MERCURY CAR AUDIO のスピーカー&アンプとサウンドナビプレミで3WAYマルチを組む


三菱サウンドナビで、マルチアンプ、3ウェイマルチシステムを組む。

th_IMG_0281th_CIMG0279 th_CIMG0283

既にサウンドナビは取付済、フロントスピーカーもアンプもサブウーハーも搭載済のカーオーディオ上級者ユーザー様です。

が、しかし、どうにも音質的に満足できない。

既に数店舗のカーオーディオプロショップで、いろいろな高級カーオーディオを施工済ですが、

どうにも満足できない・・・。

「本当のハイエンドカーオーディオはもっと良い音なのではないか?」

ホットワイヤードでは良くある種類のご相談です。

なので、今回はちょっと詳しく説明してみます。

 

 

現状を把握する(お客様に音を目で見てもらえる)為に、アナライザーで測定してみました。

ぐちゃぐちゃですね・・・。

th_CIMG0295

 

周波数特性だけがすべてではないですが、ココまでばらついていると、キレイな音にはなりません。

th_CIMG0306

 

 

 

FOCAL のフロントスピーカーがイマイチで、思い切って購入したとおっしゃっていました、

三菱の最高級スピーカー、DS-G500。

16万円くらいします。

サブウーハーも三菱の20万円くらいする、最高級サブウーハー。

th_CIMG1974

  

カーオーディオプロショップとしては正直に言いにくいのですが、

はっきり言って、DIATONEのカーオーディオのスピーカーの音質はかなり残念です。

特に高いモデルほど、残念度合いが激しいです。

手に取って作りを見てみても、軽いフレームに小さなマグネットのスピーカーのどこがどうハイエンドの高級モデルなのかさっぱりわかりません。

音を聴いても、やっぱりわかりません。

餅は餅屋という事で、スピーカーとパワーアンプは海外ブランドをお勧めします。

サウンドナビは、プロセッサーを含むすべての機能を2DINに収めた、オールインワン ナビとしては大変便利で優秀なヘッドユニットです。

わかりにくいカーオーディオ機材やブランドのチョイスのご相談もプロショップの重要な仕事/責任と考えています。

 

 

「デッドニングはしてある」と言われたドアをはずして、出てきたのが残念なデッドニングでした・・・。

th_CIMG2042

デッドニングの目的は、「サービスホールを埋める事」と言う意味を勘違いしているのか、

「サービスホール部分だけ埋めて」、わざわざ回りを切り取ってしまっているので、空中にデッドニング材が浮いているだけで鉄板の制振がまったくていない上に、鉄板との接着部分はエッジの部分のみになってしまい、既にはがれ落ちてきています。

th_CIMG2040

サービスホールの形に切り取って残ったデッドニング材は捨てているのでしょうか?(謎)

th_CIMG2891

デッドニングは、ショップそれぞれのノウハウがありますので、なにか理由があるのかもしれませんが、
HOT WIREDでは、できるだけ、ドアの鉄板全面に貼る事と、強く密着する様にローラーで丁寧に圧着することで鉄板を制振して、音質向上/車内の静音化に効果があると考えています。

オーナー様と相談の上、赤いデッドニング材をわざわざ剥がして捨てるのももったいないので、2重に貼る事にしました。(^^)

th_CIMG2904 th_CIMG2910

 

ダイアトーンの DS-G500 はまだ買って間もないとの事でですが、期待していた音質とはかけ離れているので、思い切って取り替える事になりました。

ハイエンドカーオーディオで一番重要なのはフロントスピーカーなので、今度こそ失敗の無いようにと今回チョイスしたのは、

MERCURY CAR AUDIO の ハイエンドクラスのスピーカー、K62 2WAY セパレートスピーカー。

K62:150,000円(税別)

 


ドアの中に隠してしまうのがもったいないほどのマグネットの美しさ。

th_CIMG0357

付属のグリルもアルミの削り出しで、コレ使わないなんてもったいない美しさである。

k62 final (small)

くどいようですが、アルミのへアライン仕上げの付属のパッシブまで美しくて、隠しちゃうのはもったいない!

k2 mid 2 (small) tweet  back clear t2 tweet close up tweet 1 2

キラキラの、K62 のツイーターが美しすぎるのだ!

th_IMG_2866

 

