カーオーディオとiPhone/スマホ できるだけ良い音で聴きたい! ライトニングをデジタル出力に変換する

カーオーディオに繋いだスマホやiPhone をできるだけ良い音で聴くために一番効果的な方法は、ライトニングからの音声出力をデジタル出力に変換して、光ケーブルでプロセッサーにデジタル入力する方法です。

iPhoneやスマホにもがんばってハイレゾなどの高音質の音源を入れていても、アナログ入力では音質向上は望めません。

その結果、「ハイレゾなんてたいしたこないじゃん」みたいになっちゃう訳ですが、

ハイレゾ音源だけぶち込んでも音質向上はないのです。

 

スマホやiPhoneの音源をデジタル変換できる唯一の商品がこちら、

デジタルトランスポートD/Aコンバーター:希望小売価格 ¥15,000.(税抜)
ハイレゾプレーヤーやスマートフォンからのハイレゾ音源を
高音質でカーオーディオに出力。
 
th_CIMG5783

th_CIMG5785

th_CIMG5784

デジタル変換して、光ファイバーでプロセッサーへ直接入力します。
アナログ出力も持っています。
 
 
ホットワイヤードでは、iPhone/スマホをヘッドユニットに下カーオーディオが得意です。
iPhoneだけで、ハイエンドカーオーディオのコンテストに出場して、優勝もしています。(^^)
実はこれらの車両でも、デジタルトランスポートでデジタル変換して、DSPに入力する手法を採用しています。
 
シトロエンC4
 
BMW 318i
 
 
 
 
 
 
 
 
<!–

p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px Meiryo; color: #323333}

p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 13.0px Meiryo; color: #323333; min-height: 20.0px}

p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #323333}

p.p4 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; color: #323333}

p.p5 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; color: #1b8be0}

span.s1 {letter-spacing: 0.0px}

span.s2 {font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; letter-spacing: 0.0px}

span.s3 {font: 15.0px ‘Hiragino Kaku Gothic ProN’; letter-spacing: 0.0px}

span.s4 {font: 15.0px ‘Helvetica Neue Light’; letter-spacing: 0.0px; color: #1b8be0}

–>

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

 

NCロードスター マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換/ドアのデッドニング/車内の静音化

NCロードスターの、マツダ純正BOSEサウンドのスピーカー交換とドアのデッドニングのご紹介です。

 

今回のNCロードスターは、宮城県のお客様です。

クルマはフェリーと陸送でホットワイヤードまで運ばれてきました。(^^)

HOT WIREDは、遠方からのお客様とても多いのですが、メールや電話でお打ち合わせをして、お見積をして、連絡を取りながら丁寧に進めますので安心してご依頼いただいております。

また、作業記録の大量の画像や動画も撮影していますので、興味のあるオーナー様にはご好評を頂いております。

th_CIMG5129 th_IMG_1179

 

 

 

NCロードスターの純正ボーズサウンドは、ちょっと曇った残念な音が何とかならないかと思っているオーナー様が多いと思います。

しかし、NCロードスターの純正BOSEシステムは、特殊なオーディオシステムになっていて、一般的な汎用スピーカーのスピーカー交換ができません。

 

NCロードスター 純正ボーズサウンド

こちらがNCロードスター純正ボーズのドアスピーカーです。

th_IMG_0901th_IMG_0899

一見ツイーターが入っていそうに見える上側のグリルの中には、中高音を広く再生する、ツイドラーが入っています。

純正ボーズのスピーカー交換で一番重要なのが、このツイドラーやセンタースピーカー、リアサラウンドスピーカーなのです。

ベンツやポルシェの純正BOSE、シボレーやインフィニティなどのアメ車の純正BOSEサウンドスピーカーにもこのようなワイドレンジスピーカーが採用されています。

th_IMG_0900th_CIMG5159 th_CIMG5158 th_CIMG5191 th_CIMG5190 th_CIMG5157

 

