韓国初の国際カーオーディオコンテスト、EMMA KOREA 2018 の音質審査のジャッジのお仕事 その1

EUROPEAN MOBILE MEDIA COMPETITION(EMMA)

ヨーロッパ規格の国際カーオーディオコンテストです。

韓国でははじめて開催される、EMMA KOREA 2018 の音質審査の国際ジャッジとしてご招待いただき、韓国へ行ってきました。

th_CIMG2894

土曜日の夕方に到着して、ジャッジミーティングや打ち合わせをして、9/30日曜日に、INCHEON ASIAN MAIN GAME STADUIM という、多分サッカー場?デカいスタジアムの駐車場でEMMA KOREA 2018が開催されました。

韓国には11人のEMMAジャッジがいます。

NATIONALジャッジとINTERNATIONALジャッジがペアで行動して、音質審査はインターナショナルジャッジが実施して、質問事項や書類の記入は韓国のジャッジが対応してくれましたので、言葉の問題は比較的少なく、審査は大変スムーズに進みました。

私は、ENTRYクラスの7台と、MASTERクラスの5台、合計12台の音質審査を担当させていただきました。

EMMA KOREA 2018の画像は、ホットワイヤードのFACEBOOKページのフォトギャラリーでご覧いただけます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006

 

海外のカーショーやコンテストに参加すると、新しい発見が多くて、楽しいです。

その国ならではのカスタムや商品、テクニックなど、海外のカーオーディオのカスタムは、いろいろ違う事が多くてとても興味深く、いろいろ勉強になります。

カスタムパーツもですが、カーオーディオ関係の商品では、日本では手に入らないブランドや商品がとても多いのです。

逆に、韓国では、日本の様な2DINカーナビ(私はガラナビと呼ぶ)や社外のカーオーディオのヘッドユニットやCDプレーヤーがほとんどないようです。

最初から純正ナビ+CD/DVDが付いているクルマが多いみたいですが、純正ヘッドは使わずに、USBや携帯電話などの何らかのメディアプレーヤーをソースユニットとして使っています。

私が担当したクラスの音質審査の音源で、CDを使うクルマが1台もありませんでした。(;^_^

OEMスタイルがトレンドのようで、純正ナビ+メディアプレーヤー+DSP(デジタルプロセッサー)+ パワーアンプ+サブウーハーというシステムがトレンドのようです。

ピラーにツイーターを埋込、ドアはインナーバッフルのみで、あまり加工しない人が多いようです。

DSPは、韓国の国産ブランドもたくさんあるようです。

カーナビに関しては、完全にスマホのアプリに移行しているようです。

新車で純正ナビが付いているクルマでも、携帯のナビアプリの方が高性能で使いやすいと事で、皆さんスマホのナビアプリを使っています。

アプリは無料で、地図データ自動でアップデートされ、道路に設置されたカメラやセンサーと通信してリアルタイムの渋滞情報なども表示されてたいへん便利なようです。

こちらは、日本のブランドなのに、日本市場から撤退した、SONYの車載ハイレゾプレーヤーも日本では入手困難なハイエンドカーオーディオ商品。

th_CIMG2815

 

EMMA韓国のカテゴリー分けは、4種類。

th_CIMG2871th_CIMG2740

th_CIMG2697th_CIMG2694

th_CIMG2869

 

 

韓国のクルマはすべて左ハンドルです。

まだ世界には見た事ないクルマがたくさんあるんですねー。(;^_^

てゆーか、見た事ないクルマばっかりです・・・。

スピーカーも、見た事ないブランドも多いです・・・。

このクルマのハンドルと内装を見て車種をあてられる人は相当な韓流マニアですね。(^^)

th_CIMG2765 th_CIMG2789 th_CIMG2760 th_CIMG2793 th_CIMG2822 th_CIMG2814 th_CIMG2838

 

100万円オーバーのパワーアンプが3台?

