BUELL XB-S モデル用 ビューエルの内股を焼くエンジンの熱風を遮るサイドカバー/サイドパネル

BUELLオーナーなら誰でもご存知の、エンジンからの熱、内股を焼く熱風対策のご紹介です。

 

ビューエルは空冷エンジンの1200ccですから、発熱量が半端無く、両サイドの開口部からエンジンの熱を排気する構造になっており、ちょうど内股にあたる位置からエンジンの熱が強烈に出てきます。

冷却用のファンが回るとさらに強烈に熱風が排出されてきます。

そしてこれがちょうど太ももの内側くらいの位置にあたって、熱いのです。

「暑いではなく、熱いのです。」 ジーパンが燃えそうな熱さです。

我慢して乗っていると、低温やけどしますので注意してください。

 

信号待ちなんかで、ファンが回っていると、もう熱風地獄です。

 


そこでその開口部を防ぐ為のカバーが数種類販売されているのですが、実際に取り寄せてつけてみると、とてもかっこわるい!
BUELLのせっかくかっこいいフレームまで大きく覆ってしまう物ばかりであまりかっこ良くないので、できるだけ最小限のサイドカバーを制作してみる事にしました。 

th_IMG_0502th_DSC03506 th_DSC03507(変換後)

 

装着画像:BUELL XB12S

取り付けは両面テープで貼るだけ。(^^)

フタしてしまって、冷却は大丈夫か?とか、両面テープだけで取れないか?とか、
大丈夫です。10年以上使用して問題ありません。

 

th_IMG_0505 th_IMG_0802 th_IMG_0816

 

サイドがきっちり密封できるので、熱風はリアサスの付け根からリア方向に抜けていきます。 

 

HOT WIREDオリジナルの、BUELL用カーボン製サイドカバーです。

BUELL XBシリーズの必需品!
ベストセラーのサイドカバー! 

MADE IN JAPAN

サイドからの熱風を防ぐサイドカバー カーボンバージョン! 

ビューエル乗りなら誰でもご存知の、内股を焼く熱風を遮る為のサイドカバーです。 

buell xbシリーズは、エンジンの熱を両サイドの穴から抜く構造になっており、電動ファンが回ると熱風がちょうど内股にあたる位置で激しく放出されるため、 コレがないとBUELL XBは足が熱くて乗れないのです。 

コンセプトは、BUELL XBシリーズのアイデンティティーである、フレームとシートフレームにかぶらないようにすることと、なるべく存在感の無いようにする為に最小限の面積で熱風を遮断できるように工夫されています。 

透けて見えるほどきれいな折り目の、本物のカーボン製で非常に強く、軽量です。 日本国内生産。made in japan
在庫残り1セット。 

取り付けは強力両面テープで貼付けるだけの簡単取付け。(両面テープ等は別途ご用意ください。) 

このサイドカバーを取付ける事によって、熱風のほとんどを遮って、リアへ流してくれます。 

取付参考画像は2007年式BUELL XB12Scgです。 

左右2枚セットの価格です。 

新品。 

※ヤフオクでも販売しています。BUELL XB カーボン サイドカバー で検索してください。

SSモデルは左側の取付は問題なく可能ですが、右側はブレーキマスターが干渉する為、取付には加工が必要との情報をお客様よりいただきました。 

マスターが干渉する部分さえカットすれば使用する事が可能です。 

装着確認済車両、XB12S、XB12Scg、XB9S、XB9SX。

その他のモデルにも小加工で取付可能と思われますが、自己責任でご判断願います。 

送料全国一律1100円(一部遠方地域は除く)、

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL専用 エンジンオイル交換/ミッションオイル交換/プライマリーチェーン遊び調整

BUELL XB12S エンジンオイル交換/ミッションオイル交換/プライマリーチェーン遊び調整

今回は、BUELL専用オイルを入れてみました。(^^)

