アクア トヨタ純正ナビのイコライザー調整/シート下にパワードウーハー取付

 アクアのシート下にパワードウーハーを取付しました。

 アクア スピーカー交換 ホットワイヤード アクア スピーカー交換 ウーハー 取付 ホットワイヤード

はっきり申し上げて、アンプ内蔵ウーハー(パワードウーハー)というものは、子供向けのおもちゃで、高音質を求めるのは無理です。

ブーブブー、ブーブーって感じで、うっとうしくブーブー鳴るだけです。(笑) 

しかし、どうしても場所を取らずにサブウーハーを設置したいという需要はあるわけで、HOT WIREDがいろいろ試してリサーチして、行き着いた、

唯一のオススメできる小型のパワードウーハーが、MERCURY CAR AUDIOのMCR-805

です。

http://mercurycaraudio.jp/subwoofer/msr-105/

大抵の車のシートの下に収まるサイズで、8インチスクエアウーハーユニットを3台搭載しているパワードウーハーです。

 

この中にどうやって3台ものウーハーユニットが入っているか謎ですが、箱にはそう書いてあります。(^^)

おそらく1台がアクティブで、2台はパッシブラジエーターではないかなと思います。

まあ、理屈はともかく、実際の出音が一番大事なわけで、コイツほんとに使えるんです。

タイトでスピード感のある低音とディープな重低音を鳴らし、パワードウーハーとは思えない高音質を実現できます。

 MCR-805 パワードウーハー MERCURY CAR AUDIO ホットワイヤード MCR-805 パワードウーハー MERCURY CAR AUDIO ホットワイヤード 8インチ アンプ内蔵ウーハー 

MCR-805 パワードウーハー MERCURY CAR AUDIO ホットワイヤード 8インチ アンプ内蔵ウーハー MCR-805 パワードウーハー MERCURY CAR AUDIO ホットワイヤード 8インチ アンプ内蔵ウーハー

アクアのシート下にシレーッと隠れる、パワードウーハー。
(今回取り付けたのは、MCR805の前型のMCR804です。)

電源はバッ直。

アクア パワードウーハー取付 シート下 スピーカー交換アクア パワードウーハー取付 シート下 スピーカー交換

こちらはCRVのシート下に収まった、MCR805 パワードウーハーth_CIMG2277

 

アクアの純正ナビにもイコライザーがついています。

イコライザーを調整することで、できるだけフラットな周波数特性を目指します。

アクア 純正ナビ イコライザー調整アクア 純正ナビ イコライザー調整

運転席にマイクを立てて、リアルタイムで測定/調整します。

アクア 純正ナビ イコライザー調整アクア 純正ナビ イコライザー調整

 

おっと、その前に各スピーカーの位相が全て正相になっていることが大前提ですよ!

アクア 純正ナビ イコライザー調整

 

アクアのスピーカー交換、パワードウーハー取付、ナビの音調整は、お気軽にホットワイヤードにお問い合わせください。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

Amazon Music HD でハイレゾカーオーディを構築する正しい方法の説明

2019年9月から、やっと日本でもAmazon Music HDで本格的なハイレゾ音源のストリーミング配信が始まりました。(^^)

クオリティーの高いハイレゾ音源(ハイレゾ以外も)を聴き放題の定額サービスという、画期的なサービスです。

しかし、

まだまだややこしくて、いくつか注意して機材をセットアップしていかないと、本物のハイレゾカーオーディオは実現しませんので、ここで注意点と正しいハイレゾカーオーディオの構築のやり方を解説したいと思います。

 

ハイレゾカーオーディオを実現するための注意点/正しいやり方は、ざっくり以下の通りです。

1:DAPやAMAZON MUSIC HDのストリーミング等で、端末にハイレゾデータを入手すること。(192KHz/24bit、96KHz/24bit)

2:その端末から、ハイレゾ音源を劣化させることなく、デジタル出力できること。
(192KHz/24bit、96KHz/24bit のままデジタル出力できること)
※例えば、iPhoneはこれができませんので、現状iPhoneでハイレゾオーディオは不可能なのです。

3:端末から、ハイレゾデータを、アナログ化/劣化することなく、プロセスできるDSPへ、デジタル接続すること。
USB<TOS-LINK<COAXIALで、DSPにデジタル入力ができること。(<は音が良い順)

