ホンダ CH-V 純正ナビのままで音質向上 2WAYセパレートスピーカー+DSP内蔵パワーアンプ+パワードウーハー+デッドニング

純正カーオーディオの音質向上の方法で、良くお問い合わせをいただく内容ですので、少し詳しく説明いたします。

良くご質問いただくのは、「カーオーディオの音質向上/音の明瞭化のために、以下の2つの選択肢のどちらが良いですか?」 という内容のものです。

純正スピーカーのままで、三菱サウンドナビ プレミなどの高性能ナビヘッドやDSP等をつける。

純正ナビのままで、スピーカー交換、サブウーハーやパワーアンプ等の追加をする。

もちろん全部できればベストなのですが、費用や時間の都合で、段階を踏んでステップアップして行くケースが多いと思います。

ズバリ、純正ナビのまま、スピーカー交換 をお勧めします。

カーオーディオの音質には、スピーカーの性能が決定的なのです。

特にフロントスピーカーが重要です。

 

 

と、言う訳で、今回はカーオーディオ上級ユーザー様のセカンドカーの、

ホンダCH-Vの音質向上/スピーカー交換の方法の施工例をご紹介します。

純正ナビやちょっと古いカーナビをそのまま使って、音質向上を実現するベストな方法をご紹介します。

今回のキーポイントは、こちらのDSP内蔵小型パワーアンプ、AUDISON Prima 4.9bit を使用するところ。(^^)

B5サイズの超小型パワーアンプですが、パソコンを接続して、専用ソフトで音調整するタイプの、本格的なDSPを内蔵しています。

この一台で、フロント2WAYスピーカーとパワードウーハーの3WAYシステムが構築できます。

フロントスピーカーには、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカー+MCR-805 8インチアンプ内蔵サブウーハーをチョイス。

th_CIMG2114

AUDISON PRIMAのアンプの小ささをMACのマウスと並べて比較してみました。

th_CIMG2124

 

クルマの普段使いのスペースを犠牲にしたくないので、アンプもウーハーもシート下にスッキリと取り付け。

アンプ内蔵ウーハーは、MERCURY CAR AUDIO のMCR-805。

8インチのスクエアウーハーが、小さい筐体からは想像できない重低音を鳴らします。

パワードウーハーの MCR805 が、CH-Vのシート下にギリギリというかピッタリにハマって、まるで専用品のような納まりでした。(^^)

th_CIMG2142th_CIMG2277th_CIMG2288th_CIMG2299

 

 

カーオーディオの音質向上には、スピーカー交換が必須です。

MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを取り付けます。

ドアスピーカーはインナーバッフルで取り付け、ツイーターはピラーに埋込。

インナーバッフルを製作して、位置や高さをベストな位置にセットアップされたドアスピーカーが、純正グリルの真裏で透けて見えています。(^^)

th_CIMG2179th_IMG_5072

 

ドアのデッドニングは、重要なサウンドチューニングですので、STPのデッドニング材をステーの裏側など、細かいところまで丁寧に貼り込みます。

細かく切ったデッドニング材を貼る法がはるかに簡単なのですが、出来るだけ一枚貼りで強度を落とさない地味な努力が音質に影響してきます。

サービスホールを埋めるのはもちろんですが、ドアの鉄板部分に全面に貼り込み、金属ローラーで強力に圧着する必要があります。

th_CIMG2149th_CIMG2151th_CIMG2155 th_CIMG2159

th_CIMG2152 th_CIMG2154

 

 

ツイーターは、Aピラーに埋込、整形後、レザーを貼って仕上げます。

手作りのワンオフなので、大変手間がかかりますが、ツイーターをできるだけ遠く、左右は広く、最適な位置と角度で取り付けることは、音質向上には最も重要な要素なのです。

th_CIMG2162 th_CIMG2163

th_CIMG2164

 


 

デジタルプロセッサー内蔵のアンプは、つけて音が出ただけでは、良い音にはなりません。

正しくサウンドセッテッイングをするためには、各種測定機器と調整機器を使いこなして音設定をする必要があります。

人間の耳で聞いて、だいたい合わせる程度では、DSPの性能を発揮することはできないのです。

th_CIMG2186

 

