ビッグスクーターにスピーカー取付/本格的なカーオーディオを取り付ける/マグザム+Rockford Fosgate

YAMAHA MAXAM

ビッグスクーターに本格的なカーオーディオを取り付ける方法をご紹介します。

 th_CIMG2414

オモチャみたいなバイク用のオーディオじゃなくて、アメリカ製カーオーディオ、Rockford Fosgateのカスタムカーオーディオをインストールです。

超小型の4ch.パワーアンプ、PBR300X4とP142の組み合わせ。

音源はiPhone/iPodです。

BLUETOOTHではなく、音質重視で、ライトニングケーブルで直接音楽信号を取り出します。と、同時にiPhoneの充電もできるようにします。

iPod Classic用に30ピンのドックコネクターでも接続可能にしました。

th_CIMG2218 th_CIMG2219

 

ヤマハのビッグスクーター、マグザムに本格的なカスタムカーオーディオを取り付けました。

HOT WIREDオリジナルの、ビッグスクーター用スピーカーボックスを使用して、ロックフォードの4インチ2WAYコアキシャルスピーカーを取り付けます。

スピーカーボックスが、スクーターの薄いパネルを強化して、平面にスピーカーをしっかり取り付ける事ができるようになり、裏からの音漏れ/キャンセリングを防ぎ、結果的に音質向上になるのです。

この車種別専用スピーカーボックスを使用しないで、適当に穴開けてスピーカー取り付けちゃうと、良い音が出ないのです。

マグザム用 スピーカーボックス(上)左右セット(白ゲル):45000円

th_CIMG2238

 

ボディー同色のメタリックブラックにペイント。

th_CIMG2244 th_CIMG2243 th_CIMG2242 th_CIMG2241 th_CIMG2240th_CIMG2239

 

カスタムカーオーディオの作業風景はこんな感じ。

今回は、オーディオの取り付けに加えて、下回りにLEDの電飾を入れますので、かなりバラバラにして、配線作業をしていきます。

th_CIMG2423th_CIMG2419

オーディオの音質向上のための地味な工夫も随所にちりばめております。(^^)

カーオーディオ屋ならではのノウハウや、嫌な共振/振動を押さえるために、パネルをデッドニングしたりもしているのです。(^^)

th_CIMG2535 th_CIMG2534

 

ホットワイヤードのバイクオーディオカスタムは、「安く、早く、簡単に」というのは得意ではありません。

手間と時間をかけて、最大限のパフォーマンスを発揮できるカスタムバイクオーディオ/カスタムカーオーディオが得意なのです。

ビッグスクーターのカスタムオーディオの費用は、おおよそ15万円くらい〜 になります。

th_CIMG2510 th_CIMG2509

オーディオのON/OFFスイッチや電飾のスイッチ、USBポート、電圧計、パワーアンプなどをグローブボックスの中にインストール。

th_IMG_5163 th_CIMG2563

 

 

 

th_CIMG2526th_CIMG2423th_CIMG2527

スピーカーのインストールが完了しました。

ホットワイヤードオリジナルのスピーカーボードとロックフォードのP142スピーカーはベストのマッチングなのです。(^^)

th_IMG_5129

バイク用の防水スピーカーは、音が悪すぎるので絶対に使っていけません。(T-T)

th_IMG_5124 th_IMG_5128 th_IMG_5125 th_IMG_5137

th_IMG_5138

 

th_IMG_5146

 

iPhoneとiPodのマウントには、RAM MOUNTを使用します。

20年間いろいろな携帯ホルダーを試してきましたが、全部金属製のRAM MOUNTのiPhoneホルダーが最高です。

ゴム付きのアームで優しくしっかりとつかんで、脱着も簡単で、角度や取付位置は自由自在、オフロード走行中でも飛んでったことありません。

ちょっと高いけど、最高のバイク用携帯ホルダーです。

こちらは、iPhone7Plusをつけたところ。

iPhone7/8/plus,iPhoneX,XS,maxにピッタリのホルダーとアームとハンドルバーに取り付ける土台部をセットにして販売もしています。12000円(税別)+送料1100円

information@hotwired.co.jp

th_CIMG2561th_CIMG2549th_CIMG2560 

このブリップが携帯をしっかりつかみ、このアームのおかげで、角度や位置が自由自在なのだ!

