Audi A6 純正BOSEのスピーカー交換/アウディ純正ボーズサウンドの音質向上方法

純正BOSEサウンド付きのアウディのスピーカー交換は、不可能と言われていますが、ホットワイヤードでは、純正BOSEのスピーカー交換が可能です。

賛否両論ある、純正BOSEサウンドのサウンドクオリティーですが、HOT WIREDでは、アウディに限らず、『絶対にオプションの純正BOSEサウンドをつけておいた方が良い!』と強くお勧めしております。

パワーアンプやプロセッサーは、実は意外と良い仕事をしているのです。
車種別に車内の周波数特性に最適化されたプロセッサーや別体パワーアンプ、専用設計のウーハーボックスなどは、社外の汎用品では真似できません。

ダメなのは、スピーカーなのです。

純正BOSE スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋純正スピーカーとしては頑張っているBOSEのスピーカーですが、マグネットちっちゃい。(笑)

NCロードスター 純正BOSEサウンド BOSEスピーカー交換 MERCURY C62 こちらが純正BOSE対応の、MERCURY C62 のミッドウーハーです。

 

つまり、
「カーオーディオのためにクルマの全てを犠牲にするつもりはなく、大げさなシステムの搭載や車体の改造はしたくないが、出来るだけ省スペースでハイクオリティーな音質を実現したい」という、ちょっと欲張りなアッパーミドルのカーオーディオ愛好家に、最もおすすめの方法が、

『オプションの純正BOSEサウンドをつけておいて、しょぼいスピーカーは交換してアップグレードする』

という手法です。

つまり、パワーアンプやプロセッサーなどの制御は生かしたまま、車種別のウーハーボックスやマウントなども活用しながら、量産タイプの残念なスピーカーユニットを高級スピーカーユニットやツイーターに交換してアップグレードするのです。

 

ところが、
世の中的には「純正BOSEサウンドのスピーカー交換は不可能」と言われています。
量販店はもちろん、専門店でもお断りされることが多いと思います。

理由は、

純正BOSEのスピーカーは、特殊なサイズやインピーダンスのスピーカーを使用しており、物理的に取付が困難なことと、プロセッサーが特殊な制御しており、位相まで可変させているため、適当な汎用スピーカーを無理くりつけたしても音質が向上しない(むしろ音が悪くなってしまう)こと、さらにはシステムを破損してしまう場合がある、からです。

 

メーカー純正BOSEサウンドのスピーカー交換/純正ボーズサウンドの音質向上が得意な名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードにて、Audi A6 純正BOSEのスピーカー交換/アウディ純正ボーズサウンドの音質向上方法をご紹介します。

Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 Audi A6 純正BOSEサウンド スピーカー交換

Audi A6 の純正BOSEサウンドシステムは、

フロント3way + リア2way + センター2way + サラウンドスピーカー + 20cmのサブウーファー

という、純正BOSEサウンドの中でも、かなりヘビー級のサウンドシステムを搭載しています。

スピーカー交換やアップグレードが最も困難な車の代表選手 (;^_^ ですが、実は、スピーカー交換とデッドニングするだけで、劇的な音質向上が期待できる優秀なサウンドシステムでもあるのです。

とはいえ、そんなに簡単な施工ではありませんでの、これから少し詳しくご説明したいと思います。

 

この大量のスピカーユニットをご覧ください。(^^)

ドアスピーカーはエンクロージャーになっています。;^_^

MERCURU CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカー
MERCURY CAR AUDIO M40 40mmフルレンジスピーカー
MERCURY CAR AUDIO R62 ツイーター
ROCKFORD FOSGATE P3 8インチサブウーハー

を使用して、アップグレードします。

Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 Audi A6 純正BOSE スピーカー交換 ホットワイヤード 名古屋

  

