韓国初の国際カーオーディオコンテスト、EMMA KOREA 2018 の音質審査のジャッジのお仕事 その1

EUROPEAN MOBILE MEDIA COMPETITION(EMMA)

ヨーロッパ規格の国際カーオーディオコンテストです。

韓国でははじめて開催される、EMMA KOREA 2018 の音質審査の国際ジャッジとしてご招待いただき、韓国へ行ってきました。

th_CIMG2894

土曜日の夕方に到着して、ジャッジミーティングや打ち合わせをして、9/30日曜日に、INCHEON ASIAN MAIN GAME STADUIM という、多分サッカー場?デカいスタジアムの駐車場でEMMA KOREA 2018が開催されました。

韓国には11人のEMMAジャッジがいます。

NATIONALジャッジとINTERNATIONALジャッジがペアで行動して、音質審査はインターナショナルジャッジが実施して、質問事項や書類の記入は韓国のジャッジが対応してくれましたので、言葉の問題は比較的少なく、審査は大変スムーズに進みました。

私は、ENTRYクラスの7台と、MASTERクラスの5台、合計12台の音質審査を担当させていただきました。

EMMA KOREA 2018の画像は、ホットワイヤードのFACEBOOKページのフォトギャラリーでご覧いただけます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006

 

海外のカーショーやコンテストに参加すると、新しい発見が多くて、楽しいです。

その国ならではのカスタムや商品、テクニックなど、海外のカーオーディオのカスタムは、いろいろ違う事が多くてとても興味深く、いろいろ勉強になります。

カスタムパーツもですが、カーオーディオ関係の商品では、日本では手に入らないブランドや商品がとても多いのです。

逆に、韓国では、日本の様な2DINカーナビ(私はガラナビと呼ぶ)や社外のカーオーディオのヘッドユニットやCDプレーヤーがほとんどないようです。

最初から純正ナビ+CD/DVDが付いているクルマが多いみたいですが、純正ヘッドは使わずに、USBや携帯電話などの何らかのメディアプレーヤーをソースユニットとして使っています。

私が担当したクラスの音質審査の音源で、CDを使うクルマが1台もありませんでした。(;^_^

OEMスタイルがトレンドのようで、純正ナビ+メディアプレーヤー+DSP(デジタルプロセッサー)+ パワーアンプ+サブウーハーというシステムがトレンドのようです。

ピラーにツイーターを埋込、ドアはインナーバッフルのみで、あまり加工しない人が多いようです。

DSPは、韓国の国産ブランドもたくさんあるようです。

カーナビに関しては、完全にスマホのアプリに移行しているようです。

新車で純正ナビが付いているクルマでも、携帯のナビアプリの方が高性能で使いやすいと事で、皆さんスマホのナビアプリを使っています。

アプリは無料で、地図データ自動でアップデートされ、道路に設置されたカメラやセンサーと通信してリアルタイムの渋滞情報なども表示されてたいへん便利なようです。

こちらは、日本のブランドなのに、日本市場から撤退した、SONYの車載ハイレゾプレーヤーも日本では入手困難なハイエンドカーオーディオ商品。

th_CIMG2815

 

EMMA韓国のカテゴリー分けは、4種類。

th_CIMG2871th_CIMG2740

th_CIMG2697th_CIMG2694

th_CIMG2869

 

 

韓国のクルマはすべて左ハンドルです。

まだ世界には見た事ないクルマがたくさんあるんですねー。(;^_^

てゆーか、見た事ないクルマばっかりです・・・。

スピーカーも、見た事ないブランドも多いです・・・。

このクルマのハンドルと内装を見て車種をあてられる人は相当な韓流マニアですね。(^^)

th_CIMG2765 th_CIMG2789 th_CIMG2760 th_CIMG2793 th_CIMG2822 th_CIMG2814 th_CIMG2838

 

100万円オーバーのパワーアンプが3台?