4:デジタルシグナルプロセッサ(DSP)がハイレゾ音源データを劣化させることなくプロセスできるスペックがあること。(192KHz/24bitまたは96KHz/24bitで処理できること)
※カーナビ内蔵DSPではこれができないので、現状カーナビではハイレゾオーディオは不可能なのです。

5:DSPから先のパワーアンプやスピーカーは、特にハイレゾ専用とか謳っているものである必要は無い。

上記の条件を満たしたオーディオ機器で正しくハイレゾ音源を再生すると、それはもう驚きの高解像度/高音質カーオーディオが展開するのです。

どこか一つでも端折ると、もうそれはハイレゾでは無くなってしまうのです。(>_<)
(例えば、DAPからアナログ変換してカーナビに入れるとか)

 

じゃ、具体的に何を買って、どうしたら良いの?

ここで、割とシンプルな機器で、本格的なハイレゾカーオーディオを実現しているお客様の車両を例に、具体的に解説したいと思います。

N様 ホンダCRV

ヘッドユニット:Fiio M11、アンドロイド携帯電話

DAPのFiioの中のハイレゾ音源や、アンドロイド携帯でストリーミングで、Amazon Music HD のハイレゾ配信を音源として使用しています。

ハイレゾカーオーディオの構築で最も重要な機器である、DSPは、JL AUDIO VX800/8i  のDSP内蔵パワーアンプを使用しています。

小型のワンボディイでシートの下に収まるサイズ感の良さと、JLならではのパワフルなサウンド、フルスペックでプロセスできる内蔵DSP、シンプルながら、とても使いやすいリモコン、MacOSでも使える意外と使いやすい高性能な調整用ソフトウェアという内容の商品で、HOT WIREDでも一押しのDSP内蔵アンプです。

フロントスピーカーは、MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを使用。
ドアスピーカーは、インナー取付、ツイーターは、ピラーに埋込取付をしています。

サブウーハーは、MERCURY CAR AUDIO MCR-805 8インチパワードウーハーをシート下にインストールしています。

jl audio vxi dsp内蔵アンプ

 

カーオーディオ機器の取り付けは、シートの下だけで完結していますので、車内のスペースの犠牲がありません。

ハイレゾカーオーディオ DSP内蔵アンプ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

ヘッドユニットは、Fiio M11とアンドロイド携帯から、JL AUDIO VX800/8i へ直接デジタル接続しています。
ナビはもう全く使っていません。(笑) 

ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhoneハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

iPhoneもデジタル接続しています。

iPhoneでハイレゾはできませんが、お気に入りのアプリやiPhoneの中のmp3やwavも、直接デジタル接続することで、とてもいい音で聴けるようになります。

やはりiPhoneの使い勝手は便利なので、DAPだけでは無く、iPhoneをできるだけ高音質で再生させるためのノウハウも詰まっています。
(iPhoneをハイレゾ並みに高音質で再生する方法は、別のブログ記事で詳しく説明します。)
ハイレゾカーオーディオ FIIO DSP HELIX AMAZON MUSIC HD HOT WIRED iPhone

 

 もちろん、DSPを取り付けただけでは、正しい音(良い音)の再生はできません。

専用のサウンドセッティングソフトウェアを使いこなして、RTAやタイムアライメントなど、めんどくさいサウンドチューニングの手間ヒマをかけて、ようやく最上級のハイレゾカーオーディオが出来上がるのです。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

2019.10.20、大阪にて開催された、EMMAに出場するコンペカーの応援のために、ホットワイヤードへ来てくれた、EMMAの2017世界チャンピオン、Mr.Pong氏。

 

 

ちょっと強面の、EMMAのカーオーディオコンテストの外国人ジャッジのみなさま。

 th_gFsCU4roQYSy31cAfw5jzg_thumb_70e34

 

 

 

EMMA JAPAN FINAL 2019
にエントリーしたN様のCRVは、

ENTRY CLASS EUR3000( 金額3000ユーロ以下)クラスにて、

見事優勝しました。(^^)

 

 

JL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフトJL AUDIO DSP サウンドセッティング 音調整  TUN ソフト

 

ハイレゾカーオーディオの構築は、名古屋のカーオーディオ専門店、ホットワイヤードまでご相談ください。(^^) 

 

More photos on HOT WIRED official facebook page:

