BMW S1000RRのフルパワー化の方法 コーディングプラグ取り付け SLICK MODE

BMW S1000RR をフルパワー化する為には、コーディンプラグというものを取付ける必要があります。

正しい新車のナラシ運転」が終わったら、初回点検とともに、ディーラーにて、馴らしリミッターの解除をしてもらう必要があります。

S1000RRの新車は、馴らしリミッターにより、9000回転までしか回らない様になっています。

https://youtu.be/y1dGWxTDYdA 

フルパワー化する為には、ディーラーにて、コーディングプラグを購入、取付け、コンピューターの設定などが必要です。

そしてようやく、S1000RRの本来の性能が発揮できるようになります。

つまり、SLICK MODE と USER MODE は、デフォルトでは表示されないですが、コーディングプラグ取付け/コーディングをすると、このようにメーター内に新たにSLICK MODEとUSER MODE が表示されるようになります。

つまり、日本仕様には、SLICK MODE がない!という事なのです。

(SLICK MODEに自主規制をかけているS1000RRは、日本と台湾だけのようです。)

th_IMG_6818

 

 

 

 

 

 

 

  

この赤いヤツががコーディグンプラグです。

元々コーディングプラグを刺す為のカプラーがあるので、そこに刺すだけ。

th_IMG_6815

th_IMG_6819

 

 

 

 

 

 

さらに、リアシートしたのコネクターを抜く必要があります。

コネクターを抜くと、テールやウインカーが点かなくなり、公道で乗れなくするという念の入れようである。

 

 

 

と、まあ作業自体は簡単です。

 

 

逆輸入の日本車をフルパワー化する為の手間と費用を考えると、はるかに優秀です。

簡単にフルパワー化できる事、BMW S1000RR を購入した大きな理由のひとつです。

 

しかーし!

なんだこの大げさな契約書みたいな書類は!

th_IMG_6821th_IMG_6826

 

 

 

 

 

 

 

コーディングプラグを購入/装着/使用するにあたって、公道では使用しません、という内容の誓約書に署名捺印させられる儀式があるのです。(^_^;)

th_IMG_0103 th_IMG_0104

 

 

 

 

 

フルパワーのS1000RRは、公道では危険なので、サーキットなどクローズドコース専用の改造部品ですからレース用の改造部品であり、公道では使用しないでください。という意味です。

しかし、ここまで厳重にやるのはスゴいですね。

そんなに危ないのか?(^_^;)

 

 

こんな事はもちろん「日本だけ」。

海外の常識では、フルパワーじゃないバイクなんてモノは存在しないし、

むしろ、フルパワーぢゃない、なんちゃってバイクを販売するのは違法じゃないのか?

でも,BMWはエラい!

比較的簡単にフルパワー化できる様に工夫してくれている。

実は日本メーカーの1000ccクラスのスーパーバイクは、フルパワー化が不可能なモノばかりなのだ。

日本は伝統的に、大型バイクのフルパワーのバイクを販売しない。

フルパワーどころか、1000cc自体を販売しない時代も長くあって、伝統的に日本人は大きくて速いバイクは買う事ができない様になっている。

これは法律で禁止されているわけではなく、各メーカーの自主規制のようだ。

例えば、ホンダの CBR1000RR には、国内仕様と輸出仕様の2種類が存在する。

いわゆるホンダのディーラで普通に買えるヤツが、国内仕様のCBR1000RRで、見た目は同じだが、エンジンは100馬力くらいしかないし、最高速も180kmでリミッターである!

まさになんちゃってCBRである。

他の国産メーカーもだいたい同じ感じで、コンピューターだけではなく、保安部品などの電気系統から、吸気ポートのサイズ、排気デバイスやエキゾースト系、ミッションまで違っているので、もう一台買えるほどお金をかけても本当のフルパワー化は不可能である。

こんなもの知らずに買っちゃったら、泣くに泣けません・・・。

 

CBR1000RRの、輸出仕様のバイクが一般にフルパワーと呼ばれているタイプである。

輸出仕様の中にも、北米仕様、EU仕様、マレーシア仕様など色々あるので、本物のフルパワーを探すのが大変なのだ。

一度海外に輸出した車両を、もう一度日本に輸入した車両の事を、「逆輸入」と呼びます。

例えば、一度輸出してカナダまで運んだバイクを、もう一度太平洋を渡って日本へ輸入するらしい。これが逆輸入カナダ仕様である。

コレで書類上は外車になるから。

これも日本独特の伝統である。

日本のメーカーで日本人が作った日本車なのに、日本人だけは乗っちゃダメよ、と言う不思議な伝統だ。

 

this is what you have to do to make your BMW S1000RR fully powers in japan.