ちなみにこちらは、MERCURY CAR AUDIO のミドルクラスのスピーカー、C62 2WAY セパレートスピーカー、85000円(税別)

th_IMG_5112

ずっしり重い大型のマグネットが高性能を物語っている。

カーオーディオのスピーカーが良い音かどうかは、手に取って見てみるとだいたい想像がつきます。

th_IMG_5111th_IMG_5513

 

と、いうわけで、最初はインナー付けの予定でしたが、オーナー様のご希望で、ドアにはアウターバッフルを制作して、ミッドベースのスピーカーをインストールしました。

th_IMG_0224th_IMG_0226th_IMG_0232

ツイーターは角度をつけて、Aピラーに埋め込みしました。
DSPで調整する事を考慮して、角度を考えました。

th_IMG_0239th_IMG_0262th_IMG_0265

 

ピラーやドアに黒のレザーを貼って仕上げます。

th_IMG_1021th_IMG_1023

 

「時間はかかっても良いので、今回は妥協のないサウンドクオリティーに仕上げたい」

とのご希望で、オーナー様といろいろ相談しながらじっくり作業を進めました。

そこで、パワーアンプは、MERCURY CAR AUDIO の MS904 の4CH.アンプでフロントスピーカーをマルチドライブして、

サブウーハーは、MERCURY CAR AUDIO の MAXX10 10インチ デュアルボイスコイル サブウーハーを使用し、

同じく、MERCURY CAR AUDIO の MS1500 のモノラルアンプのマルチアンプシステム。最大出力1500W-1Ω。

MS904は、大変めずらしい、ハイブリッド真空管アンプです。

パワフルかつ、どこか暖かい、高級感のある音質が自慢のモデルです。

マニアックな話ですが、MS1500は、サブウーハーをあえて600W-8Ω 接続にして、音質重視のセットアップにしました。

 

 

もうひとつのお客様のご希望として、

「車内のスペースをできるだけ犠牲にしたくない」

「トランクにも物を置ける様にして欲しい」

と、という事でした。

軽自動車でこの条件を満たして、大型のパワーアンプ2台と10インチのサブウーハー、その他もろもろをインストールするのは、かなり難易度が高いですが、

いろいろ検証しながら、オーナー様とご相談上、

パワーアンプ2台は、リアシートのしたに斜めにスラントさせて取付けしました。

 

th_IMG_0256

これなら、車内スペースの犠牲がない、アンプの放熱の問題もない、足で踏む事もない、せっかくのカッコいいアンプだからまったく見えなくなるのはイヤだからちょっとは見せたい、

すべての条件をクリアーできました。(^^)

th_IMG_0252

LEDの間接照明もつけました。(^^)

th_IMG_0153

カスタムインストールですが,言わなきゃ気づかないくらいスマートに取付けられています。(^^)

th_CIMG3202

 

しかし、制作過程は地味に大変で、とても時間がかかってしまいました。(^_^;)

th_CIMG2938th_CIMG3179

ウーハーボックスは、トランクの床下に収めて、グリルもワンオフで制作しました。

 

th_IMG_1027th_IMG_1295

18ミリ厚と21ミリ厚のMDFを組み合わせて、推奨容量十分なウーハーボックスには補強を入れて、ディープな重低音とスピード感のあるベースサウンドを目指します。

th_IMG_1327th_IMG_1328th_IMG_1329th_IMG_1352th_CIMG3084th_CIMG3085

カーゴスペースのフロアーに埋め込んだサブウーハーの完成。

カスタムカーオーディオ!って感じですね。

th_IMG_0149

 

でも,こちらもワンオフのグリルをかぶせると、どこが改造してあるかわからない、まるで純正のような仕上がりにしました。

この様な手法を、「ストックインストレーション」とか、「ヒドゥンインストール」とか呼びます。

荷物も普通に置いて使っていただけます。(^^)

th_IMG_0143th_IMG_0144th_IMG_0147th_IMG_0148th_IMG_0150th_IMG_0152
th_IMG_0167 

 

 

 

スピーカーを取付ける為のインナーバッフルを削り出しています。

th_IMG_1369th_IMG_1370

th_CIMG2169

 

  ホットワイヤードの集中治療室に長期入院していただきました。(^^)

 

 th_CIMG2939 th_CIMG2940

th_CIMG3090 th_CIMG3092

th_CIMG3096 th_CIMG3099

パワーアンプのゲイン調整です。

オシロスコープの波形を見ながら、歪みのない音楽信号での最大出力を設定します。

th_CIMG3152th_CIMG3161

こちらが歪んでしまってダメな波形。

 

サウンドナビの最大出力は1.7V。ヘッドユニットも最大で使用できるボリュームを知っておく必要があります。

th_CIMG3153

パワーアンプのゲイン調節のダイヤルってどうしてこんなにちっちゃーいのでしょうか?

