OAKLEY STRAIGHT LINKを度付きメガネにする方法/オークリーの度付きサングラス

OAKLEY STRAIGHT LINK を度付きメガネとして制作しました。

OAKLEY の STRAIGHT LINK を度付きメガネとして選択した理由は、バイクに乗るときに大変具合が良いからです。

顔を覆う形のカーブの強いレンズとフレームが、顔のラインににフィットして、視野全体をカバーするので、前傾で上目遣いでもレンズから視界が外れない、大きく目を保護することと、風の巻き込みが少なくてシールと開けたままでも目が乾かない、太いフレームも意外と視界を遮ること無く、薄いストレートテンプルがヘルメットにもスパッと刺さって装着がやり良い。

※まぁでも、太いフレームは視野に入りますし、慣れるまではデメリットもあります。

オークリーのプラスチック製のフレームは、一見弱そうですが、意外と強くて、バイクから落としたりしても折れたこと無いし、金属製のフレームより強い気がします。

th_IMG_4841

th_IMG_4854th_IMG_4856th_IMG_4864

 

ただし、OAKLEYのサングラスを度付きメガネ化する手順は大変面倒で、オークリーの度付きレンズ制作が得意な専門店でお願いして、制作には1が月以上かかりました。

今回は、オークリーのカスタムオーダーで、クリアーのフレームを取り寄せましたので、さらにややこしいことになってしまいました。

まず、クリアーのフレームを買うためには、OAKLEYにカスタムでオーダーする必要があります。

カスタムでフレームカラーやOマークの色、イヤーピースのゴムの色などを選択してカスタムオーダーするのですが、度なしのサングラスとして購入する必要があるので、必要の無いカラーレンズの色までをわざわざ指定してサングラスの状態で購入する必要があります。

そして、さらに融通が利かない事に、

カスタムでオーダーするフレームの場合は、オークリー純正の度付きレンズで制作ができないとの事で、割高な社外製レンズを制作する必要があります。

フレームが届くのを待って、そのサングラスからカラーレンズを外して、フレームに合わせてクリアの度付きレンズをオーダーメイドします。

今回はKODAKのレンズで制作しました。

これでやっとOAKLEYの度付きのメガネが完成しました。

今回は、調光レンズにしてみました。

これでサングラスと透明レンズの普通のメガネの両方を持ち歩かなくても済むと便利かなー

これに遠近両用を追加すると全てを一本のメガネでカバーできるかも・・・(;^_^

 

th_IMG_4865th_IMG_4867

th_IMG_4868

余ってしまって使い道の無いオークリー純正のサングラスのレンズ。

 

2018年に、OAKLEY名古屋がでるとのことで、直営店なので期待して行ってみましたが、アパレルやグッズの販売のみで、度付きサングラス、オークリーメガネの制作など技術的なことが伴う商品は全くできないそうで、私には無意味でした。(T-T)

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

サイバーナビを劇的に音質向上する裏技 アンプのゲイン調整/ナビヘッドの最大出力の設定 AVIC-CZ901

サイバーナビを劇的に音質向上する裏技をご紹介します。

アンプのゲイン調整は、カーオーディオの音質を決定づける重要なサウンドセッティングです。

アンプのゲイン調整をするためには、その前にヘッドユニットの最大出力を設定する必要があります。

めんどくさい地味な作業ですが、カーオーディオの音質には最も重要な音調整なのです。

 

サイバーナビは、FRONT/REAR/SUBのライン出力を装備しています。

内蔵プロセッサーのクロスオーバーを使用して、3WAYマルチシステムの構築が可能です。

サイバーナビは、フルボリュームの40でも出力信号がクリップしない優秀なCDプレーヤーですが、普通に使うと最大出力が、1.6Vしかありません。

th_CIMG0630 th_CIMG0631

 

サイバーナビのライン出力を、2.1Vにする方法の紹介です。

オシロスコープで、音楽信号が歪まないぎりぎりのセッティングをしましたので、今回はソースレベルアジャスターを+4にして、クリップ直前の最大ボリュームを35に設定しました。

これでサイバーナビの最大出力は、2.1Vに増幅され、全くひずみのないクリーンな音楽信号を出力できるようになりました。

th_CIMG0633 th_CIMG0635 th_CIMG0638 th_CIMG0640 th_CIMG0636

 

  

ナビヘッドの最大出力を設定することで、「フルボリュームでガンガンに再生しても、音の歪みが全くない、大音量かつ静かなカーオーディオ」を作るための一番最初のサウンドセッティングが完了しました。(^^)

この次に、パワーアンプのゲイン調整をします。

そして最後に内蔵プロセッサー(DSP)の音調整ができるのです。

ナビヘッドとパワーアンプのゲイン調整を「聴感でおおよそ」でやっていると、その先でいくらがんばっても帳尻が合わなくて、完全なサウンドセッティングは絶対に不可能なのです。

