OAKLEY STRAIGHT LINKを度付きメガネにする方法/オークリーの度付きサングラス

OAKLEY STRAIGHT LINK を度付きメガネとして制作しました。

OAKLEY の STRAIGHT LINK を度付きメガネとして選択した理由は、バイクに乗るときに大変具合が良いからです。

顔を覆う形のカーブの強いレンズとフレームが、顔のラインににフィットして、視野全体をカバーするので、前傾で上目遣いでもレンズから視界が外れない、大きく目を保護することと、風の巻き込みが少なくてシールと開けたままでも目が乾かない、太いフレームも意外と視界を遮ること無く、薄いストレートテンプルがヘルメットにもスパッと刺さって装着がやり良い。

※まぁでも、太いフレームは視野に入りますし、慣れるまではデメリットもあります。

オークリーのプラスチック製のフレームは、一見弱そうですが、意外と強くて、バイクから落としたりしても折れたこと無いし、金属製のフレームより強い気がします。

th_IMG_4841

th_IMG_4854th_IMG_4856th_IMG_4864

 

ただし、OAKLEYのサングラスを度付きメガネ化する手順は大変面倒で、オークリーの度付きレンズ制作が得意な専門店でお願いして、制作には1が月以上かかりました。

今回は、オークリーのカスタムオーダーで、クリアーのフレームを取り寄せましたので、さらにややこしいことになってしまいました。

まず、クリアーのフレームを買うためには、OAKLEYにカスタムでオーダーする必要があります。

カスタムでフレームカラーやOマークの色、イヤーピースのゴムの色などを選択してカスタムオーダーするのですが、度なしのサングラスとして購入する必要があるので、必要の無いカラーレンズの色までをわざわざ指定してサングラスの状態で購入する必要があります。

そして、さらに融通が利かない事に、

カスタムでオーダーするフレームの場合は、オークリー純正の度付きレンズで制作ができないとの事で、割高な社外製レンズを制作する必要があります。

フレームが届くのを待って、そのサングラスからカラーレンズを外して、フレームに合わせてクリアの度付きレンズをオーダーメイドします。

今回はKODAKのレンズで制作しました。

これでやっとOAKLEYの度付きのメガネが完成しました。

今回は、調光レンズにしてみました。

これでサングラスと透明レンズの普通のメガネの両方を持ち歩かなくても済むと便利かなー

これに遠近両用を追加すると全てを一本のメガネでカバーできるかも・・・(;^_^

 

th_IMG_4865th_IMG_4867

th_IMG_4868

余ってしまって使い道の無いオークリー純正のサングラスのレンズ。

 

2018年に、OAKLEY名古屋がでるとのことで、直営店なので期待して行ってみましたが、アパレルやグッズの販売のみで、度付きサングラス、オークリーメガネの制作など技術的なことが伴う商品は全くできないそうで、私には無意味でした。(T-T)

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

度付きのOAKLEYの制作方法。オークリーのサングラスに度付きレンズを入れて、普通のメガネ/セーフティーグラスとして使用する。

OAKLEY のサングラスは、度付きにすることができます。

全モデルではありません。

th_IMG_4806th_IMG_4809

スプリットジャケットは、カーブのきつい形状のフレームのサングラスですので、普通のメガネ屋さんではたいてい受け付けてもらえません。

度付きオークリーの制作が得意なお店を探す必要があります。

私は、近視はほんの少しですが、乱視があり、また老眼も進行していることから、遠中近すべてがよく見なくて、仕事でハンダ付けなどの超細かい作業もするし、バイクで超高速走行をするまで、そのすべてを一本でカバーするメガネの制作が不可能であること、また、視力の測定やメガネの制作には、細かいノウハウがあるようで、同じような度数のメガネを作っても、よく見えなくて困ることが発生するデリケートな私のようなめんどくさい客は、特にメガネ屋さん探しが大変なのです。

私は、OAKLEYをサングラスとしてではなく、透明のレンズを入れて普通のメガネとして使用するためにオークリーのサングラスを購入したので、さらにややこしいことになってしまいました。

OAKLEY の SPLIT JACKET というモデルは、フレームがパカッと開いて、簡単にレンズ交換ができるところが気に入って、長年使ってきました。

バイクに乗る自分としては、明るい日中は眩しいのでサングラスが欲しいですが、日が暮れて暗くなると、サングラスではよく見えなくなってしまい、大変困るので、クリアーのレンズの眼鏡も必要なのです。