純正BOSEのスピーカー交換には、MERCURY CAR AUDIO のスピーカーが最適です。

純正BOSEの特殊なサイズやインピーダンスに対応しています。

th_CIMG5236 MERCURY CAR AUDIO C62:ミッドウーハー

th_CIMG5152MERCURY CAR AUDIO :M40 ワイドレンジスピーカー

 

NCロードスターのドアピーカー交換:

ワイドレンジスピーカーは、HOT WIREDオリジナルのバッフルを製作して取り付けます。

取り付けには、音を良くする色々なノウハウもあります。(^^)

th_IMG_0903th_IMG_5917th_IMG_5908th_IMG_5909

 

ドアのミッドウーハーは、HOT WIREDオリジナルのインナーバッフルを製作してスピーカーを取り付けます。

インナーバッフルにもノウハウがあります。(^^)

th_CIMG5238th_CIMG5234

 

th_IMG_0814 th_IMG_0993 th_IMG_0985

th_CIMG5214 th_CIMG5215

 

 

 

 

 

 

NCロードスターのドアの中は、外部からの水の浸入がとても多くて、事実初期のモデルではメーカーがリコールでスピーカーを交換していた時期もあるようです。

なので、特に念入りに防水加工を施しています。

HOT WIREDのインナーバッフルは、見た目は汚いですが、外に見える部分ではないので、性能重視なのです。

 

th_CIMG5219 th_CIMG5180

 

 

マツダ純正ボースに限らず、

メーカー純正BOSEサウンドのスピーカー交換でものすごく重要なのが、センタースピーカーとサラウンドスピーカーなのです。(^^)

「ステレオは左右2ch.だけだから、センタースピーカーやサラウンドスピーカーなんていらない」なんて昭和な発想のオーディオシステムじゃないんですよ!

NCロードスター純正BOSEサウンドは、センタースピーカーとリアスピーカーも各帯域の再生をになっており、BOSE内蔵アンプ/プロセッサーの制御で、全部でワンセットサウンドシステムとして成立していますので、全部のスピーカーをアップグレードする事がとても効果的なのです。

th_IMG_5943

NCロードスターのセンタースピーカーの交換。

※BOSEサウンドは、センタースピーカーもフロントスピーカーの一部という役割を担っていますので、絶対に殺してはいけません!
th_IMG_5950 th_IMG_5946

NCロードスターのリアスピーカーの交換。

※ BOSEサウンドのリアスピーカーを殺してしまうと、中抜けのすごーくつまらない音になってしまいます。
th_IMG_5971




th_IMG_5934

 

BOSEのスピーカー交換とセットで人気のデッドニングにもHOT WIREDのノウハウが生かされています。(^^)

お客様の評判も大変良いので、自信を持ってお勧めしております。

ドアのデッドニング一式:60000円(画像は多めコースの8万円)

th_CIMG5212 th_CIMG5211 th_CIMG5188

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2200185873357808

 

 

フルボリューム近くまでボリュームを上げても、音割れする事もなく、パワフルかつクリーンな、気持ちの良いサウンドを聴かせてくれるようになりました。(^^)

外観への加工はありませんので、見た目は純正のままです。

NCロードスター 純正BOSEサウンド  th_IMG_5871

 

 

今回のNCロードスターのスピーカー交換の費用一覧:


MERCURY CAR AUDIO C62 MID WOOFER(左右セット) 1 ¥75,000,−
インンバーバッフル製作およびスピーカー取り付け一式 1 ¥60,000,−
MERCURY CAR AUDIO M4 FULL RANGE SPEAKER 5 ¥25,000,−
ドアのツイドラー用バッフル製作および取り付け一式 1 ¥40,000,−
センタースピーカー用バッフル製作および取付一式 1 ¥30,000,−
リアスピーカー用バッフル製作および取付一式 1 ¥40,000,−
リアスピーカー脱着のための内装パネル脱着等一式 1 ¥35,000,−
     