すごいハイエンドカーオーディオ搭載車両もあり、

th_CIMG2783

 

 

うらやましいのは、このかわいいデザインのトロフィー。(^^)

th_CIMG2893

私もこんなカッコよくてずっしり重いプラークをいただきました。(^^)th_CIMG2892

th_CIMG2890 

 

こちらは台湾から来た国際ジャッジの皆さん。

th_CIMG2947 th_CIMG2939

 

ハイエンドカーオーディオのコンテストの音質審査を厳密に公平に実行するには、外国人ジャッジを起用する事が最も有効な手法だと感じます。

国内ジャッジのスキルアップにも有効です。

国産カーオーディオやクルマの車種すらわからない、知り合いもいない、何の利害関係もない外国人ジャッジによる音質審査のコンテストは、先入観もなく、最もフェアで公平に採点できる唯一のカーオーディオコンテストだと思います。 

その意味からも、EMMA と IASCA を強く支持しています。

 

 

 

 

こちらは、韓国のカーオーディオ専門誌、その名もズバリ、「CAR AUDIO」。

分厚くて、全ページフルカラーのカーオーディオの雑誌が毎月発行なんです。

 th_IMG_9494

 

EMMA KOREAのスタッフや韓国ジャッジの皆さんには、大変良くしていただいて、とても楽しい、貴重な経験になりました。

韓国の有名カーオーディオショップの視察にも連れて行っていただきました。

こちらは、「CAR AUDIO」の編集長。

本当にありがとうございました。 감사합니다

th_IMG_9491

 

EMMA JAPAN FINAL 2018 は、11/25 お台場にて開催です!

2013年から正式にスタートした、EMMA JAPAN の様子はこちら!

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

 

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=album&album_id=2007933912583006 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ユーザー参加型のカーオーディオミーティングのご紹介 トライム サウンドミーティング/ユナイテッドサウンドジャンボリー 2018

カーオーディオのコンテスト/サウンドミーティングというと、ほとんどが特定のブランドの商品を搭載している事を参加条件にしたり、特定のメーカー/ショップだけでやってるものが多くて、グローバルスタンダードで生きたい非国民なホットワイヤードとしては正直敬遠しています。(;^_^

th_th_CIMG1921

EMMAとIASCAは、メーカーや使用商品、搭載ブランドの縛り、制限、差別がない、国際規格の世界共通ルールでのカーオーディオのコンテストですので、HOT WIREDのデモカーもエントリーしています。

emma japan 3年連続 優勝 hot wired デモカー bmw 318i

EMMA JAPAN 2013-2014-2015
マスタークラス(金額無制限クラス)3年連続優勝 HOT WIREDデモカー BMW 318i


ただ、EMMA/IASCAのような国際規格のハイエンドカーオーディオコンテストは、ちょっと敷居が高い感じがしますが、今回ご紹介するサウンドミーティングは、

「ユーザー同士がカーオーディオを視聴して、投票する」タイプのコンテストですので、気軽にみんなみんなで楽しめると思います。

そして、メーカーやブランドの縛りがありません。

ので、カーオーディオ好き/クルマ好きなら誰でも参加OK、ぜひ一緒にカーオーディオのミーティングに参加してみませんか?

 

参加申し込みは、以下のエントリー用紙をご使用ください。

トライムサウンドミーティング2018中日本申込用紙(台風21号の影響により中止)

トライムサウンドミーティング中日本2018案内

 

 

そしてもう一つ、とってもすてきなカーオーディオ系 屋外イベントをご紹介します。

united sound jamboree  ユナイテッドサウンドジャンボリー

https://www.facebook.com/unitedsoundjamboree/?fb_dtsg_ag=AdzoMDaAxKHMpz01rS32IC6_iY32FOlPGLXh1Z6fDuISdg%3AAdw_TeNOK5vO_wr2nS83Vrd1C-39K2Q6auoWe-IzekorzQ 

 

UNITED SOUND JAMBOREE2018とは???

富士山の麓の大自然のオートキャンプ場を貸し切り、車好き・音楽好きが集まる1泊2日のキャンプイベントです。オーディオを付けてる人はもちろん、友人・家族も気軽に参加出ができます。特大プールやキッズスペースもありますので、小さいお子様連れでも安心です。また会場でテントやバーベキューセットのレンタルも可能(数に限りがあります)なので、キャンプ初心者・アウトドア初心者でもお気軽にご参加できます。
隣接の会場ではサウンドミーティングを開催します。使用ブランドの縛りはなく、オーディオ装着車両ならどなたでも参加可能です。自分なりのオーディオの楽しみ方をアピールし、新しいコミュニケーションの場としてもご利用ください。

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ベンツ Eクラス ワゴン W213 後期 純正ブルメスターのツイーター交換/電動ロータリー3Dツイーター取付け

ベンツ Eクラス ワゴン W213 後期 純正ブルメスターのツイーター交換の方法:

th_IMG_4651th_IMG_4653

ベンツ純正ブルメスター用、電動ロータリー3Dツイーター取付けのご紹介です。

 

