クルマやバイクのエキゾーストノート(排気音)を「ハイレゾで録音+4K動画」で撮影しています。

排気音はミュージックだ!

EXHAUST NOTE/エキゾーストノート/マフラーの音/エンジン音/排気音の動画撮影

と、言うことで、もうかれこれ10年くらい前から、
YOUTUBEの HOT WIRED CHANNEL で、クルマやバイクの排気音(エキゾーストノート)を録画/録音して、公開しています。

HOT WIRED CHANNEL のプレイリスト、
「EXHAUST NOTE /エキゾーストノート/エンジンの排気音/マフラーの音」はこちら!
https://www.youtube.com/playlist?list=PLHF3uLgU2M1eMWC3aOdMiWaDZbOrdUrJd

 

2020年現在では、クルマやバイクのエキゾーストノート(排気音)を「ハイレゾで録音+4K動画」で撮影しています。

4K動画で撮影して、排気音を24bit/96Khzの Hi-Res音源として録音しています。(^^)

YOUTUBEはまだハイレゾ音源に対応していないようですが、映像はすでに4K、8Kが再生可能になっていますので、近い将来YOUTUBEでのハイレゾ試聴も可能になると思います。

排気音録音 ハイレゾ コンデンサーマイク ZOOM エンジン音 マフラーの音 HOT WIRED 名古屋 HARLEY ハーレーサウンド排気音録音 ハイレゾ コンデンサーマイク ZOOM エンジン音 マフラーの音排気音録音 ハイレゾ コンデンサーマイク ZOOM エンジン音 マフラーの音

 

車やバイクの雑音をハイレゾで録音するなんて(笑)って感じですが、

カーオーディオだけでなく、車やバイク好きはマフラー音/排気音にこだわる人が多いのはご存知と通りですし、 近い将来電気自動車ばかりの世界になると、「あのバイクは良い音だったなー」といくら語っても、ガゾリンエンジンの排気音はYOUTUBEでしか聞けない時代が来ると思っていますので、貴重なアーカイブでもあると信じて、なんの得もない地味な努力を費やしているわけです。(笑)

そんなわけで、最近は排気音の録音を、割とガチでやっておりまして、こちらは撮影/録画の準備の画像ですが、録音には、普段はCDやCM制作などを行なっているレコーディングスタジオのレコーディングエンジニアにもご協力をいただき、ZOOMのハンディレコーダーに、コンデンサーマイクを2〜4台設置して、映像はGoPro8などの4Kビデオカメラで録画しています。

601SUTUDIO
http://601.joysound.com/

排気音録音 ハイレゾ コンデンサーマイク ZOOM エンジン音 マフラーの音 HOT WIRED 名古屋排気音録音 ハイレゾ コンデンサーマイク ZOOM エンジン音 マフラーの音 HOT WIRED 名古屋

とはいえ、自動車やモーターサイクルをレコーディングスタジオに持ち込むことはできませんので、録音機材を持ち出すしかありません。

雑音の入り込まない室内で出来るだけクリアかつリアルに排気音を録音できる環境で、なおかつ多少の反響やアンビエントもうまく取り入れて、リアリティのあるサウンドを録音できる様に色々工夫しています。

持ち運べるポータブルかつハイスペックな録音機材が必要になるわけですが、こちらが、レコーディングスタジオから持ち込んでいただいた、ZOOMのハンディレコーダーとコンデンサーマイクです。

すごいですね、こんなのがあるんですねー。(^^)

Z00M ハンディレコーダー H6 車 バイク 排気音録音 オンボード Z00M ハンディレコーダー H6 車 バイク 排気音録音 マフラーの音 ホットワイヤード 名古屋 オンボード

ZOOMのハンディレコーダーは、本来は楽器の演奏の録音やポッドキャストの音声録音などに使用するプロユースの録音機材です。

こちらのH6は、電池で動く、持ち歩けるサイズのハンディレコーダーで、4台のコンデンサーマイクにファンタム電源の供給が可能で、マルチチャンネルの録音が可能という、かなり本格的な録音も可能な、超高性能なハイレゾレコーダーなのですが、

例えば、マフラーの排気音だけでなく、運転席で聞こえる音や、エンジンの吸気音なども同時に録音して、うまくミキシングすることでよりドライバー体験に近いサウンドを再現することなども可能なのです。

ZOOM H6は私にはオーバースペックで、操作やマイクの設置はプロのレコーディングエンジニアさんにお任せしておりますが、自分もZOOM H1N くらいなら扱えそうなので、是非HOT WIRED CHANNELの機材として導入して欲しいと思っております。 