滅多に売っていないビューエル専用エンジンオイルは、ホットワイヤードで取り寄せできます。

エンジンオイル 10W-50  3リットル   定価税抜き10500円、
プライマリーオイル 70W-90 1リットル 定価税抜き3000円、
フォークオイル 1.1リットル       定価税抜き3000円、

th_CIMG9882

 

エンジンオイルは3L、ギアオイルは1Lで、BUELL XB系にピッタリの量になっているのもビューエル乗りにはうれしいポイント。(^^)

 th_CIMG9887th_CIMG9885

買っておいたガスケット。

ミッション用のガスケットは去年歩いて行けるほど近所にできたハーレー中川さんで取り寄せてもらいました。(^^)

th_CIMG9889

こちらは昔カナダで買った、プライマリーチェーンをチェックをする為の窓のフタのパッキン。なぜか無駄に5枚入りで、11年かかってまだ3枚残っている。(^_^;)

th_CIMG9888th_CIMG9890th_CIMG9884 
th_CIMG9894th_CIMG9893th_CIMG9891

 

 

ついでにプライマリーチェーンのあそびの調整もやってみました。

ロックナットが7/8インチ、ヘキサゴンが1/4インチ。

9.5mm~12mm。

緩んでいる様子はまったく無く、調整の必要はまったく無かったのでちょっと残念。
しかし、押し具合で、0.5mmくらい動きますから。チェーンの張りの0.5mmをどうやって見極めるのかわかりません。

th_CIMG9895

 

RISE HAMMER

BUELL専用オイルの、オイル自体の感触は、意外とサラサラでした。

五月晴れに軽く名古屋港まで走ってみた感じでは、

エンジン軽く回る感じかな。

ちょっとばらついていたアイドリングが安定した。

空冷エンジンにも軽く回る柔らかめのオイルが好きな人にはいいかも。

ちなみに前に入れていたエンジンオイルは、YACCO の結構高いヤツ。

 

 

追伸:

後日気づいたのだが、バイクが静かになった。

アイドリングで暖気しているときのエンジン音がものすごく静かになっている。

マフラーの排気音が変ったのか? いや、エンジン自体からのメカノイズがかなり静かになったような気がする。

走り出してしまえば、わからないが、信号待ちやアイドリングで停車中はあきらかにバイクが静かである。

うるさいマフラーのバイクに乗ってカッコいいと思っているダサいおっさんと思われるのがイヤで、BUELL純正レースマフラーを外してノーマルマフラーに戻している自分としては、エンジン自体のメカノイズの変化がわかりやすいのかもしれない。

暖気中にバイクが静かになったのはうれしい。

 

th_CIMG9778

 

ハンドルアップスペーサーでポジションを改善してから、たいへん乗りやすくなりました。(^^) 

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=9737

ビューエルのハンドルのポジションに悩んでいる方はおすすめです。

 

 

一人乗りの街乗りでサスセッティングをやり直してみた。

乗り心地の悪いビューエル、まずは全抜き/最弱でスタート。

全抜きではクタクタ/フラフラして怖い。

フロント:

プリロード:全抜きから+2本目

COMP:+半回転

REB:+1回転

リア:

プリロード:最弱

COMP:+1/4回転+

REB:+半回転

ベストとは言えないが、だいぶ良くなった。

街乗り、一人乗り、できるだけ柔らかめ。

サスセッティングは、シーズンはじめとか、ときどきリセットしてやり直してみる方が良い気がする。

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

BUELL XB12Scg スイングアームのベアリング交換

BUELL XB12Scg スイングアームベアリング交換のご紹介です。

th_IMG_2513

ビューエルの弱点のベアリング。

ホイールベアリングは、タイヤ交換の際に見えるので、見た目で気がついたり、ハンドルが振れる様になって交換したりします。

スイングアームもベアリングで支えられています。

スイングアームのベアリングは、壊れて動かないなんて事にはまずならないのですが、気づかないだけで、実はかなり動きの悪くなっている個体が多いようです。

ビューエルの乗り心地を良くしたい方にもオススメです。

 