ドアのインナーバッフルの防水加工/ラバーペイント 1 ¥35,000,−
 合計:440,000円(税別)    
     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成して、名古屋港のフェリーターミナルで船を待つNCロードスター君。v(^^)v

名古屋-仙台-苫小牧は、定期便が就航していて、無人でもクルマやバイクだけも運んでくれます。

th_IMG_1179 th_IMG_1213

 

 

後日お客様からインプレのメールを頂きましたので、「原文のまま」ご紹介させていただきます。

 

> スピーカー交換、デッドニングのインプレッション:
> まず最初に気づいたのは、デッドニングの効果だと思いますが、
> 走行中の車内がとても静かになっていた事です。
> 音響的には、ノーマルBOSEスピーカーは、音の解像感が低く、どこか曇ったような音で、正直ちょっとがっかりしていたのですが、

> スピーカー交換とデッドニングによって、音がクリアーになり、
> シンバル等の高音域の金属音がとてもリアルに生々しく聴こえ、
> ドラム等の低音域の音も迫力があり、
> とても感動いたしました。
> 今回HOT WIRED様にオーディオのアップグレードをお願いして本当に良かったです。
> ありがとうございました。

 

 

実感していただけたようで大変うれしく思います。

新品のスピーカーはまだ音が固いので、慣らしが終わると馴染んでもっと良い音になりますので、楽しみにしていてくださいね。v(^^)v

ありがとうございました。

 

 

NCロードスターの施行中の画像などは、HOT WIREDのFACEBOOKでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2200185873357808

 

マツダ純正BOSEのスピーカー交換、NCロードスターのスピーカー交換は、お気軽にHOT WIREDまでご用命ください。

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2019

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

information@hotwired.co.jp

W213 Mercedes Benz E63 AMG 本国仕様フルパワー化の方法

W213 Mercedes BenzE63 AMG 本国仕様フルパワー化の方法をご紹介します。

th_CIMG4177th_CIMG4194

本国仕様の制御プログラム、AMGのパフォーマンスプログラムのインストールで、AMG本来の性能を発揮できるようになります。

日本仕様で制限されているパフォーマンスを解放します。

本国AMGの純正プログラムですので、車両へのダメージはありません。

※弊社が提供するパフォーマンスアップのソリューションは、部品の取付や物理的な加工は発生しません。

 E63 AMG 本国仕様フルパワー化1

メルセデスベンツ W231 E63 AMG / E63s AMG 用 本国仕様AMGプログラムおよびインストール一式:850,000円(税別)

主なプログラムと機能の内容は以下の4項目になります。

INCREASE POWER OUT PUT BY 48HP:エンジン出力48hp アップ/48馬力アップ

REMOVE TORQUE LIMITATION AT GEAR:トルクリミッター解除

INCREASE EMERGENCY BRAKE POWER:ブレーキパワー増幅

UNLOCK SPEED LIMIT:スピードリミッター解除

 

以下のカスタムコーディングもご希望があれば施工いたします。

デイライト光量UP

シートベルト警告音解除

エコストップ解除

W213 テレビキャンセラー/ナビキャンセラー

 

※ただいま施工後の感想/インプレを簡単な文章でメールしていただく事を条件に、プロモーション価格(50%OFF)で施工をさせていただく、モニターを募集しています。

ご協力いただける方は、是非この機会にご一報ください。

information@hotwired.co.jp

 

 E63 AMG 本国仕様フルパワー化コーディング

各国の事情や規制に合わせて制限された機能や性能を本来のパフォーマンスにもどしてあげるだけですので、車両へのダメージや破損の心配はありません。

物理的な加工や部品の取り付け、エンジンやマフラーなどの改造をする事なく、比較的安全/安心して楽しめるAMG純正パフォーマンスアップですが、日本国内においてはあくまでも改造車愛好家、サーキット走行愛好家、自己責任で改造車に乗る事のリスクにご理解のある方向けの『改造』です。

車検、道路交通法、正規ディーラーの対応などのご質問はご遠慮願います。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