th_CIMG2558

 

 

 

マグザムにカスタムオーディオ取付とLED間接照明の電飾取り付け完成。(^^)

th_IMG_5187 th_IMG_5186 th_IMG_5183 th_IMG_5182 th_IMG_5179 th_IMG_5178 th_IMG_5173 th_IMG_5169 th_IMG_5168 th_IMG_5167

 

 

モーターサイクルでも本格的なカーオーディオを楽しみたい!

ビッグスクーターのスピーカー取付、ビッグバイクのオーディオの音質向上は、ホットワイヤードまでご相談ください。

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2019476464762084

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

シガライターをUSBポートに交換する HUMMER H2のシガーソケットをUSBポートに変更

HUMMER H2 のシガライター? シガーソケットをUSBポートに取り替えました。

今時全く使う機会のない、12Vシガーソケット・・・。

昭和のクルマの名残ですが、昔はここにシガライターというタバコに火をつけるための装置と灰皿がすべてのクルマに付いていたのですよ。

今は主に電源を取るためのソケットとして生き残っていますが、

シガーソケットにUSBアダプターなどを刺して使用することになるので、アダプターが出っ張ってかなり邪魔。

クルマのシガーソケットを取っ払って、直接USBポートに改造します。

th_CIMG0566

HUMMER H2には、フロントに3個、リアに2個、トランク1個の合計6カ所ものシガライターがあります。

リアの一個だけ12Vのシガーソケットで残して、あとは全部 2.1AのUSBソケットに交換しました。

そのうち一つは、電圧計付きのUSBソケットにしたので、走行中に電圧も見れるのが便利です。

カーナビ付属のAUX入力用USBポートを入れると、全部で10個のUSBポートができました。(^^)

コレで、iPhone/iPad、ポケットWIFIでもGOPORでもパワーバンクでも、USB充電なら何でも来い!です。

 

th_CIMG0565 th_CIMG0564 th_CIMG0560 th_CIMG0558 th_CIMG0557

 

次は、 iPhone用の無接点充電を後付けでクルマに設置してみます。

 

 

HUMMER H2のフォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

サブウーハー4発でもHI-FIサウンド SC430+MERCURY+GROUND ZERO

MERCURY CAR AUDIO のパワーアンプ と GROUND ZERO のサブウーハーは、海外のカーオーディオコンテストでは定番の必勝コンビなんです。(^^)

th_CIMG0694

2シーター化した、SC430にサブウーハーが4発ですが、ウーハーが鳴っている感じがしない。

変な言い方ですが、ど迫力の重低音がガッツリ大音量でなっているのですが、後ろからドンドンこないのです。

サブウーハーの低音がフロントスピーカーとうまくブレンドして、サウンドが一体となって、まるでダッシュボードの奥にウーハーがあるかのようにフロントステージからベースが聞こえてきます。

すぐ後ろでウーハーのコーンが振動しているのは見えるし、感じるのですが、音はすべて前から聞こえてくるのです。(^^)

th_IMG_4889 

 

 

MERCURY CAR AUDIO のパワーアンプは、4CH.のM420と、モノラルアンプの M800 チョイス。

グランドゼロのサブウーハーは、GZHWの8インチを4発。

贅沢なセットアップですが、8インチのサブウーハー4発のサウンドは最高です。(^^)

小口径のサブウーハーは、タイトでスピード感のある低音を鳴らしますが、量感が絶対的に不足してしまいます。

そこで、複数のユニットをモノラル接続して鳴らすことで、音量もアップさせるのです。

大音量で聴いても、歪む事もなく、スピード感があり、タイトなベースをガッツリ鳴らしてくれます。

th_CIMG0878

 

正しいゲイン調整で、ボリューム35でフルパワーが出るようにサウンドセッティングされていますので、ナビがフルボリュームでも音が歪まない、大音量なのに静かなパワーハイファイなカーオーディオの完成です。

th_CIMG0635

 