まだまだ色々試行錯誤しながらやっていますが、今後は、サーキット走行などのオンボード走行動画と共に走行中の排気音をハイレゾでキレイに録音できないかのチャレンジをしています。

オンボードカメラの設置はすでにノウハウがあり問題なく録画可能なのですが、車やバイクにマイクやレコーダーを設置して録音するための工夫とノウハウが意外と大変なのです。

モトブロガーの皆さんが色々な方法で録音されていますが、やはりポケットに入れて録るとか、シートの中にマイク入れて録る程度ではマフラーの排気音はキレイに録音できない様ですね。

マフラーの近くにマイクを設置する方法や風切り音の対処など、課題が難しいですが、各種機材が小さくなっている事やマイクをワイヤレスで設置できる機材などもある様ですので、色々ためてして、ご紹介したいと思います。

 

  

エンジンの排気音、マフラーの音、空ぶかし、エキゾーストノート/排気音を録音させていただけるオーナー様を募集しています。(^^)

車種は問いません。

走行動画やオンボード撮影/録画も可能です。

お問い合わせは、メールにて。information@hotwired.co.jp

 

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2020

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

LEATHERMAN STYLE PS ナイフレスマルチツール のハサミを改造してみた

初めてレザーマンを買ったのは、一番最初のモデル一種類しかなかった、25年以上前から、LEATERMAN TOOLのマルチツールを愛用している。

その当時は茶色のレザーのケースに入っていたのでレザーマンなのかなとずっと思っていたが、どうやら創設者の名前がLEATERMANのようである。;^_^

LEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレスLEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレス

一番最初のモデルを買った理由は、プライヤー(当時の日本語でいうとラジオペンチ)がメインツールになっている画期的な多機能ナイフで、釣りをする自分としては、大変便利だった。

それまでの多機能ナイフは、ビクトリノックスに代表されるような、ナイフがメインで、そこに栓抜きやドライバーなどのマルチツールがついているものばかりだった。

しかし、実際に多機能ナイフを携帯してみるとわかるのだが、ナイフで何かを切れば解決するというシュチュエーションはほとんどない。

実際ビクトリノックス程度のナイフでは大したものが切れないし。

ナイフだけ持ってキャンプに行っても、現実にはほとんど何の役にも立たない。

ロープを切って脱出とかしないし、小さなナイフでちまちま料理もやりにくいし、パッケージを開けるくらいなら、マイナスドライバーとかでできるし。

むしろプライヤーやワイヤーカッター、ハサミなんかで切りたいものの方が多いのだよ。

と、いうわけで、LEATHERMANは私にとってはベストな携帯用多機能ナイフ、マルチツールな訳であるが、最近はいくつか困ったことあるのだ。

1、ナイフの携帯が色々うるさいご時世になり、日本でもナイフを常時持ち歩くのはよろしくない。

2、旅行の時こそ携帯したいマルチツールなのだが、もう何度も空港のセキュリティーで取られて、捨てて帰る羽目になっている。(うっかりバックパックに入ったまま空港に入ってしまうことが多いのです。)LEATHREMAN WINGMAN とか、WAVE とか捨てた時は泣きたい気分だった。

3、実際ナイフで切りたいというシチュエーションがほとんどない。

4、常時携帯するには大きくて重い。(これ重要)

 

海外旅行に行く際に、一切全く道具を持って行かない、という選択肢は自分にはない。

海外に行くと、レストランでさえビールの栓は開けずに出てくることが多く、地元の人はライターやキーホルダーなんかで器用に栓を抜くのだが、(歯で抜くヤツもいるね)私はそんなことできないので、栓抜きは必須なのだ。

ペットボトルのキャップの外側のパッケージのプラスチックすら無駄に強固で爪では開けられないし、テープや旅先で買ったTシャツのタグすら素手では切れないよね。

プライヤーはボルトやナットを掴めるだけでなく、あまり触りたくないものや熱いものを掴む時も便利。

 

というわけで、最近増えているのが、ナイフレスツール/ナイフレスマルチツールとか言うヤツ。

つまり、マルチツールだけど、ナイフがないわけ。

その中でも、最低限のツールしかないけど、とても小さくて、ものすごく軽いヤツを使ってみることにした。

しかも、アメリカなら空港のセキュリティもパスして、機内に持ち込み可能らしい。

LEATHERMAN STYLE PS 

LEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレス LEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレス

WAVEは、大変多機能で、一番頼りになるヤツだが、とにかく重い。
バイクや車に積んでおくにはベストチョイスだが、ポケットに入れて歩く気にはなれない。

SIGNALは仕事中もポケットに入れていて、わりと荒っぽく使える、一番使うヤツ。
クリップが優秀で、ポケットへの脱着が大変スムースなのだ。
遭難した時用の笛や火打ち石がついているサバイバル系ツールだが、残念ながらこれらは多分使うことはないだろう・・・。