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

アクセラ マツダ純正BOSE スピーカー交換/ドアのデッドニング センタースピーカー交換 AXELA SPORT

アクセラ スポーツ

マツダ純正BOSE スピーカー交換/ドアのデッドニング

センタースピーカー交換

MAZDA AXELA SPORT

 th_CIMG3549

ホットワイヤードで人気の、純正BOSEのスピーカー交換です。

今回は、アクセラのBOSEサウンドのスピーカー交換についてちょっと詳しくご紹介します。

 

マツダ純正BOSEサウンドは、特殊なシステムの為、普通はスピーカー交換ができないと言われていますが、純正ボーズ対応の外国製ハイエンドスピーカーでアップグレードが可能です。

劇的に音が良くなりますので、お客様満足度100%です。(^^)

アクセラのBOSEサウンドは、内蔵アンプやプロセッサーを搭載しており、それぞれのスピーカーが異なる周波数帯域の音を再生しており、全部でワンセットのオーディオとして音楽を再生する様にセッティングされています。

なので、普通のシンプルなステレオシステムの様に、社外の適当なスピーカーをポン付け交換でとりあえずOK、というわけにはいきません。

アクセラ、CX-5などのマツダ車でよく見かける大間違えの例:

ピラー付け根のダッシュボード上のスピーカーはフルレンジの信号が鳴っていますので、ツイーターに付け替えちゃったらダメです。(>_<)

センタースピーカーも、もちろんフルレンジスピーカーです。

 

 

HOT WIRED推奨のアクセラのBOSEサウンドのスピーカー交換の方法:

フロントドアのデッドニング、フロントドアスピーカー交換、ダッシュ上の両サイドのスピーカー交換、センタースピーカー交換。

を、やります。

ちょっと残念な純正ボーズのスピーカーをアップグレードする事で、BOSEのプロセッサーやアンプの本当の性能が発揮されて、劇的に音が良くなるのです。(^^)

 

こちらがマツダ純正BOSEのスピーカーです。

th_CIMG3359

純正スピーカーとしてはとても良いユニットがついていますが、、、

音質を期待して、オプションでBOSEサウンドを購入したオーナーには、「思ったほど良くない」という意見が多いようです。

このスピーカーが、もっさりして、曇った音なんです・・・。

th_CIMG3361th_CIMG3366

 

ダッシュボードのスピーカーとセンタースピーカーは、

MERCURY CAR AUDIO M40s:32500円(1個)を取付けます。

40ミリのフルレンジスピーカーです。

スピード感のある、キレイで澄んだ音が鳴ります。

th_CIMG3470

BOSEのセンタースピーカーとダッシュボードの左右のスピーカーを取付ける為の、インナーバッフルを制作します。

th_CIMG3468

アクセラのBOSEサウンドは、このダッシュボード上の3個のスピーカーが非常に重要です。

すごくクリアーで鮮やかな音に生まれ変わります。

th_CIMG3474th_CIMG3383th_CIMG3478

アクセラ専用のドアのスピーカー用のインナーバッフル。

th_CIMG3382

 

 

すっ飛ばして、いきなり取付け完了。(^^)

位相の確認/セッティングをします。

純正BOSEサウンドは、特に位相の設定が重要なのです。

th_CIMG3488th_CIMG3487

th_CIMG3481

 

ドアのスピーカーは、

MERCURY CAR AUDIO の、C62 BOSE MIDBASSth_IMG_0283

完璧な位置に取付けられたドアのスピーカーがグリルから透けて見えます。(^^)

th_CIMG3599th_CIMG3496

アクセラのダッシュボード上のスピーカー交換後:

th_IMG_0339

アクセラのセンタースピーカー交換後:

th_IMG_0338th_IMG_0336th_IMG_0337

ちなみに、

アクセラの純正BOSEサウンドの機能の中に、BOSE センターポイントと言うなぞの機能があります。

この機能は、擬似的に「なんかセンターイメージが良くなったかな?」みたいなエフェクトを演出している面白い機能なのですが、

エフェクトってのは、結果として音質的には、「ONでもOFFでも両方イマイチ」なセットアップがされてしまっているため、ONでもOFFでも、なんかどちらも音場がグニャとして気持ち悪いんです。

ホットワイヤードでは、BOSE の CENTERPOINT も常に良い音で鳴る様にセットアップし直します。(^^)