すごいハイエンドカーオーディオ搭載車両もあり、

th_CIMG2783

 

 

うらやましいのは、このかわいいデザインのトロフィー。(^^)

th_CIMG2893

私もこんなカッコよくてずっしり重いプラークをいただきました。(^^)th_CIMG2892

th_CIMG2890 

 

こちらは台湾から来た国際ジャッジの皆さん。

th_CIMG2947 th_CIMG2939

 

ハイエンドカーオーディオのコンテストの音質審査を厳密に公平に実行するには、外国人ジャッジを起用する事が最も有効な手法だと感じます。

国内ジャッジのスキルアップにも有効です。

国産カーオーディオやクルマの車種すらわからない、知り合いもいない、何の利害関係もない外国人ジャッジによる音質審査のコンテストは、先入観もなく、最もフェアで公平に採点できる唯一のカーオーディオコンテストだと思います。 

その意味からも、EMMA と IASCA を強く支持しています。

 

 

 

 

こちらは、韓国のカーオーディオ専門誌、その名もズバリ、「CAR AUDIO」。

分厚くて、全ページフルカラーのカーオーディオの雑誌が毎月発行なんです。

 th_IMG_9494

 

EMMA KOREAのスタッフや韓国ジャッジの皆さんには、大変良くしていただいて、とても楽しい、貴重な経験になりました。

韓国の有名カーオーディオショップの視察にも連れて行っていただきました。

こちらは、「CAR AUDIO」の編集長。

本当にありがとうございました。 감사합니다

th_IMG_9491

 

EMMA JAPAN FINAL 2018 は、11/25 お台場にて開催です!

2013年から正式にスタートした、EMMA JAPAN の様子はこちら!

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

 

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ユーザー参加型のカーオーディオミーティングのご紹介 トライム サウンドミーティング/ユナイテッドサウンドジャンボリー 2018

カーオーディオのコンテスト/サウンドミーティングというと、ほとんどが特定のブランドの商品を搭載している事を参加条件にしたり、特定のメーカー/ショップだけでやってるものが多くて、グローバルスタンダードで生きたい非国民なホットワイヤードとしては正直敬遠しています。(;^_^

th_th_CIMG1921

EMMAとIASCAは、メーカーや使用商品、搭載ブランドの縛り、制限、差別がない、国際規格の世界共通ルールでのカーオーディオのコンテストですので、HOT WIREDのデモカーもエントリーしています。

emma japan 3年連続 優勝 hot wired デモカー bmw 318i

EMMA JAPAN 2013-2014-2015
マスタークラス(金額無制限クラス)3年連続優勝 HOT WIREDデモカー BMW 318i


ただ、EMMA/IASCAのような国際規格のハイエンドカーオーディオコンテストは、ちょっと敷居が高い感じがしますが、今回ご紹介するサウンドミーティングは、

「ユーザー同士がカーオーディオを視聴して、投票する」タイプのコンテストですので、気軽にみんなみんなで楽しめると思います。

そして、メーカーやブランドの縛りがありません。

ので、カーオーディオ好き/クルマ好きなら誰でも参加OK、ぜひ一緒にカーオーディオのミーティングに参加してみませんか?

 

参加申し込みは、以下のエントリー用紙をご使用ください。

トライムサウンドミーティング2018中日本申込用紙(台風21号の影響により中止)

トライムサウンドミーティング中日本2018案内

 

 

そしてもう一つ、とってもすてきなカーオーディオ系 屋外イベントをご紹介します。

united sound jamboree  ユナイテッドサウンドジャンボリー

https://www.facebook.com/unitedsoundjamboree/?fb_dtsg_ag=AdzoMDaAxKHMpz01rS32IC6_iY32FOlPGLXh1Z6fDuISdg%3AAdw_TeNOK5vO_wr2nS83Vrd1C-39K2Q6auoWe-IzekorzQ 

 

UNITED SOUND JAMBOREE2018とは???

富士山の麓の大自然のオートキャンプ場を貸し切り、車好き・音楽好きが集まる1泊2日のキャンプイベントです。オーディオを付けてる人はもちろん、友人・家族も気軽に参加出ができます。特大プールやキッズスペースもありますので、小さいお子様連れでも安心です。また会場でテントやバーベキューセットのレンタルも可能(数に限りがあります)なので、キャンプ初心者・アウトドア初心者でもお気軽にご参加できます。
隣接の会場ではサウンドミーティングを開催します。使用ブランドの縛りはなく、オーディオ装着車両ならどなたでも参加可能です。自分なりのオーディオの楽しみ方をアピールし、新しいコミュニケーションの場としてもご利用ください。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

IASCA 用のサウンドセッティング/音調整のご依頼 IASCA JAPAN FINAL 2017/ACG FINIL 2017

IASCA のコンテストに参加する為の車両のサウンドセッティング/音調整/サウンドチューニングのご依頼です。

アイアスカとは、アメリカに本部を置く、国際規格のハイエンドカーオーディオのコンテストです。

th_CIMG6497th_CIMG6498

10/22 富士スピードウェー にて開催予定の、IASAC FINAL へ参加されるオーナー様は、前のクルマでは IASCAの地方選はほとんど全部エントリーしたと言う、カーオーディオ上級ユーザーのオーディオカーです。

IASCA/EMMA/ACG FINAL 2017

EMMA,IASCA,ACGの各クラスへのエントリーはこちらから!

