もいる。)

タイヤの銘柄や空気圧でもごまかしきれず・・・。

先日のビューエル会 合同ツーリングで、友人のビューエルに乗ってみると、そんな事はない・・・。

私のビューエルに乗るとみんな「硬い」と言う・・・。

ちょっと沈んで、奥でグンっと硬くなり、ゴツンと腰にくるのだ・・・。

ストロークしないわけじゃないし、なにか当たっている事も無い。

私のビューエルのリアサスはなにかおかしい。この違和感の原因はなんなだ?

と、悩まされ続けてはや10年・・・。

腰も折れそうですが、心も折れそうです。

ビューエルはこんなもんだよ、とあきらめる人が多いと思いますが、私はどうしても納得できない!

 

もう他に変えられる部品と言えば、リアのアイソレーターとスイングアームのベアリングとピボットシャフトくらい。

アイソレーターは見えるので、見た目大丈夫だし、スイングアームもスムーズに上下する。いくらなんでもこの走行距離でアイソレーターは考えにくいし、交換にはエンジンまで降ろす必要があるのでとりあえずパス。

しかし、もう他に可能性が無いので、スイングアームを取り外してみる事にした。

ツーリング前に替えたばっかりのオイルを全部抜いて、オイルラインも外して、

 th_CIMG5509

ビボットシャフトを抜いていみると・・・

th_CIMG5513水がドボドボっと出てきたよ・・・

th_CIMG5514な、なんだこれは!

腐ってるのか?

サビがひどい。

th_CIMG5517

グロい・・・。

th_CIMG5518

ベアリングプーラーでベアリングを抜いた。

あっさり抜けました。

th_CIMG5537

スムーズに動いてはいるが、

th_CIMG5543th_CIMG5539

th_CIMG5550

中もサビがひどいことになっているではないか・・・。

th_CIMG5548こちらが新品のベアリング。

BUELL XB スイングアーム用 ベアリング
th_CIMG5551 

スイングアームにベアリングを圧入します。

スムーズな動きと言うより,無重力か? というくらい無抵抗な動きになりました・・・。

th_CIMG5559

サビサビのピボットシャフトは、磨いてもサビが取れないので、新品に交換だ。

そこで今回チョイスしたのは、BUELL乗りの駆け込み寺、御殿場のブーンモーターサイクルさんの、クロモリ製ピボットシャフト。

お願いして、すぐに送っていただきました。m(__)m

th_CIMG5556

ブーンのクロモリシャフト、美しすぎる・・・。

ブルーの箱に入れれば、TIFFANYのジュエリーかと思うほどの美しさである。

th_CIMG5553th_CIMG5558

ピボットシャフトの直径もガッツリ太くなっていて、強度が増している分、走行安定性に効果がある。
th_CIMG5561

 

結論:

直りました。

10年間悩まされた違和感の原因は、スイングアームのベアリングとビボットシャフトが原因だったようである。

ベアリング交換後のスイングアームは、スムーズというより、何も入っていないかと思うくらい抵抗無く上下するようなってビックリ・・・。

まさかの新車時からのベアリング不良だったのか?(泣)

ベアリングもピボットシャフトも、「壊れているから、要交換」というレベルではありませんでしたが、100%パーフェクトな動きではなかった事が、「乗り心地が悪い」「路面追随性が悪い」というような「違和感」の原因になっていたと思われます。

気にならない人なら、「このバイクはこんなもんだろう」と乗れているかもしれません。

 

リアサスは純正ノーマルサスに戻しました。

ノーマルのリアサスの方が動きが良いです。やわらかくて乗り心地が良いです。

th_CIMG5579

オーリンズのサスペンションは、私にはまったくメリットがなく、金色に輝く、超高級なドレスアップパーツでした。(泣)

 

 

書くと、あっさり直った様に見えますが、ココにたどり着くまでの試行錯誤、脱着分解の繰り返し、いろいろな部品を試してのトライアンドエラー、乗ってみては分解しての繰り返し、は、苦難の連続でした。