メルセデスベンツ AMG GLC63 / GLC63S コーディングによるパワーアップ/48馬力アップ

MERCEDES BENZ AMG GLC63 / GLC63S 

GLC63AMG パフォーマンスアップ コーディング

メルセデスベンツ GLC63 AMG コーディングによるパワーアップ/48馬力アップ

コーディングによるAMGのパフォーマンスアップを提供します。

日本仕様で制限されているパフォーマンスを解放します。

本国仕様の制御プログラム、AMGのパフォーマンスプログラムのインストールで、AMG本来の性能を発揮できるようになります。

本国AMGの純正プログラムですので、車両へのダメージはありません。

※弊社が提供するパフォーマンスアップのソリューションは、部品の取付や物理的な加工は発生しません。

 

GLC63AMG パワーアップ コーディング

GLC63AMG パワーアップ コーディング


 

GLC63AMGブレーキ強化

GLC63AMGブレーキ強化


メルセデスAMG GLC63 / GLC63S 用 本国仕様AMGプログラムおよびインストール一式:850,000円(税別)

主なプログラムとコーディングの内容は以下の4項目になります。

INCREASE POWER OUT PUT BY 48HP:エンジン出力48hp アップ/48馬力アップ

REMOVE TORQUE LIMITATION AT GEAR:トルクリミッター解除

INCREASE EMERGENCY BRAKE POWER:ブレーキパワー増幅

UNLOCK SPEED LIMIT:スピードリミッター解除

 

以下のカスタムコーディングもご希望があれば施工いたします。

デイライト光量UP

シートベルト警告音解除

エコストップ解除

テレビ/ナビキャンセラー

 

各国の事情や規制に合わせて制限された機能や性能を本来のパフォーマンスにもどしてあげるだけですので、車両へのダメージや破損の心配はありません。

物理的な加工や部品の取り付け、エンジンやマフラーなどの改造をする事なく、比較的安全/安心して楽しめるAMG純正パフォーマンスアップですが、日本国内においてはあくまでも改造車愛好家、サーキット走行愛好家、自己責任で改造車に乗る事のリスクにご理解のある方向けの『改造』です。

車検、道路交通法、正規ディーラーの対応などのご質問はご遠慮願います。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

韓国初の国際カーオーディオコンテスト、EMMA KOREA 2018 の音質審査のジャッジのお仕事 その1

EUROPEAN MOBILE MEDIA COMPETITION(EMMA)

ヨーロッパに本部がある、国際規格カーオーディオコンテストです。

韓国は、2018年から正式にEMMAに参加する事になり、今回はじめて開催される、EMMA KOREA 2018 の音質審査の国際ジャッジとしてご招待いただき、韓国へ行ってきました。

th_CIMG2894EMMA KOREA HIROKI MIWA

土曜日の夕方に到着して、ジャッジミーティングや打ち合わせをして、9/30日曜日に、INCHEON ASIAN MAIN GAME STADUIM という、多分サッカー場?デカいスタジアムの駐車場でEMMA KOREA 2018が開催されました。

韓国には11人のEMMAジャッジがいます。

NATIONALジャッジとINTERNATIONALジャッジがペアで行動して、音質審査はインターナショナルジャッジが実施して、質問事項や書類の記入は韓国のジャッジが対応してくれましたので、言葉の問題は比較的少なく、審査は大変スムーズに進みました。

私は、ENTRYクラスの7台と、MASTERクラスの5台、合計12台の音質審査を担当させていただきました。

EMMA KOREA 2018の画像は、ホットワイヤードのFACEBOOKページのフォトギャラリーでご覧いただけます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006

 

海外のカーショーやコンテストに参加すると、新しい発見が多くて、楽しいです。(^^)