the coding plug need to be install at dealer ship.

then you will see the SLICK MODE and USER MODO on the display.

in order to buy and install the coding plug, i had sign on the agreement paper saying that

“i will never use the FULL POWER in SLICK MODE on the public road” 

“this can only be used on closed race track”

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

愛知県,名古屋市のカーオーディオのプロショップ、ホットワイヤードのオフィシャルブログ!

http://www.hotwired.co.jp/blog/

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

iPhoneを使用した,モーターサイクル用 オーディオ&モニターカスタム Bluetooth

iPhoneを使用した,

モーターサイクル用 の オーディオ&モニターカスタム 

をご紹介します。

iPhone、または、アンドロイド系の携帯電話で,音楽やビデオを再生して,それをBluetooth で飛ばして,バイクに設置したモニターとスピーカーで視聴する,

というシステムをご紹介します。

th_IMG_1945

つまり,

iPhoneの中に,PVや自分で撮影した動画,YOUTUBEや音楽を入れておいて,それらを無線で再生できるシステムです。

ちょっとすごいのは,映像もBLUETOOTHで飛ばしてモニターに映す事ができるので,DVDプレーヤーなどを設置する必要がないのです。

いわゆる,「ミラーリング」という機能を利用します。

なので、iPhoneでナビをしながら、大きなモニターに映す事も可能です。

 

こちらが,BLUETOOTHのユニット。

手のひらサイズの超小型で,iPhoneからの映像/音声をBLUETOOTHで受信して,赤白黄のRCAで出力します。

th_IMG_1815th_IMG_1801th_IMG_1802

 

で,

映像は,モニターに入力します。

今回は,車用の10.2インチのルームミラーモニターを使用しました。

th_IMG_1816

音声は,こちらの超小型ミニアンプに入力して,

th_IMG_1943

 

こちらの,スピーカーで再生します。

th_IMG_1944

 

バイク用ミニアンプは,SDカードの音楽ファイルも単独で再生できます。th_IMG_1942

BLUETOOTHユニットから出力された,音声を3.5ミリのミニジャックで,ミニアンプのAUX(外部入力)端子へ入力します。

th_IMG_1798  

バイクに設置したスピーカーはこんな感じ。

バイクは,CBR1000RR です。

th_IMG_1800   

ミラーの根ものとボルトを利用して,共締めで固定。th_IMG_1805 

小さいスピーカーですので,工夫次第でどこでも取り付け可能です。th_IMG_1807

バイクに取り付けた,10.2インチのルームミラーモニターは,こんな感じ。th_IMG_1791

バイクにモニターを取り付ける為のステーは,HOT WIREDで販売している,GOPRO用マウントと同じものを使用しました。

th_IMG_1941

裏側に強力両面テープで固定。

蝶ネジを緩めると,アームごと外せるし,角度や取り付け位置の調整も自由自在なので,最高のマウントステーです。

 

BLUETOOTHで,音声と映像を飛ばす為の,iPhoneのミラーリングの設定はちょっとめんどくさいですが,慣れれば簡単です。

まず,WI-FIの設定のところで,BLUETOOTHユニットを選択します。

th_IMG_1792 

選択できたら,AIR PLAY を選択します。

th_IMG_1794

その後,ミラーリングをONにします。

th_IMG_1795

これで,バイクに取り付けた10.2インチのルームミラーモニターに,iPhoneの画面がミラーリングされました。

th_IMG_1796 th_IMG_1797   

あとはお好きな音楽やムービーを再生してお楽しみください。

文章では説明が難しいので,動画を撮影しました。

YOUTUBEの HOT WIRED CHANNEL に動画アップしますので,

こちらで見てみてください。

 

 

今回,この、BLUETOOTH を使用した,モーターサイクル用 オーディオ&モニターカスタムに必要な商品をセットにして販売します。

10セット限定。(売り切れ次第終了です)

「モーターサイクル用 オーディオ&モニターカスタム Bluetoothセット」

¥58000ー(税別)

th_IMG_1811

セット内容:

① 10.2インチミラーモニター。

② BLUETOOTHユニット

③ バイク用ミニアンプ+スピーカー

④ 赤白RCAを3.5ミリのミニジャックに変換するケーブル

画像には写っていませんが,上で説明した,小型スピーカーが2個付属します。

(商品の外観などの仕様は変更になる事があります。)

モニターを固定している,ステーは含まれません。

 

ご注文は,こちらまで!

information@hotwired.co.jp

 

今までは,モーターサイクルへのナビやDVDやCDの取付は大変でしたが,このセットを使用すると,簡単に,オーディオ&ビジュアル カスタムが実現できます!

th_IMG_1815  th_IMG_1940 

この10.2インチのルームミラーモニターなのですが,

その名の通り,ルームミラーとして使用するモノなので、表面がミラーになっていて,暗い車の中以外の明るい場所での使用は考量されていない為,写り込みで,

実は,全然映像が見えないんです。(泣)

th_IMG_1999 th_IMG_2000

そこで,

HOT WIREDオリジナルの,透明のアクリルで作り直したパネルを同梱します。(画像のモニターには透明のアクリルが装着されいます。)

 th_IMG_1940

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

**********************************************************

2015 ACG中部 in セントレア の画像/動画

th_IMG_6678
 
2015.6.14
セントレアで開催際された,ACG中部。
 
画像は,
たくさん入れてありますので,見てみてください。
 
動画はこっちです。
 
 
去年、ホットワイヤードからご紹介させていただいたダンサーさん達が大好評だったので,ナイトパーティー(夜の部)もまたやりました。
 
th_GOPR5541
 
 SEXYダンサーをローアングル撮影する為だけにこのイベントに来る種類の人たちが早くも察知して,来ています。(^_^;)

HOT WIREDにダンサーの出演の有無や,出演時間の問い合わせのをしてくる人までいるので,来年はもうヤバいね・・・。

 th_GOPR5533
 
それでもやってみたいダンサーさんは
まで、プロフとアー写送ってください。(^^)
 
th_GOPR5578
 
ぼくは、GOPROと、GOPOLE で,逆にハイアングルから撮影してみました。 (^^)
 
 
 
HOT WIREDから、モーターサイクルクラスにエントリーした,ハヤブサCBR1000RR
EMMA にエントリーした,ニュービートル。
 
th_GOPR5379
 
 
いつもオーディオカスタムでご依頼を頂いております,
SENS様のブースで、ショップデモカーとして展示されていました。(^^)
 
そして,ラグジュアリークラスにエントリーして、いきなりトロフィーをゲットしちゃったみたいです。(^^) 

良かったですね!
ボンネットとバンパーに埋め込んだ、迫力満点のスピーカーは、ROCKFORDの防水スピーカーです!

ショーカー,デモカーの製作もお気軽にHOT WIREDまでご相談ください!
 
th_GOPR5464th_IMG_2730
ドアにはミッドベースを、4連ドアスピーカーと、ピラーに埋め込んだ4連ツイーター。
MERCURY CAR AUDIO の K62 2WAY セパレートスピーカー。
良い音を大きな音で聴く!
 
th_IMG_0796 th_IMG_1069
 
このHUMMER H2 SUT の詳細は,こちら!
 
制作過程の動画は,こちらでご覧頂けます。
 
 
 
くもりだったので,あまり暑くもなく,快適なイベント日和でした。
暗くなったら,意外と寒かったので,フリースとレインジャケットを持っていって正解でした。(^^)
 
同時開催された,サウンドコンテスト。
アメリカ規格のコンテスト,IASCA。
ヨーロッパ規格のコンテスト,EMMA。
 
私は,IASCA のサウンドコンテストで,ジャッジとしてお仕事をさせていただきました。
 
th_IMG_6672
 
 
画像はすべて、GOPRO とiPhone   でテキトーに撮影。
 
 
th_GOPR5473th_GOPR5406th_GOPR5473
 
ホットワイヤード製作車両は,みんなトロフィーもらえて,良かった良かった。(^^)
th_IMG_6678
 
 
 
 
 
 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2015

 

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

**********************************************************

バイクに GOPRO を取り付ける方法③ バイクで動画撮影

人気の,ウェアラブルカメラ。

人気の火付け役は、ご存知,ゴープロ。

 