HOT WIREDのデモカーのBMWは、EMMA JAPAN の金額無制限マスタークラスで3年連続優勝を果たしました。(^^)

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7157

 

他店にて取付/施工のカーオーディオの、サウンドセッティング、プロセッサーの音設定のみ出のご依頼ですが、大歓迎です。

三菱サウンドナビプレミのサウンドセッティング一式:35000円(税別)

 

 

開けてビックリの、超ど級の高級オーディオがカスタムでインストール済です。

th_CIMG6651

 

トランク一杯に、MOSCONI のパワーアンプが2台。

th_CIMG6637

ドアには、モレルのミッドウーハーがアウターバッフルで取り付け。

 

スピーカーは、MOREL の3WAYセパレートスピーカーです。

th_CIMG6640

ピラーには、モレルのミッドレンジとツイーターが埋め込みで加工取付け。

 

th_CIMG6639

 

実は以前に、サウンドナビの音調整のご依頼でご来店頂き、プロセッサーの調整をやらせていただいたお客様です。

ナビ音調整でとても音が良くなった事を実感していただき、再度サウンドチューニングのご依頼を頂きました。

今回は、コンテスト(IASCA)に特化したセッティングも作って欲しいとのご依頼です。

前回ご来店時のサウンドセッティング時に、音の歪み感、ミッドレンジの出力不足など、アンプのゲイン調整の必要性を認識していましたので、今回は、アンプのゲイン調整、スピーカーの位相設定、ヘッドユニットのゲイン調整も実施する事を提案させていただきました。

 

th_CIMG6642

サウンドナビにはめずらしく、ボリューム27で歪みはじめました。

しかし、最大出力が1.8Vありましたので、まったく問題ありません。

実はボリュームの数字の表示はあくまで目安で、正確にはあてにならなくて、

日本製のナビヘッドでさえ、この様な個体もありますので、めんどくさいですが、実機を測定しての正確なサウンドチューニングをオススメします。

27がMAXのヘッドユニットである事を知った上で調整/使用する事ができる様になりました。

 

MOSCONI のパワーアンプの正しいゲイン調整の方法。

th_CIMG6646

オーナー様もアンプのゲイン調整作業を手伝っていただきましたので、オシロスコープの波形や最大出力電圧の測定なども見ていただけたの、興味のある方には面白いと思います。(^^)

 

信号が歪みまくりのアンプのゲインの状態:

th_IMG_3035

 

音楽信号に歪み成分がない、キレイな波形。

歪む直前の最大出力に設定するのがコツです。

th_IMG_3036

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

 

次に各スピーカーの位相を測定しました。

「スピーカーの配線の接続、位相は確認済」とのお話で、前回の調整では位相の測定はやりませんでしたが、

今回実際に測定してみたところ、ツイーター以外のすべてのスピーカーが逆相に接続されていました。

th_CIMG6673

スピーカーの位相の判断は、耳では困難ですので、このような位相チェッカーという測定器で測ります。

th_IMG_0359

カーオーディオの配線には、ケーブル、アンプ、ネットワーク、スピーカーなど、たくさんの機器に+/-の接続がありますので、どこかで間違えれば、全部逆相になってしまいます。

実は機械に記載の+/-の表示自体が間違っている事もめずらしくないのです。

(ちなみにスピーカーの+/-は逆に配線しても壊れる事はなく、スピーカーが前後逆に動く様になります。変な音になるけど、一応音は出ますので、気づかないでずっと逆相の音を聞いている人が意外とたくさんいるのです。「なんか変かな?」と思ったらまず最初にスピーカーの位相を確認してください。)

なので、表示をあてにしないで、かならず最終的なスピーカーからの出音を測定して、判断する必要があります。

スピーカーの位相の測定一式:10000円(税別)