で、こちらのSTYLE PS
感動的な小ささと軽さである。

しかも、SIGNALでいちばんのお気に入りだったカナビラ/栓抜きがついている。
このカナビラをベルトループなんかに引っ掛けておけば落とすこともない。
LEATHERMAN STYLE PS ナイフレス

 

で、ナイフの代わりについているのが、こちらの爪とぎ。
先端がわりと鋭利なマイナスドライバーになっていて、ペーパーカッターやパッケージオープナーとして十分に機能する。
先端が細くて薄くなっているので、かなり小さなマイナスと、プラスのネジまで回せてしまうだ。

ちっさいピンセットがついてますが、固くて押し出すには爪が割れそうなので、出すために別のツールが必要になる上、トゲ抜きの必要性が思い浮かばない。
LEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレスLEATHERMAN STYLE PS SIGNAL WAVE ナイフレス

 

スプリングアクションのプライヤーも可愛いサイズながら、意外としっかりしていて、ワイヤーカッターもついているし、しっかりしたギザギザがしっかり対象物をグリップする。

LEATHERMAN STYLE PS ナイフレス

 

そしてこちらのハサミも、スプリングアクション付きで、小さいながら切れ味は抜群です。
バネが折れるとの評判ですが、折れてもハサミとしては機能するので、私はそれで十分だ。

だたハサミで一点気になったのが、開閉の際に先端で自分の指を切りそうでちょっと怖いくらい鋭利なのだ。
また、先端が尖っているハサミは、空港のセキュリティーで問題になるケースがあり、先端が尖っていた方が良い使い道も特に思い浮かばないので、自分の指に刺ささる方がずっとイヤだし、思い切って先端を削って丸くしてやったぜ。(^^)

LEATHERMAN STYLE PS ナイフレス ハサミ LEATHERMAN STYLE PS ナイフレス ハサミ

 

空港のセキュリティーに関しては、つい先日にタイのドンムアン空港からは機内持ち込みできています。

アメリカの空港は基本OKみたいです。

 

EDC(everyday carry), TCA friendly knifeless multi tool. leatherman style ps とかのキーワードで調べると色々出てきます。

 

タイのスワンナプーム空港(Suvarnabhumi Airport)で没収されてしまった、LEATHERMAN SIDEKICKの超適当なインプレ開封動画はこちら!
https://youtu.be/c203hNqOA9w

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カーオーディオで使うべき、iPhone/Androidの神アプリ。TUNE IN

カーオーディオ愛好家としての、iPhoneに絶対入れておきたい神アプリをご紹介します。

 

知っている人も多いと思いますが、

TUNE IN RADIO

こいつのおかげで全くCDを買わなくなりました。(^^)

HOT WIREDの超オススメの神アプリです。

24時間、365日使っています。

ラジオというと、毎日繰り返しおんなじつまらん話とつまらん曲のヘビロテのダサい日本のFMラジオを連想してしまいますが、このアプリで海外のクールなステーションを探して聞いてみてください。

ジャンル別など色々変作もできますので、

どんな音楽のジャンルでも、あなたの好きな曲ばっかりかかる素敵なステーション/番組が必ず見つかります。

スクリーンショット 2019-07-22 19.47.27

 

HOT WIREDのショールームもガレージも、24時間/365日、このアプリでストリーミング音楽を再生しています。(^^)

 

 

 

 

 

More photos on facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

使わなくなったiPhone/スマホの有効利用の方法。iPhoneのバッテリー交換/スクリーン交換の方法

使わなくなった古いスマホの有効利用の方法。

使わなくなった古いiPhoneは、iPod/ミュージックプレーヤーとして有効活用できます。

私は使わなくなった古いiPhoneをインターネットラジオ受信機として有効活用しています。

wi-fi環境で、ストリーミングで音楽を再生させています。(^^)

 

日本で発売されるのを待って、2010年の6月に予約をしてまで購入した、iPhone4。

物持ちの良い私は、なんと2019年現在もインターネットラジを受信機として、ショールームのカーオーディオに接続しっぱなしで使っている。(^^)

ここ6年くらいは、24時間/365日音楽ストリーミングしっぱなし、充電しっぱなしで酷使しています。

しかし、ついにバッテリーがやばくて、膨らんできた。

不思議なことに、この状態でも充電するし、電池の持ちも割と良くて、普通に使えているのだ。

このまま放置で使い続けているのだが、さすがに爆発しそうで怖くなってきたので、バッテリー交換をすることにした。

iPhone4 バッテリー交換iPhone4 バッテリー交換iPhone6 バッテリー交換

 