SHOEI のヘルメット、X-FOURTEEN で、OAKLEY SPLIT JACKET を使用したインプレはこちら。

http://www.hotwired.co.jp/blog/?p=8052

特に旅行に出かける際なども、サングラスと普通の透明の眼鏡と2本持ち歩くかわりに、レンズだけ持っていていつでも簡単に交換できるのが大変便利な訳です。

 th_IMG_4804 th_IMG_4805

このノーズピースを外すと、フレームが開いて、レンズが簡単に脱着できる。


th_IMG_4807

しかし、オークリーのサングラスを度付きメガネにするのは、大変な手間とお金がかかります。

オークリーのサングラスを度付きにする手順:

まずこのSPLIT JACKETは、普通にサングラスして店頭にあったものですが、ルートビアという茶色のフレームの色が気に入ったので、購入した訳ですが、まず一度サングラスとして購入し、それに透明の度付きレンズをカスタムオーダーして制作してもらう必要があります。

つまり、元のサングラスについていた色付きのレンズと付属の交換用の別の色のレンズの2セットのオークリーの純正レンズは無駄になる訳です。

その上で、サングラス用に度付きのカラーレンズも制作する必要があります。

ちなみに、このスプリットジャケットの場合は、カラーのレンズはオークリー純正で制作できましたが、クリアーのレンズはオークリーが作れないとのことで、HOYAのレンズでカスタムメイドしてもらう必要があり、さらに高額なレンズになってしました。

で、結局10万円以上かかりました。

 

 

そのお気に入りの、オークリーのスプリットジャケットですが、レンズの度が合わなくなってきたので、3セット目のレンズを作りました。

今回レンズを作るにあたって、OAKLEYの使用目的は、仕事用の室内専用メガネにすることにしました。

仕事用のセーフティーグラス&パソコン用メガネとすることにしました。

なので、近視の矯正は0で、乱視の矯正のみ+ブルーライトカット加工で制作しました。

室内で仕事用に使用するので、遠くを見る機能は犠牲にして、近距離を楽に見える仕様にしたのです。

SPLIT JACKET は、カーブの強い形状のフレームなので、顔のラインに沿ってフィットしやすくセーフティーグラスとしては最適なのです。

アジアンフィットという大きめのノーズピースもついているのですが、USフィットのノーズピースの方が、顔にくっついて、セーフティーグラスとしては都合が良いです。

今回の度付き透明レンズは、HOYAのレンズです。

 

 

 

 

 

フォトギャラリーは、HOT WIRED の FACEBOOKページでご覧頂けます。

https://www.facebook.com/pg/hotwiredjp/photos/?tab=albums 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2018

*********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424

TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

営業時間:PM2~ PM8、不定休

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

*********************************************************

ショウエイの最新型ヘルメット SHOEI X-Fourteen インプレ その2

ショウエイの最新型ヘルメット

SHOEI X-Fourteen のインプレッション

実際に使用してみた感想です。

 

走行動画:

https://youtu.be/ksOo4KLkb9I

 

長年使ってきた、ARAI の RX7 との比較になります。

良い点1:

まず、フィッティングは、先のブログ記事の通り、SHOEI フィッティングサービスのおかげで、タイトにピッタリです。

良い点2:

メガネスリットは、ARAI を加工してメガネを入れるよりも、はるかに余裕があります。

なんと、予想外にOAKLEY のサングラスまで入ってしまいました。

ストレートテンプルが長くて、プラスチックのフレームの太いオークリーのSPLIT JACKET まで入ってしまったのは驚きです。

サングラスを差し込むと、うまく固定されて、普通に使えています。(^^)

th_IMG_9795

 

X-FOURTEEN は、専用のシールドの様で、他のSHOEI のシールドと互換性がありません。

まだスモークシールドなどのSHOEI純正アクセサリーがまだ発売されておらず、クリアシールドしかないので、サングラスが差し込めるのは本当にうれしい誤算でした。(^^)

今までバイク専用に、ARAI のヘルメットに差し込めるという理由だけで、ダサいメガネを使い続けてきたメガネライダーとしては、この点は非常に重要。

※後日ARAI RX7でもオークリーのサングラスが差し込めました。(^_^;) しかし! テンプルがあたって耳の上が痛い。

 

良い点3:

上方向への視界は、確かに広い。

サーキットでの前傾姿勢でも見やすい。今までより低く伏せる事ができる様になった。

結果街乗りでも首への負担が少なくてすむと感じます。

SS、レプリカバイクに乗っている人には良いと思います。

X-FOURTEEN は、シールド開口部を上方向に少し大きく設計してある事と、チークの内装が4° 上方向にずらす事がでるので、購入時から高い位置で使用しています。

 

 

悪い点1:

しかし、白という色ははっきり言ってとてもチープな感じ・・・。

まるでレンタルしたヘルメットのようだ。

せめてメタリックとかパールとか入て欲しい・・・。

悪い点2:

静寂性は低い。 風切り音がかなりうるさい。 X-TWELVE よりはうるさいとは聞いていましたが、ARAI RX7 よりもうるさいと思う。

長時間騒音にさらされると、疲労も大きいので、私は耳栓を併用しています。

悪い点3:

空気抵抗が大きい気がする。 帽体自体が大きいので、風の影響を受けやすい気がします。風で頭があおられる感じが大きいです。前後に長いからかな? 走行中、空気抵抗で、上方向(ヘルメットが脱げる方向)に力がかかる感じもする。

空気抵抗が少ないと言うのうがウリだったので、この点は非常に残念。伏せて真っすぐ向いているだけなら良いのかも。

悪い点4:

シールド開けるのが固くて開けにくい。締めたときの、バッカン!って衝撃音も大きすぎる。まだ新品だからかも知れませんが、シールドの開閉が固すぎてやりにくいです。(SHOEI はこれが普通?)

また、ARAI は無段階でちょびっと開けるとかできますが、SHOEI は、クリック感のある開閉で、指定の位置にしか止まりません。これにより、ちょうどいいところで止まらないのです。また、シールド自体が分厚くて、半開でエッジ部分が視界に入りうざい。捨てシールド用のポストも視界に入る。

悪い点5: 重い。

 

エアのインレットは、大型で、たくさんあるが、空気の流れや冷却効果はあまり体感できない。(これはアライも同じ) でも無いよりははるかに良いのは知っています。

内装は、スポーティーで、メッシュな感じで、ちょっとざらざらしていますが、サラッとした感じ、高級感もあるとても良い内装だと思います。

アライは、しっとりした肌触りの良い内装で、好きですが、汗をかくとベタッとした感じもあります。

 

悪い事が多くなってしまいましたが、良い事はステマの記事でたくさん見つけられると思いますので、本当に使用してみて感じたネガティブな点を辛口に評価してみましたが、全体としてはとても良いヘルメットだと思います。

とにかく、フィッティングが良い事、緊急時に内装が外から外せる事、上方への視界が広い事は、サーキット用のヘルメットとして探していた自分的には一番重要なポイントである。

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

 

 

 

ショウエイの最新型ヘルメット SHOEI X-Fourteen インプレ

ショウエイの最新型ヘルメット

SHOEI X-Fourteen インプレ

走行動画:

https://youtu.be/ksOo4KLkb9I

 

2016年4月中旬発売予定の、SHOEI X-FOURTEEN

X-Twelve の後継モデルだが、13は飛ばして14になったのかな?

4月16日に発売になったようです。

現時点では、予約で完売、色によってはまだ届いていないようですが、運良く、4月18日にゲットできました。(^^)

th_IMG_6465

色は、ホワイト。

th_IMG_8331

 横から見ると、マルケスがかぶってるヤツと同じな事が良くわかる。

th_IMG_8356

最大の特徴は、エアロダイナミクス。

300キロ以上の高速走行時にも安定した空力。

リアのはね? エアロパーツ的な物がついているので、少し後ろに長い。th_IMG_8334 th_IMG_8335

バイザーの横の、ツブツブも整流の為ようです。th_IMG_8338

エアインテークも大型。

th_IMG_8339 th_IMG_8340

エアのアウトレット。

th_IMG_8341 th_IMG_8342 

ピンロックと言う、曇り止めのレンズが付属します。

シールドの内側にはめる様になっています。

アライは、ダブルレンズのシールドを丸ごと交換するタイプでした。

曇り止めシールドは、基本的に冬用なので、夏は外しておけば良いです。

th_IMG_8346

ずっとアライ派だった私が、今回ショウエイのヘルメットをチョイスした最大の理由がコレです。

th_IMG_8344 

赤いタブを引っ張ると、内装の側面部分が外から外せる様になっていて、万が一の事故の際に、第三者がヘルメットを外す際に、頸椎を損傷させてしまう事故を防止する為です。

アライのヘルメットにはこの構造がないので、ヘルメットリムーバーをかぶっていないと、万が一の際に、安全にヘルメットを外す方法がありません。

自分で外すのも大変なくらいきつくフィットしたヘルメットですから、第三者が安全に外すのはほぼ不可能なのです。

事故の際に、素人がけが人を動かしたり、無理にヘルメットを外してはいけません。

th_IMG_8357 

チンスポイラーがとんがっているので、ヘルメットを置くと、安定しませんので注意。(T_T)