ビューエルはこんなもんだとあきらめてる人も多いと思いますが、ベアリングは急所のようです。

ホイールベアリングも壊れてハンドルブレブレなりました・・・。

ステムベアリングは、現状ではガタも違和感も無く、スムーズに動いて這いますが、念のため、新品対策品に変えて見ようと思います。

テーパー型のベアリングに変えて見ようと思います。

 

はぁ・・・。

心も腰も折れそうです。

BUELL倒産しましたから・・・。(T_T)

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

 

クシタニ メッシュレザーパンツ をクリーニングしてもらったらすごくキレイになった話 夏用バイクウエア インプレ

KUSHITANI の パンチングレザーパンツ を、クシタニ名古屋店さんに出して、クリーニングしてもらった。(^^)

 

ものスゴくキレイになって帰ってきて、感動しました。

th_CIMG3792

このクリーニング一式(オイル塗布付き)で、1800円ですよ!

 

 

夏用のバイクウエアとして、10年近く愛用している、クシタニのレザーパンツ。

めずらしい白色のレザーパンツ。

排気ガスなどの汚れで黒ずんで黄ばんで、東山動物園のシロクマみたいになっていたので、シーズンオフの冬の間にメンテナンスに出しました。

th_CIMG3793

クシタニさんの革製品はちょっとお高いですが、マヂで一生使えますね。

ので、良い物を長く使いたい方には良いかと思います。

 

さらに、私は自分のわがままな好みに合わせて、いろいろカスタムもお願いしています。

今回クリーニングと同時にお願いしたのは、ハンガーに吊るす為のループをつけてもらいました。

th_CIMG3795

こんな風にハンガーに駆けらせる様になりました。(^^)

th_CIMG3796

膝のプロテクターは、元々はスポンジみたいな薄いヤツだったのですが、スネまでカバーする、ハードプロテクターを購入時に入れてもらいました。

th_CIMG3797

 

インプレ 

このレザーパンツは、ベースがファクトパンツでしょうか? たまたま見つけて買った感じなので、詳しくわかりませんが、Lの2Wと言うサイズで、ちょっと太めという事のようです。

ももの横のジッパーはベンチレーションです。

右お尻にポケット。

パンチングとはいえ、皮は分厚くて、レザーパンツは夏にははっきり言って暑い。

全部分厚い革製でずっしり重い、疲れる。

しかし、レザーの安心感と耐久性に代わる物はない。

BUELLの場合、内股が暑くて、ジーパンでは乗れないので、レザーパンツを履く以外にないというのが本当の理由です。

BMW S1000RRでもフレームがかなり熱くなるので、ジーパンはちょっと辛いです。

夏に少しでも涼しくとの思いから、汚れは覚悟の上で、白の皮パンにしましたが、やっぱ汚れますよ・・・。


th_CIMG3794

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums

 

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

http://www.hotwired.co.jp/blog/

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

ショウエイの最新型ヘルメット SHOEI X-Fourteen インプレ その2

ショウエイの最新型ヘルメット

SHOEI X-Fourteen のインプレッション

実際に使用してみた感想です。

 

走行動画:

https://youtu.be/ksOo4KLkb9I

 

長年使ってきた、ARAI の RX7 との比較になります。

良い点1:

まず、フィッティングは、先のブログ記事の通り、SHOEI フィッティングサービスのおかげで、タイトにピッタリです。

良い点2:

メガネスリットは、ARAI を加工してメガネを入れるよりも、はるかに余裕があります。

なんと、予想外にOAKLEY のサングラスまで入ってしまいました。

ストレートテンプルが長くて、プラスチックのフレームの太いオークリーのSPLIT JACKET まで入ってしまったのは驚きです。

サングラスを差し込むと、うまく固定されて、普通に使えています。(^^)

th_IMG_9795

 

X-FOURTEEN は、専用のシールドの様で、他のSHOEI のシールドと互換性がありません。

まだスモークシールドなどのアクセサリーが発売されておらず、クリアシールドしかないので、サングラスが差し込めるのは本当にうれしい誤算でした。(^^)

今までバイク専用に、ARAI のヘルメットに差し込めるという理由だけで、ダサいメガネを使い続けてきたメガネライダーとしては、この点は非常に重要。

※後日ARAI RX7でもオークリーのサングラスが差し込めました。(^_^;) 

しかし! テンプルがあたって耳の上が痛い。

 