 

 

 

 

さて、取付と配線を正しくやり直して、アンプのゲイン調整を完了したところで、一度試聴していただきました。

この時点で既に、思っていた以上の違いを体感していただけましたので、良かったです。(^^)

 

 

アンプのゲイン等の基本的なセッティングが完了して、ここからやっとDSP/プロセッサーの調整に入ります。

今回は4日間お預かりしました。

th_CIMG6641

またまた、話がそれちゃいますが、カーオーディオのサウンドセッティングは、

「エンジンを止めた状態でやるのが基本」です。

 エアコンもオフです。

 

ホットワイヤードでは、クルマごと空調の効いたガレージに入れて、大型のCTEKをつないで、SUPPLY MODE で、十分な電源供給をしながら音調整をします。

※コンテストに向けた音調整では何時間もオーディオの電源を入れたままの状態になりますので、電源の供給は非常に重要なのです。

th_CIMG6653

th_CIMG6652

 

そして、こちらがサウンドナビプレミのプロセッサーのサウンドセッティングのご紹介です。

th_CIMG6674

コンテストでハイスコアを取る為には、タイムアライメント調整が非常にシピアになります。

ボーカルはダッシュボード奥のセンターにピンポイントで定位して欲しいのです。

なおかつ左右の広がりはクルマの幅を超えるほど広大なサウンドステージを目指します。

またその中間も正しく再現されていなくてはなりません。

上級ユーザーのお客様は、問題点も既に認識されていますし、良くなった点も細かく評価していただけます。

th_CIMG6675

こちらはX/O、クロスオーバーの調整画面。

th_CIMG6676

 

なんと言っても特に重要なのは、こちらの、グラフィックイコライザーの調整です。

サウンドナビは、左右独立の31バンドのグラフィックイコライザーを搭載しています。

 

31バンド イコライザー調整画面:

th_CIMG6677

イコライザー調整は、運転席にマイクを立てて、RTAで測定します。
th_CIMG6661  

こんな感じで、調整/設定できました。

(IASCAなどの国際規格のコンテストでは、重低音もしっかり出ていないとダメです。)

th_IMG_4845

IASCAのコンテストでは、SQ,RTA,SPL と3種類の周波数特性を作ります。

SQとは、音質審査用の事で、この設定は普段聞く為にも最適の設定となります。

 RTA審査とは、サウンドシステムの調整能力を測る為、できるだけフラットな周波数特性を実現できるシステムがハイスコアを獲得します。


th_IMG_4844

SPL審査は、音量の大きいシステムがハイスコアなのですが、コレは単にバカでかい音、という意味ではなくて、良いサウンドシステムは「良い音を大きな音で再生できる」能力がある事も重要なのです。

th_CIMG6524th_CIMG6495

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

EMMA RUSSIA カーオーディオのコンテストのジャッジとしてご招待頂いたので、、、

 ロシアへ行ってきました。(^^)

 

バンコクから帰ってきたばかりで、正直しんどい感じだったのですが、せっかくご招待頂いたので、がんばっていってきました。

 

また、今回も「カーオーディオマガジン」や「マイカーライフ」に、海外のカーオーディオ関連取材として記事を書かせていただきますので、そちらも是非ご覧ください。

http://www.mycar-life.com/article/2016/11/05/12815.html

 

 

 

EMMA RUSSIA  FAINAL

 

EMMA というのは、EUROPEAN MOBILE MEDIA ASSOCIATION の略で、ヨーロッパの、ハイエンドカーオーディオコンテストの世界統一規格です。

 

今回は、EMMA のインターナショナルジャッジとしてご招待頂きました。

 

この地へたどり着くまでの長くて大変なプロセスはすっ飛ばして、

いきなりイベント会場です。(^^)

 th_IMG_0650

めずらしい外国人のEMMAジャッジが来たという事で、ご挨拶もさせて頂きました。(^^)

 

 

今回は、EMMA のコンテストの中のカテゴリーで、アジアを中心に盛り上がってきている、ESQL と言うカテゴリーのジャッジとして参加させていただきました。

 

ESQL は、今やロシアでも一番人気のジャンルになっていて、とても面白いカーオーディオのコンテストのジャンルです。

ドアやトランクを開けた状態て、後方約5Mの位置でジャッジが音を聴いての音質を競います。

 