AUDISON prima のソフトウェアをインストール。本体のファームウェアもアップデートする必要があります。

調整用のソフトウェアは、イタリアAUDISONのホームページからダウンロードできます。

th_CIMG2192

イコライザーの調整には、RTAが必要になります。

th_CIMG2247 th_CIMG2256

 

特に、AUDISON PRIMA、HELIX DSP、JL AUDIO、MOSCONI、FOCAL、RAINBOWなどの海外ブランドのDSPデジタルプロセッサーは、大変に多機能で、パソコンと専用のソフトウェアを使用した高度なサウンドセッテッイングを必要とし、人間の耳で聞いただけでは正しく調整できることはありません。

アンプのゲイン調整、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーなどを正しくサウンドチューニングして、はじめて音質向上が実現するのです。

th_CIMG2245th_CIMG2190

 

 

 

他店で取付のカーオーディオ、デジタルプロセッサー/DSPのサウンドセッテッイングのみのご依頼もたくさんの実績があり、お客様に好評をいただいております。(^^)

サウンドセッテッイング/音調整のご予約は、メールにて!

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

スバル純正KENWOODナビのプロセッサーのサウンドセッティング/音調整

ナビの内蔵DSPの音調整でご予約いただきました、レボーグです。

スバル純正KENWOOD カーナビのプロセッサーのサウンドセッティング/音調整の方法。

 

th_CIMG1170

スバル純正のケンウッドのナビに、FOCAL の FLAX PS 165F のスピーカーが取付済み。

シート下にパワードウーハーという構成。

 

th_CIMG1175

ちょっと気になったので、各スピーカーの位相を測定してみました。

ツイーターの位相が逆相になっていました。(>_<)

位相を耳で判断するのは大変困難なので、ホットワイヤードでスピーカーを取り付ける際は、必ず位相チェッカーを使用して判断します。

th_CIMG1174

th_CIMG1179

FOCALのツイーターの配線の+/-が逆に配線されていたので、正しく直しました。

実に多くのユーザーが、スピーカーの配線の+/-の配線が逆のまま(逆相のまま)気づかずに、こんなもんだと思って聴いていますので、是非一度スピーカーの位相を確認してみてください。

(スピーカー線を+/-逆につないでも音は出ます(音質は悪いですが)ので、気づかないのです。)

+/-の表示や配線の色はあてにしないで、必ずスピーカーからの出音の位相を測定して判断する必要があります。

th_CIMG1180 th_CIMG1181

 

 

スバル純正KENWOODのナビは、多機能な内蔵プロセッサー/DSPを搭載していますので、かなり高度なサウンドセッティングが可能です。

AUDISON の BIT ONE HD や、HELIX DSP ほどの機能はありませんが、

純正ナビでも、内蔵プロセッサーを正しくサウンドセッティングをする事で、すばらしい音質を実現できるのです。

スバル純正ナビは、クロスオーバー/タイムアライメント/イコライザーの調整がとても重要なのです。

タイムアライメントを正しくセッティングすることで、ボーカルがセンターに定位するようになります。

th_CIMG1192

イコライザーを正しくセッティングする事で、車内の周波数特性を正しく整えます。

結果、滑らかでキレイな音質になるのです。

th_CIMG1188

運転席にRTAのマイクをたてて、リアルタイムに周波数特性を測定しながら、最適なイコライジングを探して行きます。

th_CIMG1195 th_CIMG1197

がんばってここまで音調整できました。(^^)

ディップやピークのない、滑らかな周波数特性にサウンドチューニングできました。

th_CIMG1198

 

KENWOODカーナビ/プロセッサーの音調整/サウンドセッティング一式:35000円(税別)

作業時間:2時間くらい

ご予約は、お電話またはメールにて承っております。

052-355-9669/information@hotwired.co.jp

 

KENWOOD、サイバーナビ、サウンドナビ、ALPINE などのカーナビ内蔵DSP/プロセッサーのサウンドセッティングは、ホットワイヤードにお問い合わせください。