電飾は、アクリルのエッジを光らせる、間接照明な演出。th_CIMG1042 th_CIMG1049 th_IMG_4890 th_IMG_4900

フロントスピーカーは、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカーをチョイス。

ツイーターを2個取り取り付ける、ダブルツイーターシステムです。th_IMG_4925

 

サイバーナビの内蔵プロセッサーを駆使した、フロント2WAYとサブウーハーの、3WAYマルチシステムです。

th_IMG_4919

地味にこんな工夫もしてあります。

リアのアンプラック下部に作り付けたUSBポート&電圧計です。

2.1AのUSBポート×2個を増設しました。

スマホやポケットWIFIの充電に便利です。

 

th_CIMG0609th_IMG_4884

ディフューザーもワンオフで制作して、LEXUSのロゴをレーザーエッチングで入れてみました。

夜はぼんやり控えめにロゴが光ります。(^^)

th_IMG_4932

 

 

ドアのアウターバッフルは、LEXUS純正の赤色の近似色のレザーをオーダーして制作しました。

バッフル面は、スエード仕上げにしてあります。

th_IMG_4870 th_IMG_4905

 

 

SC430のウーハーボックス制作の制作過程の動画を、HOT WIRED CHANNELで公開しています。

https://www.youtube.com/watch?v=lRg-gkcu3cE 

 

画像は、HOT WIRED の FACEBOOKページのPHOTOの中でご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

カーオーディオ用バッテリーの正しい充電方法/バッテリー復活/バッテリーリコンディショナー/BATTERY RECONDITION

カーオーディオでは、バッテリーの性能/コンディションが非常に重要です。

パワーや音質はもちろんですが、バッテリーがノイズや謎の不調の原因になったりもします。

th_IMG_6171OPTIMA YELLOW TOP

 

大容量のバッテリーが理想ですが、バッテリーのメンテナンスをしている人は少ないようです。

せっかく高性能なジェルバッテリーやドライバッテリーを搭載しても、つけっぱなしのノーメンテではバッテリーの性能を発揮できません。

クルマの発電機は最低限の発電/充電しかできません。

なので、正しい充電器を使用して、時々メンテナンスした方が良いのです。

注意:

急速充電は絶対やってはいけません。

ジェルバッテリー/ドライバッテリーには専用の充電器が必要です。

 

th_IMG_2685エキサイドバッテリー

th_IMG_6172オプティマバッテリー

ホットワイヤードでは、高性能チャージャーで、バッテリーを充電/リコンディションします。

ジェルバッテリーやドライバッテリーにも対応したバッテリーメンテナー。

超大型のCTEK MULTI US 25000

25A超の大容量。

th_CIMG4380シーテックの充電器

 

普通の充電モードとは別に、RECONDITION モードがあります。

性能が低下したバッテリーを復活させる機能です。

ノートパソコンのバッテリーでも似たような機能がありますが、クルマのバッテリーも同様で、特に高性能バッテリーは正しく管理しないと性能と寿命が著しく低下します。

th_CIMG4381バッテリーリコンディショナー(バッテリー復活)

 

充電速度は遅いです。

大容量の充電器でゆっくりと確実に充電するのがベスト。

丸一日かけて放電/メンテナンス/充電を完了します。

th_CIMG4382

バッテリーのフル充電/リコンディション料金:¥5000−(税別)

代車もご用意できます。

ご予約はメールにて。 information@hotwired.co.jp

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

******************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

******************************************

mailto:information@hotwired.co.jp

iPhone 7 のライトニングコネクタを3.5ミリのヘッドホンジャックに変換できる超小型ヘッドホンアンプ

iPhone 7 Plus が来ました。

iPhone 6 のソフトバンクのSIMを刺してそのまま使えました。(^^)

th_CIMG3487

毎回iPhoneを買うたびに呪われているかのような、バックアップとバックアップから復元の作業にさんざ悩まされる・・・。

iMacのOSが古いとか、iTunesのバージョンが古いとか、もううんざりなので、その辺りの説明は飛ばします・・・、

 

iPhone 7 、イヤホンジャックがなくなりましたね・・・。

自宅ではAVアンプの外部入力に3.5ミリのイヤホンジャックでiPhoneを接続して音楽を聴いているので、ちょっと焦りました。(^_^;)