th_IMG_8350th_IMG_8358 

アライヘルメットに比べると、SHOEI のヘルメットはやはりタイトです。

でも,全体にビシっとフィットする感じ。

ただし、きつい。 たぶんしばらくは痛くなる。

今までSHOEI を買わなかった理由は、キツイから。 

今回は、サーキットでの使用を重視して、きつくてもフィットの良いヘルメットを選択しました。

また、X-FOURTEEN は、シールドが少し上についている事と、内装が4度ずらせる事で、前傾姿勢で上目遣いでの視野が広い設計になっています。

これは、私がずいぶん前から欲しかった仕様。

MOTO GP ライダーが、下を向いて伏せたままどうして前が見えるのかいつも不思議でした。

SHOEIではないですが、ロッシのヘルメットは、明らかにあごの部分の幅が大きくて、シールドが額の上まで見えるほど上方向に付いています。

X-Fourteen を実際にかぶった感じは、上方向への視野があきらかに広いと感じました。

また、メガネのフィッティングもアライより良いです。(^^)

 

ヘルメットを買うときは、フィッティングサービスのある、経験豊かな専門スタッフがいるお店で買う事をお勧めします。

頭のサイズを測って、内装の厚みを調節していただけます。

 th_IMG_9610th_IMG_9608

私はハチがはっていて、後頭部絶壁で、いつも美容師さんを困らせている、特殊な形状の頭をしているので、特に苦労しています・・・。(泣)

Mサイズに、頭頂部と、額部分と後頭部に追加のパッドを入れると良いとの計測結果でした。

 

ショウエイのヘルメット専用のフィッティング用の内装パーツがあるのです。

これは頭のてっぺんの部分。

th_IMG_9612th_IMG_9611

ヘルメットの内装の調整はとても微妙で、調節にはカンと経験が必要です。

自分では気がつかない部分の隙間などのフィッティングを調整してもらう事で、思った以上にフィッティングが良くなります。

何度も厚みを変えて、試着してみて、ベストのフィッティングを探します。

10ミリは分厚すぎる感じだったので、5ミリのパッドを入れてもらいました。(^^)

th_IMG_9614 th_IMG_9615

メガネを差し込む為の隙間も作ってもらいました。(^^)

ちょっとがんばれば、オークリーのサングラスまで差し込める様になったのは、うれしい誤算。

th_IMG_9616 th_IMG_9617   

この様なフィッティングサービスは、アマゾンさんではやってもらえませんよ!(笑)

ヘルメットには賞味期限があります。 

およそ3年が性能を維持できる目安とされています。

安売りネット通販で賞味期限切れのヘルメットはイヤなので、大切なものは通販では買わない事にしています。

th_IMG_8347

 

安全第一。 

 

 

HOT WIRED co., ltd. all rights reserved 2016

**********************************************************

HOT WIRED (ホットワイヤード)

455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL
052-355-9669 FAX052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801

TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp

http://www.hotwired.co.jp

http://www.facebook.com/hotwiredjp

http://www.youtube.com/hotwiredweb

**********************************************************

OAKLEY RADER PATH LOCK を安全メガネとして使用する

OAKLEY RADER PATH LOCK

を作業用の安全メガネ? 保護メガネ? として使用します。

 

作業中に,金属の破片や折れたドリルの歯などが飛んできてケガをすることの無いように,保護メガネを使用するのですが,安全第一の僕は,カーナビの取付程度でもゴーグルを着用するようにしています。(笑)

th_P1140664

こちらは,現在製作中の隼のガソリンタンク。
金属が丸見えになるまで,塗装剥がして,改造の準備。

th_P1140687

 

僕の大嫌いな夏がまたやってきた・・・。

本当に日本の8月だけは無くなって欲しい・・・。 (ん? まだ7月だね・・・(>_<))