こちらは、2014年9月に日本発売を待って、予約してまで購入した、iPhone6。

アップルストアに並んでまでiPhoneを買っている人がいた時代ですね。

こちらも、2年後の2016年にiPhone7plusを購入してから、現役を引退して、ガレージのインターネットラジオ受信機専用として、約3年間充電しっぱなしで使い続けている。

ガレージは24時間365日音楽かけっぱなしなので、オーディオに繋ぎっぱなし、充電しっぱなし、通信しっぱなしで酷使している。

なんとこちらのiPhone6も、膨らんできて爆発しそうなので、バッテリー交換をしました。

ついにヒデぶっ、になってしまったiPhone6

iPhone6 バッテリー交換iPhone6 バッテリー交換 バッテリー破裂

 

 

iPhone6のバッテリー交換の方法:

iPhoneのバッテリー交換、スクリーン交換に必要な特殊工具。

これに加えて、ルーペやピンセットがあると便利。

普通の精密ドライバー程度では歯が立ちません。(>_<)iPhone6 バッテリー交換 工具

iPhone6 バッテリー交換 分解iPhone6 バッテリー交換

破裂しそうに膨らんだバッテリーを新品のバッテリーに交換。

iPhone6 バッテリー交換

復活。(^^)
iPhone6 バッテリー交換 失敗

 

 

More photos on facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

601STUDIO レコーディングスタジオ訪問・ハイエンドカーオーディオでの原音再生/音質向上

カーオーディオ屋的な視点からお勉強するために、レコーディングスタジオの視察に行ってきました。

名古屋の「601STUDIO」様。http://601.joysound.com/

 STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード

 

 

カーオーディオでもホームオーディオでも、「良い音」の一つの定義として、「原音再生」という言葉をよく聞きます。

じゃあその「原音」を知ってないと、そもそも「良い音」の判断基準を知らないのに良い音を再現できるのか? という事になってしまいます。

じゃあ「原音」ってどれ? 

てな訳ですが、ライブやコンサートも参考になるとは思いますし、楽器自体の音も原音ではありますが、作る側のミュージシャンではなく、我々リスナー(一般消費者)にとっての「原音」とは、楽器の生音でも、生の歌声でもなく、商品として作り込まれて「レコーディングスタジオで録音された音」ということだと思っています。

そして、その「レコーディングスタジオで録音された音」を、出来るだけ「正確に正しく再生すること」が良い音のカーオーディオだと考えています。

少なくとも、ハイファイとか音質系と言われる種類のカーオーディオの「良い音の定義」はこれだと考えています。

※低音ドッカンドッカンも、高音キンキンも、自分の好きなように鳴らせるのもカーオーディオの醍醐味です。(^^)

 

ホットワイヤードが積極的に参加している、ヨーロッパ規格のハイエンドカーオディオコンテスト、EMMA (European Moble Media Association) の審査用CDは、スタジオでマイクを2本立てて、専用の音源を録音して作られています。

EMMAの審査用CDのライナーノーツには、録音時のスタジオ内での楽器の位置や、演奏空間の大きさなどが明記されていて、どのように録音されたのか? どのように演奏されているのかを明確に公開した上で、カーオーディオシステムの空間の再現能力、楽器やボーカルの位置関係の再現、サウンドステージの幅、高さ、奥行きなどの正確な再現能力を競っています。

(審査員の好みとか機材の性能を審査しているわけじゃないんですよ!)

 

 

というわけで、カーオーディオプロショップが、「良い音」を再現/再生するための「原音」の確認/お勉強をさせていただきました。(^^)

 

プロが使うレコーディングスタジオの設備は圧巻です。

STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤードSTUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード

STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋

「正しい音」を聴くためのスタジオモニタースピーカー。

すごく「良い音」です。(^^)

STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤードSTUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード

STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋

 

 


STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード
STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード STUDIO601 レコーディングスタジオ HOT WIRED 名古屋 ホットワイヤード

 

 

カーオーディオで「良い音」=「正しい音」の再現に精進したいと思います。(^^)

プリウス ハイレゾ AUDISON MERCURY HOT WIRED プリウス カーオーディオ ハイレゾ AUDISON MERCURY HOT WIRED プリウス ハイレゾ カーオーディオ  AUDISON MERCURY HOT WIREDプリウス PRIUS ハイレゾカーオーディオ  AUDISON MERCURY HOT WIRED

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************