曇った音が残念な、BENZ純正BURMESTERサウンドですが、実は、ツイーターのアップグレードで、劇的な音質向上が実現できるのです。

欠品でお待たせしていました、W213 BENZ E400 ワゴンのお客様の、
E CLASS用の電動3Dツイーターが入荷しました。

th_IMG_4656 th_IMG_4678 th_IMG_4665

 

MERCEDES BENZ E CLASS W213 
純正BURMESTER用アップグレード 3D TWEETER:258,000円(税別)

3Dツイーターの取付け作業時間:1〜2時間くらい。

取付け作業のご予約は、メールにて承っております。

information@hotwired.co.jp

 

th_IMG_4672 th_IMG_4670

 

電動3D TWEETERのリングは、アンビエントライトの色の設定に連動して、変化します。

th_IMG_7897 th_IMG_7896 th_IMG_7894
th_IMG_7895

 

th_IMG_2560

 

※注意

ベンツ純正BURMESTERの3Dツイーターとは違います

ベンツ純正BURMESTERの3Dツイーターでは、音質的に物足りない人が、「純正3Dツイーターを取り外して、付け替える為のアップグレード用のハイエンドツイーター」です。

純正BURMESTERの3Dツイーターよりも大型の25mmのツイーターユニットを内蔵しており、音質向上を目的としたハイエンドカーオーディオ機器です。

※EU仕様(本国仕様)のベンツ純正の3Dツイーターと付け替えても、音質向上はありませんので、ご注意ください。

また、音質向上を目的としない、動きや光のギミックを楽しむ為だけのドレスアップパーツも数多く存在するようですので、注意してください。

 ベンツ純正ブルメスターの音質向上は、ホットワイヤードまでご相談ください。

information@hotwired.co.jp

 

 

ベンツ純正ブルメスターの音質向上の方法、ベンツのスピーカー交換、電動ロータリー3D TWEETER の詳細の説明は、こちらのブログ記事で紹介しております。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10274

 

W222 Sクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10693

W213 Eクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11039

W205 Cクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10733

W253/X253 GLCクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11087

 

電動ロータリー3D TWEETERの動作の動画は、HOT WIRED CHANNELでご覧頂けます。

 

Eクラス W213 ベンツ純正ブルメスター用 電動3Dツイーターのアンビエントライトの色の連動の様子

W213 E-CLASS ベンツ純正ブルメスター用 電動ロータリー3Dツイーターの音質検証 EMMA審査CD再生iPhone

https://youtu.be/ikcIxnyhtyg

 

メルセデスベンツ Sクラス専用 車種別スピーカー W222 純正BURMESTERの音質改善 電動ロータリー3Dツイーター

https://youtu.be/oFvk1UFHiHE

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

メルセデスベンツ Eクラス W213 純正ブルメスターの音質向上の方法/ツイーター交換/電動ローターリー3Dツイーターの取付

BENZ E CLASS W213 純正BURMESTER SOUND の音質向上の方法、ツイーター交換のご紹介です。

ベンツ純正ブルメスターの音質に不満のオーナー様からのお問い合わせが増えています。

純正ブルメスターサウンドは、汎用スピーカーの取付ができません。

車種別専用設計のスピーカーユニットが必要です。

W213 Eクラスのツイーターをアップグレードする事で、ブルメスターの性能をフルに発揮できる様になり、音質向上が実現します。

 

納車前からご予約いただいており、本日ホットワイヤードに入庫して頂きました、

メルセデスベンツ Eクラス E200 ベンツ純正ブルメスターサウンド装着車。

th_IMG_3481

電動3Dツイーターにアップグレードする事で、鮮やかな中高音域を再生できる様になり、全体の音質改善に効果があります。

ツイーター交換だけで、あきらかな音質向上が体感できます。

専用設計のカプラーオン取付で、車両への加工はありません。

ベンツのアンビエントライトに連動してLEDの色が変り、イグニションON/OFFに連動して、ツイーターが回転しながらせり上がってくる様子は、ドレスアップ効果も高いです。

※音質向上の効果が無く、電動ギミックだけのドレスアップパーツもあるようですので、間違えない様にご注意ください。

3D TWEETER の動画は HOT WIRED CHANNEL でご覧頂けます。

Eクラス W213 ベンツ純正ブルメスター用 電動3Dツイーターのアンビエントライトの色の連動の様子:動画

W213 E-CLASS ベンツ純正ブルメスター用 電動ロータリー3Dツイーターの音質検証 EMMA審査CD再生iPhone:動画

 