ここ数日、くそ暑くて,もうテンションダダ下がり・・・。

そんなテンションを無理やり上げる為に,仕事用の新しいゴーグルを買いました。(^^)

 

僕は,作業用のゴーグルには非常に神経質で,今まで20個くらいは購入していますが,なかなか気に入るものがないのです。

ほとんどの保護眼鏡は,安くて品質が悪くて,クリアーな視界を確保できない。

そして,収納ケースどころか,袋も何にも付属しないので,すぐにレンズに傷がついてしまう。
レンズのキズや汚れは、ほんの少しでも非常に気になる。

とりあえず,ストレートテンプルの方が使いやすい。

th_IMG_6588

オークリーのレーダーパスと言うサングラスの,新型がレーダー パス ロック。

フレームの色で本当にさんざん悩みましたが,結局普通に白。(笑)

th_IMG_6595th_IMG_6592th_IMG_6598

仕事用の保護メガネとして使用するので,サングラスは必要ないのですが,最初からクリアレンズが装着されているもので気に入ったフレームの色の組み合わせが見つからなかったので,仕方なく必要のないサングラスを買って、クリアレンズをを別売りで買うと言うめんどくさいことに・・・。

th_IMG_6599

ついでにノーズピースとイヤーピースの赤も別売りで購入。

th_IMG_6602

OAKLEYのRADERのPATH LOCKとは,RADER PATHの新型で,その名の通り,ロックが簡単に外すことができて,レンズの交換が簡単にできるようになっています。

このスイッチみたいな部分をスライドさせると,

th_IMG_6603

フレームがパカッと開いてレンズが外しやすいのです。th_IMG_6605

ノーズピースをつまんで,レンズを外します。th_IMG_6606

で,作業用セーフティーゴーグルに変身。

OAKLEYの場合,クリアーレンズでも,ただの透明ではなくて,一応紫外線をカットしてくれるがナイス。

th_IMG_6607

スモークのレンズはたぶん使うことはないのですが、付属のハードケースにはスペアレンズを収納できるようになっているので便利。

th_IMG_6609

 

オークリーは,最近アジアンフィットと言って,アジア人の顔に合うように専用設計のモデルをリリースしています。

RADER PATH も RADER PATH LOCKもアジアンフィットのモデルが存在するのですが,RADER PATH LOCKに関しては,どうもほとんど差がないようです。

ノーズピースが分厚いタイプになっていて,鼻の低い人種にもフィットするように配慮されているようですが,どうせ厚みの違う2種類のノーズピースが最初から付属しているので,あまり意味がない様な・・・。

テンプルも,昔のOAKLEYみたいに長過ぎて頭の後ろにで出っ張りすぎてウザいなんてこともなく,ちょうど良い感じ。

僕の場合は,作業用の保護メガネとして使用するので,ノーズピースも低い方を装着して,レンズが顔に近い方が都合が良い。

ちょっとテンプルのテンションがきつくて,長時間かけると耳の上が痛くなりそうだが,そのうちなじむでしょう。
基本的にキャップの上から装着するので,痛くなることも無いと思います。

 

そして,こちらが今まで使用していた,SMITH & WESSON のセーフティーゴーグル。

本来は,射撃用の保護メガネ。

これは非常に気に入っていて,これで4個目くらい。
フレームレスなので,余計なものが視界に写らないのがとても良い。
ストレートのテンプルも,装着感が良いし,キャップの上からかけても違和感がなくて良いのだ。
細い金属のテンプルも、ガスマスクを装着した時にも邪魔にならなくて非常に良い。
丈夫。

オークリーと同じく, レンズはポリカーボネート製。

オークリーと同じく,これも散弾くらいは跳ね返す強度があるのが売りだそうです。
(昔,OAKLEY取り扱いの眼鏡屋で,散弾が当たって潰れたレンズが展示されているのを良く見ましたね。)

お値段は,OAKLEY1個でこれが10個買えます。(笑)
th_IMG_6611 th_IMG_6614

 

***************************************************************************
HOT WIRED (ホットワイヤード)

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓(おうす)1-424
TEL:052-355-9669 FAX:052-355-9449

424-1 OUSU MINATO NAGOYA AICHI, JAPAN 455-0801
TEL:81-52-355-9669 FAX:81-52-355-9449

information@hotwired.co.jp
http://www.hotwired.co.jp
http://www.facebook.com/hotwiredjp
https://www.youtube.com/user/hotwiredweb/videos
***************************************************************************