他店にてお取り付けのカーオーディオのサウンドセッティングも大歓迎です。

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

ベンツ G550 AMG フロントスピーカー交換/パワーアンプ/サブウーハー

ベンツ G550 AMG のカーオーディオのアップグレードのご紹介です。

th_IMG_4574

音質を決定づけるフロントスピーカーの交換。

G550におすすめは、MERCURY CAR AUDIO の2WAYセパレートスピーカー、R62 です。

th_IMG_6067

 

ドアスピーカーも、ツイーターも、純正位置にピッタリに取り付けが可能。
th_IMG_4560th_CIMG9723th_IMG_4544

今回チョイスしたパワーアンプは、AUDISON PRIMA AP8.9 と、サブウーハーは、AUDISON APS10D。

将来リアスピーカーをアップグレードした場合にも対応できる、8CH.パワーアンプです。

最近のヨーロッパ車の多くのアプリケーションに対応できる、超小型のパワーアンプで、本格的なDSPも内蔵しているのだ。

th_CIMG9733th_CIMG9669

G550は、カーゴエリアにちょうどいいスペースがありますので、まるで純正品のようにスマートにパワーアンプを取付できました。th_CIMG9789th_CIMG9803th_CIMG9806

サブウーハーボックスは、HOT WIREDオリジナルで制作した頑丈なウーハーボックスです。(^^)

th_CIMG9672th_IMG_4536

 

音調整は、AUDISON AP8.9 に内蔵のDSPで行います。

ファームウェアのアップグレードなどの儀式をすませて、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーの調整をしていきます。

th_CIMG9795th_CIMG9799

 

RTAでイコライザーのサウンドチューニング中。th_CIMG9867

スッキリとトランクに設置したウーハーボックスは、脱着可能ですので、取り外しておろすこともできます。

th_IMG_4540

 

 

 

 

IASCA 用のサウンドセッティング/音調整のご依頼 IASCA JAPAN FINAL 2017/ACG FINIL 2017

IASCA のコンテストに参加する為の車両のサウンドセッティング/音調整/サウンドチューニングのご依頼です。

アイアスカとは、アメリカに本部を置く、国際規格のハイエンドカーオーディオのコンテストです。

th_CIMG6497th_CIMG6498

10/22 富士スピードウェー にて開催予定の、IASAC FINAL へ参加されるオーナー様は、前のクルマでは IASCAの地方選はほとんど全部エントリーしたと言う、カーオーディオ上級ユーザーのオーディオカーです。

IASCA/EMMA/ACG FINAL 2017

EMMA,IASCA,ACGの各クラスへのエントリーはこちらから!

HOT WIREDのデモカーのBMWは、EMMA JAPAN の金額無制限マスタークラスで3年連続優勝を果たしました。(^^)

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7157

 

他店にて取付/施工のカーオーディオの、サウンドセッティング、プロセッサーの音設定のみ出のご依頼ですが、大歓迎です。

三菱サウンドナビプレミのサウンドセッティング一式:35000円(税別)

 

 

開けてビックリの、超ど級の高級オーディオがカスタムでインストール済です。

th_CIMG6651

 

トランク一杯に、MOSCONI のパワーアンプが2台。

th_CIMG6637

ドアには、モレルのミッドウーハーがアウターバッフルで取り付け。

 

スピーカーは、MOREL の3WAYセパレートスピーカーです。

th_CIMG6640

ピラーには、モレルのミッドレンジとツイーターが埋め込みで加工取付け。

 

th_CIMG6639

 

実は以前に、サウンドナビの音調整のご依頼でご来店頂き、プロセッサーの調整をやらせていただいたお客様です。

ナビ音調整でとても音が良くなった事を実感していただき、再度サウンドチューニングのご依頼を頂きました。

今回は、コンテスト(IASCA)に特化したセッティングも作って欲しいとのご依頼です。

前回ご来店時のサウンドセッティング時に、音の歪み感、ミッドレンジの出力不足など、アンプのゲイン調整の必要性を認識していましたので、今回は、アンプのゲイン調整、スピーカーの位相設定、ヘッドユニットのゲイン調整も実施する事を提案させていただきました。