このブサイクな小型ビデオカメラが大人気な理由は,

1:画質が良い。4Kも撮影可能。

2:小さくて軽くて,完全防水/対衝撃。

3:取り付けマウント,アタッチメントが非常にたくさんの種類があり、色々な場所に取り付けができる。

4:YOUTUBE で,GOPROを使用した、カッコいい動画がたくさんアップされている。

 

YOUTUBE にアップされているクールな動画を見て,自分もやりたいと思った訳ですが,

実際には,

「GOPRO を買えば良い」というほど簡単な事でなく,

「GOPRO をどこにどうやって固定して撮影するのか?」

ってことが実は一番難しかったわけです。

 

バイクにGOPROを付けで動画を撮影するのは定番ですが,GOPROを固定する位置で,撮れる絵が違ってくるので,とても重要です。

前回は,CBR1000RR の後ろの端(シートカウルの最後部)にGOPRO純正のマウントを貼付けてGOPROを固定しました。

th_IMG_1156

撮れた動画はこちら

YouTube Preview Image

 

そして,

「もう少し後ろ,できればもう少し高い位置から撮影したい」

と,思って,今回試したのが,

こちら。

th_IMG_1158

GOPROのマウントと互換性のある仕様。

アルミ製で,肉抜きもしてあり,軽い。

th_IMG_1151

こんな感じで,理想的な位置にGOPROを設置する事ができます。

ゆっくりカーブしているので,画面にアームが入らない設計。

th_IMG_1152

しかし,やっぱりグラグラするので,GOPRO純正のビビリ止めゴム?をはめ込み,少しはマシになりました。

th_IMG_1154

でもやっぱり,カメラがプルプルしちゃってますので,実際にこれで走ると,たぶんブレブレでダメだとおもます。

th_IMG_1155  

やっぱり,重くてゴツいが,がっちり固定できる,RAM MOUNT のアームの方が良い様な気がする。

バイクの場合,重量はあまり問題になりませんので。

th_IMG_1159

この アルミのエクステンションアームは,スノーボードのヘルメットに装着して使います。

こんな感じで。

YouTube Preview Image

 

ついでに見つけたこんなマウントも購入。

こちらはサードパーティーの互換品。

th_IMG_1157

購入した理由は,この黄色いノブ(ボルト)が欲しかったから。

このボルトは普通に使えそうです。

黄色いボルトが欲しかった理由は,

「見つけやすい」から。

GOPRO を使っている人は非常に多いので,フィールドで,自分のGOPRO を識別しやすくする為です。

カメラやマウントにデカデカと名前を書いている理由もそれです。

見た目が同じなので,どれが誰のものかわからなくなるんですよ。

色付きのケースが有ると良いと思うのですが。

 

ベースは使う予定がないのですが,カチカチと回転します。

任意の位置でロックできる機構です。

 

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

https://www.facebook.com/hotwiredjp/photos_stream?tab=photos_albums

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー

https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

 

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

https://www.youtube.com/user/hotwiredweb

**********************************************************

2014 ACG FINAL と 2014 IASCA JAPAN FINAL

2014 ACG FINAL,

2014 IASCA JAPAN FINAL,

2014 EMMA ASIA JAPAN ROUND

 

2014.11.16 富士スピードウェーにて,日本最大のカスタムカーのイベント,2014 ACG FINAL が開催されました。

ACGについての詳しくはこちら! https://www.facebook.com/AudioCarGallery

10372830_744680202283419_5944625883231142115_o

そして,2013年からこのACG の FINAL と同時開催で,カーオーディオの国際的コンテストである,EMMA と IASCA が開催されます。

 

HOT WIRED からのエントリー車両は以下の通り。

ACG

ラグジュアリークラス       HUMMER H2 SUT

モーターサイクルクラス    SUZUKI HAYABUSA GSX1300R

IASCA

プロアマ50          TOYOTA bB

プロアマ80          TOYOTA bB

EMMA

エクスペリエンス(50万円以下クラス)  NISSAN MOCO

マスター(金額無制限クラス)                            BMW 318i

 

th_DSC00917 th_DSC01124th_IMG_3040 th_IMG_3030 th_IMG_3008 th_IMG_2979

 

th_IMG_8993 th_IMG_2970 th_IMG_8853 th_DSC01163 10734144_581780885285175_8020911924867638662_n th_DSC01127

 