と、いっても簡単につくわけないので、地味な下ごしらえの画像の一部がこちらです。

ドアのエンクロージャーとサブウーファーのエンクロージャーは加工して、MERCURYのC62とROCKFORD のP3を取り付けるためのベースを作りつけます。

加えて、エンクロージャー自体をデッドニングと吸音材等でサウンドチューニングを施工します。

ドアのデッドニングは、ドアパネル側も重要です。

BOSEのもっさりした低音が、タイトでスピード感のある、締まった音に生まれ変わるのです。

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

 

 

 

 

 

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

 HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルは、車種別設計でピッタリの寸法で切り出されています。

 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

 

こちらが今回のインストールで最も重要なスピーカー、MERCURY C62 2wayセパレートスピーカーと、M40 小型のフルレンジスピーカーです。
(業販/通販も承ります。)

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_708ad

 

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

パーフェクトな位置に取り付けられた、MERCURY C62スピーカーが、純正スピーカーグリルから透けみ見えています。(^^)

フロントドアスピーカーは、ポートからの圧を逃すグリルが付いています。

スコーカーは、M40フルレンジスピーカーです。

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

ストロボを焚いて撮影すると、リアスピーカーもグリルから透けて見えます。

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

センタースピーカーも2WAYセパレート化しました。

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

ツイーターは、B&Oタイプにアップグレード。

Audi A6 ツイーター BANG

 

 

実はとても高性能な純正BOSEサウンドのパワーアンプ&プロセッサーの性能を100%発揮させるための様々なノウハウがあります。(^^)

純正BOSE アンプ HOT WIRED 名古屋

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 

スピーカーの位相とインピーダンスの設定は、カーオーディオの音質に決定的な、最も基本的かつ重要なサウンドチューニングです。

ココをすっ飛ばして高級機器を鳴らしている方も多いのが残念です。

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

アウディ A6 純正BOSE ウーハー交換 HOT WIRED 名古屋

 

サウンドセッテッングには、EMMAのコンペティションCDで調整、確認してきます。

音質向上の結果を撮影した動画をYOUTUBEにアップしていますので、ぜひご覧ください。

http://www.youtube.com/hotwiredweb

アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋 アウディ A6 純正BOSE スピーカー交換 HOT WIRED 名古屋

 アウディ、ベンツ、ポルシェの純正BOSEサウンドの音質向上、純正BOSEのスピーカー交換は、ホットワイヤードまでお問い合わせください。

 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

マツダ アテンザ 純正BOSEサウンドのスピーカー交換

マツダ アテンザ 純正BOSEサウンドのスピーカー交換のお問い合わせが多いので、少し詳しく説明いたします。

 

アクセラ、アテンザ、CX-5などのマツダ車のスピーカー交換でよく見かける大間違えの例:

ピラー付け根のダッシュボード上の左右のスピーカーやセンタースピーカーは、ワイドレンジの信号が鳴っていますので、ツイーターに付け替えちゃったらダメです。(>_<)
音がなくなってしまいます。

 

マツダ純正BOSEサウンドは、特殊なシステムの為、一般的にはスピーカー交換が不可能だと言われています。

適当な社外品の汎用スピーカーをなんとか無理くり取り付けたとしても、音質向上は実現できません。

ですが、純正ボーズ対応の海外製ハイエンドスピーカーでアップグレードが可能です。

BOSEサウンドへの取付実績の高い、MERCURY CAR AUDIO のスピーカーをお勧めしております。

劇的に音が良くなりますので、お客様満足度100%です。(^^)

アテンザのBOSEサウンドは、内蔵アンプやプロセッサーを搭載しており、それぞれのスピーカーが異なる周波数帯域の音を再生しており、全部でワンセットのオーディオとして音楽を再生する様にセッティングされています。

なので、普通のシンプルなステレオシステムの様に、社外の適当なスピーカーをポン付け交換でとりあえずOK、というわけにはいきません。

 

アテンザのスピーカー交換・純正BOSEの音質向上は、基本的には、こちらで紹介している、アクセラなどと同じ手法でスピーカー交換することができます。

MAZDA AXELA アクセラ マツダ純正BOSEサウンドの音質改善、スピーカー交換、デッドング、車内静音化

アクセラ マツダ純正BOSE スピーカー交換/ドアのデッドニング センタースピーカー交換 AXELA SPORT

 


th_IMG_0298th_IMG_2622

 