 

th_CIMG6642

サウンドナビにはめずらしく、ボリューム27で歪みはじめました。

しかし、最大出力が1.8Vありましたので、まったく問題ありません。

実はボリュームの数字の表示はあくまで目安で、正確にはあてにならなくて、

日本製のナビヘッドでさえ、この様な個体もありますので、めんどくさいですが、実機を測定しての正確なサウンドチューニングをオススメします。

27がMAXのヘッドユニットである事を知った上で調整/使用する事ができる様になりました。

 

MOSCONI のパワーアンプの正しいゲイン調整の方法。

th_CIMG6646

オーナー様もアンプのゲイン調整作業を手伝っていただきましたので、オシロスコープの波形や最大出力電圧の測定なども見ていただけたの、興味のある方には面白いと思います。(^^)

 

信号が歪みまくりのアンプのゲインの状態:

th_IMG_3035

 

音楽信号に歪み成分がない、キレイな波形。

歪む直前の最大出力に設定するのがコツです。

th_IMG_3036

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

 

次に各スピーカーの位相を測定しました。

「スピーカーの配線の接続、位相は確認済」とのお話で、前回の調整では位相の測定はやりませんでしたが、

今回実際に測定してみたところ、ツイーター以外のすべてのスピーカーが逆相に接続されていました。

th_CIMG6673

スピーカーの位相の判断は、耳では困難ですので、このような位相チェッカーという測定器で測ります。

th_IMG_0359

カーオーディオの配線には、ケーブル、アンプ、ネットワーク、スピーカーなど、たくさんの機器に+/-の接続がありますので、どこかで間違えれば、全部逆相になってしまいます。

実は機械に記載の+/-の表示自体が間違っている事もめずらしくないのです。

(ちなみにスピーカーの+/-は逆に配線しても壊れる事はなく、スピーカーが前後逆に動く様になります。変な音になるけど、一応音は出ますので、気づかないでずっと逆相の音を聞いている人が意外とたくさんいるのです。「なんか変かな?」と思ったらまず最初にスピーカーの位相を確認してください。)

なので、表示をあてにしないで、かならず最終的なスピーカーからの出音を測定して、判断する必要があります。

スピーカーの位相の測定一式:10000円(税別)

 

 

 

 

さて、取付と配線を正しくやり直して、アンプのゲイン調整を完了したところで、一度試聴していただきました。

この時点で既に、思っていた以上の違いを体感していただけましたので、良かったです。(^^)

 

 

アンプのゲイン等の基本的なセッティングが完了して、ここからやっとDSP/プロセッサーの調整に入ります。

今回は4日間お預かりしました。

th_CIMG6641

またまた、話がそれちゃいますが、カーオーディオのサウンドセッティングは、

「エンジンを止めた状態でやるのが基本」です。

 エアコンもオフです。

 

ホットワイヤードでは、クルマごと空調の効いたガレージに入れて、大型のCTEKをつないで、SUPPLY MODE で、十分な電源供給をしながら音調整をします。

※コンテストに向けた音調整では何時間もオーディオの電源を入れたままの状態になりますので、電源の供給は非常に重要なのです。

th_CIMG6653

th_CIMG6652

 

そして、こちらがサウンドナビプレミのプロセッサーのサウンドセッティングのご紹介です。

th_CIMG6674

コンテストでハイスコアを取る為には、タイムアライメント調整が非常にシピアになります。

ボーカルはダッシュボード奥のセンターにピンポイントで定位して欲しいのです。

なおかつ左右の広がりはクルマの幅を超えるほど広大なサウンドステージを目指します。

またその中間も正しく再現されていなくてはなりません。

上級ユーザーのお客様は、問題点も既に認識されていますし、良くなった点も細かく評価していただけます。

th_CIMG6675

こちらはX/O、クロスオーバーの調整画面。

th_CIMG6676

 

なんと言っても特に重要なのは、こちらの、グラフィックイコライザーの調整です。

サウンドナビは、左右独立の31バンドのグラフィックイコライザーを搭載しています。

 