ビューエルは、スイングアームの中が空洞になっていて、オイルタンクとして使われているので、スイングアームの中にエンジンオイルが入っています。

その為、オイルを抜いて、オイルラインもはずして、と、スイングアームの脱着は大変な作業になります。

th_P1180653th_P1180612

th_P1180630th_P1180631

このBUELLも、スイングアームのベアリングは壊れてはいませんが、サビサビのベアリングが出てきました。

th_P1180660

サビサビのベアリングは固着していて、ベアリングプーラーで抜くのもかなり大変でした。

th_P1180670
th_P1180664

スイングアーム側もできるだけキレイにして、新品のベアリングを挿入。

th_P1180666 th_P1180667

最初にまず、左側のベアリングは完全に奥まで叩き込みます。

右側のベアリングは奥まで入れてはいけません。

真ん中のカラーが、ガチガチで動かななってしまうとダメなんです。

ガタガタ動くほどユルくてもダメで、なおかつ押し込みすぎて動きが悪いのもダメ、カラーが中心でちょうどいい具合にフリーでストレスなく回る具合に絶妙に打ち込む必要があります。

th_P1180668

こちらはブーンモーターサイクルさんの、BUELLL XB用、クロモリのピボットシャフト。:2万円くらい

見えなくなってしまうのが残念な美しさのシャフトは、強度が強くて、ビューエルの足回りの強化に効果があります。

th_P1180638th_P1180626


th_CIMG4460

自作のビューエル専用ジャッキスタンド。(^^)

BUELLは、マフラーの下にジャッキをあてて持ち上げる構造なのですが、このスペーサーを噛ますと、マフラーに傷つける事もなく、とても安定してジャッキアップができるのです。

th_CIMG7476

 

th_IMG_5474

 

th_IMG_5472th_IMG_1403

今では入手困難な、BUELL純正のレースマフラー。

中古でボロボロのサビサビでも新品より高いプレミア価格で取引されている。

色々な社外品マフラーがありますが、やっぱり、性能、音質ともにコレが一番である。

カスタムでクロームメッキをかけてあるマフラーは、ピカピカでキレイ。

今の時代となっては、レースマフラーの爆音はちょっと・・・なのですが、このビューエルは、出口に細工をしてバッフルが入れられるように加工してありましたので、音量を抑えてあるので、ちょうどいい感じでした。

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

BUELL XB12S ホイールベアリング交換

BUELL XB12Sの ホイールベアリングを交換しました。

 

前回のタイヤ交換の時に、ホイールベアリングがダメになっている事に偶然気づいて、あわてて交換したものなのだが、、

まだ1年もたっていないのに、何だこのシールのダメージは?

他のメンテでたまたまバラして見てみたら、こんな状態・・・。

回りは悪くないですが、明らかにシールが変形してダメージがある・・・。

th_P1180598

ビューエルのホイールベアリングはかなり頻繁に交換した方が良いみたいです。th_P1180597

 

 

交換した直後は、こんなに良く回ったんですけどね。

 

https://www.youtube.com/watch?v=TJp15REINpM

 

こちらのビューエルののホイールのベアリングも交換しときます。

th_P1180589 th_P1180592 th_P1180596  

th_IMG_2288

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

Buell XB12ss リミッター解除/全開抑制装置/排気バルブ 解除 オイル交換&スパークプラグ交換

スピードリミッター解除でご相談頂きました、Buell XB12ss です。

ミッションオイル交換&スパークプラグ交換

 th_IMG_2356th_IMG_2319

 

通常の運転では特に違和感は感じていないのですが、「160kmくらいから伸びが悪く、180kmで頭打ちしてしまう。」との事です。

来週の富士スピードウェイのサーキット走行会までリミッター解除をしたい。

 th_IMG_2361

ビューエルのリミッター解除や、全開抑制装置の解除については、こちらもご参照ください。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7540

 

ハーレーだし、国産SS並に走るわけないので、ツインのバイクだし、「こんなもんかなー」と思って気づかずに乗っている人が意外と多いようですが、

そんなもんじゃないですよ!