 

マツダ純正BOSEサウンドの音質向上のためには、中高音全域を担う「ツイドラー」のスピーカー交換をしてをアップグレードすることがキモなんです。

 

ダッシュボード上両サイドのツイドラーを交換するための、MERCURY CAR AUDIO M4O と、HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルです。

純正ボーズ ツイドラー交換 M40 MERCURY

センタースピーカーもワイドレンジスピーカーですので、ツイーターに取り替えてしまってはダメです。

th_IMG_0337

純正BOSE ツイドラー交換 M40 MERCURY

 

ドアのもっさりしたウーハーは、MERCURY CAR AUDIO の C62に交換することで、スピード感のあるクリアな低音を再生する様になります。

 


NCロードスター 純正BOSEサウンド  ウーハー交換 MERCURY M40th_IMG_0283

 

 

マツダ純正BOSEサウンドの音質向上・スピーカー交換は、経験豊富なホットワイヤードまでお問い合わせください。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

新型マツダロードスター MAZDA ND ROADSTAR スピーカー交換

 

先日の名古屋オートトレンドのマツダブースでお立ち台においてあったアレだ。

2015年に出たばかりの,新型マツダロードスターは,4代目、ND系と言うそうです。

マツダの新型ロードスター,本日ホットワイヤードにピットインしました。

th_IMG_1908 

初代のロードスターが出た時は,ぼくはカナダに住んでいました。

かなり衝撃的だったので良くおぼえています。 海外でもかなり話題のクルマでした。

MAZDA MIATA と言う,南米系の美女のような名前が付いていて,なんてダサい名前付けたんだろう? と思っていましたが,,日本では,ユーノスロードスターというさらに意味不明な名称でした。 (ユーノスって一体なんだったんだろう?)

th_IMG_1902

 

そして,新型NDロードスターは、オプションでBOSEのオーディオをつける事ができます

純正ボーズサウンドのカーオーディオは,簡単にスピーカー交換ができなくてみなさん困っています。

まずはホットワイヤードにご相談ください。

純正BOSEのスピーカー交換が可能です。

 

 ナビは,

マツダコネクトってヤツです。

BMWの iDrive みたいなヤツですね。

これはどう考えても,小さいタッチ画面のちいさーいボタンを必死こいてタッチするより安全で使いやすい。

th_IMG_1905

フロントスピーカーの交換とドアのデッドニングをします。

フロントピラー内のツイーターも交換します。

 

th_IMG_1904

 

で,

このクルマの主役、ソフトトップ。

このルーフすごいです。

手動で,ホントに2秒で開けれます。(^^)

th_IMG_1907 

真ん中のラッチを外して,ガバって開けると,ドカンって後ろに収まって,終わり。

マツダのロードスターは,前型も世界最速のコーバチブルが売りだったが,コイツはドアの開閉と同じくらい簡単である。

メタルトップがかったるく思える・・・。

すばらしい。

th_IMG_1854

 

スピーカー交換の詳細は,その2へつづく!

 

 

追記:

これからNDロードスターを買おうとしていて,オプションのBOSEシステムを付けるか,どノーマルで買うかを迷われている方!

問い合わせが多いので,追記します。

新型ロードスターのBOSEシステムは,オプションでプラス10円ほどだそうです。

絶対に,BOSEサウンドを付きを買ってください!