31バンド イコライザー調整画面:

th_CIMG6677

イコライザー調整は、運転席にマイクを立てて、RTAで測定します。
th_CIMG6661  

こんな感じで、調整/設定できました。

(IASCAなどの国際規格のコンテストでは、重低音もしっかり出ていないとダメです。)

th_IMG_4845

IASCAのコンテストでは、SQ,RTA,SPL と3種類の周波数特性を作ります。

SQとは、音質審査用の事で、この設定は普段聞く為にも最適の設定となります。

 RTA審査とは、サウンドシステムの調整能力を測る為、できるだけフラットな周波数特性を実現できるシステムがハイスコアを獲得します。


th_IMG_4844

SPL審査は、音量の大きいシステムがハイスコアなのですが、コレは単にバカでかい音、という意味ではなくて、良いサウンドシステムは「良い音を大きな音で再生できる」能力がある事も重要なのです。

th_CIMG6524th_CIMG6495

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

 

サウンドナビ プロセッサーのサウンドセッティング方法 MOREL 3WAY+MOSCONIアンプ

デジタルプロセッサーのサウンドセッティング/音調整のご依頼です。

三菱ダイアトーン サウンドナビ プレミ200/SOUNDNAVI PREMI 200

他店にて制作のオーディオカーの音調整のみのご依頼です。

他店にて購入/取付のカーオーディオのせウンドセッティングのみのご依頼が非常に多いのです。、DIYユーザーも大歓迎です。

 

ダイアトーン サウンドナビの音調整一式:35000円(税別)

ご予約、お問い合わせは、メールにて。

th_CIMG6498

th_CIMG6497

スピーカーは、フロントにMOREL 3WAY + MOSCONIのパワーアンプ×2台 + 10インチのウーハー

のかなりの本格的な4WAYマルチシステム。

th_CIMG6519

  

サウンドナビ プレミ200

は、フロント3WAYスピーカー+サブウーハーまで制御する事ができます。

 

 

モレルのミッドレンジとツイーターは、Aピラーの埋め込まれています。

 

 

 

 サウンドナビの調整用に制作した、特製の伸びるタッチペン。(笑)

コレがあれば、頭の位置を動かす事なく、調整のボタンが押せるわけです。(地味)

th_CIMG6506

 

th_CIMG6507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イコライザーはまったく調整されていないようで、何も設定されていませんでしたので、調整後の体感も大きいと思います。

th_CIMG6508

 

 

 

 

 

RTAのマイクを運転席に設置して、周波数特性を測定します。th_CIMG6512th_CIMG6511 

31バンドのグラフィックイコライザーを調整していきます。th_CIMG6514

 

ミッドレンジとツイーターのゲインがあっていないようです。

んー、アンプのゲイン調整もした方がいいですね。

サウンドナビは、各スピーカー出力のゲインも調整できるので、大変便利です。

クロスオーバーの方も組み合わせての調整を行ないました。

3WAYスピーカーの音調整はたいへん難しいのですが、なんとかこんな感じで調整できました。

おおよそ理想的な周波数特性に仕上がっていることグラフを見てわかります。

(実はココから聴感での調整も入れます。)

th_CIMG6515

 

音調整前は、センターイメージの定位がフォーカースしていないのが、特に不満だったとのオーナー様のお話でしたが、

左右、中央はもちろん、ダッシュボード上に展開するサウンドステージの位置関係が正しく整って、奥行きの位置関係も再現できる様になりました。

ダッシュボードが多くて、奥行きが深いクルマですので、サウンドステージの奥行きが再現しやすいと思います。

センターのボーカルの定位も、ダッシュボードの中央の奥にフォーカスしています。

右と左も、低音から高音まですべてがダッシュボード上に揃ってきました。

 

th_CIMG6521 

 

 

 

 

 

DSPのサウンドセッティング完成です。

オーナー様に試聴していただきました。

『明らかに良くなった」、「耳障りな音だったのが、整ってイヤな感じがなくなった」

ありがとうございました。(^^)

 

来月には、トランクに搭載の、モスコニのパワーアンプのゲイン調整をする事になりました。(^^)

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************