ボーカルの定位や楽器の位置関係がダッシュボード上に正しく展開するのがはっきりとわかる様になります。

純正BOSEのプロセッサーとアンプは実は結構良い仕事をしているんですよ。

th_IMG_0300

 

 

 

 

アクセラのドアのデッドニングをご紹介します。 

フロントドアのデッドニング:6万円(多めに貼るコース+2万円もあります。)

もし良かったら、作業中の地味な動画も見てあげてください。(>_<)

http://www.youtube.com/hotwiredweb

 

 こちらデッドニング前のドアの画像:

th_CIMG3372th_CIMG3374

ボディー側の外側の鉄板もデッドニングします。

th_CIMG3388

こちらが、デッドニング後のドアの画像:

th_CIMG3402

th_IMG_0343

 

 

 

アクセラのフロントドアのデッドニングの材料:

th_CIMG3393th_CIMG3395

th_CIMG3401

内装のドアパネルもデッドニングします。

th_CIMG3399

 

HOT WIREDのピットにて作業中のアクセラスポーツ。

th_CIMG3518
th_CIMG3516

ドアのデッドニングが完成すると、こんな感じ。

th_IMG_0298 th_IMG_0289

 

 

 

 

 

th_CIMG3537

 

 

 

 

 

アクセラの純正BOSEサウンドのアップグレードプラン、その1。

合計:270,000円(税別)

+デッドニングフロントドア:60,000円(税別)

予約制

お預かり期間一週間くらいお願いしていますが、遠方の方で、短期作業が必要な方はご相談ください。
(こちらの記事でご紹介しております様に先に部品を制作しておいてから作業します。)

代車も無料でご用意できます。

ご予約、お問い合わせは、メールにて。information@hotwired.co.jp

 

以下、アクセラのマツダ純正BOSEのスピーカー交換とドアのデッドニングのお見積です。


M40 BOSE ダッシュ左右のミッドハイおよびセンタースピーカー 40mmフルレンジスピーカー 3 ¥32,500,− ¥97,500,−
C62 BOSE フロント用 16センチミッドウーハー(左右セット) 1 ¥75,000,− ¥75,000,−
         
  フロントインナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式 1 ¥50,000,− ¥50,000,−
  ダッシュボードの左右のスピーカー用
インナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式
1 ¥40,000,− ¥40,000,−
  センタースピーカーのインナーバッフル制作およびスピーカー取付け一式 1 ¥30,000,− ¥30,000,−
         
         
  フロントドアデッドニング一式 1 ¥60,000,− ¥60,000,−
         
         
  配線加工一式            
  取付けに必要な各種部材、ネジなど込み            
   調整一式            

合計:292,500円(税別)

+デッドニングフロントドア:60,000円(税別)

 

上記のスピーカー交換プランに加えて、

+リアドアのスピーカーの交換、デッドニングもすごく効果的ですので、オススメです。(^^)

+ MERUCURY MCR-805 パワードウーハー追加で重低音の底上げもオススメです。

 

※マツダ純正BOSEサウンド用のスピーカーとインナーバッフルを通販をご希望の方は、メールにてお問い合わせください。

 

 

 

アクセラのマツダ純正BOSEのスピーカー交換とドアのデッドニングの画像は、HOT WIREDのFACEBOOKページでご紹介しております。

ホットワイヤードの作業中の動画は、YOUTUBUE の、HOT WIRED CHANNEL でご覧頂けます。

 

 

追記:

後日オーナーサー様よりインプレッションのメールを頂きましたので、
「原文のまま」ご紹介させていただきます。

> 昨日はお世話になりました。
> 帰りに色々と聞きながら帰りましたが大満足です。
> 音が非常にクリアーで一つ一つの音がはっきりと聞こえます。
> 特に女性ボーカルの声が目の前で歌っているように聞こえるのには感動しました。
> それに比べ純正のボーズは全部の音を一緒にガチャガチャ出しているような煩い
> 印象で聞き疲れしてしまい、今までは暫く聞くと音楽を停めていたくらいです。
> また、リアのスピーカーですが前だけから音を出しているとやはり少し物足りな
> い感じでしたので 今後は少しまたお金を貯めてリアの交換を目指します。

 

ありがとうございました!(^^)