その国ならではのカスタムや商品、テクニックなど、海外のカーオーディオのカスタムは、いろいろ違う事が多くてとても興味深く、いろいろ勉強になります。

カスタムパーツもですが、カーオーディオ関係の商品では、日本では手に入らないブランドや商品がとても多いのです。

韓国では、日本の様な2DINカーナビ(私はガラナビと呼ぶ)や社外のカーオーディオのヘッドユニットやCDプレーヤーがほとんどないようです。

最初から純正ナビ+CD/DVDが付いているクルマが多いみたいですが、純正ヘッドは使わずに、USBや携帯電話などの何らかのメディアプレーヤーをソースユニットとして使っています。

私が担当したクラスの音質審査の音源で、CDを使うクルマが1台もありませんでした。(;^_^

OEMスタイルが主流のようで、純正ナビ+メディアプレーヤー+DSP(デジタルプロセッサー)+ パワーアンプ+サブウーハーというシステムがトレンドのようです。

ピラーにツイーターを埋込のインストールが多く、ドアはインナーバッフルのみで、あまり加工しない人が多いようです。

DSPは、韓国の国産ブランドがたくさんあるようです。

カーナビに関しては、完全にスマホのアプリに移行しているようです。

新車で純正ナビが付いているクルマでも、携帯のナビアプリの方が高性能で使いやすいと事で、皆さんスマホのナビアプリを使っています。

アプリは無料で、地図データ自動でアップデートされ、道路に設置されたカメラやセンサーと通信してリアルタイムの渋滞情報なども表示されてたいへん便利なようです。

こちらは、日本ブランドなのに、日本市場から撤退した、SONYの車載ハイレゾプレーヤーも人気でした。

th_CIMG2815

 

EMMA韓国のカテゴリー分けは、4種類。

th_CIMG2871th_CIMG2740

th_CIMG2697th_CIMG2694

th_CIMG2869

 

 

韓国のクルマはすべて左ハンドルです。

まだ世界には見た事ないクルマがたくさんあるんですねー。(;^_^

てゆーか、見た事ないクルマばっかりです・・・。

カーオーディオも、見た事ないブランドも多いです・・・。

このクルマのハンドルと内装を見て車種をあてられる人は相当な韓流マニアですね。(^^)

th_CIMG2765 th_CIMG2789 th_CIMG2760 th_CIMG2793 th_CIMG2822 th_CIMG2814 th_CIMG2838

 

100万円オーバーのパワーアンプが3台?

すごいハイエンドカーオーディオ搭載車両もあり、

th_CIMG2783

 

 

うらやましいのは、このかわいいデザインのトロフィーがステキ。(^^)

th_CIMG2893

 

審査員への感謝状として、私もこんなカッコよくてずっしり重いプラークをいただきました。(^^)

th_CIMG2892

th_CIMG2890 

 

こちらは台湾から来た国際ジャッジの皆さん。

th_CIMG2947 th_CIMG2939

 

ハイエンドカーオーディオのコンテストの音質審査を厳密に公平に実行するには、外国人ジャッジを起用する事が最も有効な手法だと実感しました。

国内ジャッジのスキルアップにも有効です。

国産カーオーディオやクルマの車種すらわからない、知り合いもいない、何の利害関係もない外国人ジャッジによる音質審査のコンテストは、先入観もなく、最もフェアで公平に採点できる唯一のカーオーディオコンテストだと思います。 

その意味からも、私は、EMMA と IASCA のフォーマットを強く支持しています。

 

 

 

 

こちらは、韓国のカーオーディオ専門誌、その名もズバリ、「CAR AUDIO」。

分厚くて、全ページフルカラーのカーオーディオの専門誌が毎月発行なんです。(^^)

 th_IMG_9494

 

EMMA KOREAのスタッフや韓国ジャッジの皆さんには、大変良くしていただいて、とても楽しい、貴重な経験になりました。

韓国の有名カーオーディオショップの視察にも連れて行っていただきました。

こちらは、「CAR AUDIO」の編集長。

本当にありがとうございました。 감사합니다

th_IMG_9491

 

日本もEMMAに参加しています。

2013年から正式にスタートした、EMMA JAPAN の様子はこちら!

 

EMMA JAPAN FINAL 2018 は、11/25 お台場にて開催です!

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

 

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************