カーオーディオなのに、クルマの外から聞いたときの音質を向上させる為の努力が必要なのです。

 

 評価の項目は細かく規定があるのですが、簡単に言うと、「良い音を大きな音で聴く」というクルマの音質を評価します。

 

このジャンルは、エントラントは細かい事にあまりシリアスにならずに、愛車自慢、みんなでイベントを楽しむカジュアルな感じが好きです。

 

 

 

 

ロシアでのカーオーディオのトレンドは、とりあえず、これ。

 

 th_CIMG1253 th_IMG_0803

ちゃんとドア閉まるし、人も乗れる。

th_CIMG1254

 

「どうやってこんなドア作ったんだ!?」 という勢いで、ドアいっぱいに凶悪にたくさんのスピーカーをインストールするのです・・・。

 はみだしとるがや・・・

th_CIMG1287  

これはもはや自重を支えきれずに、地面から金属の棒で支えています。ドア閉まるのか?

th_IMG_0642

 

 th_IMG_0697 

いわゆる、「ストックインストールな音質系」の人でも、16センチのスピーカー1セットだけ、なんてエコな事は言いません。

th_IMG_0692 

最低でもドアにダブルミッドでお願いします。(笑)

th_IMG_0693

 

 

エントラントの参加車両で目立ったのは、やっぱり日本車の4駆。

ロシアって感じですねー(^^)

th_IMG_9914

パジェロのエボとか、V-CROSSとか、日本では絶滅したハイパフォーマンス四駆。

th_IMG_9912th_IMG_9368th_IMG_9369th_IMG_9876

GANGSTA

th_IMG_9651

ってゆーか、6駆?

th_IMG_9371 th_IMG_9373th_CIMG1132th_IMG_9372

 

 

そして、これはロシア独特のカテゴリー、「レトロ」

つまり古いクルマなのだが、主役は昭和の日本のクルマである。

当たり前だが、単に古いだけではダメで、価値の高い旧車で、キレイな個体。

日本でも、40代50代には密かに人気が高まっている世界観で、あの時の憧れのあのクルマ、マジで買おうかと思っている人も少なくないのではないでしょうか?

th_IMG_0837

新車当時のカタログまである。 どうやって手に入れたのだろうか?
th_IMG_9786 th_IMG_9793

 

  

今回は、イベントのリポートや車両の観察はちょっとおいといて、ジャッジとして、コンテストの運営者側から目線でリポートしたいと思います。

イベント会場はウラジオストクの街のど真ん中のスクエアなんですが、一観光客としては、この様なロケーションはとてもステキである。

th_IMG_9911  

イベント当日は、今にも雨が降り出しそうな、霧のような曇りの天気。

th_IMG_9922 th_IMG_9935th_IMG_9380

極東の港町らしく、戦争関連が多い。ちょっと複雑な気分だ。

th_IMG_9926 th_IMG_9927 th_IMG_9762th_IMG_9803th_IMG_9929 th_IMG_9933 th_IMG_9934

 

 

 

で、

私がジャッジさせていただいた、ESQL ですが、

こんな感じで、

th_IMG_9635 th_IMG_9689 th_IMG_9676 th_IMG_9678 

観客にもアピールする事で、ポイントが加算されますし、

th_IMG_0815 th_IMG_9642th_IMG_0818

こちらは、メーカーのダンサーさん。

th_IMG_9664th_IMG_0786th_IMG_0762 th_IMG_9663

画像は、HOT WIRED の FACEBOOK ページにたくさんアップしてありますので、そちらもご覧ください。

http://www.facebook.com/hotwiredjp

動画はこちら!

http://www.youtube.com/hotwiredweb

th_IMG_0804th_IMG_0807

オーナー自らルーフに上がって踊ってくれれば、とりあえずアピールポイント付きますよ!

th_IMG_0811

 

 

アピールがエスカレートするとこうなる。

th_IMG_9682 th_IMG_9683 

火をつけた棒をグルグル回したり、投げたりするアレです。

このパフォーマンスの正名称がわかる人教えてください。(^_^;)

th_IMG_9686

ジャッジのお仕事をしながら、写真をとるというのはとても難しいので、自分の写真ないのが残念です。(泣)

 th_IMG_0793 

 

 

で、

参加車両の装着率も圧倒的で、

ロシア最強のカーオーディオブランドがこちら。

ALPHARD CAR AUDIO

th_IMG_0799th_CIMG1257

ロシアのメーカーは昔から音圧系で有名だが、

th_IMG_9730 

パワーアンプの合計出力は10000ワット以上・・・th_IMG_9729 

とにかくパワーと鳴りっぷりがけた外れにスゴい!