またのご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

ホンダ CH-V 純正ナビのままで音質向上 2WAYセパレートスピーカー+DSP内蔵パワーアンプ+パワードウーハー+デッドニング

純正カーオーディオの音質向上の方法で、良くお問い合わせをいただく内容ですので、少し詳しく説明いたします。

良くご質問いただくのは、「カーオーディオの音質向上/音の明瞭化のために、以下の2つの選択肢のどちらが良いですか?」 という内容のものです。

純正スピーカーのままで、三菱サウンドナビ プレミなどの高性能ナビヘッドやDSP等をつける。

純正ナビのままで、スピーカー交換、サブウーハーやパワーアンプ等の追加をする。

もちろん全部できればベストなのですが、費用や時間の都合で、段階を踏んでステップアップして行くケースが多いと思います。

ズバリ、純正ナビのまま、スピーカー交換 をお勧めします。

カーオーディオの音質には、スピーカーの性能が決定的なのです。

特にフロントスピーカーが重要です。

 

 

と、言う訳で、今回はカーオーディオ上級ユーザー様のセカンドカーの、

ホンダCH-Vの音質向上/スピーカー交換の方法の施工例をご紹介します。

純正ナビやちょっと古いカーナビをそのまま使って、音質向上を実現するベストな方法をご紹介します。

今回のキーポイントは、こちらのDSP内蔵小型パワーアンプ、AUDISON Prima 4.9bit を使用するところ。(^^)

B5サイズの超小型パワーアンプですが、パソコンを接続して、専用ソフトで音調整するタイプの、本格的なDSPを内蔵しています。

この一台で、フロント2WAYスピーカーとパワードウーハーの3WAYシステムが構築できます。

フロントスピーカーには、MERCURY CAR AUDIO の C62 2WAYセパレートスピーカー+MCR-805 8インチアンプ内蔵サブウーハーをチョイス。

th_CIMG2114

AUDISON PRIMAのアンプの小ささをMACのマウスと並べて比較してみました。

th_CIMG2124

 

クルマの普段使いのスペースを犠牲にしたくないので、アンプもウーハーもシート下にスッキリと取り付け。

アンプ内蔵ウーハーは、MERCURY CAR AUDIO のMCR-805。

8インチのスクエアウーハーが、小さい筐体からは想像できない、ディープかつスピード感のある高音質な重低音を鳴らします。

どうしてもアンプ内蔵ウーハーしか取り付けできないが、高音質な低音が欲しい方には、MERCURYのパワードウーハーがオススメです。

パワードウーハーの MCR805 が、CH-Vのシート下にギリギリというか、ちょうどピッタリにハマって、まるで専用品のような納まりでした。(^^)

th_CIMG2142th_CIMG2277th_CIMG2288th_CIMG2299

 

 

カーオーディオの音質向上には、スピーカー交換が必須です。

MERCURY CAR AUDIO C62 2WAYセパレートスピーカーを取り付けます。

ドアスピーカーはインナーバッフルで取り付け、ツイーターはピラーに埋込。

インナーバッフルを製作して、位置や高さをベストな位置にセットアップされたドアスピーカーが、純正グリルの真裏で透けて見えています。(^^)

th_CIMG2179th_IMG_5072

 

ドアのデッドニングは、重要なサウンドチューニングですので、STPのデッドニング材をステーの裏側など、細かいところまで丁寧に貼り込みます。

細切れのデッドニング材を貼る方がはるかに簡単なのですが、出来るだけ一枚貼りで材料の強度を落とさない工夫や金属製のローラーで丁寧に圧着する地味な努力が音質に影響してきます。

サービスホールを埋めることだけが目的ではなく、ドアの鉄板部分に全面に貼り込み、金属ローラーで強力に圧着する必要があります。

th_CIMG2149th_CIMG2151th_CIMG2155 th_CIMG2159

th_CIMG2152 th_CIMG2154

 

 

ツイーターは、Aピラーに埋込、整形後、レザーを貼って仕上げます。

手作りのワンオフなので、大変手間がかかりますが、ツイーターをできるだけ遠く、左右は広く、最適な位置と角度で取り付けることは、音質向上には最も重要な要素なのです。

th_CIMG2162 th_CIMG2163

th_CIMG2164

 


 

DSP/デジタルプロセッサー内蔵のアンプは、つけて音が出ただけでは、良い音にはなりません。

正しく音調整をするためには、各種測定機器と調整機器を使いこなす技術と知識のあるインストーラーがかなりの時間をかけてサウンドセッテッイングをする必要があります。

残念ながら、人間の耳で聞いて、だいたいで合わせる程度では、DSPの性能を発揮することはできないのです。

th_CIMG2186

 