良い点3:

上方向への視界は、確かに広い。

サーキットでの前傾姿勢でも見やすい。今までより低く伏せる事ができる様になった。

 

 

悪い点1:

しかし、白という色ははっきり言ってとてもチープな感じ・・・。

まるでレンタルしたメットのようだ。

せめてメタリックとかパールとか入て・・・。

悪い点2:

静寂性は低い。 風切り音がかなりうるさい。 X-TWELVE よりはうるさいとは聞いていましたが、ARAI RX7 よりもうるさいと思う。

長時間騒音にさらされると、疲労も大きいので、私は耳栓を併用しています。

悪い点3:

空気抵抗が大きい気がする。 帽体自体が大きいので、風の影響を受けやすい気がします。風で頭があおられる感じが大きいです。前後に長いからかな? 走行中、空気抵抗で、上方向(ヘルメットが脱げる方向)に力がかかる感じもする。

空気抵抗が少ないと言うのうがウリだったので、この点は非常に残念。伏せて真っすぐ向いているだけなら良いのかも。

悪い点4:

シールド開けるのが固くて開けにくい。締めたときの、バッカン!って衝撃音も大きすぎる。まだ新品だからかも知れませんが、シールドの開閉が固すぎてやりにくいです。(SHOEI はこれが普通?)

また、ARAI は無段階でちょびっと開けるとかできますが、SHOEI は、クリック感のある開閉で、任意の位置には止まりません。これにより、ちょうどいいところで止まらないのです。また、シールド自体が分厚くて、半開でエッジ部分が視界に入りうざい。捨てシールド用のポストも視界に入る。

悪い点5: 重い。

 

エアのインレットは、大型で、たくさんあるが、空気の流れや冷却効果はあまり体感できない。(これはアライも同じ) でも無いよりははるかに良いのは知っています。

内装は、スポーティーで、メッシュな感じで、ちょっとざらざらしていますが、サラッとした感じ、アライは、しっとりした肌触りの良い内装ですが、汗をかくとベタッとした感じもあります。

 

悪い事が多くなってしまいましたが、良い事はコマーシャルの記事でたくさん見つけられると思いますので、本当に使用してみて感じたネガティブな点を辛口に評価してみましたが、全体としてはとても良いヘルメットだと思います。

とにかく、フィッティングが良い事、緊急時に内装が外から外せる事、上方への視界が広い事は、自分的には一番重要なポイントである。

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

 

BUELL XB12S 釣り竿ホルダー取付 RAM MOUNT S1000RR

BUELL XB12S

釣り竿ホルダー取付

RAM MOUNT

http://www.youtube.com/hotwiredweb

 

バイクに釣り竿ホルダーをつけて、ツーリングとバスフィッシングを同時に楽しんでいます。

バイクにも乗りたいし、釣りにも行きたい、が、そんなに時間もないし・・・

では、同時にやろう! という事で、

 

琵琶湖にツーリングに行くだけじゃなくって、同時に釣りもやれば一石二鳥ですね!

 

 

良く、「これなんですか?」って聞かれるので、

th_CIMG3306

 

紹介します。

 

BUELL XB12S に取付けている、

「バイク用釣り竿ホルダー」

です。

th_CIMG3307

 

釣り竿とリールを2セット。(^^)

th_CIMG2270 th_CIMG2272

クルマで行くと、駐車場の関係で、釣りのスポットが限定されるのですが、バイクなら狭い場所にも入っていけるし、駐車場の心配もない。

th_CIMG2274

高速道路は空気抵抗で角度が垂れ下がってくるときがありますが、飛んでっちゃう事もなく、大丈夫です。

th_CIMG2277

 

脱着可能なので、BMW S1000RR にも釣り竿ホルダーつけて釣りに行きます。(^^)

ものスゴく急いで行きたいときはコレに乗って行くと速いです。

th_IMG_8732

th_IMG_8971 th_IMG_8969 th_IMG_8968 th_IMG_8965 th_IMG_8964 th_IMG_8963

BUELL XB12S も、S1000RR も、常識的には荷物の積載が非常に難しい種類のバイクですが、工夫次第で釣りもキャンプの荷物も積載できます。

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************