ノーマルのビューエルの最高速は240キロです。

それも、ジワーと240キロになるわけではなく、加速して行くと、メーター読みで250キロくらいまでストレス無く加速して行き、240キロくらいで落ち着きます。

タコメーターのレブに当たって、240kmまでしか出ませんが、ずっと240キロで走っても大丈夫です。壊れません。

富士や鈴鹿サーキットなら、ストレートではサクッと最高速240キロ出ます。

ちなみに、ビューエルのストレートの高速走行でさえ、「なんか怖い」と感じるようでしたら、サスやベアリングなどの足回りに問題ありかもです。(私はコレでものスゴく悩まされました。)

詳しくは、こちら。

 

 

と、言うわけで、なんかおかしいんじゃないかという事で、お預かりしました。

ビューエルのリミッター解除をしました。

 

th_P1180558

このゴッツイ機械がアクチュエーターでワイヤーを引っ張っています。

これが排気側の全開抑制装置です。

 

マフラーの内部にフタがついていて、フタを開け閉めしているのですが、ジワーとしか開かない様にして、わざと排気効効率を悪くする事で、当時の日本の排ガス規制や騒音規制に無理やり対応したらしいですが、結果的にはひどいエンジン性能低下の原因になっています。

全開抑制装置は、重量がかなりあり、車体の一番高いところにこんな重量物を積んでいたのでは、BUELLの最大の特徴である、マスの集中化や低重心もまったく意味がありませんね・・・。

 th_P1180558

こちらはインテーク(吸気)用の全開抑制装置です。

コレもバルブを閉じる事で、吸気効率を下げて、性能低下の原因になっています。

 th_P1180553

ブローバイのオイルでコテコテのエアフィルターまわりとセンサーも掃除しておきました。(^^)

 th_P1180562

 

吸気/排気の両方の全開抑制装置を処理する必要があります。

 

マフラー内部の排気バルブは、ワイヤリングをして、全開位置で固定しました。(^^)

 th_P1180584

 

 

 

BUELLは、スパークプラグの交換が非常に困難です。(どうしてもできない場合もあり得る)

手が入らない隙間から絶妙に工具を入れる以外に脱着のしようが無い構造。

いろいろ工具がないと無理です。

 th_P1180566 th_P1180565

プラグは真っ白でした。

th_P1180568

 

 

BUELLは、エンジンオイルとミッションオイルの両方を別々に用意する必要があります。

エンジンオイルだけ替えて、ギアオイルは忘れないでね!

th_P1180540

ギアオイルの交換。

 

ドレンボルトは、5/8インチ。

th_P1180537

 ビューエルのドレンボルトにはマグネットがついているので、鉄粉がいっぱいくっついていてちょっとビビりますが、鉄粉だらけくらいは普通です。

コレはちょっとつきすぎ。鉄粉というより鉄片?、ずいぶん換えてなかったみたいですが、近いうちにもう一度交換した方が良いかも。

th_P1180536

ミリとインチのネジが混在しているビューエルは、工具を探すのに非常にイライラする・・・。

ボルトの頭だけでなく、ネジのピッチもですから!

トルクスもたくさん使用されています。

スパナやボックスレンチはもちろん、6角レンチもミリとインチの両方が必要です。

ヘキサゴンの6ミリと1/4インチとか、見分けがつくわけがない・・・。

 

 th_P1180576th_IMG_2361th_P1180519

 

後日オーナー様からメールでご連絡をいただきました。(^^)

「ストレートでバンバン200キロオーバー連発できて、気分爽快です!」

「やっと本物のビューエルに乗れました!」

 

と、メールを頂きました。

ありがとうございました。(^^)

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************