AUDISON prima のソフトウェアをインストール。本体のファームウェアもアップデートする必要があります。

調整用のソフトウェアは、イタリアAUDISONのホームページからダウンロードできます。

th_CIMG2192

イコライザーの調整には、RTAが必要になります。

th_CIMG2247 th_CIMG2256

 

特に、AUDISON PRIMA、HELIX DSP、JL AUDIO、MOSCONI、FOCAL、RAINBOW、MATCH、ROCKFORDなどの海外ブランドのDSPデジタルプロセッサーは、大変に多機能で、パソコンと専用のソフトウェアを使用した高度なサウンドセッテッイングを必要とし、人間の耳で聞いただけでは正しく調整できることはありません。

アンプのゲイン調整、クロスオーバー、タイムアライメント、イコライザーなどを正しくサウンドチューニングして、はじめて音質向上が実現するのです。

th_CIMG2245th_CIMG2190

 

 

 

他店で取付のカーオーディオ、デジタルプロセッサー/DSPのサウンドセッテッイングのみのご依頼もたくさんの実績があり、お客様に好評をいただいております。(^^)

カーオーディオのサウンドセッテッイング/音調整のご予約は、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

TOYOTA C-HR サウンドナビ+フロントスピーカー交換+パワードウーハー取り付け/音調整

以前に、トヨタ C-HR にサウンドナビの音調整をさせていただいたお客様が再度ご予約いただきました。

既に他店で、サウンドナビ、フロントにHELIXのスピーカー取り付け、ドアのデッドニングなどが施行済みとの事でしたが、さらなる音質アップのためのグレードアップの方法をご相談いただきました。

th_CIMG8158th_CIMG8165

 

デモボードで視聴していただき、音質を確認していただき、フロントスピーカーは、
MERCURY C62 2WAYセパレートスピーカー:85000円(税別)
に取り替える事にしました。

th_CIMG8185

 

今までつけていたHELIXのスピーカーと、今回取り付ける MERCURY C62 の比較:

マグネットの大きさ、フレームの作りからみても、あきらかな高性能を予感させます。(^^)

th_CIMG8266th_CIMG8269

 

 

サブウーハーには、薄型のパワードウーハー、MCR-805をチョイス。

シート下に取り付けします。

th_CIMG8179 th_CIMG8191

C62のツイーターは、Aピラーに埋込、黒のスエードで仕上げました。
th_IMG_3452 th_IMG_3457th_CIMG8250

 

 

なぜか、ドアの前半分だけデッドニングがされていましたので、オーナー様とご相談の上、すでにはがれている部分などを修理しながら前半分はできるだけ再利用して、後ろ半分もデッドニングを追加する事にしました。

ドアのデッドニングは、各ショップのノウハウがある部分ですが、
細かく切った材料より、一枚貼りの方が強度が高く、また、デッドニング材が強く圧着されていないと効果がない、耐久性が低い、と考えています。

施行は手間がかかるのですが、ホットワイヤードでは、できるだけドアの鉄板の広範囲に、一枚貼りで、金属ローラーでしっかりと圧着するように心がけています。

th_CIMG8143 

前半分がAUREXで、後ろ半分がSTPという、ツートンカラーのデッドニングになったのはそのような経緯があったからです。(^^)

th_CIMG8183

ドアパネル側は何も施行されていなかったので、こちらもSTPでデッドニングをすることにしました。

結構多めに貼っています。(^^)

th_CIMG8171th_CIMG8169

th_CIMG8170


純正グリルの真裏にパーフェクトにセットアップされた MERCURY C62 のミッドスピーカーが透けて見えています。(^^)

音がスカッ!と車内に抜けてきます。

ものスゴく良い音になりました。(^^)

th_IMG_3465

th_IMG_3460

 

すべての取付が完了したら、各スピーカーの位相を確認してから、サウンドナビプレミのプロセッサーのサウンドセッティングをします。

カーオーディオのサウンドセッティングのやり方の詳細は、こちらのカテゴリーで詳しく紹介しています。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?cat=1438

 

 

 

 

C-HRのフォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページのPHOTでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=1962506573792407

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************