 

 

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

長袖さらさらインナー/さらさらTシャツ ヒートテック/エアリズム、速乾、ドライ、消臭、ワークマン

冬にはヒートテックのような、保温のハイテクインナーが大好きです。

ここ数年は、暑い夏にも長袖のさらさらインナーを着るようになりました。

COOL MAX、クールマックス

 

 

* 暑い昼間に半袖Tシャツ一枚で出かけてしまうと、夜になると寒い。

* 昼間あつくても、アウトドア、バイクのときは、長袖の方が日焼け、虫さされ、ケガ防止のために良い。

* 仕事中も長袖の方が、腕の汚れやケガ防止に良い。

* Tシャツでは、エアコンが効いた室内に入ると寒くて耐えられない。

* 旅行やキャンプ時に洗濯して、すぐ乾く。

* 水を吸わないので、汗でべたべたにならない。

 

そんな感じで、通年できるだけ快適な長袖のドライインナーを探しているのですが、

基本的には、ポリエステル100%が多いようです。

コットン(綿)は水を吸って乾かないのでダメなのです。

ウールはあったかいけど、ちくちくして肌触りが悪くてインナーには向いてないです。

ポリエステルとコットンの混合も街着には良いです。

ポリプロピレンとか、ザラザラして肌触りが悪い。

ポリエステルでも、編み方によって、ざらざらした目の大きい編み方と柔らかくふんわりした編み方があるようですし、着心地はいろいろ。

一度有名ブランド、コロンビアの夏用ドライインナーを買ったが、あつくてベタベタして気持ち悪くて着ていられなかった。(T-T)

最初は高級な登山系のブランドから多く購入していましたが、今はバイク用品も結構いいやつがあります。

最近では、ワークマンにも探せば、安くてよいものがあります。

真夏の猛暑/酷暑用の超薄型ドライインナー、冬用のあったか超厚手インナー、とは別に、ちょうど今くらいの、春秋用のちょうどいい感じのドライインナーがあったので、もう一枚欲しくなったのですが、多分去年買ったものなので、どこで買ったかわからない。(T-T)

いろいろなインナーをあちこちで買っているので、どこで買ったかわからなくなってしまいました。

特に、ホームセンターやワークマン系で購入したさらさらインナーは、ブランド名もロゴも無いので、同じものを見つけるのが意外と難しいのです。

th_IMG_8535th_IMG_8536 

タグについていた、日本ニット工業組合というところに電話してみました。

製造元が特定でき、電話番号を教えてもらいました。

平松工業株式会社という、滋賀県の会社で、問い合わせたところ、在庫があるので、近くのワークマンから注文してもらえば、購入可能とのことでしたので、早速近所のワークマンへFAXで発注。(^^)

 th_IMG_8527

 

苦労して見つけた、春秋用のお気に入りのドライ長袖インナーを紹介します。

ワークマンでのみ買える、980円のさらさらインナーです。

製造元は、松原工業株式会社という滋賀県の会社で、商品名は無いようで、型番んで注文しました。NO.8657

色は、
黒、チャコール、紺、ブルー

th_IMG_8533

本来春秋用なので、ふわっとして柔らかくて、少し暖かめなのがGOODなのです。

春から真夏までのちょうど今の季節にちょうどいいんです。

逆に30℃を超える暑い夏には暑すぎるし、真冬には物足りないです。

とにかく柔らかくて軽くて肌触りが良い。

ポリエステル独特のザラザラ感もペタッした張り付く感じが無い。

洗ってもすぐ乾く。

ハイネックでバイクの日焼け対策にもちょうど良い。

コンプレッションではなく、体を締め付けないゆったりした着心地が良いのだ。

来年の分までまとめ買い。(^^)

 

th_IMG_8537 th_IMG_8532

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

度付きのOAKLEYの制作方法。オークリーのサングラスに度付きレンズを入れて、普通のメガネ/セーフティーグラスとして使用する。

OAKLEY のサングラスは、度付きにすることができます。

全モデルではありません。

th_IMG_4806th_IMG_4809

スプリットジャケットは、カーブのきつい形状のフレームのサングラスですので、普通のメガネ屋さんではたいてい受け付けてもらえません。

度付きオークリーの制作が得意なお店を探す必要があります。

私は、近視はほんの少しですが、乱視があり、また老眼も進行していることから、遠中近すべてがよく見なくて、仕事でハンダ付けなどの超細かい作業もするし、バイクで超高速走行をするまで、そのすべてを一本でカバーするメガネの制作が不可能であること、また、視力の測定やメガネの制作には、細かいノウハウがあるようで、同じような度数のメガネを作っても、よく見えなくて困ることが発生するデリケートな私のようなめんどくさい客は、特にメガネ屋さん探しが大変なのです。