 

こちらがアップグレード前の、純正ブルメスターのツイーターです。

th_IMG_3484th_IMG_3482 th_IMG_3488

 

 

やっと入荷しました、TOP PALACE の 電動ロータリー3Dツイーターです。

BENZ E CLASS専用 電動ROTARY 3D TWEETER

※純正部品ではありません。 
 ブルメスターの音質向上の為に、25mmハイエンドツイーターを内蔵したアップグレード用の海外製品です。

th_IMG_3494 th_IMG_3500 th_IMG_3509

 

電動ローターリー 3Dツイーターの取付け完了後の画像がこちら。

th_IMG_3524

th_IMG_3522th_IMG_3525 th_IMG_3527 th_IMG_3528 th_IMG_3533 th_IMG_3544

  

MERCEDES BENZ E CLASS 用 電動ローターリー 3D ツイーター:258,000円(税別)

取付作業時間:約1-2時間

施工のご予約は、メールにて承っております。

※ただいま欠品が多くなっております。施工日時のご予約をお願いいたします。
 海外製品につき、納期がかかる場合があります。

 

W222 前期 Sクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10693

W205 Cクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=10733

W253/X253 GLCクラス用の電動3Dツイーターの説明の記事はこちら。
http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11087

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

IASCA 用のサウンドセッティング/音調整のご依頼 IASCA JAPAN FINAL 2017/ACG FINIL 2017

IASCA のコンテストに参加する為の車両のサウンドセッティング/音調整/サウンドチューニングのご依頼です。

アイアスカとは、アメリカに本部を置く、国際規格のハイエンドカーオーディオのコンテストです。

th_CIMG6497th_CIMG6498

10/22 富士スピードウェー にて開催予定の、IASAC FINAL へ参加されるオーナー様は、前のクルマでは IASCAの地方選はほとんど全部エントリーしたと言う、カーオーディオ上級ユーザーのオーディオカーです。

IASCA/EMMA/ACG FINAL 2017

EMMA,IASCA,ACGの各クラスへのエントリーはこちらから!

HOT WIREDのデモカーのBMWは、EMMA JAPAN の金額無制限マスタークラスで3年連続優勝を果たしました。(^^)

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=7157

 

他店にて取付/施工のカーオーディオの、サウンドセッティング、プロセッサーの音設定のみ出のご依頼ですが、大歓迎です。

三菱サウンドナビプレミのサウンドセッティング一式:35000円(税別)

 

 

開けてビックリの、超ど級の高級オーディオがカスタムでインストール済です。

th_CIMG6651

 

トランク一杯に、MOSCONI のパワーアンプが2台。

th_CIMG6637

ドアには、モレルのミッドウーハーがアウターバッフルで取り付け。

 

スピーカーは、MOREL の3WAYセパレートスピーカーです。

th_CIMG6640

ピラーには、モレルのミッドレンジとツイーターが埋め込みで加工取付け。

 

th_CIMG6639

 

実は以前に、サウンドナビの音調整のご依頼でご来店頂き、プロセッサーの調整をやらせていただいたお客様です。

ナビ音調整でとても音が良くなった事を実感していただき、再度サウンドチューニングのご依頼を頂きました。

今回は、コンテスト(IASCA)に特化したセッティングも作って欲しいとのご依頼です。

前回ご来店時のサウンドセッティング時に、音の歪み感、ミッドレンジの出力不足など、アンプのゲイン調整の必要性を認識していましたので、今回は、アンプのゲイン調整、スピーカーの位相設定、ヘッドユニットのゲイン調整も実施する事を提案させていただきました。

 

th_CIMG6642

サウンドナビにはめずらしく、ボリューム27で歪みはじめました。

しかし、最大出力が1.8Vありましたので、まったく問題ありません。

実はボリュームの数字の表示はあくまで目安で、正確にはあてにならなくて、

日本製のナビヘッドでさえ、この様な個体もありますので、めんどくさいですが、実機を測定しての正確なサウンドチューニングをオススメします。

27がMAXのヘッドユニットである事を知った上で調整/使用する事ができる様になりました。

 

MOSCONI のパワーアンプの正しいゲイン調整の方法。

th_CIMG6646

オーナー様もアンプのゲイン調整作業を手伝っていただきましたので、オシロスコープの波形や最大出力電圧の測定なども見ていただけたの、興味のある方には面白いと思います。(^^)

 

信号が歪みまくりのアンプのゲインの状態:

th_IMG_3035

 

音楽信号に歪み成分がない、キレイな波形。

歪む直前の最大出力に設定するのがコツです。

th_IMG_3036

遠方の方のご要望にお答えして、パワーアンプを郵送でゲイン調整するサービス開始! 詳しくは、こちら!