たしかにスピーカー類は,がっかりするほどしょぼい紙のスピーカーとちっちゃーいツイーターですが,BOSEシステムはスピーカー以外のアンプや,アンプ内部のプロセッサー/制御機能、それにサブウーハーも付いてきます。

これらと同等の機能を社外品で,10万円で買うのは不可能です。

また,クルマを買ってしまってから,BOSEサウンドだけを10円で買うことも出来ません。

NDロードスターは,絶対に、マツダ純正のBOSEサウンドのオプションを付けて購入してください。

そして,フロントスピーカーを交換してください。

これが結論です。

 

 

相変わらず,絶滅危惧種ばかりが入っているHOT WIRED のピットである・・・。

 

th_IMG_1900

 

4代目 ND系(2015年-)

 

マツダ・ロードスター(4代目)
ND5RC型
 
 
販売期間 2015年 -
設計統括 山本修宏
デザイン 中山雅
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア オープン
エンジン P5-VP [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
P5-VPR [RS] 型
1,496cc 直4 DOHC
最高出力 131ps/7,000rpm
最大トルク 15.3kgf・m/4,800rpm
変速機 6MT/6AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:マルチリンク
全長 3,915mm
全幅 1,735mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,310mm
車両重量 990-1,060kg
-自動車のスペック表-

 

開発主査は先代までの貴島に代わり山本修宏が、チーフデザイナーは中山雅が担当した。

 

ロードスターの代名詞でもある「マツダの魂」「人馬一体」を継承するため、4代目となる当代は「原点回帰」を開発コンセプトとし、初代が持っていた素性の良さをスカイアクティブテクノロジーや近年のマツダのデザインテーマである「魂動(こどう)」など現代の技術で可能な限り実現すべく、ありとあらゆる部分において軽量化が図られている[56]

 

3代目と比較した場合の軽量化の主な部分として、ボディのアルミ高張力鋼の使用比率の向上、ホイールハブの小型化(5→4穴、PCD114.3→100)、パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)の廃止、エンジンのダウンサイジング化(日本仕様の場合、2.0L→1.5L)、新開発6速MT(SKYACTIV-MT)の採用などが挙げられる一方で、「i-ACTIVSENCE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる先進安全技術(詳細は後述)や歩行者との衝突時にダメージを最小限にとどめる「アクティブボンネット」を採用するなど、現代の自動車に求められる安全要素も積極的に採り入れている。

    

マツダ NC ロードスター スピーカー交換/ツイーター交換とサウンドナビ取付 その2 MAZDA NC ROADSTAR 

 th_IMG_3549 

MAZDA ROADSTAR

 マツダの3代目のロードスター,NCロードスター

初代ロードスターがNAで、次がNB、そして3代目がNC、もうじきNDロードスターが出るようです。

 

海外では,MX-5 とか MIATA と呼ばれているそうです。

 

マツダ純正BOSEサウンド付きのNCロードスターのスピーカー交換も可能です。 

 

NCロードスターのカーオーディオの音質向上、スピーカー交換の方法、オーディオカスタムをご紹介します。

 

マツダ のロードスターに、2DIN ナビ取り付けと,ドアスピーカーの交換です。

スピーカーの取付け方法は,色々あるのですが,今回取付ける MERCURY の様な海外ブランドのカーオーディオは,ほとんどがいわゆる「ポン付け」はできないので,最低でもインナーバッフルを製作しての取り付けとなります。

量販店で販売されている、汎用のインナーバッフルを使用して、「とりあえず付ける」という方法も不可能でないのですが,ホットワイヤードでは,ワンオフで,そのクルマとスピーカーにピッタリのサイズのインナーバッフルボードを製作して取り付けをします。

ピッタリ隙間なく取付けできるようにする事,がっちり確実に強固にスピーカーをドアに固定する事,

地味なカスタムですが,スピーカーの性能を最大限発揮させる為には非常に重要な作業になります。

th_IMG_3423 

バッフルの背面は,テーパー加工してあります。

スピーカーの背圧を効果的に拡散して,スピーカーの動きを良くする為です。th_IMG_3424

デッドニングが完了して,インナーバッフルを取付けた図。th_IMG_3425th_IMG_3398

 NCロードスターのどあのデッドニングは非常に重要です。

スピーカーの性能を発揮させるための土台作りとして非常に大切な作業です。

また、エアコンの効きが良くなる、車内が静かになる、ロードノイズの軽減などの副作用も大きいのです。

デッドニングは、いろいろなノウハウもありますが、細切れの材料を貼るよりも、

出来るだけ一枚貼りで、鉄板にしっかり圧着させる事が重要です。

今回のNCロードスターのドアのデッドニングの施工は、鉄板部分は全面にデッドニングを貼り込んであります。

ドアの外側の鉄板にも施工しますし、ドアの内蔵パネル内張側にも施工します。

ドアの開け閉めの感触も変わります。(^^)