私は、OAKLEYをサングラスとしてではなく、透明のレンズを入れて普通のメガネとして使用するためにオークリーのサングラスを購入したので、さらにややこしいことになってしまいました。

OAKLEY の SPLIT JACKET というモデルは、フレームがパカッと開いて、簡単にレンズ交換ができるところが気に入って、長年使ってきました。

バイクに乗る自分としては、明るい日中は眩しいのでサングラスが欲しいですが、日が暮れて暗くなると、サングラスではよく見えなくなってしまい、大変困るので、クリアーのレンズの眼鏡も必要なのです。

SHOEI のヘルメット、X-FOURTEEN で、OAKLEY SPLIT JACKET を使用したインプレはこちら。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=8052

特に旅行に出かける際なども、サングラスと普通の透明の眼鏡と2本持ち歩くかわりに、レンズだけ持っていていつでも簡単に交換できるのが大変便利な訳です。

 th_IMG_4804 th_IMG_4805

このノーズピースを外すと、フレームが開いて、レンズが簡単に脱着できる。


th_IMG_4807

しかし、オークリーのサングラスを度付きメガネにするのは、大変な手間とお金がかかります。

オークリーのサングラスを度付きにする手順:

まずこのSPLIT JACKETは、普通にサングラスして店頭にあったものですが、ルートビアという茶色のフレームの色が気に入ったので、購入した訳ですが、まず一度サングラスとして購入し、それに透明の度付きレンズをカスタムオーダーして制作してもらう必要があります。

つまり、元のサングラスについていた色付きのレンズと付属の交換用の別の色のレンズの2セットのオークリーの純正レンズは無駄になる訳です。

その上で、サングラス用に度付きのカラーレンズも制作する必要があります。

ちなみに、このスプリットジャケットの場合は、カラーのレンズはオークリー純正で制作できましたが、クリアーのレンズはオークリーが作れないとのことで、HOYAのレンズでカスタムメイドしてもらう必要があり、さらに高額なレンズになってしました。

で、結局10万円以上かかりました。

 

 

そのお気に入りの、オークリーのスプリットジャケットですが、レンズの度が合わなくなってきたので、3セット目のレンズを作りました。

今回レンズを作るにあたって、OAKLEYの使用目的は、仕事用の室内専用メガネにすることにしました。

仕事用のセーフティーグラス&パソコン用メガネとすることにしました。

なので、近視の矯正は0で、乱視の矯正のみ+ブルーライトカット加工で制作しました。

室内で仕事用に使用するので、遠くを見る機能は犠牲にして、近距離を楽に見える仕様にしたのです。

SPLIT JACKET は、カーブの強い形状のフレームなので、顔のラインに沿ってフィットしやすくセーフティーグラスとしては最適なのです。

アジアンフィットという大きめのノーズピースもついているのですが、USフィットのノーズピースの方が、顔にくっついて、セーフティーグラスとしては都合が良いです。

今回の度付き透明レンズは、HOYAのレンズです。

 

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ベンツ G550 AMG フロントスピーカー交換/パワーアンプ/サブウーハー

ベンツ G550 AMG のカーオーディオのアップグレードのご紹介です。

th_IMG_4574

音質を決定づけるフロントスピーカーの交換。

G550におすすめは、MERCURY CAR AUDIO の2WAYセパレートスピーカー、R62 です。

th_IMG_6067

 

ドアスピーカーも、ツイーターも、純正位置にピッタリに取り付けが可能。
th_IMG_4560th_CIMG9723th_IMG_4544

今回チョイスしたパワーアンプは、AUDISON PRIMA AP8.9 と、サブウーハーは、AUDISON APS10D。

将来リアスピーカーをアップグレードした場合にも対応できる、8CH.パワーアンプです。

最近のヨーロッパ車の多くのアプリケーションに対応できる、超小型のパワーアンプで、本格的なDSPも内蔵しているのだ。

th_CIMG9733th_CIMG9669

G550は、カーゴエリアにちょうどいいスペースがありますので、まるで純正品のようにスマートにパワーアンプを取付できました。th_CIMG9789th_CIMG9803th_CIMG9806

サブウーハーボックスは、HOT WIREDオリジナルで制作した頑丈なウーハーボックスです。(^^)

th_CIMG9672th_IMG_4536

 

音調整は、AUDISON AP8.9 に内蔵のDSPで行います。

ファームウェアのアップグレードなどの儀式をすませて、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーの調整をしていきます。

th_CIMG9795th_CIMG9799

 

RTAでイコライザーのサウンドチューニング中。th_CIMG9867

スッキリとトランクに設置したウーハーボックスは、脱着可能ですので、取り外しておろすこともできます。

th_IMG_4540