EMMA や IASCA のサウンドコンテストに参加するにあたって,今年も、カーオーディオのコンテストのワールドチャンピオンであり,バンコクにある「世界最大のカーオーディオショップ,MIRAGE CAR AUDIO」 の社長である,Mr.PONG氏が、HOT WIREDMERCURY CAR AUDIO 取扱店のサポートの為に来日してくれました。

そして今年も,有志のMERCURY取扱店とMERCURYユーザーのお客様に集まって頂き,特別なカーオーディオのサウンドセッティングセミナーをやりました。

2泊3日の弾丸トラベラーだったので、ほんの少数のエントリー車両を特別にセッティングをしたわけですが,今後は,もっとたくさんのMERCURY CAR AUDIO 搭載車両をサポートしていきたいと、ポンさんたちと計画を立てています。

th_CIMG0593th_IMG_4431 th_IMG_4472

セントレアに着いてそのままHOT WIREDへ直行,そのままエントリー車両のサウンドセッティングや、改良点のアドバイスを頂き,夜を徹しての音調整がつづき,コンテスト当時を迎えました・・・。

細かい事を教えてもらいながら,セッティングした事と,三菱のサウンドナビが日本語表記しかできないので,余計に時間がかかりました。

th_CIMG0602th_CIMG0530

同じ調整用機器でも,日本で一般に知られている使い方とは,まったく違うシークレットな使い方をします。

th_CIMG0528

th_CIMG0591

15年前に,アメリカ人のワールドチャンピオン達に教えてもらったテクニックも驚きの連続でしたが,今はもう時代が変わってしまって,その頃のテクニックはまったく役に立たたない事をあらためて実感します・・・。

th_CIMG0580 th_CIMG0600 th_CIMG0577  th_CIMG0587  

カーオーディオの音調整を本気でやろうと思うと、地味で大変時間のかかる作業になるですが,日本では入手不可能なシークレットなテクニックや機材,ノウハウを伝授してもらい,かなりのスキルアップにつながります。

参加頂いたユーザーのみなさまは,その音質のグレードアップに驚愕していました。

今回調整したクルマは,三菱の DIATONE の SOUND NAVI を使用した車両が多く,サウンドナビは日本でしか販売されていない上、日本語表記しかできので,ちょっとやりにくかったですが,さすがワールドチャンピオン,すぐに使いこなしてしまったのもスゴい・・・。

今後は,ワールドクラスの「サウンドセッティングセミナー」という形で,MERCUYユーザーや販売店,インストーラーの有志で,世界のトップのインストーラーやサウンドチューナーをお招きして,技術や知識の共有をしていく機会を(こっそりと)増やしていきたいと計画しています。

MERCURY CAR AUDIO ユーザー以外の方や,HOT WIREDのお客様以外の一般のカーオーディオユーザーにも参加して頂けるセミナーや,海外のモーターショーやコンテストの視察ツアーなども計画していますので,興味のある方はホットワイヤードまでお問い合わせください。

 

 

そして,コンテストの結果!

2014 ACG FINAL  モーターサイクルクラス 優勝!1794820_581788408617756_7199834071435992362_n

一位の車両は,ロールインで表彰なのですが,待ち時間が長過ぎてオーバーヒートしそうな、隼・・・。

th_CIMG061664771_581795078617089_8838788220931118207_n

モーターサイクルクラス入賞のみなさま。(^^)10615559_581788748617722_4229826576484803453_n

こちらのヤバいCBR のオーナーは女性です。10262065_581778258618771_2603269512652356489_n10750025_581791225284141_4171132749163373026_o

 

2014 IASCA JAPAN FINAL プロアマ50クラス 2位!

th_DSC01287th_IMG_3008

 

2014 IASCA JAPNA FINAL プロアマ80クラス 2位!
(1位と1ポイント差で2位・・・)

th_DSC01288th_DSC00917

 

ホットワイヤードからのコンテストのエントリー車両、4台中3台がトロフィーを頂く事ができました。

ご協力頂きましたみなさま,ありがとうございました。

そして,2015年度のイベントもよろしくお願いいたします。th_DSC01291 th_DSC0129710670057_581779595285304_6630788316045797476_n 10734144_581780885285175_8020911924867638662_n 10155183_581781851951745_4002728263762411549_nth_DSC01007 th_IMG_3077 th_IMG_3086th_IMG_3072

 

即席で動画を作ってみました。

http://youtu.be/idKW4Gt-PQs

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー
https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************