th_IMG_3384th_IMG_3427

今回のドアスピーカーの取付けは,ドアパネル自体を加工して,スピーカーが直接見える様な形で取付ける,アウターパネルを製作しての取付けになりました。

th_IMG_1986th_IMG_3524

いきなり完成図ですが,

こんな感じに仕上がりました。

th_IMG_1975

黒のスエードで仕上げました。

th_IMG_2008

MERCURY のスピーカーは見た目がとてもカッコいいので,あえて,グリルは無しにしました。

th_IMG_1976

できるだけ純正の雰囲気を生かして,カスタム感もあり,スエードは高級感もあるので,良い仕上がりではないでしょうか?

th_IMG_1985 th_IMG_1984 th_IMG_1987 th_IMG_1994 th_IMG_1996 th_IMG_2004 th_IMG_2033 th_IMG_2035 th_IMG_2054 th_IMG_2063 th_IMG_2071  th_IMG_3519  th_IMG_3530

 

 

 

 

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー
https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************

MAZDA ROADSTAR マツダ ロードスター ナビ&スピーカー交換

MAZDA ROADSTAR

3台目,NC系 ロードスター

海外では,MX-5 と呼ばれているそうです。

 

ロードスターのオーディオカスタムをご紹介します。

マツダ のロードスターに、ナビ取り付けと,ドアスピーカーの交換です。th_IMG_2082

今回取付けるナビは,三菱ダイアトーンのサウンドナビ。

IMG_3549

スピーカーは、MERCURYのCRYSTAL SERIES の2WAYセパレートスピーカー。

MERCURY のスピーカーの中の,上位モデルである。

音が良いのはもちろん,見た目がスゴくカッコいいのだ。

この機会に,普段お客様は見る事が少ない部分の画像も紹介したいと思います。

スピーカーの裏側のマグネット。
フレームはキャストフレームで,マグネットもカッコイアルミにエッチングである。
取付けてしまうと見えないのがもったいないくらいである。
th_IMG_3524

付属のパッシククロスオーバーネットワーク。
こちらもアルミのボディー。
th_IMG_3599 th_IMG_3598

ちなみにこちらが,純正のノーマルスピーカー。

th_IMG_3338

ロードスターは,スピーカーの取り付けが非常にやりにくい。

楕円のスピーカーである事と,土台の部分,ドアパネルの形状も非常に工作しにくい形状である。

 

デッドニング。

デッドニングの材料は,主にリアルシルトとSTP を使用しました。

IMG_3383

 

 

デッドニングの詳細は,「マル秘」 なので、いきなりほぼ完成の画像ですが,実は,ロードスターは,ドアのデッドニングが非常にやりにくい!

ドアの形状がとても特殊な形状をしていて,普通にはデッドニングできないからです。

また,ドアを這っている配線も特殊な取り回しや固定の仕方がしてあって,デッドニングするのが非常に困難です。

 

今回は,スピーカーの取付けは,インナーバッフルでの取り付けではなく,アウターパネルを製作しての取り付けなので,ドアのパネルをカットします。

IMG_3385

当然,ワンオフでインナーバッフルとアウターバッフルを製作するのですが,ロードスターは,ドアが極端に湾曲している事や,ワンピースで分解できない事,網みたいなポケットがある事,などのたくさんの理由があって,アウターバッフルの製作も非常に困難です。

「ロードスター スピーカー取付 アウターバッフル」へ、つづく。

 

 

イベント関係のフォトギャラリー

https://onedrive.live.com/?cid=37eee5719ba2f295

HOT WIRED製作車両のフォトギャラリー
https://plus.google.com/photos/113559792766274725716/albums

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************