 

カーナビやカーオーディオとの適合に関していくつかテストしてみました。

ライトニングコネクタを使用したタイプは普通に音が出ました。

AT-DL5HD、お気に入りのオーディオテクニカのデジタルトランスポートをよく使っていますが、古いタイプの30pinのドックコネクタのタイプのデジタルトランスポートでも、アップル純正の変換アダプタを介して、iPhone6やiPhone5と同様に、音が出ます。

iPhone7から、イヤホンジャックがなくなった事で、AUXにアナログで外部入力してiPhoneの音楽データを再生している方は、付属のアダプタを使用する事で、イヤホンジャックも使えます。

充電できない問題をどうするのかはまだ未解決ですが、3.5ミリのヘッドホンジャックがなくなり、ライトニングコネクタだけになった事で、ある商品の存在を思いだしました。

 th_CIMG3489th_IMG_0110

th_IMG_0111 th_IMG_0113

 

 

これは、KICKSTARTERで発売されたばかりの、比較的新しい商品で、「AQUA」と言う名前です。

いわゆる、

ヘッドホンアンプとか、ポータブルアンプ 、DAC、なのですが、AQUAは電源も必要ないし、アルミ製の本体重量が紙の様に非常に軽い。

 

 

 

オカルト系パーツが嫌いな私は、「こんなもので音が良くなわけないだろ?」ってのが正直な第一印象でした。

 

 

 

 

 

初めて手に取った時に、ヘッドホンで聴き比べてみたときは、はっきり言って良くわかりませんでした。

高級なヘッドホンを使用している人ほど、違いがわかるそうですが。

私は空港で買った15ドルくらいのしょぼいヘッドホンだし、普段はヘッドホンを使用しないので、ヘッドホンアンプもあまり使う機会がなく、だれかヘッドホンを常用している人に試してもらおうと思って、そのまま忘れてお店に放置になっていました・・・。

 

 

 

th_IMG_0109

 

 

 

 

 

 

しかし!

iPhone7からヘッドホンジャックがなくなった事で、

自宅でAVアンプの外部入力に使うイヤホンジャックがさせなくなり、

このヘッドホンアンプ、「AQUA」は、アップルの変換アダプタの代わりになるではないか!

これはちょうどいいぞ、ラッキーと、いうことで、

ちょっと聞いていたら、

「何だこれ? なんかスゴく音が良くなってないか?」

同じ環境で毎日聞いているので、すぐにわかった。

全体にダイナミックレンジが広がった感じ。解像度が高くなった感じ。音場が広がる。明らかに音が良くなっている。

何度も何度も差し替えて聴き比べてみた。

これはオカルトではない、ホントに音が良くなっている・・・。

2ランクほど上級のスピーカーシステムに交換した感じである。

違いのわかりにくい私がハッキリわかるので、敏感な方は驚くと思います。

アナログ接続でiPhoneで音楽を聴く方には超オススメです。

 

iPhone用ヘッドホンアンプ、AQUA 

ライトニングコネクタ接続、3.5ミリヘッドホンジャックへ変換

電源不要

価格:19800円(税別)

11/15日現在、在庫はありません。海外製品につき、納期かかります。ご理解頂ける方からのご注文はメールにて。

information@hotwired.co.jp

 

th_IMG_0109

 24bit/192Khz と記載がありますね。

そうそう、AQUAのヘッドホンアンプは、ハイレゾ仕様なのだそうです。

なので、ハイレゾ音源をiPhoneに入れている人だと、さらに良い音で再生する事を可能にしてくれます。

まさに一石二鳥。(^^)

 

本体に、再生/停止ボタン、音量のUP/DOWNのボタンもあります。 

これはイイものを見つけた。(^^)

 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************