スゴく作業しにくいですよね・・・。

 

th_CIMG3169

th_CIMG3163

ほんのちょっと動かしただけで、こんな風に思いっきり歪んでしまいますので、ゲイン調整は大変シビアです。

耳で聞いて適当にグリグリ回してできるものではありません。

アンプのゲインが狂っていると、ヘッドユニットのボリューム全域で歪んだ音を聴いている状態になりますので、注意してください。

小さな音量でも、歪んだ信号の音楽を聴いている状態になります。

th_CIMG3150th_CIMG3170 th_CIMG3159

th_CIMG3200

パワーアンプのゲイン調整などの基本設定がきちんとできてから、やっとDSPのサウンドセッティングに入ります。

 

タイムアライメントがビシッと決まると、ダッシュボード上にピンポイントフォーカスで、広くて奥行きのあるステレオサウンドステージがふわっとキレイに展開します。(^^)

th_CIMG3205 th_CIMG3206

 

車内の周波数特性も、低音から高音までが大変滑らかに減衰して、これ以上できないレベルに理想的に調整できました。(^^)

低音もしっかり20Hzまで伸びきっています。

ウーハーボックスの設計はうまくいったようです。(^^)

th_IMG_4561

 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2017

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424


TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

 

MERCURY CAR AUDIO のスピーカー&アンプとサウンドナビプレミで3WAYマルチを組む” への3件のコメント

  1. 三輪さん お世話になっております。

    詳しく載せて頂いて、ありがとうございます。
    そうだったんだ! と改めて思いました。

    スピーカー慣らし後の再調整をして頂いてから3ヶ月半経ちましたが、
    最近 更に音が良くなってきた気がします。

    ダッシュボードの中央でボーカルが自分の為に歌っている感じがします。 音が滲まずにピンポイントから声が聞こえてくるので、
    すぐそこの目の前で自分の為だけに歌ってくれている感じがします。
    変な言い方ですが、ピンポイントの部分に、歌ってるボーカルの口が
    ちゃんとあるというか。。

    JAZZのステージ演奏などは、それぞれの楽器がステージのどこにあるか
    わかる。

    低音もすごく深い音になって、ベースは締まって音階もはっきりと、
    フルオーケストラはすごい迫力で重厚な音がします。鳥肌がたつような音がします。

    音源の質の差というか、録音の違いもよくわかり、音源がいい音の曲をよく聴くようになりました。それだけオーディオの分解能が高いと言うか。

    やはり、アンプとスピーカーの選定も、インストールと調整も
    お任せして良かったです。

    毎日ライブを目の前で聴いてる感じで感動しながら運転してます(^^)
    今後もいろいろ相談にのってください。

    追伸:アンプのブルーLEDですが、夜 娘を後部座席に乗せたら
    「あれ! なんか青く光ってるよ! これなーに?」と、
    バレてしまいました。 サブウーファーは見つかってません(汗)

    • コメントありがとうございます。

      そうですか!
      それはすばらしいです。
      理想的なステレオサウンドが実現できたようで、大変うれしく思います。

      「ダッシュボードの中央奥にまるで口があるかのようにピンポイントかつリアルに聴こえる」
      それでいて、
      「サウンドステージは左右の広がりも奥行きもある」。
      まさにおっしゃられている状態が、コンテストでも理想されているハイエンドカーオーディオなのですが、実現するのは大変難しいのです。(^^)

      音源の質も凄くわかる様になりますので、録音に手間とコストをかけて作ったアーティストの思い入れも報われると思います。(^^)
      また是非インプレを聞かせてください。(^^)

  2. そうそう。
    私の好みのキラキラしたパーカッションの音も透き通って綺麗な音です(^^)
    ドアスピーカーもパワフルで締まった音がして、K62いいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">