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=11688

 

 

次に各スピーカーの位相を測定しました。

「スピーカーの配線の接続、位相は確認済」とのお話で、前回の調整では位相の測定はやりませんでしたが、

今回実際に測定してみたところ、ツイーター以外のすべてのスピーカーが逆相に接続されていました。

th_CIMG6673

スピーカーの位相の判断は、耳では困難ですので、このような位相チェッカーという測定器で測ります。

th_IMG_0359

カーオーディオの配線には、ケーブル、アンプ、ネットワーク、スピーカーなど、たくさんの機器に+/-の接続がありますので、どこかで間違えれば、全部逆相になってしまいます。

実は機械に記載の+/-の表示自体が間違っている事もめずらしくないのです。

(ちなみにスピーカーの+/-は逆に配線しても壊れる事はなく、スピーカーが前後逆に動く様になります。変な音になるけど、一応音は出ますので、気づかないでずっと逆相の音を聞いている人が意外とたくさんいるのです。「なんか変かな?」と思ったらまず最初にスピーカーの位相を確認してください。)

なので、表示をあてにしないで、かならず最終的なスピーカーからの出音を測定して、判断する必要があります。

スピーカーの位相の測定一式:10000円(税別)

 

 

 

 

さて、取付と配線を正しくやり直して、アンプのゲイン調整を完了したところで、一度試聴していただきました。

この時点で既に、思っていた以上の違いを体感していただけましたので、良かったです。(^^)

 

 

アンプのゲイン等の基本的なセッティングが完了して、ここからやっとDSP/プロセッサーの調整に入ります。

今回は4日間お預かりしました。

th_CIMG6641

またまた、話がそれちゃいますが、カーオーディオのサウンドセッティングは、

「エンジンを止めた状態でやるのが基本」です。

 エアコンもオフです。

 

ホットワイヤードでは、クルマごと空調の効いたガレージに入れて、大型のCTEKをつないで、SUPPLY MODE で、十分な電源供給をしながら音調整をします。

※コンテストに向けた音調整では何時間もオーディオの電源を入れたままの状態になりますので、電源の供給は非常に重要なのです。

th_CIMG6653

th_CIMG6652

 

そして、こちらがサウンドナビプレミのプロセッサーのサウンドセッティングのご紹介です。

th_CIMG6674

コンテストでハイスコアを取る為には、タイムアライメント調整が非常にシピアになります。

ボーカルはダッシュボード奥のセンターにピンポイントで定位して欲しいのです。

なおかつ左右の広がりはクルマの幅を超えるほど広大なサウンドステージを目指します。

またその中間も正しく再現されていなくてはなりません。

上級ユーザーのお客様は、問題点も既に認識されていますし、良くなった点も細かく評価していただけます。

th_CIMG6675

こちらはX/O、クロスオーバーの調整画面。

th_CIMG6676

 

なんと言っても特に重要なのは、こちらの、グラフィックイコライザーの調整です。

サウンドナビは、左右独立の31バンドのグラフィックイコライザーを搭載しています。

 

31バンド イコライザー調整画面:

th_CIMG6677

イコライザー調整は、運転席にマイクを立てて、RTAで測定します。
th_CIMG6661  

こんな感じで、調整/設定できました。

(IASCAなどの国際規格のコンテストでは、重低音もしっかり出ていないとダメです。)

th_IMG_4845

IASCAのコンテストでは、SQ,RTA,SPL と3種類の周波数特性を作ります。

SQとは、音質審査用の事で、この設定は普段聞く為にも最適の設定となります。

 RTA審査とは、サウンドシステムの調整能力を測る為、できるだけフラットな周波数特性を実現できるシステムがハイスコアを獲得します。


th_IMG_4844

SPL審査は、音量の大きいシステムがハイスコアなのですが、コレは単にバカでかい音、という意味ではなくて、良いサウンドシステムは「良い音を大きな音で再生できる」能力がある事も重要なのです。

th_CIMG6524th_CIMG6495

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************