音圧だけでなく、音が遠くまで飛んで行く感じなのだが、外向きPAの様に耳が痛いという事は無く、音質が良い。

ALPHARD は、SPLでも有名なブランドだが、

ESQL 専用と言っても良いくらいすばらしい鳴りっぷりである。

もはや音圧がスゴすぎてクルマがぶっ壊れそうである・・・。

th_IMG_9726

フロントガラスが割れて吹き飛ぶまでウーハーを鳴らすのが、ロシアでモテる秘訣らしい。

th_IMG_0798

 

ALPHARD CAR AUDIO は、ヘッドユニット以外は全部作っているカーオーディオメーカーだが、これまた日本では入手できないブランドなのが残念である。

th_IMG_9728

th_IMG_0780 th_IMG_9648 th_IMG_9654

プリンセス発見。

th_IMG_9655    

ステージ前では、エントラント以外の来場者も楽しませるイベントがいろいろ工夫されています。

th_IMG_9596 

 

ロシアと言えば、デッドニングの材料や道具が有名なのだが、

こちらは、デッドニング競争?

th_IMG_9594

希望者がチームに分かれて、ブリキのバケツにデッドニング材をローラーで貼付けて、仕上がりとスピードを競う。

th_IMG_9604 th_IMG_9608 

こちらが、スポンサーである、デッドニング材料のブランドが用意した、ブリキのバケツと、デッドニング材とローラー。

なるほどねー

th_IMG_9602th_IMG_0756

元々は潜水艦や軍艦の制振や防音に使われていた軍事産業の秘密の技術や材料が、冷戦後に民間へフィードバックされる形で進歩してきたと言われるロシアのデッドニング材料。

こちらが、WyMoff という、ロシアではナンバーワンのデッドニング材料のブランドだが、今のところ日本では入手不可能なのが残念。

th_IMG_9517

 

参加希望者が多い上に、みんなガチでやってるから、不思議である。

th_IMG_9595 th_IMG_9605 

ロシアの人はそんなにデッドニングが好きなのか?th_IMG_9609 th_IMG_9613 th_IMG_9614 

大変良く出来ました!

th_IMG_9616 

勝ったチームには、こちらも各スポンサーメーカーからいろいろな賞品がもらえるんですよ。

th_IMG_9626

 

重いサブウーハーを一番長くがんばって持っていた人が、賞品をもらえるらしい、罰ゲームのような謎のコンテストにも参加希望者が多数行列。(^^)

th_IMG_9712th_IMG_0754

ジャッジを取り囲むオーナーや観客のみなさん・・・。

ジャッジとしては、非常にやりにくいと思うのだが、

th_IMG_0739 th_IMG_0737

熊みたいにデカいジャッジのみなさんも迫力満点である。

th_CIMG1278th_IMG_9908

こちらは、EMMA ASIA のジャッジメンバーとして選出されて、去年日本にも来日していた、GENNADY さん。

誇らしげに、EMMA ASIA のポロシャツを着ています。

th_14101872_10205455609068527_1368280349_n

GENNADYは、ロシア全体でも6人しかいない、EMMAインターナショナルジャッジのひとりであり、今回のコンテストのヘッドジャッジです。

 

EMMA RUSSIA では、ジャッジを4種類に区別して、資格を発行しています。

ビギナー:EMMA RUSSIA のセミナーを開催して、資格を取得しただけの初心者ジャッジ。

インターミディエイト:少し経験のあるジャッジ

ヘッドジャッジ:経験豊富なジャッジ

インターナショナルジャッジ:ロシア以外の国外で EMMA のトレーニングを受けて国際ジャッジ資格を取得したジャッジ

 

これはとてもうまく機能している良いシステムでした。

カーオーディオのコンテストの、たいへん不透明なジャッジの存在を透明化し、何よりジャッジ自身のモチベーションを高め、プレッシャーも少なくなるではないでしょうか?

 

 

撮影クルーは、DJIで空撮もやっています。

th_IMG_0732 th_IMG_0733 

 

ロシアで一番有名な、女性のドリフト選手、エカテリーナのS15 シルビア。

写真集出すほどの超美人のスーパースターなのに、

お話に夢中で、写真撮り忘れました。(泣)

th_IMG_9441

スマホをソースユニットとして、ダッシュに埋込じゃうのが、男らしい!

th_CIMG1245

30プリウスはこんな感じ。

th_CIMG1236 th_CIMG1237 th_CIMG1238

トランクのウーハーボックスは、箱載せというか、脱着式みたいなヤツが多いのですよ。

(理由は下の方で書きます。)

th_CIMG1241

 

 

JDM はやっぱり人気です。

th_CIMG1221 th_CIMG1196 

th_IMG_0817

そして、なぜか「どーもくん」ってヤツが、スゴい人気みたいで、みんな持ってる。

僕にも凄くアピって来るのだが、良く知らないんですよ、ごめんなさい・・・。

後で調べたら、NHKのゆるキャラ?

th_CIMG1195th_IMG_9678

おっ! やっぱ86か? おれは86の事はけっこうくわしいんだぞー
と思いきや、ん?なんか違うな、ドアが4枚あるぞ?

と、ひときわ目立っていたのが、セルゲイくんのTOYOTA。

これ、VISTA ってクルマですよね?(^_^;)

th_CIMG1194th_IMG_9676

なんか、レトロでカワイイじゃん!

th_IMG_9677

 

スゴい 立体ペイント

th_CIMG1209 th_CIMG1212

マットでざらざらしている JESSICA ALBA の胸が立体なんです。

th_CIMG1213th_CIMG1214 th_CIMG1218 th_CIMG1219 th_CIMG1220    

 

EMMA RUSSIA の音質系のコンテスト車両はこんな感じ。

th_IMG_9836

ドアとピラーの作りがやはりハイエンドカーオーディオな感じ。しっかりと作られいる。

th_IMG_9839

ハイエンドカーオーディオの世界標準規格な感じのピラーの作り方。

th_IMG_9840

EMMA の音質系カスタムのピラーはどこの国でもだいたいこのようなレイアウトが多いですね。

見事に垂直に真っすぐな並んだ 3WAYセパレートスピーカーのミッドレンジとツイーターは、ダッシュボード上に正確なサウンドステージを再現する為の最も理想的なインストレーション。

th_IMG_9841

th_IMG_9870 

カーオーディオの音質で、フォーカスや定位、サウンドステージの幅や奥行を求めるためには、3WAYセパレートスピーカーのミッドレンジとツイーターは、

絶対的な取付け方法があります。

th_IMG_9867

th_IMG_9846

ハイエンドカーオーディオコンテストらしい、高級なアンプやパイオニアODR。

トランクには電動のギミックもアリ。

th_IMG_9847 th_IMG_9848  th_IMG_9821

アクチュエーターで持ち上げると、スペアタイヤが取り出せる様になっている。

日本ではスペアイヤを使う機会はまずないし、僕はスペアタイヤなんか捨てちゃいますが、

ロシアでは、必ずスペアタイヤを使える様にしておく必要があります。

車検とかそんなセコい話じゃないんですよ、スペアタイヤが無いと死ぬかもしれないんです。

広大な国土のロシアでは、イベント会場まで3000キロ走るとかは、普通にあるし、道路がガタガタで良くパンクする上に、自力で脱出できない場合、レスキューが来るまでに相当の時間がかかり、水や食料、天候や大型の野生動物の危険にさらされる事になる。

th_IMG_9815th_IMG_9814 
バッテリーのヒューズまわりは、整然として、確実ですばらしいワイヤリング。

th_IMG_9831 th_IMG_9826

こちらのコンテスト車両も、スペアタイヤがすぐに取り出せる工夫があります。

th_IMG_9874

th_IMG_9872 th_IMG_9873th_IMG_9871 

アンプの取り付けの美しさなんかは、音質にはほとんど関係ないので省略しているのではなく、

スペアタイヤなんです。

th_IMG_9859 

 

 

さあ、そろそろ表彰式です。

th_IMG_9904 th_IMG_9902 th_IMG_9898

このトロフィーが超かわいいのだ。(^^)

th_IMG_9895  th_IMG_0834 th_IMG_9798

 

やっぱりセルゲイくん、いっぱいトロフィーもらったね! 

th_IMG_0876 th_IMG_0877 

th_IMG_0859 

女性のエントラントもとても多いのだ。

th_IMG_0853 th_IMG_0848 th_IMG_0854 th_IMG_0870 th_IMG_0871 th_IMG_0858 th_IMG_0857 th_IMG_0856 th_IMG_0855 th_IMG_0852 th_IMG_0851 th_IMG_0850 th_IMG_0849 th_IMG_0880 th_IMG_0869 th_IMG_0868 th_IMG_0867 th_IMG_0866 th_IMG_0865 th_IMG_0864 th_IMG_0863 th_IMG_0860 th_IMG_0878 th_IMG_0876th_IMG_0873

最後の記念撮影の時には既にあたりは真っ暗ですが、これもまた雰囲気あって良かったですよ。

これから何千キロも走って帰るみなさん、気をつけてくださいね。 

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp/blog/

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

 

 

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

海外研修のため、7/2〜7/13まで、臨時休業となります。m(__)m

電話はでられません。

メールの返信は遅くなります。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

その①:カーオーディオ関係

世界最大のカーオーディオショップなどタイの実力派カーオーディオショップを視察に行ってきます。

図々しく何日も居座って、かなり内部まで入り込んで取材もしてきます。(笑)

国際カーオーディオコンテストで優勝したオーディオカーを分解して調べてみます。

日本に住んでいると、ときどき大陸に渡ってこういう事を地味に努力しないと、ガラパゴス化してしまいますので

カーオーディオメーカーの品質管理にお邪魔して、エラそうにアドバイスもしてきます。

カメラ4台と三脚3台もって、写真はもちろん動画もバカみたいにたくさん撮影しきます。

GOPROを2台もつけて歩き回ってきます。

もしかしたら、雑誌などで内容をご紹介できるかも知れません。
せっかくですからシェアしたいんですけどね。

 

 

その②:モーターサイクル関係

HARLEY DAVIDSON METROPOLITAN BANGKOK 主催のイベントに参加&取材をしてきます。(^^)

DRAG DAY PARTY #3 というイベントで、タイランド サーキットで、実際に自分のカスタムバイグでドラッグレースやダートトラックを走ろうぜ! ってイカしたイベントです。

ハーレーメインのドラッグレースとしてスタートしたのですが、今ではトライアンフとBMW MOTORRAD,DUCATI のディーラー、SRのオーナーズクラブも参加して開催されます。

BUELL THAILAND のオーナーズクラブやタイのBUELL専門ショップも参加されるようなので楽しみです。(^^)

ビキニバイクウォッシュもあります。

見るだけのショーやイベントはもう飽きたので、

ハーレーダビッドソン バンコクのご好意で、図々しくバイクを貸してもらって、私もバイクに乗って参加させてもうことにしました。v(^o^)v

「ヘルメットなどのライディングギアは一式持って来いよ」と言われていますが、気温38度、しかも雨期という環境で一体なにを着るのが正解なのかわからないのがとても不安です・・・。

革ジャンとか、着れるわけ無いと思うんですけど・・・。(^_^;)

https://youtu.be/wQHQm6gIq9Q

https://youtu.be/zOPh76PmrHo

GROM などの125c系のカスタムや BMW S1000RR などのスーパーバイク系のカスタムもたぶん世界で一番アツい地域なので、バイクのカスタムショップもアポなし取材してきます。

 

 

th_IMG_0198th_IMG_0184th_IMG_0181

 

 ③友人の結婚式に出席

実はバンコクで友人の結婚式に出席するのですが、そこに EMMA や IASCA などの国際カーオーディオコンテストの国際ジャッジやインストーラーやカーオーディオ関係者が世界各国から集まりますので、ついでにみんなで HUA HIN とかいうリゾート行って、技術と知識を共有しようぜ、って話になっているので、そうします。

 

④釣りに行きます。

友人の同級生に釣りキチがいるらしいので、釣りに連れて行ってもらいます。

どうやら雷魚ハンターのようです。(^_^;)

 

⑤ルーフトップのレストランやプールでタイムラプスを撮影

バンコクにはたくさんのカッコいいルーフトップバーやレストランがあります。

ホテルやコンドの屋上はルーフトップのプールになっています。

夜景や雲のタイムラプス動画を撮影したいです。

 

⑥もうこれ以上詰め込むとケガするのでやめときます。